スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

自動販売機

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


自動販売機


IMG_5772 (1)

夫婦で日本一時帰国中の我が家。

数ヶ月ごとに日本へ戻るたび、

様々な進化や新しいことに

驚かされることも多いのですが、

今回の帰国では、

スマートカードの

利用方法の発達に

遅ればせながら、

驚かされています。


一昨年ごろまでの一時帰国の際には、

日本=キャッシュレスが進んでいない

というイメージを持っていましたが、

ここ2年でその印象は

すっかり覆されました。


流石は日本、

一度始まると早いですね!!


我が家は乗り物を使用して

様々な場所へ移動することが

多いので、

夫婦でそれぞれ、

Suica を所持しています。


まだモバイルSuicaの登録は

済ませていなくて、

カードで持ち歩いています。


電車はもちろん、

タクシーの支払いや、

最近はコンビニや、

駅なかのお店での支払いも

Suica を使用する機会が増えています。


個人的に一番助かるのが、

日本の道端や駅には

必ず設置されている、

自動販売機を使用したい時。


他の電子マネーでも

使用できるのでしょうが、

私は日本にいる間、

キャッシュレスは

クレジットカードの使用だけで

間に合っていたので、

日本では必要性を感じず、

いわゆるお財布ケータイは

使用していません。


スイスでのキャッシュレスは、

クレジットカードの他、

スイスの多くの人々が使用している

TWINTやECカードを

使用していますが、

日本のような交通系の

スマートカードのようなものは

ありません。


個人的には、

日本では自動販売機に

Suicaが使用できるのが

助かっています。


コロナの前から、これを愛用。

以前から小銭を持ち歩くのが

億劫でしたが、

今はできることならば、

現金には触りたくない。


昨日は日中気温も上がり、

電車から降りて、

喉が乾いたので、

コンビニに入るより早い、

駅のホームの自動販売機で

お水を購入しました。

Suica のカードを

ピッとかざすだけで、

なんと、楽チン!


成田空港の入国町のロビーにも

自動販売機がありますが、

日本の小銭を持っていなくても、

これがあれば問題なし。


昼間は別行動することもある

夫 Banana も、

日中歩いて休憩したい時には、

自動販売機で飲み物を買って、

ベンチに座って

休憩したりしているそうです。

もちろん、

飲み物は Suica で購入〜。


本人いわく、

「日本には自動販売機が

至る場所にあって、

Suica も使用できて便利だ〜!」


確かにそうなのです。

治安の良いスイスでは、

駅構内や、ホームなどにも、

飲み物やチョコバーや、

ミニサイズのポテトチップスなどの

スナック類を買える

自動販売機が設置されていますが、

ロンドン出身の

英国人の夫によれば、

これは特別なことなのだそです。


英国で自動販売機なんて

設置していたら、

夜中に泥棒が来て、

機械ごと持っていかれるから、

自動販売機自体が

"無い" のだそうです。


確かに過去に何度も英国を訪れた

記憶を辿ってみると、

自動販売機が

町中に置かれているのは、

見かけたことがない気がします。

他の欧州の国でも同じかも。


そう意味においては、

スイスはある意味、

特別だといえるのかも?


そんなスイスで先日、

新しい試みを目にしました。

今までは電車の駅では

馴染みのあった自動販売機ですが、

先日チューリッヒ市内を訪れた際、

トラム(路面電車)の駅にも、

自動販売機が設置されいました。

IMG_5768

4月中旬に見つけましたが、

その前の週に同じ場所を

通りがかった時には

まだ無かったので、

新しい試みのようです。


チューリッヒ市内では、

他のトラムの駅でも

似たような光景を目にしました。

夜中に機械ごと

盗んでいく人はいないのでしょう!


ところでこの機械、

結構、旧式です。

カードでも支払えるようですが、

キャッシュを入れると、

お金だけ取られて、

品物が出てこないことも

しばしばあるようです。


先日、駅のホームで、

初老のスイス人らしき男性が、

機械に向かって

スイスドイツ語で

何か叫んでいたので、

そちらに目をやると、

どうやらコインを入れたものの、

商品が出てこず、

お金も戻ってこなかったようです。


しばらくの間、

機械をいろんな角度から

叩いてみたり、

いろいろと試していましたが、

最後は諦めて、

大声で機械に向かって

怒鳴っていました。


なんだかまるで、

古い映画の一ワンシーンのよう。

あんなコトって、

本当にあるんだぁ。


今後、電車の駅だけでなく、

バスやトラムの駅にも

広がっていくのであれば、

機械自体を改良して欲しいな

とも思います。


ちなみに、

この機械で買える飲み物

(お水など)は全て常温です。

真夏は冷たいのが欲しいのですけど。(笑)


昨日は汗ばむ湿気の多い1日だったので、

日本の自動販売機の

冷たい飲み物でひんやりと喉を潤せて、

生き返りました〜。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

スイスで初めて目にした光景、まだありました!


BlogPaint


本日のブログ記事タイトルの通り、スイスで初めて目にした光景、

「花束の自動販売機」です。

BlogPaint


自動販売機といえば、

日本では当たり前のように道端に置かれていますが、

海外では自動販売機が置かれていない国の方が多いと思います。

理由はシンプル、

お金が機械の中に入った販売機ごと盗まれてしまうから・・。


しかし治安のよい国スイスには、駅の構内や空港等に、

スナックやお水等を買える自動販売機は設置されています。

従い、自動販売機自体はスイスでも見慣れているのですが、

お花を売る販売機は初めて目にしました。

どうやらこの販売機が設置されている場所のすぐ近くにお花屋さんがあり、

そのお店の所有物で管理されているのだそうです。


余談ですが、

自動販売機ではありませんがスイスでは郊外に行くと、

野菜の無人販売などと同様に、お花の無人販売が存在します。

花の無人販売の場合、

広大なお花畑にはいろんな種類の花が咲いていて、

その中から備え付けの植木バサミでお花をカットし、

決められた箱にお金を入れて支払うというセルフピックアップの方式です。

(上記について綴った過去のブログ記事は こちら)
自分で摘める、スイスのお花屋さん(お花畑)2011年 8月25日


チューリッヒ郊外の自宅の近くにはお花畑の無人販売、

町なかのチューリッヒには、お花の自動販売機。


この国でも問題がゼロかと言えば、そんな事は決してないのですが、

とはいえ、

何気ない人々の日々の普段の生活風景を眺めていると、

スイスはまだまだ安全で、平和な国なのだな〜と感じます。


ブログランキングに参加しています。
毎日のブログ更新の張り合いとなりますので、
"1日1回" 大変お手数ですが、
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。




お時間がおありの方は
こちら もどうぞよろしくお願いします。(別窓で開きます)


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村

記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ