スイスの街角から

スイス在住20年目。 チューリッヒ湖のほとりに、イギリス人の夫と住んでいます。 カルチャーショックでいっぱい!実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

絶景

スイスの365日の生活について綴ったエッセイ、「スイスの素朴なのに優雅な暮らし365日」が、自由国民社より2024年3月に発売されました。紙書籍とあわせまして、電子書籍も発売中です。


ブリエンツ湖を眺める絶景カフェで…🇨🇭

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

IMG_3313

ギースバッハ滝の周りを散策後、

隣接する優雅な佇まいの

クラシックなホテル、

「グランドホテル・ギースバッハ」

の絶景カフェでひと休み。  

IMG_3310

青く輝くブリエンツ湖の周りは、

青々と茂る新緑に包まれて、

春の花々が咲き乱れ、

美しさを増しているようでした。

IMG_3410

IMG_3301


前回のブログ記事からの続きです ↓ ↓



前回(2020 年 9月)

この場所を訪れた際は、

この日よりも時間が少し遅くて、

ホテルテラスのカフェは満席状態で、

ここでお茶をすることが

できませんでした。


この日は早起きをして出発し、

ギースバッハ滝の周辺を散策したので、

正午前にテラスカフェを

利用できました。


ギースバッハ滝の見えるテーブルか、

ブリエンツ湖の見える側か…。

どちらも絶景を堪能できそうで

悩みましたが、

滝はもう充分に満喫できたので、

湖の見える特等席のテーブルで

カフェタイム。

IMG_3364

美しいブリエンツ湖を眺めながら、

絶景ビューのテーブルでいただくお茶と、

素朴なアップルケーキは

味わいもまた格別でした。


正午頃になると、

ランチ目的の人々でカフェはいっぱいに。

IMG_3370

滝の周りは

緑豊かな自然公園になっているので、

ホテルの有料駐車場に車を停めて

散策したり、

ブリエンツ湖岸のフェリー駅 

"ギースバッハ" からは、

ヨーロッパ最古といわれている

見た目も可愛いケーブルカーで、

ホテルへアクセスすることもできます。

IMG_3377

自然に囲まれた

ギースバッハの滝で、

マイナスイオンをいっぱい浴びた後、

美しいブリエンツ湖を眺めながら、

のんびりとした時間を過ごすことができて、

なんとなく心が豊かになれた気がした

春の日でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・   

タンポポのじゅうたん

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

IMG_0735

チューリッヒ州の郊外にある

自宅の周りでは、

タンポポがあたり一面に咲く景色が

広がっています。


スイスでは意外とありがちの

光景なのですが、

一部の畑の中には、

散歩道として利用できる

小径があるところもあって、

人々が気軽に散策することができます。


動画はインスタグラムにて ↓ ↓ ↓


IMG_0502

ベビーカーを押して歩く人、

自転車に乗ってサイクリングする人…。

身近にある憩いの場所でもあるのです。


青い空の下、

一面に広がるタンポポを眺めながら、

まるで、黄色の絨毯の上を

散策しているかのよう…。

IMG_1630

IMG_0735

黄色いタンポポの背後には、

りんご、梨、アーモンドなどの木々に

薄いピンクや白っぽい花も咲いていて、

そのコントラストも美しい ♪


私にとっては、

日常生活の中のこんな風景も、

スイスの春の絶景です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・   

絶景〜コーンウォール 🇬🇧


IMG_3414

2023年 夏の休暇第一弾で、

英国 最南西部に位置する

コーンウォールに滞在中です。


我が家の親戚が住む町として、

このブログでもたびたび登場していますが、 

コーンウォールは絶景が広がる

リゾート地として、

ロンドンや欧州各地からも

夏のバカンスを過ごす人々で賑わう

海辺の避暑地です。


2021年にG7のサミットが開催された場所として、

一気に知名度も上がりました。
 

お天気が変わりやすく、

晴れたり曇ったりする

特別な気象条件も重なり、

空と雲と太陽の光が織りなす

光のコントラストが、

世界のどこを探しても、

ここにしかない風景だと言われていて、

世界中から多くの芸術家たちが

この地に移り住んでいるそうです。

IMG_3322

IMG_3399


さらなる画像と映像は、

↓⭐︎インスタグラムにて⭐︎↓


魅力は景色だけではなく、

海からとれたての魚が、

もう、たまりません。


休暇の初日の夕食は、

滞在中のホテルで。

海の見えるダイニングで、

カレイの天ぷらと、

その日海からとれた鯖 (さば) 。

IMG_3382

IMG_3380

IMG_3389

超新鮮なシーフードも魅力な場所です。 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・     

高台からの絶景🇨🇭(ラッパーズヴィル 2023夏-2)


IMG_0257

ラッパーズヴィルはかつて、

お城があった城下町です。

現在はラッパーズヴィル城の

城壁が残され、

高台には城跡が残っています。  

上は360度の景観が見渡せる、

見晴らしのよい広場になっていて、

人々の憩いの場所です。



前回のブログ記事からの続きです。



城壁の上まで登る手段は、

石段の階段のみ。

昨日は二往復しました〜。


ベンチに座って、

素晴らしい景観を眺めながら、

持ち寄ったランチを楽しむ人々や、

城壁の石の上に座ってくつろぐ人の姿も

あります。

見晴らしの良い高台の上は

サンドウィッチ一切れでも、

ベンチに腰掛けて食べれば、

無料の絶景テラスです ♪


遠くはアルプスの山々、

そして、

ここから見下ろす

青く輝く湖の景色は最高に美しい!

IMG_0241

お天気の良い日にここへ登ると、

「なんて贅沢なんだろう…」

と、思わず声に出てしまう、

美しい景色です。  


フェリーが発着するのとは

反対側の湖の景色も、

これまた絶景〜。

水の透明度が半端ではありません。

IMG_0130

湖岸はまるで、

南ヨーロッパのリゾート地にでも

いるかのような、

美しい遊歩道が続いています。

湖水プールになっていて、

既に泳いでいる人々の姿もありました。

IMG_9713


湖の真ん中にぽっかりと浮かぶ島は、

チューリッヒ湖の孤島で、

過去のブログ記事にも記した島です。

IMG_0099




城壁の周りには、

鹿が放し飼いされています。
 
餌を与えないでくださいの

サインがありました。

IMG_9690

旧市街から続くお城の脇には

時計塔が残っており、

中世の趣を残す石畳の道を歩きながら

登ってゆくルートが素敵なのですが、

ただいまは大掛かりな工事中で、

上には大きなクレーンがあり、

景観が妨げられています。


こちら(2枚)は過去の画像ですが、

旧市街から城跡へと登る コース。

IMG_1113

IMG_1135

今回、この道が通行止めだったので、

反対側のローズガーデンの方から

城跡の上へと登りました。


次回はのんびりとフェリーに乗って、

また近いうちに訪れてみようと思います。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 

冬のマッターホルン🇨🇭 ゴルナーグラート鉄道と展望台


IMG_6467

前回のブログ記事からの続きです。

ツェルマット滞在中、

登山列車に乗車して、

ゴルナーグラート展望台へのぼりました。


2020年8月に訪れた際は、

展望台に登った日は少し雲がかかっていましたが、

前回(2022年12月)は雲一つない快晴で、

それは素晴らしいマッターホルンが

眺められました。


登山列車はピーク時には

7フラン追加料金で

プライオリティボーディングの

チケットを購入しておくと、

一斉乗車がスタートする前に、

ホームの一番奥の専用ゲートが開き、

真っ先に乗車できます。

IMG_6309

マッターホルンとツェルマットの村の眺めは、

途中、時々変わりますが、

全体的には進行方向向かって右側です。

(下りは左)

IMG_6335

IMG_6476

IMG_6416


更なる画像と映像は、

インスタグラムでご覧ください 


スイスを象徴するイメージのマッターホルン、

やっぱり最高です!🇨🇭

(続きます)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。 上記以外のメッセージは受けつておりません。現在、コメント欄は閉じさせていただいています。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ