IMG_7236

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

タイトル通り、

私ごとではございますが、嬉しいご報告です。


かねてからブログでも綴っていた、

英国人の夫の、

日本入国に必要なビザの取得ができました。


本日は、

下記の以前のブログ記事からの続きです。





これで予定通り、

今年のお正月は夫 Banana と共に、

日本の自宅で過ごせることになりました。


2019年夏、

日本に夫の本人名義で

マンションを購入。

同年の年末年始を日本で過ごして以来、

Banana は自分の持ち家に帰れていません。

コロナ以降は日本の入国制限があり、

外国人の入国が難しくなっています。


配偶者が日本人であることが条件の

特別ビザが取得出来たので、

今年の年末年始は、

約2年ぶりで都内の自宅に

一緒に戻ることが叶いそうです。


まずは、

私の肩の荷も少しだけおり、ホッ。

これでようやく、

『夫を日本へ絶対に連れて帰る任務』

(私が勝手に名付けた)

のファースト・ステージがクリア。


セカンド・ステージはまだもう少し先、

12月の日本入国ですが、

これはコロナ禍になってからも、

私が何度か経験していて、

ルーティンも心得ているので、

必要な書類さえ全て準備して挑めば、

なんとかなるでしょう。


自身の体験からすれば、

サード・ステージとなる、

入国後の自宅自主待機

(現時点では10日間)が、

実は一番大変なのかも?

という気がしています。


Banana の日本ビザの申請をするため、

私が日本からスイスへ戻った翌週、

11月初旬に、

ベルンの在スイス日本国大使館へ、

アポイントを取って夫婦で出かけてきました。

IMG_7239

ビザの取得に関して、

今年の夏ぐらいから、

噂として流れていた情報で、

耳にしていたのと異なっていた部分があったので、

スイスでご覧下さっている方々も

いらっしゃると思いますので、

情報提供として、

この場に記述しておきます。


以前はスイスの日本大使館で

発給できていたビザを、

今年の春以降くらいから、

パスポートを日本へ送って、

日本国内でビザを発給するため、

取得に1ヶ月くらい要するという

情報が回っていました。


今年の夏には、

東京オリンピックが開催されたことや、

日本は緊急事態宣言中であったこと、

また、スイスの学校の夏休みと重なって、

夏に一時帰国を試みた方々が申請をされた頃は、

手続きがとても混みあっていた事は確かだと思います。

実際に一番のピークの夏頃には、

1ヶ月かかったこともあったのは事実だそうです。


ただ、パスポートを日本に送って、

日本でビザの発給をするというのは誤りで、

私が大使館を訪れた際、

職員の方に直接尋ねてみたところ、

いつでもビザの発給は、

在スイス日本大使館で行っているそうです。

(パスポートは日本に送ってはいない)


日本の緊急事態宣言中、

ビザ申請の書類だけは日本で審査し、

入国管理局からの許可が下りれば、

スイスの日本大使館でビザの発給という

手続きだったとのこと。


現在は緩和されているため、

上記の日本側の審査が省かれ、

スイスの日本大使館で

全ての書類チェックを行い、

そのままビザ発給へと進めるそうです。


実際に私達が大使館へ出向くと、

ご担当者から、


「では、書類の確認をいたしますので、

少々お待ちください。」


とのことで、

待合室で待つこと5-6分ほどで、


「書類は全てOKです。

ビザは来週(1週間後の日にち)に

お受け取りいただけます。」


とのお言葉をいただけました。


最長ならば発給に1ヶ月かかるかもと、

覚悟していた私には、

かなり嬉しい拍子抜け。


その場で1週間後の日にちで

ピックアップ日の予約を取っていただけました。


冒頭の画像は、

ビザを申請した日の帰りに眺めた、

在スイス日本大使館のそばの

広大なフィールドです。

すぐ横には雰囲気の良い遊歩道があって、

木々の葉が色づき、綺麗でした。

IMG_7231

1週間後、予定通り無事にビザ発給。

英国人の夫の英国パスポートに

日本のビザが添付されました。


ビザ申請書と共に必要な

書類とお手紙は、

英語か日本語でとされており、

Banana 本人が全て自分ひとりで行えたので、

私がベルンの大使館まで

一緒に申請に出向く必要は

なかったのですが、

ベルンまでの道中が一人だと退屈だ。

一緒に来て欲しいというので、

車で片道約1時間半、

申請と、ピックアップにも同行しました。


この日のベルンは青い空が広がる快晴。

高台にある大使館近くの道路に入ると車窓から、

ベルナーオーバーラントの美しい

アルプスの山々が見渡せました。

IMG_7536


帰りの車窓から眺めた野原には、

コウノトリの群れが見えました。

こんな風景も、スイスだなぁ〜。

IMG_7249


これでようやく、

日本のお正月の計画も進行できる 🎶


まずは、

クリスマスケーキを予約しました。

お節も注文しました。(笑)

今年のお正月には、

スイスでできる範囲、

お正月料理を頑張ったので、

来年はちょっぴり、

楽をさせていただこうと思っています。


夫の帰国当日まで、

お互いに体調をしっかりと管理して、

元気に過ごそうと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村