スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

MIGROS

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


スイス、驚異の最低賃金!


スクリーンショット 2021-11-09 5.00.55

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

日本からスイスへ戻り、

10日が経過しましたが、まだ何となく、

時差ぼけから完全回復ができていません。

どうも体が疲れていて、

慢性的な疲労がたまってしまったのかも?

という気もしています。


考えてみると、

今回は日本を0時10分に出発する

深夜便でスイスに戻ってきましたが、

出発の日は午前中からほぼ終日、

家の仕事に時間を費やし、

12時間のロングフライトの後は、

慣れないフランクフルト(ドイツ)で

乗り継ぎをしてスイスへ。


15時間近くかかった旅では、

今回はスンナリと乗り継ぎ地で

乗り継げたとはいえ、

やはり慣れない外国で

一人で飛行機を乗り継いで戻ってくるのには、

見えない緊張感もあり、

気が張っていたように思います。

スイスへ無事に到着した後はホッとして、

心身の全緊張が解けるとともに、

どどっと疲労が押し寄せました。


と、思っていたら、

次は12月の帰国準備に

取り掛らななければなりません。

次回は2年ぶりに日本へ戻る

英国人の夫 Banana と一緒なので、

一人気まままというわけにもいかず、

違った意味でまた、

緊張を余儀なくされそうです。


とはいえ、

世界中には日本に帰国したくても、

人それぞれの様々な状況と事情で、

帰れない日本人もたくさんいるのですから、

これは贅沢すぎる悩みです。


免疫力が落ちそうな予感のするこの季節は、

しばらくお休みをしていた "エキナセア" を

また再開して、

しっかりと体力と免疫力をつけて、

秋から冬へと移り変わる、

スイスの季節の変わり目を

乗り切ろうと思います。

エキナセアの効果は、過去のブログ記事にて




さて、本日の本題は、

やっぱり凄いスイス!と感じたニュース、

最低賃金の話題です。


このほどスイスの大手スーパー MIGROS は、

2022から従業員の賃金を最大1%引き上げ、

最低賃金を引き上げると発表しました。


2022年1月1日より、

最低賃金は4,100スイスフラン(約50万8千円)

に引き上げられます。

熟練労働者の基準賃金も2023年3月31日までに

調整されるそうです。


2年間の見習い:4,200スイスフラン(52万円)

3年間の見習い:4,300スイスフラン (53万3千円)

4年間の見習い:4,500スイスフラン(55万8千円)



が、ベースの賃金になります。

凄いですね。


スイスの物価が高いのは、

人件費の高さだと言われますが、

納得のゆく数字です。


MIGROSの従業員は、

年金、保険、

社員が使用できる割引券、

ギフトカードなどが優れ、

魅力に溢れていることから、

レジ係の仕事を含め、

なかなか人が辞めないそうです。


もしも辞める場合、

求人誌に掲載される前に、

あっという間に次の人が決まってしまうと言います。

前任者が知り合いに声を掛ければ、

その仕事をしたい人は山のようにいて、

そのポジションは、

結構な奪い合いになるそうです。


また、レジの係は一般公募で

求人広告が出たならば、

熾烈な争いだそうです。

高級取りですから、納得もゆく!


マクドナルドのビッグマック1個が約1,000円

というのが、

スイスの物価の高さを語る際に、

よく例えられますが、

そのマクドナルドで働く人達のお給料にも、

私は興味を感じてしまいます。


昨年から変わっていなければ、

スイスのパートの最低時給が23フラン(約2,850円)

です。


物価の高さもさることながら、

スイスの賃金の高さは、

いまだに私がカルチャーショックを感じる

スイスのひとつです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村  

無料でいただいた意外なモノ


IMG_6017

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

先日買い物に訪れた

スイスのスーパーCOOPで、

意外なものを「無料」でいただきました。

それは、冒頭の画像にある、

COOPで使用できる大型のエコバッグです。


新商品の宣伝サンプルなどは、

チューリッヒ中央駅など大きめの駅では

散布している光景を目にしますが、

そんな特別なもの以外、

スイスで何かを無料でいただけるなんて、

滅多にないことです。

ちなみに、ファストフードなどでは、

使い切り用のケチャプでさえ有料な国です。


そんなスイスのスーパーで買い物途中、

キャンペーンをやっていたらしい

女性に声をかけられました。


その内容は、

私も既に利用している

商品を自身でセルフスキャンして買い物をする

COOPの "Passabene"  というシステムを

紹介していたようでした。

スクリーンショット 2021-07-26 23.35.30

以前にMIGROSの、

スキャンして買い物をするシステムを

ブログでご紹介したことがあります。



COOPも一足遅れでMIGROSを追いかけ、

現在では私の住む郊外の町のスーパーでも

導入されています。


我が家は既にセルフスキャンしてそのまま

商品を持参したエコバッグに入れて

買い物をしていましたが、

先日いただいたものは

COOPのカートにピッタリはまるよう

デザインされていて Good ♪


両端がマグネット式で、

ピタッとカートにくっつくので、

重い商品をバッグに入れてもずれません。

しかも、もちろん丈夫!

使用しない時は、

くるくるっと畳んでコンパクトにできます。

IMG_6624

係のお姉さんにこのバッグを

「どうぞ〜。」

と差し出された際、

「無料ですか??」

と、

思うわず尋ねてしまった夫 Banana (笑)


まあ、それだけ、

こんな立派なものを

無料でいただけるなんて、

スイスではあまり無いことなのです。


お姉さんの方も、

「ええ、もちろん無料ですよ〜」

と苦笑。


いつもキャンペーンをやっているわけではなく、

たまたま買い物に出かけた週に

やっていたようです。


ちょうど時を同じくして、

COOPとすぐ近くにあるMIGROSで、

限定品とされたエコバッグが

CHF15(15 スイスフラン1= 約1,800 円)

と値段がついて並んでいるのを見て、

高いなぁ・・

と思って通り過ぎたところでした。

IMG_7672

IMG_7673

COOPでいただいたものは非売品ですが、

次は有料でもイイから、

もう一つ欲しいくらい。(笑)

そのくらい重宝していて、

愛用しています。


配布していたのが短期間だったようで、

同じ買い物客でも、

これを持っている人はまだ少数派。


便利グッズを無料でゲットできた嬉しさと、

このバッグを使用して買い物をしていると、

なんとなくお店をよく利用する

お得意客になったような気もして、

普段スイスでは、

マイナーな外国人夫婦の我が家も、

若干の優越感が加わり、

ちょっぴりイイ気分!?(笑)


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村

ドカーンと日本特集!!


IMG_9279

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

スイスの大手スーパー

COOPやMIGROSでは、 週に一度、

無料マガジンを配布しています。


私はお店の顧客として

双方の会員登録をしているので、

これらは共に、

毎週明けに自宅へ送付されます。

 
で、MIGROSの方【MIGROS MAGAZIN】が

今朝届いたのですが、 
今週はドカーンと「日本特集」がされています。

IMG_9281

中身をのぞいてみると、

やはりスイス人が最初の日本食のイメージとして

抱いているであろう「SUSHI(寿司)」が

どーんと一面。

IMG_9243

そして、(日本食に関し)

「お寿司以外にも、他にもいっぱいあるよ〜」

的に紹介されている日本食の数々。

IMG_9253

いかにも "海外" な雰囲気ではありますが、

こうやってスイスでも日本が広まって、

海外で日本食作りにチャレンジするく人々が

増えるといいなと思います。


同店チェーンで販売中の日本食材の紹介も。

IMG_9255


旬の話題の東京オリンピック、

日本の文化、現在の日本を象徴するもの

等などにも触れられています。

jFotoJet

IMG_9245

今まで日本のことを

全く知らなかったスイスの人々にも、

ちょっぴり日本に興味を持ってもらえそうかな!?

と、

個人的には嬉さと、

興味津々な気持ちも交差しています。


MIGROSで販売されている

日本食用の調味料や材料は、

日本からの輸入品ではなく、

国外生産なので、

味は日本のものと同じではありませんが、

とは言ってもここ数年で、

日本食材店まで足を伸ばさなくても、

地元の人々が利用する一般のお店で、

これらの商品が手に入るようになり、

便利になりました。


うちの自宅にも、

こちらはMIGROSではなく

COOPで買い求めましたが、

似たような商品の買い置きがありました 🎶

IMG_9259

若干、なんちゃって感が漂いますが、

これが意外と

ワインやビールののおつまみにもなり、

美味しくて、私は気に入っている(笑)


先日、「和風」のうつわや食器が

スイスでも人気だという記事を綴りましたが、

『食』から通じる世界は、

広いなぁと感じさせられます。



日本に関する食材や商品を海外で目にしたり、

スイスの人々にも

日本に関心を思っていただけることは、

一人の日本人として、

素直に喜ばしく感じています。


MIGROS MAGAZINは、

以下のMIGROS公式サイトより、

オンラインでもご覧いただけます。

【今週号は 29号】

MIGROS MAGAZIN

スクリーンショット 2021-07-19 21.21.36

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ