スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

国際結婚

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


スイスで作ったおうちお好み焼きともんじゃ焼き


IMG_6135

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

週末のおうちご飯は、かなり久しぶりで、

お好み焼きともんじゃ焼きを作りました。


実はお好み焼きともんじゃ焼きは、

英国人の夫 Banana が好きな

日本の美味しいモノの一つでもあります。


で、今春の一時帰国の際には、

日本のスーパーで色々と買い込んできました。

我ながら、最強のコレクション(笑)

IMG_6076

ちなみに一般的な

お好み焼き粉などの粉物や、

日本のお好み焼きソース、

マヨネーズなどは、

スイスの日本食材店でも販売されています。

(マヨネーズは現地生産のキューピーも、一般のスーパーにあります)

 
日本には、

すごく便利なお好み焼きセットも

出回っているので、

前回はスイスでは入手困難なそれらや、

他、材料をまとめて購入してきました。


スイスでお好み焼きを作る際、

最も重要なものの一つがキャベツです。

キャベツは一般のスーパーで販売されている種類では、

かたすぎて、お好み焼きには向いていません。


コロナ以前は、

お好み焼きに限らず、

日本食用にキャベツを使用したい場合、

チューリッヒのアジア食材店まで出かけ、

日本のキャベツに近い、

葉っぱの柔らかいキャベツを買っていましたが、

なかなかそれだけを買いに出るには、

家からは遠くて、手に入れるのも一苦労。


けれども、春の期間だけは、

一般のスーパーに柔らかい春キャベツが登場するので、

それが手に入れば、

野菜炒めに使用したり、お浸しにしたり、

時にはお味噌汁の具としても、

美味しくいただきます。


その季節も終わり、

もう見かけなくなっていた春キャベツでしたが、

先日、ファームショップでまだ出ているのを見かけ、

即購入〜。

これでお好み焼きが作れる!

IMG_5727

豚肉も日本のような、

薄切り肉では販売されていないので、

いつものように塊肉を買って、

自宅のスライサーで薄くスライス。




薄切り肉もできて、準備完了〜。

IMG_6078

そして、お好み焼きスタート。

豚玉を作りました。

Banana がさわると、途中で何度も、

焼きかけのお好み焼きを押してしまうので、

「絶対に押すな」と、

それだけは譲れない私が焼き担当。


仕上げのマヨネーズかけは、

Banana が自らがやりたいというので、

本人にお任せです。


完成〜🎶

IMG_6133

IMG_6100 (1)


お好み焼きには、やっぱりビール!

IMG_6132

今回は英国人の Banana のまさかの大好物、

"明太子もちもんじゃ" も作りました。

IMG_6074

セットに入っていた粉末の明太子を使用せず、

こんな時のために

冷凍庫で大切に保存している

とっておきの明太子をたっぷりと使用。

IMG_6103

IMG_6136

楽しかった、美味しかった、

大人世代の二人が、

異常な盛り上がりを見せてしまった

週末のおうちお好み焼き大会(笑)


日本では混ぜて焼くだけで簡単なお好み焼きも、

海外で作るには、

材料調達になかなか手もかかりますが、

その分、美味しさも数倍に感じます。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

久しぶりの外食 新緑のホテルテラス席でランチ ♪


IMG_5528

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

週末の土曜日、

夫 Banana と共にチューリッヒへ出かけ、

新緑に囲まれた美しいホテルのテラス席で、

ランチを楽しんできました。

IMG_5498

外食をしたのは先日の一時帰国の際、

東京で友人とランチをして以来。

スイスでは、

昨年、夏の終わり以来のことでした。


お天気の良いチューリッヒの町は

相変わらず混み合ってみましたが、

今回出かけた、

チューリッヒのお洒落なブティックホテル

「ヴィダーホテル(Widder Zurich) 」の

中庭にあるテラスレストラン、

『ヴィダーガーデン(Widder Garden)』は、

知る人ぞ知る、

ちょっと隠れ場のような場所のようで、

予約客で人数も制限されており、

静かにランチを楽しむことができました。

IMG_5477





インスタグラムに登録をされていない方も、

下記の ➡️ で進んでいただきますと、インスタの画像がご覧いただけます。


久しぶりに夫婦で共にした外食。

新緑に囲まれた美しいテラスは雰囲気もよく、

美味しいお料理は彩も盛り付けも美しく、

五つ星ホテルの洗練されたサービスにも満足。

IMG_5508

IMG_5500

IMG_5520

どこかへ忘れかけていた感覚が蘇ってくるようで、

とても素敵で、どこか懐かしい、

ランチのひと時を楽しむことができました。


先日ワクチン(1回目)を接種したことで、

更にまた一歩、

気持ちの上でも前進できたような気がしています。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

サラリーマン川柳


IMG_4539

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

昨日の日本のニュースで興味深いトピック、

今年も第一生命「サラリーマン川柳」が発表。

第34回を迎えたそうですが、

その年の世相が反映されていて、

毎年楽しみに拝見しています。


今年はやはり、

コロナに関連する川柳が多かったようですが、

2021年の1位は、


「会社へは 来るなと上司 行けと妻」


コロナ禍の中で働かれる

サラリーマンの悲哀をユニークに

表現した一句とのこと。


これを目にした私、思わず、

これ、まさに、我が家の状況〜

とつぶやいてしまいました(苦笑)


夫 Banana がホームオフィス中心になって、

出勤せずに自宅メインで仕事をするようになり、

もう1年近くが経過しています。


他の主婦のみなさんも

少なからず似たような状況におありの方は

いらっしゃると思いますが、

それまでの生活環境が変わり、

夫が常に家にいることで、

自分のペースが狂わされてしまう部分もあり、

実はそれが、

私のストレスの大きな要因の一つに

なっていました。


Banana の場合、

コンピューターに向かって

静かに仕事をしているばかりではなく、

昨年までは月に一度の割合で

海外出張に出かけて、

世界各地の支社や、

クライアントのもとを訪れ

こなしていた会議などの業務を、

自宅にいながら、

全てリモートワークで行っているため、

常に誰かと話をしています。


ゲストルームとして使用する空き部屋が、

自宅にはあるのだから、

その部屋をホームオフィスとして

使用して欲しいものですが、

なんとなくそこは窮屈らしく、

ダイニングテーブルにどっかと腰を落ち着け、

テーブルの上にPCを置いて、

ほぼ1日中、世界のどこかの人達と、

電話会議をしています。


本人からすれば、

狭い部屋で一人業務をこなすより、

リビング続きの広い場所で、

湖の景色を眺めながら仕事をする方が、

はかどるというのが言い分のようです。


しかしそうすると、

今までは、昼間、

自分だけの時間を過ごせていたリビングで、

私はなるべく音を立てないよう、

静かに、大人しく過ごさねばなりません。

仕事をする夫の音も気になるので、

昼間はヘッドフォンかイヤフォンをつけた状態で。


一応、私の家でもあるのだけど〜

とツッコミたくもなりますが、

Banana がそうしてハードに働いてくれているおかげで、

何不自由なく暮らしていられるのですから、

仕方ない、我慢しよう・・

と、自分に言い聞かせる。

頭ではわかっているけれど、

それが1年近くも続くと、ツライなぁ

という時間が続いています。

そんな状況の人は、

きっと世界中にいっぱいいるのでしょうが。


長引くコロナ禍の中、誰もが、

ストレスを発散する場所を見つけることが

難しいのだと、つくづく感じます。


今年のサラリーマン川柳

1位の作品を目にしてみると、

世の男性方も間に挟まれて辛いのだなと、

思わず自分の夫の状況も

重ね合わせてしまったワタクシ。


心に余裕を持たせて、優しくしなければと、

川柳を見て苦笑しながらも、

ある意味反省してしまいました。


とは言え、

お互いにうまく息抜きできると良いですが、

なかなか難しい。


今日は数ヶ月ぶりに、

Banana が午前中だけ

勤務先のオフィスに出勤しました。

あるプロジェクトで重要な任務があり、

数名が出勤したそうです。


数日前にそれを告げられ、

久しぶりい家で過ごす一人の時間に、

ちょっぴり心がワクワク。


が、現実は、

Banana、午前8時前に出勤、正午に帰宅。


その間の私、

掃除、洗濯と家事をこなし、

キッチンを片付けていたら、

あっという間にお昼。


さーて、今から何をしよう・・

と、ソファに座った瞬間、Banana 帰宅。

結局、普段と変わらず、

何も特別なコトは出来ずじまい。(残念)


こんな新しい生活スタイルは、

コロナが落ち着いた後も、

続いてゆくのでしょう。


空き部屋を

Banana のオフィスに模様替えする計画は、

ゆるりと進行中ではありますが、

狭い場所はイヤだという夫はそのままで、

私の個室として模様替えした方が、

早いのかも!?


我が家は子供がいないので、

こんな発想もできますが、

お子さんのいらっしゃるご家庭で、

ホームオフィスでのワークスタイルは、

みなさん本当に大変だろうなぁと思います。


家の中で働く夫も大変なのは重々承知ですが、

妻も家族も、同じく大変ですね。


本日の画像は雨上がりの空。

無数に浮かぶ雲の形が、

とても印象的な、湖畔の空でした。
 
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ