スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

英国

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


EURO2020開始、町の様子と我が家では・・


IMG_5924

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

6月11日より、

サッカー UEFA EURO2020(欧州選手権)

がスタートしました。


グループリーグでスイスは本日(12日)

ウェールズと対戦。


夫 Banana の生まれ故郷 イングランドは、

明日(13日) 

クロアチアと対戦します。

スクリーンショット 2021-06-12 16.10.42


ブログではいつも "英国" と記述し、

日本では "イギリス" と呼ばれている国は、

正式名称が、

「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」で、

イングランド、スコットランド、ウェールズ、

そして、

北アイルランドからなる4つの連合王国です。


上記は国対抗のスポーツ競技の場合、

オリンピックでは "英国"

『United Kingdom』(UK)🇬🇧 として、

一つのチームで戦いますが、 

サッカーやラグビーなどの世界大会では、 

4つの異なる国として出場します。


ということで今回の大会でも、

土曜日に登場する国はウェールズ 🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿

日曜日に登場するのがイングランド 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿

です。


イングランド出身の夫にとっても、

上記の4つの国々は、  

それぞれ全く別の国だという意識があり、  

アイデンティティの強さも感じさせられるのですが、

これはうちの夫に限らず、  

英国人は皆、同じのようです。


ということで、

明日の試合はもちろん、

イングランドを応援する我が家ですが、

今日の試合では、

Banana もスイスを応援するそうです!


スイスドイツ語圏ではサッカーの応援の際、

"Hopp Schwiiz! (Hopp Schwiz!)"

「ホップ シュヴィーツ」

と歓声があがります。


ホップ(オップ)はドイツ語で

飛び跳ねるの意味があり、

この掛け声をかけて応援するのが

伝統のなのだそうです。

英語でいう、Go Go みたいな感じです。


町のスーパーには、

UEFA EURO2020が出現 ⚽️

IMG_5949

IMG_5946


こんなケーキも並んでいます。

IMG_6356 


パンチの効いた味に、

ハマってしまったポテトチップス🇨🇭



昨日、車に乗って移動していると、

窓にスイスの国旗が掲げられているお宅も

いくつか見かけました。


コロナの影響で1年延期となり、

2021年に開催されることになった

UEFA EURO2020【欧州選手権】。


盛り上がりに欠けるという声も耳にはしますが、

今年こそは優勝のチャンスがあるかも(!?)

と、期待を膨らませる、

イングランド出身の夫がいる我が家では、

今年もそれなりに盛り上がっています。


普段はサッカーに全く興味の無い私も、

こういう国対抗の大きな大会では、

ついついサッカーに見入ってしまいます(笑)
 
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 
 

スイスと英国、ワクチン方針の違いが興味深い


IMG_4328

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

先週末から、暖かいを通り越し、

暑い数日が続いているチューリッヒ湖畔の街です。


日曜日の日中の気温は24℃、

散策していると、かなり汗ばむ陽気でした。

湖畔の散歩道から見上げる空も、雲も、

すっかり初夏 ♪


そしてこの日の最高気温(夜間)は26℃!

夜、ベッドに向かう際、

気のせいか、すごく暑いなぁと感じたのですが、

気のせいではなかった〜。


さて、先週チューリッヒ州では、

コロナワクチンに関して大きな動きがありました。

チューリッヒ州で16歳以上の人が、

COVID-19ワクチン接種の予約をすることが可能になりました。

5月末から6月前半にかけて、

予防接種センターや薬局で、

約18万件の予約ができるようになったそうです。


swissinfo(英語版)のニュースによると、

ワクチン接種がスタートした昨年末から数ヶ月、

最初は多くのスイスの人々が、

ワクチン接種に否定的か、

接種に前向きではありませんでしたが、

現在スイスではワクチンへの躊躇が和らいでおり、

世論調査によると人口のほぼ4分の3が、

新型コロナウイルスのワクチン接種を希望していることが

判明したそうです。


ドイツ語の新聞 Schweizam Wochenende が

発表した調査結果では、

スイス人の大多数(73%)は

予防接種を受けたいと考えているそうです。


昨年11月時点でワクチン肯定派は28%だけ。

15%は未定のままで、

12%がワクチン接種に今も反対している。

人々の考えや価値観は、

ここ数ヶ月の間に大きく変化しているようです。


先週の木曜日夕方の時点でチューリッヒ州では、

457,107回の予防接種が行われました。


スイス全体では、

2回接種が完了している人、
1回接種済みの人、

共に、人口の約11%になっています。

(スイスの人口:約680万人)


スクリーンショット 2021-05-10 18.47.45


スイスのワクチン接種は一般へのオープンが、

他国に比べると出遅れていましたが

ここにきて、一気に挽回している印象も。


スイス(私の住むチューリッヒ州)では、


ワクチン2回接種をセットで予約を受付中。

夏までに1回目、2回目共、

完了させることを目的に実行しています。

それで予約が一気に埋まってしまい、

予約が取りづらいと言うこともあるのでしょうが、

夏の間には接種を希望する人々のワクチン接種は

叶うのかもしれません。


夫の母国、英国とスイスを比べて、

とても興味深いと感じていることがあります。


英国では、

まず、国民全員に少なくとも1回のワクチン接種を掲げ、

それを実行しています。

5月7日の時点で、

ワクチンを1回以上接種している人が人口全体の52.8%で、

過半数が既に1回のワクチンを接種していることになります。

2回接種している人は、25.8%とのこと。

(英国の人口:6,680万人)

スクリーンショット 2021-05-10 17.51.39

我が家の英国の親戚の場合、

医療従事者のローラ(夫の娘)は

年明に最初のワクチンを接種、

その後、6週間あけて2度目を接種。


オーエン(夫の息子/医療従事者ではない)は、

3月下旬に1回目のワクチンを接種した後、

まだ2回目の予定は入っていないそうです。


まずは国民全員に少なくとも1回のワクチンをと、

集団接種を実行していることにより、

英国ではコロナの鎮圧に大きく前進しています。


国によってコロナの深刻度や状況も異なり、

英国とスイス、

どちらが正しい、良いと言うことではなく、

両国に関わりのある我が家は、

国ごとの方針の相違を興味深く見つめています。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

興味深い、英国での呼び名の違い


IMG_6737

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

昨年のちょうど今頃、

我が家は夫 Banana の生まれ故郷でもある

英国 ロンドンを訪れていました。



ロンドンに滞在中、

BBCから流れてくるニュースでは、

既に新型コロナウイルスのことを

伝えてはいましたが、

正直なところその頃はまだ、

中国で発生した謎のウイルスが深刻な状況に

なってきたという認識で、

どこか遠い国で起っている出来事だと

感じていました。


そして、その時の私には、

自分とはさほど関係のない、

他人ごとのようにも思えていました。

当時はまだ、我ながら随分と呑気でした。


夫と共に、

ロンドンの居酒屋に英国人の親戚3人を連れ立ち、

ワイワイと賑やかに会食をし、

ものすごい人混みのパブにも出かけました。

今思うと、恐ろしい。

ものすごい3密状態でした。

時期的にも、一歩間違えば・・

だったのだと思います。


それから数ヶ月で世界は一転し、

1年経った現在も、

こんな状況が続いていようとは、

まさか、まさかで、

夢にも思っていませんでした。


我が家が直近で英国を訪れたのは、

その時が最後で、

英国の親戚(Bananaの娘とその旦那様、Banana の息子)

にもそれ以来会えていません。


本日はそんな英国に思いをはせながら、

【イギリス】といえばのパブフード

「フィッシュ・アンド・チップス」に秘められた、

英国(イギリス)英語の違いについて綴ってみます。


ここから先は、

2020年1月に有料メールマガジンで配信した内容を

編集してお届け致します。


昨年英国 ロンドンを訪れた際には、

久しぶりにパブでも食事をしました。

出かけたのはいわゆる伝統的な

"イングリッシュ・パブ" です。  


金曜日夜のパブは、

仕事帰りに同僚や友人達とビールを片手に

語らい、楽しむ人々で賑わっていました。

立ったまま一杯やるのも英国スタイル。

IMG_6724

パブで食事をするとなると、

カロリーが高そうなものばかりで、

まあ、ぶっちゃけ、

そんなに好んで食べたいものはなく、

毎回、何を食べようかと悩んでしまうのですが、

その日は久しぶりの【イギリス】訪問とあり、

英国で最も有名な伝統料理である、

「フィッシュ・アンド・チップス」を注文しました。  

IMG_6727

見るからに、ディープなフライです。

フィッシュは白身の魚(タラなど)を使用し、

衣には小麦粉を卵や水で溶いたものに浸して揚げます。

こんがりとした色合いを付けるために、

水で溶いた小麦粉に

少量の重曹と酢を入れるのが伝統的なのだそう。


で、"チップス" の部分について触れますと、

"チップス" と言うと、

聴こえは "ポテトチップス" を連想しそうですが、

「フィッシュ・アンド・チップス」に使用される

"チップス" とは、

いわゆる太めの「フライドポテト」です。

スイスでは、「ポムフリッツ(ポムフリ)」

と呼ばれるポテトのフライです。

英国人の彼らにとっては、

"チップス" と言えば、

魚のフライの横に添えられているこれ!


それが理由なのでしょう、

私達が世間一般で "ポテトチップス" と

認識のあるチップスの事は、

英国では "Chips(チップス)"とは呼ばず、

「Crisps(クリスプス)」と呼ばれています。


ちなみに私達が日本で使用している

ポテトチップスの英語、

"Chips(チップス)" はアメリカ英語だそうです。


英国人の夫 Banana と結婚した20年前、

英国で家族が集うと、

ポテトチップスをつまみながら、

「クリスプス、クリスプス」

と言葉が行き交うのを不思議に感じていました。


ある日、Banana に、


「なぜアナタの国では、ポテトチップスの事を、

クリスプスって呼んでいるの〜?」


と尋ねてみたところ、

少し首をかしげながら考えていた Banana は、


「何故ならば、ボクの国では、

フィッシュ・アンド・チップスが存在する。

チップスとは、あの魚のフライに添えられた

ポテトの事をそう呼ぶからだよ。」


との返答。


(なるほど〜)


「ボクらにとって、"チップス" とは、

あのポテトフライの事なので、

キミ達が呼ぶ "ポテトチップス" とは分けて呼んでいる。」


とのコトでした。


英国でポテトチップスを

『クリスプス』と呼ぶ言語の由来は、

英語の "crispy"

【カリカリ、サクサク、パリパリなどの意】

から来ているようです。


こちら、

英国のメーカ〜のポテトチップスですが、

商品の表記にはやはり、

「English crisps(イングリッシュ クリスプス)」

と明記されています。

 ccFotoJet
世界共通な呼び方であると思っていた「ポテトチップス」が、

「フィッシュ・アンド・チップス」という

郷土料理が存在する事により、

その呼び方が変わる事は興味深く、

英国の食文化の一コマだと感じます。


きっとまた近い将来、
親戚たちとも再会し、

大好きなロンドンでパプを訪れて、

フィッシュアンドチップスを頬張りながら、

クリスプスをつまみながら、

笑顔で語らえる日を待ちわびる我が家です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ