スイスの街角から

スイス在住 21 年目。 チューリッヒ湖のほとりに、イギリス人の夫と住んでいます。 カルチャーショックでいっぱい!実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

英国

スイスの365日の生活について綴ったエッセイ、「スイスの素朴なのに優雅な暮らし365日」が、自由国民社より2024年3月に発売されました。紙書籍とあわせまして、電子書籍も発売中です。


イギリス鉄道の旅 ロンドンまでの戻り(2024年3月)


IMG_9047

コーンウォールから

ロンドンへ戻ってきました。

ペンザンスからロンドンまでは、

直行の列車でしたが、

工事明けだったことも影響してか、

車内はかなり混雑していました。

座席指定をしておいて良かった〜。


先日綴った、

ロンドン → ペンザンス 行き

鉄道の旅の続きです 




乗り換えたり、

バスの利用はありませんでしたが、

ロンドン到着は、

予定時刻の約 1 時間遅れ。


夫 Banana によると、

イギリスの列車は

ぴったりオンタイムに到着することは、

まずあまりないようです。


利用した列車はコーンウォールの

ペンザンス駅が始発です。

ペンザンス駅に早めに着くと、

まもなく列車がホームに入ってきました。

帰りは余裕で、

出発時刻のだいぶん前に

車内に乗車できたのですが…。


出発時刻は 10 分ほど遅延との

車内アナウンスがありました。

始発駅だし、

電車も目の前に停まっているのに、

どうして遅れるのかな?

と、不思議に思っていたのですが、

出発後の車内アナウンスで

その理由が判明。


乗務員の方々が休憩しているため、

遅れて出発しましたとの説明がありました。

帰りの列車でもまた、

びっくり仰天でしたが、

前の列車が遅れて到着したため、

その列車内で勤務されていた

乗務員の方々の

休憩時間をとる時間が遅くなった…。

ということがの理由のようで、

出発時刻を 10 分ほど

遅らせたのだそうです。


列車がオンタイム運行されるのが

当たり前の生活を送っているので、

最初はこの説明に

違和感を覚えましたが…。


だけど、よく考えてみると、

従業員の方々の権利を考えてみると、

国によってはそんなことも

あるのでしょう。

ところ変われば列車の旅は、

何もかもが異なるのだなぁと、

つくづく感じさせられました。


ロンドン到着は最終的には

約 1 時間遅れで、

戻りは 6 時間の列車の旅でした。


列車の座席は、

シングルのソロシート(一人がけ)

か、

4人がけのボックス席の

2択なので、

二人で旅する場合、

一人がけを2席分予約しない限り、

1 等車利用の場合でも、

他の乗客と相席になります。

(窓の無い席は、二人がけも一部あり)

IMG_9053

1 等車の運賃には、

ソフトドリンクやコーヒー、紅茶、

ミネラルウォーター、

サンドウィッチ、クッキー、

ポテトチップスなどのスナック類が含まれ、

何度でもワゴンでサービスされます。

IMG_9072

IMG_9063


こちらは別のワゴン。

IMG_9069

 1 等車 2 等車共通で、

こちらのものは全て有料です。

アルコールも一部あるようで、

前の座席に座っていたイギリス人ご夫婦は

ビールを飲んでいました。


少し長く感じましたが、

食べたり飲んだり、

車窓からの景色を眺めたり、

動画を見たりしながら、

無事にロンドンに到着。


終わりよければ全てよしだった

春のイギリス 列車の旅でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・  

カービス・ベイ・ホテルの料理(イギリスの旅 2024年3月)


IMG_8649


前回のブログ記事からの続きです。


 
「カービス・ベイ・ホテル

  (Carbis Bay Hotel)」には、  

G7 サミットで利用された  

海を見渡せるメインダイビングのほか、  

海沿いのレストランや、  

カジュアルなデリもあります。


こちらがホテルのメインダイニング。

IMG_8624 (1)


朝食はここで ♪

IMG_8666

IMG_8671


海に面した場所にも別のレストラン。

IMG_8805


夏は広々とした屋外テラスで味わうお料理が  

最高なのは間違いなし。

IMG_8803 (1)

海沿いにあるコーンウォールなので、  

今回もお食事は  

シーフードをメインでいただいてみました。  


IMG_8881

今までコーンウォールで宿泊した  

ホテルの魚介料理は、  

どちらかというと、  

素材の味にこだわるシンプルスタイルが  

多かったのですが、  

今回はソースの味わいや、  

変わったコンビネーションでの  

食材の組み合わせなど、  

洗練された味わいの  

シェフの創作料理を楽しめました。  


ここぞとばかりに、  

海のお魚を食べ貯めした気がする  

3 日間でした。  

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・  

カービス・ベイ・ホテル in コーンウォール 🇬🇧(イギリスの旅 2024年3月)


IMG_9024

イギリス・コーンウォールに滞在中、

大西洋を真正面にのぞむ

「カービス・ベイ・ホテル

(Carbis Bay Hotel)」に滞在しました。


IMG_9036

このホテルは 2021 年 6月 に

G7 サミットが開催された場所で、

日本からは当時の首相だった

菅元首相が参加されたこともあり、

ニュースでも話題になった

海辺のリゾートです。

IMG_8734

IMG_8762


前回のブログ記事からの続きです。




以前、サミットが開催される前にも

一度滞在したことがあり、

今回で 2 度目のステイでしたが、

館内が全面改装され、

以前からの英国調の趣を保ちつつ、

さらに素敵なリゾートホテルに

生まれ変わっていました。

IMG_8822

IMG_8628

ホテルの目の前に広がる

カービス・ベイ・ビーチは、

夏になると大勢の人々で賑わいます。

今はまだシーズンオフで少し静か。

犬を連れて海辺を散策する人々や、

子ども達も海岸線を駆け回っていて、

楽しそうでした。

IMG_8793

IMG_8800

海に一番近いロッジは、

G7 サミットの際、

各国の首脳が宿泊したのを記念して

各部屋にサミット参加国の

国旗のマークが記されていました。

もちろん、

🇯🇵の国旗も見つけましたよ〜!

IMG_8749

朝 昼 晩と、

光の加減で色合いが変わる

どこまでも広い空と海の色に

自然の素晴らしさを感じ、

少し疲れ気味だった心身を

癒された数日間でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・  

問題がありありだったイギリス鉄道の旅


IMG_9607

イギリスに到着して

ロンドンで 1 泊した後、

翌日は昨年の秋と同じく、

朝 8 時 3 分発の長距離列車で

ロンドン・パディントン駅から

コーンウォールへ。


今回は、ちょっと、

とんでもない体験をした

イギリスの列車の旅について綴ります。

長文ですが、

ご興味がおありの方は

この先へお進みください。


前回のブログ記事からの続きです。




まずはスムーズに辿り着いた前回の旅の様子は

こちらの過去の記事にて。



前回同様に列車の旅が進めば、

5 時間とちょっとで終点のペンザンス駅まで

乗車の予定でした。

ところが今回は、

行程の途中からコーンウォールまでの間が

線路の工事中とのことで、

途中駅のプリマスが終点で、

そこから先は、

なんとバスに乗り換えて

コーンウォールへ向かわなければ

なりませんでした。

スクリーンショット 2024-03-11 6.19.15

イギリスでは数年前から

不定期で行われている

鉄道のストが現在も収束しておらず、

今でも時々行われているので、

イギリス人いわく、

ストに当たらなかっただけラッキー

だということらしいのですが、

日本人の私からすると、

まあ、びっくりなことが山積みの旅でした。


今回も購入したのは 1 等車のチケットです。

途中からはバスになりましたが、

バスは 1 等も 2 等もありません。

まず、出鼻をくじかれたのが、

8 時 3 分発の列車なのに、

8 時直前になるまで、

列車が発車するホームの案内がなく、

表示もでませんでした。


パディントン駅の場合、

各ホームの前に自動改札があります。

(冒頭の画像:2023年10月に撮影)

チューリッヒ中央駅は改札がなくて、

どのホームにも自由に出入りできるので、

そこがスイスとは異なります。


出発のホームがわからないので、

適当に改札の中に入ることもできず…。

その時点でホーム内に

電車が停車していたのは

2 か所だったので、どちらかのはず。

駅の中央あたりで案内を待っていました。

発車の 3 分前の 8 時になって、

ようやくホームの番号が表示されると、

同じような状況で待っていた乗客が

一斉に改札へ向かい、

ちょっとしたパニック状態。


みんな小走りで自分が乗車する車両へ。

1 等車は先頭車両だったので、

改札からは一番遠い場所で、

スーツケースを引きずりながら、

朝から夫婦で、ホームを走る走る〜。


そんな状態だったので、

少し遅れて列車が発車するのかと思っていたら、

予想に反して、ほぼ定刻に出発。

走っていなければ乗り遅れていたかも!

11 時 20 分に到着予定のプリマスまでは、

前回と同じく車内サービスも充実していて、

快適な 1 等車の旅でした。


プリマスに到着すると、

バスが待機していると聞いていて、

バスに乗りさえすれば、

目的地までは辿り着けるので大丈夫。


けれども、

プリマスまでの到着時刻が遅延してしまい、

バスの発車時刻までギリギリ。

そのバスは列車の振り替えなので、

遅延してもバスは発車せずに

待っているはずという理解でした。


この日の列車の終点となった

プリマスへ到着すると、

今度はそこで乗客が一斉に下車し、

バスへ乗り換える人達でホームは混乱状態。


ここでも 1 等車の車両は

出口へと繋がる階段から

一番離れたところに

止まってしまう。(苦笑)


スイスの駅ではほとんどの場合、

1 等車は階段やエスカレーターに

近い位置に停車します。


早足で移動するも、

前方には同じように大きな荷物を持った

乗客達でごった返しているので、

前の人を抜いて走ることはできません。

それでも Banana と二人で

なんとか早足に進み、

ようやくバスまで到着。


数台のバスが目的別に待機していましたが、

ペンザンス行きのバスは

もう他の乗客でいっぱいになっていて、

これ以上は席がないと、

まさかの乗車拒否状態。


流石に、

えーっ!と思ってしまう…。

次の列車に合わせてのバスは

1 時間後です。


すると、

予備のバスの用意があるので、

それで行けるかも? と言われ、

しばらく待っていると、

こちらのバスに乗ってくださいとの案内。


ただし、

あくまでもそのバスは予備のバスなので、

ペンザンスまで直行では

行けない可能性もあり、

また途中でバスを

乗り換えなければならないかも?

とのこと。


プリマスの駅で

バスが出発をする時点では、

乗り換えしなければならないのか、

そのまま直行で

ペンザンスまで行けるのか?

分からない状態での乗車でした。


もしも待機していた最初のバスに

乗車できていれば、

直行でペンザンスまで

到着できていました。

こちらに乗れていれば、

電車の代わりに途中でバスへの

振り替えという感覚で

いられたと思います。


私たちが乗車した

予備のバスのドライバーさんに

質問をしている人もいましたが、

彼の答えは、


「ボクはあくまでも、

今日はスタンバイで待機している

立場だったので、

乗り換えが必要な場合、

それがどこでかは、

自分も分からない。」


のだそう…。

おそらく普段はプリマス周辺だけを

運転しているドライバーさんだったらしく、

カーナビを頼りに運転しているし、

途中駅では待機していた地上係員に、

「ボクは今日はスタンバイだったのだけど、

どこまで続けて運転すればいいの? 」

なんて尋ねているし、

ドライバーさんまで

目的地を知らされていないなんて、

一体どうなることやら…

という感じでした。

スクリーンショット 2024-03-11 7.45.38

もしも Banana と一緒でなければ、

慣れない土地で、

かなり不安だったと思います。

バスは座席が両側 2 列ずつのバスですが、

かなり古いタイプのバスでした。


結局、トゥルーロで

ドライバーさんの交代とともに、

バスも乗り換えが必要で、

朝 8 時 3 分に

パディントン駅を

出発してから約 7 時間後、

約 1 時間半遅れで、

ようやく目的地のペンザンスまで

辿り着くことができました。


終わりよければ、すべてよし

だと考えることにしましたが、

今回は遠かった〜。

ツッコミどころはいっぱいの

イギリス列車の旅という印象は

否めません。


運賃は出発地の

パディントン駅から1 等車で、

通しで購入しなくてはならなかったので、

こんな状態になってしまうと

割に合わないと思ったのが本音です。


工事をやっていたのは

仕方ないとは思うけれど、

結果的には、

半分は 1 等車のサービスだったものの、

あとの半分(以上)は

2 等車以下の待遇だったのが

事実でした。

だったら、

運賃を変えて特別運賃にしないと

フェアじゃない気がする…。


一番フシギだったのが、

ペンザンスまでの

通しの切符を売っているのに、

なぜ、

途中でバスの座席が足りないなんて

事態が起きてしまうのか!?

販売した乗車券の人数で、

目的地ごとにバスを準備していれば

いいだけじゃないのかな? 

と、思ってしまいます。


すごく単純なことのような

気がするのだけど。

理解できない鉄道会社の対応でしたが、

無事にペンザンスへ到着できたので、

よかったと思うことにしました。


他国の鉄道を利用してみて、

普段利用している

日本とスイスのあたり前だと思っていた

鉄道のシステムは、

素晴らしくてありがたいのだと、


意外な体験で実感させられた、

今回の列車の旅でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・  

イギリスの旅 初日(2024年3月)


IMG_8509

一昨日より、イギリス(英国)

を訪問中です。


今回の旅の大きな目的は、

コーンウォールに住む親族を

訪問のためですが、

後半はいつものように、

夫婦水いらずでロンドン滞在を

楽しむ予定です。


前回のブログ記事からの続きです。



ロンドン ヒースロー空港到着後、

翌日はコーンウォールへ移動のため、

初日はロンドン パディントン駅に隣接する

ヒルトン・ロンドン・パディントン

に宿泊しました。

IMG_8530

東京都内にあるような

豪華な印象のヒルトンではなく、

アメリカの田舎町にありそうな雰囲気の

ちょっと古めかしいヒルトンですが、

翌朝の出発が早いので、

1泊、寝るためだけの宿泊だと思えば、

問題はありませんでした。

IMG_8533

IMG_8529

シャワーも熱いお湯が出たし、

(当たり前のことですが、

イギリスの場合、

場所によっては不安なことも…)

ベッドも快適。

なんといっても、

パディトン駅が目の前で、

列車の旅をするには

最高のロケーションです。


半年ぶりのロンドン、

まずはパプで1杯。

IMG_8538

IMG_8536

夕食は口コミでとても美味しいと評判の

ヒルトン・ロンドン・パディントンの

すぐ近くにある、

カジュアルなイタリアンレストラン

Bizzarro を訪れました。

IMG_8554

IMG_8547

シーフードメニューいっぱいのイタリアンは、

噂通りの美味しさ!

IMG_8550

前菜は2品を夫 Banana とシェアして、

メイン料理には、

シーフードリゾットをそれぞれ注文。

魚介の具もいっぱいでボリューム満点!

すごく美味しいリゾットでした。

IMG_8559

そして、

お値段もリーズナブル。

スイスでのほぼランチ価格で、

前菜、メイン、グラスワインと

ボトルのミネラルウォーターサー、

デザートまで味わえました〜。


スタッフ達はほぼ全員イタリア人のようで、

フレンドリーなサービスも快適。

味よし、サービスよし、価格もよし!

評判通りのお店でした。


イギリス初日は上場の出だし。

翌日は早起きをして、

電車で目的地のコーンウォールへ…。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・  

記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。 上記以外のメッセージは受けつておりません。現在、コメント欄は閉じさせていただいています。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ