スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

海外生活

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


スイスのオミクロン 早くから存在していた


IMG_0270

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

1月18日時点での

スイスの新型コロナウイルス感染状況、


検査数:76,619 件

新規感染者数: 29,142 人

陽性率:38 %

新たな入院者数:125 人

死亡者数:14 人

スクリーンショット 2022-01-19 0.33.23


新規の感染者数は3万人を下回ってはいるものの、

まだまだ予断は許せない状況です。


少し前のニュースですが、

チューリッヒのオミクロン株について、

興味深い記事を目にしました。



スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)

の一部である

スイス連邦水生科学技術研究所(EAWAG)

の専門家が行っている

チューリッヒの廃水分析の結果によると、

コロナの変異体であるオミクロン株は

チューリッヒで、

当初考えられていたよりも早い時期から

存在していたことが判明したのだそうです。


スイスでは昨年12月初旬に報道されたニュースで、

その頃、

ジュネーブでオミクロン株の初の症例

(南アフリカからの渡航者)が確認された

という内容が、

スイスで最初のオミクロンだと

考えられていました。




専門家は、

オミクロンCovid-19変異体(オミクロン株)

の残留物が、

2021年11月中旬に

チューリッヒ州の廃水

(チューリッヒのWerdhölzli給水所)

で検出されたと述べており、

1月5日に研究者たちによって

その旨が発表されました。


ってことは、

クリスマスライトの点灯式と、

クリスマスマーケットの開始、

シンギングクリスマスツリーも

高らかに合唱していたあの日、

チューリッヒ市内が賑わっていた

昨年11月25日ごろには、

既にオミクロンはあの人混みの空気中にも

存在していたのかもしれません。


そんなことは夢にもみていなかった私は、

その日、

チューリッヒ市内へ出かけ、

クリスマスライトの点灯式を待つ

人混みの中にいました。


二重のマスクをして、

なるべく他の人と距離を保ちながら

行動していましたが、

周りの人達は、

密になることもさほど気にしていない様子で、

ほとんどの人はノーマスク。

幸い私はその後も健康状態に異常はなく

感染していませんでしたが、

今思うと、

とても危険な場所にいたのかもしれない・・

とさえ、思えてしまいます。


オミクロン株のニュースの一報が

最初に入った当時は、

南アフリカで最初に発生した

変異株のような印象を持ちましたが、

その後、

英国のBBCニュースらが伝えた内容によると

オランダの保険当局の担当者は、

南アフリカが最初のオミクロン株を

報告した2021年11月24日より前に、

オランダ国内でオミクロン株が

存在していたことが明らかになった

と伝えられたそうですので、

実際はどこでスタートしたのか?

世界中に広まっている今、

もう確認をとることは難しいでしょう。


オミクロンが先に流行した国々では、

そろそろ感染者の状況も減少の傾向にある

国や都市もあるのだとか。

日本もスイスも、1ヶ月後には、

劇的に状況が良くなっていることに期待。


そんな思いを秘めながら、

晴れた日には、自宅近くを散策したり、

ちょっと近場までミニドライブをしたりして、

気晴らしをしつつ、春を待つ日々・・。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スイスで焼き鯖寿司を作ってみた


IMG_0312

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

海の無いスイスで、

焼き鯖寿司を作ってみました。 

今回は先日オランダの北海水産

(Hokkai Suisan)で注文した、

冷凍の塩サバを使用。



スイスでは生の鯖は一般的な魚ではなく、

・・というより、

鯖自体があまり売られていません。

最近ではスイスの新鮮な魚屋さんや、

スーパーの鮮魚コーナーへ行くと、

時々売られているのを見かけますが、

それもごく稀です。


スイスでも簡単に手に入るのは、

鯖の缶詰(日本のものとは異なる)や、

燻製の鯖はスーパーにも置いてあります。


私がスイスにやってきた18年前は、

鯖が食べたいと思った時には、

この燻製の鯖をよく利用していました。

切り身の燻製状態になっているので、

アルミホイルに包んでフライパンで温め、

大根おろしとお醤油で、

なんちゃって鯖の塩焼きを作っていました。


その後、

北海水産さんの塩鯖やみりん鯖も登場し、

日本食の多い我が家では、

本格的な鯖の塩焼き定食を自宅で気軽に

味わえるようになりました。


今回はこちらの冷凍の鯖を使用

fFotoJet

普段はこの鯖を単独で焼き、

それに副菜とお味噌汁をつけ、

白ごはんと共にいただくのが

我が家のスタイルでしたが、

以前にスイス在住のある友人が、

鯖寿司を作ってSNSに投稿していたのを

ふと思い出し、

一度思い出してしまうと、

食べたくて、食べたくて・・(笑)


クックパッドで検索をしてみると、

意外にも、あるわ、あるわ、

様々なレシピ。

日本にお住まいの皆さんも、

意外とご自宅で作られているのですね ♪


それらを組み合わせて

参考にさせていただきました。

IMG_0160


出来上がったのがこちら〜。

IMG_0162

見た目は少しブサイクですが、

初めてにしては、

なかなか良い感じに仕上がったような気が。


スイスの家庭では、


焼き魚用のロースターが一般的では無いので、

魚を焼く場合、

オーブンを使用するか、

フライパンで焼くことが多いです。

私は魚を焼く時は、

フライパンにシートを敷いて焼きます。

それが、

魚を上手に焼けない一つの原因かな?


作ってすぐに食べてしまったので、

切るときに型崩れしてしまいました。

半日から1日おくと美味しくいただける

とのことだったので、

全部切り分けず、半分は翌日まで様子見。

すると、

まさにその通り、

1日目よりもずっと美味しくなっていました。

しかも、程よいかたさで、

切り分けも初日よりは上手くいきました。

(冒頭の画像)


味は、我ながらとても美味しく出来がり、

大満足。

夫 Banana にも大好評 ♪

思いがけず、意外にも簡単に、

我が家の大ヒット作になりました。


初めて作った後の感想、

次回の課題は、

ラップに魚を乗せる際に、

魚の皮の剥がれた部分を

きれいに補正して乗せる。

ラップでくるむ時に、

もっと強めに押しながら、

形をしっかりと整えるコト。


次回リピートして、

改善作を仕上げてみたいと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

日本からのEMSが到着〜今回は8日で


IMG_0078

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

お買い物商品の国際転送サービス

「御用聞キ屋」さんを久しぶりに利用し、

日本からEMSで商品を送っていただきました。 




「御用聞キ屋」さんについて記述した

過去のブログ記事はこちら 



今回も、ちょっとドキドキ。

EMSの受付をしていただいたのが1月6日。

その後、追跡でチェックするも、

1月7日に "国債交換局から発送"

という表示がされたまま、

追跡の画面上では先に進まず。


この状態で、6日間。

IMG_9778 (1)


1月14日にようやく、

スイスのポストに到着〜。

IMG_9940 (1)

アメリカなどの一部地域では、

日本からのEMSの到着に

1ヶ月近くか、

それ以上日数を要したと

SNSで目にし、

実はちょっとヤキモキでしたが、

8日間で無事にスイスの自宅へ

到着しました。

IMG_0154

コロナ以前は、

日本からスイスへ3日で到着したことも

ありましたが、

今は状況が状況だけに、

多少の遅延は仕方ありません。


昨年6月からは、

配送料の値上がりもありました。

コロナの影響は、

本当に色々な方面に出ているのだと

痛感してしまいます。


届いたダンボール箱に添付された

ラベルの表示を見ると、

LX161便との表示。

IMG_0152

SWISSの直行便(貨物)で届いたようです。

とすると、

2〜3日で届くはずなのですが、

クリスマス時期とお正月前後の混雑から、

日本側での荷物の発送が

順番待ちで滞っていたか、

または、

早々にスイスに到着後、

税関通過までの手続きに

時間を要したのかも?

もしかすると、ここでも、

スイスのコロナによる人員不足などの

影響が出ていたのかもしれません。


前回は2020年にEMSを利用していました。

 

その時は10日かかっていましたので、

約1週間で届いて良かったと思います。


待ちに待っていたものが到着しました ♪

IMG_0118

 今回かかった、気になる費用

【送料・手数料、税金】は、後半にて。


(続きます)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ