スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

日本食

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


スイスで手に入れるお豆腐


IMG_9448

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

海外暮らしの中でも、

現地(スイス)の食材をなるべく使用して 

美味しい日本食を作ることに目標に

頑張っている私です。 


と、言うと、

すごく聞こえが良いかもしれませんが、

実際はただ単に、

出来合いの日本食が手に入らないため、

そうせざるを得ないだけ。(苦笑)


日本に一時帰国するとその反動で、

完全手抜きでほぼテイクアウトか、

キッチンを汚さずに調理できる品を利用し、

ぐーたらな生活を過ごすことも多い私。

ただし、

スイスにいる間は、

食事の準備に全力を注ぎます。


日本食に、是非頻繁に活用したいお豆腐は、

私がスイスに来た18年前と比べると、

一般のスーパーや食材店、

BIOショップ(無農薬食品のお店)

などで簡単に手に入れられるようになりまた。

tttFotoJet

もちろん、

日本のようにキメが細かくて滑らかな

あのお豆腐とはちょっとイメージが違いますが、

(カチカチで非常に固すぎか、

崩れるほど柔らかすぎで、

ちょうど良い固さの

お豆腐を見つけるのが難しい)


それでも、

わざわざ我が家からは少し遠い

日本食材店まで足を伸ばさなくても、

地元のスーパーでお豆腐が手に入るのは

ありがたいことだと思っています。

スクリーンショット 2022-01-10 21.41.55




こちら、スイスの "絹豆腐"

スクリーンショット 2022-01-10 22.16.24

週に5〜6回は日本食の我が家では、

常温で長期保存できる、

morinagaのお豆腐も常に買い置き中。

IMG_9770

昨年末、

久しぶりにチューリッヒの

日本食材店まで出かけた際、

そちらでお豆腐を購入しました。

その日手に入れたのは、

焼き豆腐と厚揚げ。

スペインで作られたお豆腐です。


すき焼きに入れたい焼き豆腐は、

流石に日本食材店でないと、

手に入りません。

なのですき焼きを予定する日には、

頑張ってチューリッヒ市内まで出かけます。


厚揚げは初めて購入してみました。

IMG_9750

これを使用して、

簡単揚げ出し豆腐を作ってみました。


今までは、

揚げ出し豆腐にする際は、

普通のお豆腐を揚げて、

自分で作っていましたが、

こちらのお豆腐を使えば、

超簡単に出来上がりました。

また、ラクな方法を一つ覚えてしまった〜(笑)

IMG_9756

昨年、スイスのデパートGLOBUSの

バーゲンの際にまとめて購入した器に

盛り付けてみました。

和食にもとても合います。



クックパッドのレシピを参照し、

だいこんしぐれで

とても美味しく仕上がりました。

日本食Loverの英国人の夫

Banana にも大好評 ♪


レシピ通りだと、

私がスイスで手に入れたこの厚揚げでは

お出し(ツユ)が少し足りなく感じたので、

次回はお出しを倍で作ってみようと思います。


ちなみにスイスのスーパーの

お豆腐の品揃えをチェックしてみると、

MIGROS 、 COOP共に、

なんとなく厚揚げに近い

それらしきものがありました。

(追記:燻製豆腐のようです、厚揚げではない。 残念)
tFotoJet

次回はこれらでチャレンしてみようかな!?

(1/12 追記: ↑ やってみたところ、ダメでした。

詳しくは後日また、ブログにて)


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

ドカーンと日本特集!!


IMG_9279

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

スイスの大手スーパー

COOPやMIGROSでは、 週に一度、

無料マガジンを配布しています。


私はお店の顧客として

双方の会員登録をしているので、

これらは共に、

毎週明けに自宅へ送付されます。

 
で、MIGROSの方【MIGROS MAGAZIN】が

今朝届いたのですが、 
今週はドカーンと「日本特集」がされています。

IMG_9281

中身をのぞいてみると、

やはりスイス人が最初の日本食のイメージとして

抱いているであろう「SUSHI(寿司)」が

どーんと一面。

IMG_9243

そして、(日本食に関し)

「お寿司以外にも、他にもいっぱいあるよ〜」

的に紹介されている日本食の数々。

IMG_9253

いかにも "海外" な雰囲気ではありますが、

こうやってスイスでも日本が広まって、

海外で日本食作りにチャレンジするく人々が

増えるといいなと思います。


同店チェーンで販売中の日本食材の紹介も。

IMG_9255


旬の話題の東京オリンピック、

日本の文化、現在の日本を象徴するもの

等などにも触れられています。

jFotoJet

IMG_9245

今まで日本のことを

全く知らなかったスイスの人々にも、

ちょっぴり日本に興味を持ってもらえそうかな!?

と、

個人的には嬉さと、

興味津々な気持ちも交差しています。


MIGROSで販売されている

日本食用の調味料や材料は、

日本からの輸入品ではなく、

国外生産なので、

味は日本のものと同じではありませんが、

とは言ってもここ数年で、

日本食材店まで足を伸ばさなくても、

地元の人々が利用する一般のお店で、

これらの商品が手に入るようになり、

便利になりました。


うちの自宅にも、

こちらはMIGROSではなく

COOPで買い求めましたが、

似たような商品の買い置きがありました 🎶

IMG_9259

若干、なんちゃって感が漂いますが、

これが意外と

ワインやビールののおつまみにもなり、

美味しくて、私は気に入っている(笑)


先日、「和風」のうつわや食器が

スイスでも人気だという記事を綴りましたが、

『食』から通じる世界は、

広いなぁと感じさせられます。



日本に関する食材や商品を海外で目にしたり、

スイスの人々にも

日本に関心を思っていただけることは、

一人の日本人として、

素直に喜ばしく感じています。


MIGROS MAGAZINは、

以下のMIGROS公式サイトより、

オンラインでもご覧いただけます。

【今週号は 29号】

MIGROS MAGAZIN

スクリーンショット 2021-07-19 21.21.36

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村

町の日本食ブームと、昨日のおうちご飯


IMG_5455

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

昨晩のおうちご飯は、

いくらとまぐろの漬け丼でした。

クックパッドを参考に

まぐろの漬けを作ってみましたが、

町のスーパーで購入したまぐろで、

意外と簡単に、美味しく出来上がりました。


ひと昔前までは、

海の無いスイスで魚を生で食べるとなると、

信頼できる魚屋さんで

お刺身用のかたまり(サク)を購入するか、

スーパーの魚コーナーでは、


「これは生で食べても

大丈夫なクオリティのものか?」


と尋ねて、

慎重に確認してからでないと

安心して購入できませんでしたが、

現在では、

私の利用する普通のスーパーの鮮魚コーナーでも、

お刺身用のまぐろのサクが

「SASHIMI(刺身)」として売られていて、

手軽に利用できるようになりました。


が、スイスでお刺身としていただけるのは、

サクでの販売なので、

一番難しいのは相変わらず、

まぐろを自宅でお刺身用に、

薄く切るところです。(苦笑)

IMG_5460

いくらとさつま揚げは、

先日注文したオランダの北海水産のもの。

自宅バルコニーで成長中の

赤と青の紫蘇(大葉)も彩りで。

IMG_5458

こうやって自分が並べた食卓を見ても、

スイスにいながらも、

手に入れようと思えば

日本の食材が手に入れられる、

便利な時代になったものだと感じます。


さて、そんなここ数年のスイスですが、

先日出かけたチューリッヒで、

興味深い光景を目にしました。


場所は市内にあるブックストア

Orell Füssli (オーレルフースリ)の、

バンホフシュトラッセに近い

Füsslistrasse の店舗で。


他の店舗はドイツ語の本ばかりですが、

この店舗には英語の書籍も置いているので、

久しぶりにちらりと見学しておこうと

ぶらっと立ち寄ってみた時のこと。


上の階の棚のひとコーナーが

全部日本のもので埋め尽くされ、

JAPANコーナーになっていました。

IMG_5944

特設として短期間での

ディスプレイなのかどうかは

わかりませんが、

棚の前後(裏表)ほぼ全て、

『日本の食』に関連するモノ。


ここ2〜3年の間に、

チューリッヒ市内だけでも現地資本での、

お寿司屋さん、ラーメン屋さんなどが

次々とオープンし、

既にあったお店に加わり、

日本食を提供するお店も急増しています。


それらを一度味わった人々の中には、

お料理教室に通ったり、

自宅で日本食を作ってみたいと考える人々も

少なくはなく、

家庭で気軽に使用できる

日本食の料理本も需要があるようです。


私がスイスにやって来た18年前には、

村上春樹さんの小説が並んでいたのが

唯一見かけた日本関連の書籍でした。

当時を思い出すと、

とても考えられない本屋さんの今の光景です。


日本人としては、ちょっと嬉しいサプライズ。


日本食に興味を抱く人々が

スイスでも増えゆくことによって、

日本食材も手に入れやすくなったことも、

スイスで生活をする上で、

喜ばしい限りです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ