スイスの街角から

スイス在住 21 年目。 チューリッヒ湖のほとりに、イギリス人の夫と住んでいます。 カルチャーショックでいっぱい!実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

募金

スイスの365日の生活について綴ったエッセイ、「スイスの素朴なのに優雅な暮らし365日」が、自由国民社より2024年3月に発売されました。紙書籍とあわせまして、電子書籍も発売中です。


教会で…。

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

IMG_7923

日曜日は友人のお嬢さんが出演された、

地元の青少年団オーケストラの

クラシックコンサートに行ってきました。


教会で開催されたミニコンサートで、

席は全て自由席、入場料は無料です。

ただし、寄付金として、

入り口で各々が好きな金額を

寄付して帰るのがスイス式です。


このようなスタイルの

小規模なコンサートは、

スイス各地の教会などで、

頻繁に開催されています。


昨日はコンサートが終了した後、

入り口で募金しましたが、

時には会場の中に、

寄付金箱を置いてあったりすることも

あります。


大体みんな、

10〜20フラン札

(約1800円〜3500円 くらい)

を入れて帰るのが一般的ですが、

中には50フラン札(約9000円くらい)

を入れる、太っ腹な人もいます。


こんな機会もスイスでは

意外とよくありますから、

キャッシュレスになりつつはあるものの、

現金は今でも

割と持ち歩いています。


出かけたのは若者達で形成されている

青年団のオーケストラでしたが、

直向きな姿で、

未来へ羽ばたく若者達の演奏は

本当に素晴らしく、

どれだけ練習したんだろうと、

Banana と共に感激して帰りました。


友人のお嬢様は赤ちゃんの時から

知っていて、幼い頃は、

うちにもよく遊びにきてくれたり、

私が友人のお宅を訪れたりしていたので、

あっという間だったようにも思える

その成長ぶりにも驚かされました。


若者達はこのような場所で経験を積んで、

将来、有名な音楽家になれる人も

いるのかもしれません。

日曜の午後の、素敵な時間でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・    

ネパール大地震、今の自分にできる事・・。


BlogPaint
(本日の画像は記事とは無関係です)

ネパール中部で25日に起きた

マグニチュード(M)7.8の巨大地震は27日現在、

死者が3000人を越え、負傷者が6500人以上に達したと報道され、

ネパール政府当局者は

今後の死者数が8000人を超える可能性があると予想しているのだそうです。


甚大な被害をもたらす大災害となってしまった今回のネパールでの大地震、

尊い命を落とされた方々へのご冥福をお祈り致します。


決して人ごとではない恐ろしい大地震、

被害の実態は益々ふくれあがってゆくばかりで、

ネパールで被災された方々がとても心配です。 

私はまだネパールを訪れた事は無いのですが、

実は先日の日本一時帰国の際、 ある小さな出会いがありました。 


東京に戻るといつも定宿として利用している汐留のホテルに、

今回の宿泊では新しく外国人のスタッフも数名加わっているのを目にしました。

その中の一人がネパールからやって来たという若い女性従業員Sさん。

ホテルのポーターとして勤務されており、

最初にチェックインの際に荷物を運んでくれた事がきっかけで、

1週間以上滞在していた私の顔を覚えていてくれ、

チェックイン後の滞在中も、

重いバッグを複数抱えてショッピングから戻って来た私を見かけると、

「お荷物をお運びします」と笑顔で気遣ってくれる彼女は、

いつもにこやかなにテキパキと仕事をこなし、

Sさんにとっては外国である日本で、ひたむきに頑張っている姿に、

無性に心を打たれてしまった自分でした。 


最初に出会った時、荷物を運んでくれるエレベーターの中で、

"一瞬何語で話せば良いかな?" との思いもあり、

「どちらの国からいらしたんですか? 」と問う私に、

 「ネパールからです。」

と笑顔で答えた彼女。

ホテルで働き始めて1年半くらいなのだそうですが、

とても綺麗な日本語を話されます。 


状況は異なれど、

母国を離れ、海外で暮らしているという自分との共通点もあり、

若いSさんを見て思わず、

「外国で働いていると、いろいろと大変な事もいっぱいあるでしょう? 」

と何気に話しかけてしまったのですが、

すぐにハッとして、

「そんな事 (ホテルのゲストである自分には) 言えないわよね~。

ごめんなさいね。」

と口にした私に、 

「いいえ、日本は人々も親切で、発展している国なので、とても住みやすいです。

私の国はまだまだ発展途上にあるので、日本とは大きく異なるんですよ。」 

と優しく答えた、純粋で素朴な印象のSさんの笑顔が浮かびます。


与えられた環境をありがたいと感じながら、

ひたむきに頑張る彼女の姿に、


自分がいつしか忘れかけていた気持ちを思い出しながら、

感銘を覚えていました。


そして、来日して数年の若いSさんが、

美しい日本語を話しながら外国で働いている姿は、

もう10年以上もスイスに住んでいるのに、

全く上達しない自分のドイツ語と比べてみると、

年齢を超えて尊敬にも値すると思えた印象深い出会いでした。 


ネパールで起こった地震のニュースの一報を耳にし、

被害の情報が拡大してゆく中、

彼女の母国のご家族は大丈夫だろうかと、とても気にかかっています。


日本に一時帰省中、ホテルで出会ったホテルマン(ウーマン)と客との関係です。

プライベートの事を尋ねたわけでも、

ゲストと従業員の関係以上に親しくなった訳でも無いので、

彼女の詳しいバックグラウンドは分かりません。

でも、遠く離れた日本で、

母国の大地震のニュースを耳にした彼女が、どんなに心配をし、

心痛の真っ只中にいるであろうかと思うと、私もとても心がいたみます。

もしもSさんのご家族がネパールにいるのであれば、

どうかご無事であって欲しいと願う事しかできません。 


スイスに戻った今の自分に出来るのは、とても小さな事ですが、

僅かばかりの救済募金を送らせていただきました。

ネパールへの義援金の受付方法は、

既に異なった様々な機関を通して可能なようですが、

今回は自分の現在の状況と環境からは一番容易だったYahoo基金を

利用させていただきました。 

(募金の方法・手段は人それぞれだと思いますので、

あくまでも自分にとって、いち早く出来た手段です。)


ちなみにページは ↓ こちら

Yahooネット基金【寄付が2倍】ネパール 地震被害緊急支援募金

16
(アドレスはアクセスの時期によって変更されるか、消滅するかもしれませんが、2015年4月27日現在)


ほんの数分前にアクセスした時点の人数からみると、

善意の輪、瞬く間にどんどんと広がっているようです。

25

世界の救助の手が、ネパールの一人でも多くの方々の命を救い、

早急に役立つ事を願います。

世界で広がる折り鶴募金の輪、チューリッヒにて


3月18日金曜日にチューリッヒ大学にて、

東日本大震災(東北関東大震災)への

義援金活動が行われました。


これはこのブログでも告知させていただいておりました、

チューリッヒ大学の学生さんたちを中心に行われた

善意の募金活動で、

今、世界で静かに広がりつつある「折り鶴募金」です。


(私が他のブロガーさんの記事やその他で仕入れた情報だけでも、

オーストラリア、アメリカ(ニューヨーク・ロサンゼルス 等)、

ドイツ各地、フランス(パリ)そしてここ、スイス各地・・・などですが、

おそらくもっと世界各地でだと思います。)


P3185348



『折り鶴募金』(折り紙募金)とは、

募金をして下さった方々に、

日本のシンボルでもある鶴を折り紙で織って、

感謝の気持ちを "折り鶴" をお渡ししてお返しするというもの。


世界のどこかの日本人の方が始められたのがきっかけで、

各地のブロガーさんたちがそれを紹介し、

海外在住日本人を中心に、

世界各地で静かに広がりつつある、


『真心のこもった気持ちには真心でお返しする』


まさに日本人らしい募金活動です。



開催された場所はここ、チューリッヒ大学。


P3185342

P3185340



スイスは社会奉仕にとても関心が高く、

またそれに貢献する国です。

日本人のみならず、スイス人やその他の国々の

多くの学生さんや学校関係者が足を止め、

日本のために募金をして下さっていました。


BlogPaint



今回集められた義援金は日本赤十字に送られるそうです。

私も心ばかりの募金をさせていただきました。


P3185349



日本に向けて、たくさんの寄せ書きも・・・。

多くの日本人の方々が情報を仕入れ、足を運ばれたようです。


P3185350



寄せ書きをご覧になられた被災地の方々が、

どうか少しでも元気を取り戻して下さいますように・・・。


この若い世代の学生さんが将来の日本をしょって立ち、

そして世界へ羽ばたいてゆく・・・

日本の未来に大きな希望を感じます。


そして、

この募金活動は急な決定であったにも関わらず、

在スイスの日本人の方々も多数、

この募金に駆けつけられたとうかがい、


日本人の結束力の強さを再確認しました。



日本のテレビの映像では、

阪神淡路大震災で被災された方々が、


「当時の震災の際には東北の人たちにもとてもお世話になった、

今度は自分たちがお返しをする番・・・。」


とおっしゃり、

ボランティアに率先して名乗りをあげておられましたが、

英語や他の国の言葉では訳す事の難しい、

と言うよりも、

直訳する事の出来ない

「恩」という言葉を思い浮かべ、

日本は本当に美しい国だと、あらためて感じた日でした。







 人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、上の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。


携帯電話からご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです!


人気ブログランキングへ



日本へ届け、優しきスイスの子供たちの願い


日に日に地震と津波の被害状況が拡大し、

気温の下がった地域でご不自由な生活を余儀なくされている

被災者の方々の事を思うと、

出来る事ならば被災地に駆けつけて、

少しでもお手伝いをさせていただきたい・・・

とは思うものの、

海外暮らしで

すぐに日本のボランティアに参加できる状況でもなく、

また、Twitter からの情報では、

被災地では、

専門家や各分野のスペシャリストが救助活動を行っており、

素人が駆けつけるのは逆に足手まといになるだけなので、

それは今は避けて欲しい・・・

というメッセージを拝見し、

現状では募金という形でしかお手伝いが出来ないのが

とてももどかしくはあるものの、

今身近で出来る事のひとつとして、

各機関を通しての募金が一番早く被災者の方々へのお手伝いに

なるのであろうと思っています。


ネットでも可能な募金先につきましては、

Twitter やインターネットのニュース等でも

随時流れておりますし、複数のブロガーさんも

既にご案内されていらっしゃるようなので、

この場では省かせていただきます。


ただ、先日読んだニュースによりますと、

この災害にあやかって、

募金と偽りネット上で不正サイトも発覚したそうですので、

みなさんの善意が無駄にならないように、

細心の注意をして募金を行いたいものですよね。


私は、と申しますと、やはり赤十字を通しての募金が

「自分の中では」 一番信頼できるものであるため、

(ですが日本の赤十字のサイトは、ネットからの募金が不可能で、

スイスのサイトは私には少々ややこしかったため、)


AmazonのUSAサイト経由で

アメリカの赤十字(American Red Cross)を通して、

ドル建ての募金をさせていただきました。

この方法だと、

アマゾンを通してネットで書籍を購入する要領で、

本の代金の代わりに希望募金額を入力するだけで

手持ちのクレジットカードを使用して募金が出来るため、

とても手軽で簡単に完了できました。
 
こちらが私の利用したそのサイト(参考まで)

American Red Cross: Japan Earthquake and Pacific Tsunami


(ただし上記は私が個人的に信頼度と利用しやすさで選んだだけで、

みなさんへこのサイトを特別に推奨している訳ではありません。)



そして、実はこの募金に関しまして、

スイスの街角でとても嬉しい光景を目にしました。

病気療養中の夫のリハビリもかねて

自宅の周りを散策していた日曜日の午後の事、

目にした張り紙がこちら。


IMG_2131



直訳致しますと、


"日本への「募金活動」です、

美味しいものがたくさんあります・・・"


明らかに子供が書いたとみられるこの張り紙に、

きっと日本人のお子さんか、

または、

ご両親のどちらかが日本人であるお子さんが

募金活動をされているのかしら?

と思い、夫と共にその矢印を方向へと進んでみると、

そこにいたのは、

歳の頃が10〜11歳くらいの二人のスイス人の女の子。


IMG_2133


IMG_2134



彼女たちはおそらくお母様が焼かれたらしき手作りケーキと、

コーヒーやお菓子を用意して、

今回の日本の地震、津波の被害に遭われた方々のために、

寄付を募っているところでした。


IMG_2135




どこからどう眺めても、

生粋のスイス人に見えるその女の子たちが、

住宅地である一角で

募金活動をしている事を不思議に思った私は、


「どうしてここで募金活動をしているの?

日本にご親戚か、お友達でもいるの?」


と、尋ねてみたところ彼女たちの答えは、


「いいえ、テレビで日本の地震と津波のニュースを観て、

とても大変な事になっていて、

それで私達、何とかお手伝いがしたいんです。」


夫と私、


「・・・・・・・。」


そのまだ幼さが残る風貌の少女たちの優しさに、

ただただ感動で言葉になりません。


「とても素晴らしい事をしているのね。

私、日本人なのよー、とても嬉しいわ、

ありがとう!! 頑張ってね!」


と言うのが精一杯・・・。


私がスイスに住んで本当に感心した事のひとつが、

人々が社会奉仕にとても興味を持ち、

そしてそれをきちんと実行している事。

スイスで子育てを経験している友人の話によるとスイスでは、

幼い頃から社会奉仕に貢献する機会が多く、

各町の自治体では数えきれないくらいの

ボーイスカウト等の団体や、

その他の奉仕団体が存在するのだそうです。


通常それらでは、

資源ゴミでもある雑誌の回収などを大人の管理のもとで

行ったりして、奉仕によって得たお金を自分たちの

運営する団体の資金の一部にしたりするのだそうですが、

この女の子たちの場合は、

テレビに映し出される日本の悲惨な映像を観て、

個人的に、

何とか日本の被災者のみなさんの力に少しでもなれたら・・・

という、

優しい純粋な気持ちでその行動をとっていたようです。



もちろんスイスにも善意の募金だけではなく、

見るからにうさんくさそうな人が

自宅のドアのノックして、寄付を希望する事もありますので、

公的な機関では無い場合スイス人だからといって、

誰でも信用してよい訳ではありませんが

スイス人富裕層の多く住むこのチューリッヒ湖畔の町で

明らかに自分たちの自宅の前で親の管理のもとであろう場所で

行っているこの行為に疑うすべもなく、

夫と共に心ばかりの募金をさせていただき、

その場を後にしました。


きっとあの場所で集められた募金は、

彼女たちの親御さんがスイスの赤十字など、

しかるべき場所に募金をして下さるのだと信じています。


スイスでは、

昨年のハイチ大地震の被災者の方々への義援金をほんの数日で、

 "総額約25,2ミリオンフラン(日本円で約22億円)"

という多額を募金で集めました。

この素晴らしいスイス人達の社会奉仕への関心も、

子供の頃から携わっているこの国ならではだと

あらためて感じた出来事。


地震被害の拡大する悲しい日本のニュースを目にする毎日で、

一筋の光が見えたかのように、

とても温かな気持ちにしてくれた、

スイスの子供たちとの出会いでした。


日本の被災地の方々へも、

この優しいスイス人の子供たちの思いが届きますように・・・。




 人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、上の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。


携帯電話からご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです!


人気ブログランキングへ



記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。 上記以外のメッセージは受けつておりません。現在、コメント欄は閉じさせていただいています。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ