スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

京都料理

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


変わっていなかった京都

ブログネタ
【公式】思い出に残る旅行 に参加中!

IMG_6819

京都滞在中の

祇園の夜の続きです。

 

変わっていたと感じた部分も

あった京都だけれど、

全く変わっていないものも

ありました。


その一つが、

京都滞在中に楽しんだ

季節のお料理です。

これだけは、

世界で色々なことが起きても、

全く変わっていなかった。


今回は夫 Banana も4年ぶりに

一緒に京都を訪れることができたので、

以前にお邪魔して、

とても心に残った京料理のお店

「祇園いわさ起」さんを

再訪しました。


前回訪れたのは2018年のことでした。

その際の感激のお料理はこちら 



今年の旅では、

Banana の日本帰国が

ようやく叶ったお祝いも兼ね、

お祝い膳をお願いしていました。

「おめで鯛」で、

夫婦で内内のお祝い。


他人から見れば、

大袈裟だと思われるかもしれないけれど、

私達夫婦にとっては、

そんな心境でした。


今回も素晴らしいお料理と、

気さくでお話し上手な

店主さまとの会話も

楽しませていただきました。


葉っぱの中には穴子寿司

IMG_6845



鮎の稚魚もこの季節 ♪

IMG_6861

さりげない心遣いが素敵な

おかみさんも変わらずお元気で、

よかった ♪


「良い季節に京都へ来られました。」

とおっしゃる店主によると、

ちょうど今の時期は、

花山椒をいただける季節。


柔らかな和牛に

贅沢すぎるほど、

たっぷりと花山椒をトッピングした

お料理をいただきました。

IMG_6863

目の前に出された瞬間、

花山椒の独特な香りがふわーっと

広がって、

食欲をそそります。


新緑の季節が旬の花山椒は、

かつては小皿に少し取り分けて、

季節の味わいを楽しむ、

"京都人の密かなお楽しみ"

だったのだそうです。


それが、

京都で修行をされた料理人さんが

東京に進出し、

たーっぷりと乗せて

お客様に出してみたところ

大好評で、

それが瞬く間に広がって、

花山椒のお値段は一気に上がり、

今では高級食材になったのだそう。


そんな貴重な食材を、

久しぶりの日本で

Banana と一緒に味わえて、

本当に幸せな夜でした。

もちろん、

コースの全てが美しくて、

美味しかった〜。


カウンター越しに、

店主様の手仕事を眺めながら、

こんな京都のお話を伺えるのも、

また、旅のお楽しみ。

IMG_6840


お食事は、あさりご飯

IMG_6872


お腹いっぱい、幸せ〜。

また次の機会にも是非、

夫婦でお伺いしようと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

星付きのお店を貸し切りで!? 京都 祇園 「いわさ起」さんにて


BlogPaint

京都から福岡へと移動しました。

京都滞在中の思い出は、

自分用の記録としても綴っておきたいので、

もう少し続きます。


今回の京都では、

美味しい京都風日本料理をいただける

お店に出かけました。


それがこちら、

「祇園 いわさ起」(ぎおん いわさき)

さんです。


別のお店で長いこと修行をされた大将が、

念願叶い祇園南側にご自分のお店を構えられ、

その開店から2年も経たないうちに、

ミシュランの一ツ星を獲得された期待のお店です。

BlogPaint

カウンターが(確か)9席、

奥に4人がけのテーブルがひとつあるこちらのお店ですが、

実はゴールデンウィークが明けたばかりのこの日は、

京都自体、どこもとても空いていて、

夜に予約のお客さんが私達夫婦だけという、

事実上の貸切状態でした。

ゴールデンウィーク中はもちろん満席で、

この日もランチの時間帯には

他のお客様もいらっしゃったのだそうです。


お料理にはとても手をかけて、

貴重な食材を目利きしておられるので、

当日の予約は受けられないそうです。


最初はプライベートレストラン状態に、

緊張してしまった私達夫婦ですが、

気さくな大将とのカウンター越しのお話も楽しくて、

それは手の込んだ、

貴重な旬の食材の数々を使用しての

美味しいお料理と共に、

素敵な夜のひとときを過ごさせていただきました。


とても気さくなお人柄の大将でいらっしゃるので、

ミシュランの覆面チェックが

どんな感じでやって来たのか!?

などなど、

他にも普段は尋ねる事ができないような話題を

色々と質問させていただいたりしました。


京都料理とひとことで言っても、

地域によっても大きく異なり、

祇園の北側と南側では、

お料理の内容は違ってくるなど、

とても興味深く、貴重なお話をたくさん

うかがう事ができました。


たまたまの偶然とはいえ、

ミシュランの星付きシェフを

夫婦だけで独り占めなんて、

おそらくまたとは無いであろう

貴重な体験に感激の夜でした。


まずはこちらが、

お店からのサービスのシャンパン。

BlogPaint

このお店のお料理は、

シャンパンにも合う事をコンセプトとしているのだそうです。


お料理は一皿、一皿、

目の前に見えるお台所で、

熱いものは熱いうちに、

冷たいものは冷たいうちに出していただけます。

BlogPaint


最初の八寸は、5月のお料理ならではの美しいひと皿。

(冒頭の画像)

BlogPaint

BlogPaint


こちらはおそらく初めていただいた、おこぜのお造り。

BlogPaint

おこぜはこの後、

頭の部分を唐揚げにしていただきました。

大将いわく、おこぜは捨てるところがないのだそうです!



飲み物は最初に、夫 Banana と共に、

瓶ビールをいただいた後、

お料理にも合う、

大好きな日本酒「黒龍」をお願いしました。

日本酒はケースに入れられた

アンティークのグラスの中から

好みのものを自分で選んでいただきます。


私がチョイスしたのはこちら。

BlogPaint

これを選択した後で、

このグラスは1800年代のアンティークグラスだと

女将さんに伺い、

思わず、手が震えそうになりました!

グラスに何事もなく、

お酒も美味しくいただけて、良かった〜。

BlogPaint

BlogPaint


焼き物は "のどぐろ"

こちらも大の好物の魚です。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

4月の終わり頃から、

5月の初めの短い間にしか使用できないという器は、

鯉のぼりが描かれた可愛い器です。

お料理もさることながら、

それらを盛られた器がどれも美しくて、

見ほれながらのお食事でした。


長い時間をかけて、

大将自らがコレクションされた、貴重な器の数々だそうです。

BlogPaint


最後のシメは、鯛ごはん。

BlogPaint

全て美味しくいただきました。

次回、京都を訪れる際にも、

是非是非お邪魔したいお店です。

Banana と共に、リピートを誓いました。


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ