スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

懐石料理

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


変わっていなかった京都

ブログネタ
【公式】思い出に残る旅行 に参加中!

IMG_6819

京都滞在中の

祇園の夜の続きです。

 

変わっていたと感じた部分も

あった京都だけれど、

全く変わっていないものも

ありました。


その一つが、

京都滞在中に楽しんだ

季節のお料理です。

これだけは、

世界で色々なことが起きても、

全く変わっていなかった。


今回は夫 Banana も4年ぶりに

一緒に京都を訪れることができたので、

以前にお邪魔して、

とても心に残った京料理のお店

「祇園いわさ起」さんを

再訪しました。


前回訪れたのは2018年のことでした。

その際の感激のお料理はこちら 



今年の旅では、

Banana の日本帰国が

ようやく叶ったお祝いも兼ね、

お祝い膳をお願いしていました。

「おめで鯛」で、

夫婦で内内のお祝い。


他人から見れば、

大袈裟だと思われるかもしれないけれど、

私達夫婦にとっては、

そんな心境でした。


今回も素晴らしいお料理と、

気さくでお話し上手な

店主さまとの会話も

楽しませていただきました。


葉っぱの中には穴子寿司

IMG_6845



鮎の稚魚もこの季節 ♪

IMG_6861

さりげない心遣いが素敵な

おかみさんも変わらずお元気で、

よかった ♪


「良い季節に京都へ来られました。」

とおっしゃる店主によると、

ちょうど今の時期は、

花山椒をいただける季節。


柔らかな和牛に

贅沢すぎるほど、

たっぷりと花山椒をトッピングした

お料理をいただきました。

IMG_6863

目の前に出された瞬間、

花山椒の独特な香りがふわーっと

広がって、

食欲をそそります。


新緑の季節が旬の花山椒は、

かつては小皿に少し取り分けて、

季節の味わいを楽しむ、

"京都人の密かなお楽しみ"

だったのだそうです。


それが、

京都で修行をされた料理人さんが

東京に進出し、

たーっぷりと乗せて

お客様に出してみたところ

大好評で、

それが瞬く間に広がって、

花山椒のお値段は一気に上がり、

今では高級食材になったのだそう。


そんな貴重な食材を、

久しぶりの日本で

Banana と一緒に味わえて、

本当に幸せな夜でした。

もちろん、

コースの全てが美しくて、

美味しかった〜。


カウンター越しに、

店主様の手仕事を眺めながら、

こんな京都のお話を伺えるのも、

また、旅のお楽しみ。

IMG_6840


お食事は、あさりご飯

IMG_6872


お腹いっぱい、幸せ〜。

また次の機会にも是非、

夫婦でお伺いしようと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

おひとり様 京懐石料理を味わう ♪


BlogPaint

日本一時帰省の京都滞在中、初めての一人懐石料理を体験しました。

いつもちょっと高級めの京料理や懐石料理のお店へは、

夫 Banana と一緒に訪れるのですが、今回は一人旅。

一人なのでどうしようかなとも考えてはみたのですが、

せっかく大好きな京都を訪れたのだし、

ぶらりと入れそうな京料理とは関連のない普通のお店では、

ちょっと物足りない気もして、

思い切って一人で京料理にチャレンジしてみる事にしました。


とはいえ、普段 Banana と訪れる一軒家の高級懐石料理屋さんや、

席数の少ないこだわりのカウンター懐石のお店での一人夕食は、

やはり少し躊躇してしまい、

今回は宿泊していたホテル 京都ホテルオークラの中にあるレストラン、

「京料理 入船」さんにお邪魔してみました。


ゴールデンウィーク真っ只中の土曜の夜の高級店での女性一人ディナー。

少し気恥ずかしい気はしたものの、

Banana と一緒にお出かけする時と同じように、

きちんとドレスアップしてお邪魔しました。


予約時間ぴったりの午後7時30分に到着すると、

礼儀正しい受付の女性がお出迎えして下さいました。

このお出迎えからお料理の開始から終了まで、

係の皆さんのとても洗練された温かいおもてなしで、

女性一人の食事でも、全く嫌な思いもせず、

美味しい京料理を楽しく味わわせていただく事ができました。


事前に予約をしておいたコースは、

日本に帰省するとよく利用する 一休.com を通して、

グラスシャンパンが1杯含まれた "京懐石「八坂」" コースです。

リクエストしていた通り、窓側のテーブル席をご用意下さいました。


一人きりでシャンパンを味わったのは、おそらく初めての体験。

少しドキドキしながらのお食事スタートでしたが、

サービスをしてくださった仲居さん達のご丁寧なおもてなしで、

気持ちはすぐにリラックスできました。

BlogPaint


✴︎ お食事前の紫蘇茶

BlogPaint



✴︎ 先付(湯葉と雲丹と甘エビ)

BlogPaint


✴︎ お椀

BlogPaint


✴︎ お造り

BlogPaint


✴︎ 八寸

BlogPaint


✴︎凌ぎ

BlogPaint


✴︎ 焼物

BlogPaint

お酒も一人でいただいてしまいました ♪

これも外ではおそらく初めての体験。


せっかく京都を訪れたので、

以前から気になっていた佐々木酒造さんの、

純米大吟醸 "聚楽第" をいただいてみました。

あの人気俳優の、

佐々木蔵之介さんのご実家(弟さんが家業を継がれている)

としても知られる酒造です。

佐々木酒造さんは京都洛中にある酒蔵で、創業120年以上も続く老舗との事。

有名な俳優さんのご実家のお酒という事で、

一度は口にしてみたいと好奇心も合わさっていただいてみたのですが、

そのお味はすっきりとした爽やで、

フルーティでエレガントな口当たりがとても美味しく、

非常に自分好みのお酒でした!

その事を仲居さんにもお伝えしてみると、

京都では酒蔵は伏見に集中している中で、

昔から、洛中で質の良い美味しいお酒を造られる酒蔵として、

とても有名な酒造であるとの事でした。


とても気に入ったので、

自分でも持ち運べる小型サイズの "聚楽第" と、

川端康成氏の小説と同名の "古都" を、

翌日ホテル近くの酒屋さんで手に入れて、スイスに持ち帰ってきました。

BlogPaint


入舟さんのお料理はどれも見た目が美しく、繊細な味付けが美味しく、

久しぶりの京料理を堪能させていただきました。


お味と共に感激したのが、お料理を盛りつけられていた器の、

それはそれは美しかった事!

まさに目で見て楽しみ、季節を感じ、

そして、それぞれのお料理の味わいを楽しませていただきました。


✴︎ 炊き合わせ

BlogPaint

器の美しさにとても感激している事もご担当の仲居さんにお伝えしてみると、

料理長は季節ごとにお料理に合う器に非常にこだわりを持って

器も一つ一つ吟味されているのだそうで、

「料理長がとても喜びます、料理長に伝えます。」

とおっしゃって下さいました。


✴︎ 土鍋で炊きたてのグリーンピースご飯

BlogPaint

BlogPaint


✴︎ 水物

BlogPaint

最後のデザートまで、美しい器で美味しくいただきました。


✴︎ 菓子

BlogPaint

この日の入舟さんのお客様は、ほぼ全員がカップルで、

女性一人客は私と、後から入店された外国人の女性一人でしたが、

お店の方々の細やかなお心遣いと温かいおもてなしで、

とても素敵な京都の夜を過ごせていただきました。


次回、Bananaと共に京都を訪れる際にも、

是非また利用させていただこうと思います。



ブログランキングに参加しています。
「スイスの街角からを」応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。大変お手数ですが、"1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。
(いずれも別窓で開きます)



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ

日本食は大丈夫!!兎山さんでの懐石ランチ


よく晴れた先週の日曜日、

チューリッヒ郊外の懐石温泉レストラン、

兎山(Hsenberg)さんへ、ランチへと出かけました。


(詳しい場所やレストランの詳細は、↓ 過去の記事に掲載中です)

兎山 スイスのミシュラン星付き割烹旅館(ランチ)

スイス、ミシュランの割烹旅館・兎山(夕食編)



記憶が正しければ昨年の春、

"桜フェアー" のディナーでお邪魔したのが最後で約1年振り。



兎山さんから眺める美しい田園風景も、春まっさかりです。


BlogPaint



世界に少しずつ広まりつつもある

日本食品や日本料理に対する風評被害に、

こちらのレストランは大丈夫であろうかと、

今回は少々勝手に心配をしながらお伺いしたのですが、

兎山さんはお料理もお客様もご立派にご健在。

私達夫婦同様、

奥様が日本人でいらっしゃる国際カップルや

ご家族連れのお客様が数組。

その他はすべてスイス人のご家族やカップル、

それにアメリカ人のカップルやグループなどで、

快晴の日のテラス席はとても賑わっていました!



お天気がよく日差しがかなり強かったため、

私達は中の席を利用させていただきました。


BlogPaint



いつものように月替わりのお昼の懐石メニュー、

「野点 "Nodate"」

(59スイスフラン、飲み物は別料金)を注文。


車で出かけたので、

飲み物はお茶をオーダーさせていただきました。

BlogPaint





4月のメニュー、

まずこちらが先付のサーモン胡麻酢かけ

BlogPaint





椀盛りは、はぶたい豆腐 筍 桜花 桜人参

BlogPaint




そして、メインの野点弁当。


一段目がお造り、

二段目が今月の口取り 出し巻き 焼き魚、

三段目が天麩羅

BlogPaint





鉢は、糸より鯛桜蒸し

BlogPaint




次はお食事、兎山さん創作寿司

BlogPaint



兎山さんのお名前にもちなんでだとは思いますが、

今回(4月)はきっと、イースターもご意識されてか、

かわいいウサギちゃん!

横のニンジンも素敵です。



こういう、いただく前に目で見て楽しませていただけのも、

日本料理の素晴らしいところ・・・。


BlogPaint





最後のデザートは、

チョコレートブラウニー はちみつアイス、それに果物

BlogPaint




今回もお腹いっぱいにとても美味しく、

お昼の懐石弁当を堪能させていただきました。

次回は平日のお昼に友人たちとともに、

女性同士でワイワイも楽しそう・・。


海外でも日本食レストランには、風評被害に惑わされない

地元の方々にお越しいただいているようです。


日本は絶対に負けない!

そして、日本人は
必ず困難に打ち勝ちます!!



こちらが兎山さんのウェブサイトです。

Hotel Hasenberg




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、上の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。



携帯電話からご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ