スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

空港

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


スイスの空港で、税金もアプリでお支払い〜

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

スクリーンショット 2019-01-23 7.52.01

このほどスイス政府は、

国民投票・住民投票についての情報、投票結果が

一覧できるアプリを開発したのだそうです。

このアプリを使用すると、1800年代までさかのぼって、

過去の情報もチェックできるとの事。

時代は変わったなぁと思います。


最近ではスイスに限らず、

へぇ〜!

こんなものまで、アプリで!?

と感じられる事が多々あるのですが、

もう一つ、時代の流れを感じてしまったのが、

スマートフォンによる通関手続き

「QuickZoll 」です。

IMG_4237

これは、

スマホにダウンロードしたアプリを使用して、

税金(付加価値税)を支払う、

何とも画期的なシステム!


スイスでは国外で買い物をした際、

CHF300 (300フラン)以下の場合、

入国時に付加価値税は無しですが、

CHF300以上の買い物をした際には税金が課せられます。


スイスの空港に到着すると、

入国審査を済ませ、預け荷物を手に取った後、

税関(申告の無い場合は緑色の出口)を通ります。

以前は、申告がある場合には、赤い出口を通り、

そこで税金を支払う流れでした。


私の場合、以前は日本や英国、

その他、

海外の旅行先からスイスへ戻った際、

もしもCHF300以上の買い物をした際、

チューリッヒ空港で赤い出口へ向かい、

その都度その場で申請し、

オフィサーに計算していただき、

税金を支払っていました。


しかし、昨年か一昨年あたりから、

このアプリが登場したためか、

その場で正直に申請をしようとすると、

明らかに面倒臭そうな顔をされるようになり、

オフィサーに、


「これからは、アプリを使って支払ってくれる?」


と、この案内カードを渡され、

言われてしまいました。

IMG_4244

それで、前々回の日本帰省くらいから

このアプリをダウンロードして、

使用し始めてみましたが、

商品区分された項目に、

購入した商品の金額を入力するだけで、

支払う金額の税金の計算をしてくれ、

クレジットカードからの引き落としとなるため

一度使用すると、確かに簡単です!


この手続きを、到着時(税関通過)前までに

終了しておけば、

赤の方で立ち止まる事なく、

緑色の出口にすんなりと行けるというシステムです。


もしも、出口でオフィサーに尋ねられた際は、

このアプリを見せて、

税金は既に支払っている事を伝えれば、大丈夫 ♪


スマホが普及した事により、

便利な世の中になったものだと、つくづくと思います。

うまく使いこなせるかどうかは、自分次第〜。

何とかガンバッテ、

時代についていっています!(笑)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 

チューリッヒ空港の入国審査にて

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、

「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

の配信がスタートしました!

ご興味がおありの方は、是非、ご登録をお待ちしております。

                       
まぐまぐ「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて

ブログでは書けないあれこれ  (サンプル号 無料)

♪ 初月無料、内容が面白くなければ、

ご登録後はいつでも登録解除可能です。♪

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 
BlogPaint

「スイスの街角から」 番外編~
3つの文化に囲まれて ブログでは書けないあれこれ

1/22号 Vol.2 は、以下の内容です。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

((目次))2019年1月22日配信 / Vol.2

● 言うべきか、言わざるべきか!? 日本-スイス、機内での出来事

● 驚きあり、感心あり!のスイスの幼児教育、我が街の小学校

● 最近の我が家

● ご質問やコメントも受け付け中です!

1月24日 (木曜日)、「号外版」 として、

 "海外からでも、ローンは組める!

「日本に家を買う」ストーリーの裏バナシ" も配信予定です!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 
土曜日の夕刻、スイスに戻りました。

とても慌ただしかった英国でのスケジュールでしたが、

おばの最期のお見送りとお別れが出来て、

寂しい気持ちは絶えませんが、

心の区切りをつける事は出来ました。


留守中、チューリッヒ州はまた雪で、

湖畔の自宅の街にも、雪が降り積もったそうですが、

戻った日にはその雪もとけて、

青空が広がるチューリッヒ空港に到着です。


スイスと英国間はシェンゲン協定が結ばれていないため、

英国からの到着便は、日本からの便同様、

入国審査を通過しなければなりません。

(シェンゲン協定が結ばれている他の欧州からの便は、

入国審査は無しで、バゲージクレームへと進めます)


私は日本人で、日本のパスポートを所有のため、

全ての国のパスポート保持者が通過する

"Alle Passe "  (全てのパスポート)

のブースへ向かいました。


ちなみに夫 Banana は、

"スイスと英国のパスポート所持者"

のブースを通過出来るため、

最近では無人の、自動化ゲートを通過しています。


その日の "Alle Passe "  は空いており、

すぐに審査官の前に向かえました。

通常ならば、

パスポートとC permit(C滞在許可証)

を見せれば、特に何も質問される事なく、

すんなりと通過出来るのですが、

今回は何故だか違いました。


いつものように上記の書類を提示すると、

最終目的地はどこまで行くのか?

と尋ねられました。

スイスのC permitを提示しているのに、


「この後、どこに行くの?」


って、なんかヘンな質問だなぁと思いつつ、


「チューリッヒ、ここが最終目的地です。

私はチューリッヒ州に住んでいます。」


と答えました。

すると、その入国審査官は、


「どこに住んでいますか?」

と私に尋ねました。


「◯ ◯ です。」

と、自宅の街の名前を答えると、


「もっと具体的に。

住んでいる場所のストリートの名前、番地は?」


と問いかけてきます。

そこまで尋ねられるのは珍しいな

と思いつつも、きちんと答えて、

問題なく入国は出来たのですが、

とても珍しい出来事でした。


私が通った審査官が、

特別に厳しかったのかな?

とも思いましたが、

隣のブースで審査を受けていた人も、

結構時間を費やし、色々と質問をされていたようです。


尋ねられる内容はシンプルですので、

特に緊張する必要は無いのですが、

外国人がスイスへ入国するにあたり、

更に厳しくなっているようなので、

通常の旅行での行き来でも、

チェックが厳しくなったのかもしれません。


余談ですが、

我が家は今年5月に、C Permit の更新です。

5月に更新という事は、おそらく2ヶ月前には

更新手続きが進められると記憶していますので、

3月頃には、

必要な書類なども郵送されて来ると思います。


噂では、会話力のテストが導入される!?

との話も出ており、

実はちょっぴり不安な3月です。

筆記が無ければ、今まで長年培った、

サバイバルドイツ語で、なんとかなるかも!?(苦笑)


自宅の街に到着する頃には、辺りは薄暗くなり、

暮れなずむチューリッヒ湖が眺められました。

BlogPaint

上の画像は帰りの車の車窓から。

左側に見える山が、

我が家の自宅からの風景でもよくお伝えしているリギ(山)、

そのすぐ右側に見えるのは、ピラトゥス(山)です。


今回の渡英では、

葬儀の事以外で、家族間のややこしい色々があり、

心身共に疲弊した旅でした。


いろんな意味で、

スイスに戻ってきたのだなぁと感じられる、この風景。

月曜日からはまた、

スイスでの日常生活のスタートです。


2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ





スイスらしい光景とお勧めチョコ ♪

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

先日ロンドンへ飛ぶために利用した

チューリッヒ空港で、

スイスらしい光景を目にしました。


免税店脇に設けられていた、

スイスチョコの宣伝用のディスプレイなのですが、

なんだか、こんな、

とてもスイスチックな光景、

久しぶりに目にしました〜(笑)

BlogPaint

スイスチョコレートの老舗、

Munz(ミュンツ)の商品が並んでいました。

Munz(公式)英語・ドイツ語・フランス語)


"スイスチョコ" と言えば・・

大手企業の "L" のチョコをはじめ、

日本や他国へ輸出され、

スイス国外で販売されているものも色々ありますが、

Munz のチョコレートは、

日本ではまだ目にした事がありません。


スイスに長く住んでいる友人達の間でも、

上記を理由に、

Munz のチョコをお土産にする人達もいます。

大きめのスイスのスーパー等で目にする、

(↑ MIGROS では取り扱いが無い)

大袋に入っているチョコバーが、

ばらまき用のお土産には最適だそうです!

スクリーンショット 2018-06-22 17.44.23


スクリーンショット 2018-06-22 17.44.05

空港で見かけた「Munz」の商品に

話題を戻し、

自分も日本行きのフライトの前であれば、

きっとお土産にディスプレイされたチョコを

購入しただろうと思いますが、

(個人的には、カウベルの形のがお気に入り〜 笑)

今回は行先がロンドンだったので、

何も買わず!


次回の日本帰省の時期には、

チョコが溶けてしまう心配もなさそうなので、

また今度、チェックしてみる事にします ♪


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ