スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

京都

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


変わっていなかった京都

ブログネタ
【公式】思い出に残る旅行 に参加中!

IMG_6819

京都滞在中の

祇園の夜の続きです。

 

変わっていたと感じた部分も

あった京都だけれど、

全く変わっていないものも

ありました。


その一つが、

京都滞在中に楽しんだ

季節のお料理です。

これだけは、

世界で色々なことが起きても、

全く変わっていなかった。


今回は夫 Banana も4年ぶりに

一緒に京都を訪れることができたので、

以前にお邪魔して、

とても心に残った京料理のお店

「祇園いわさ起」さんを

再訪しました。


前回訪れたのは2018年のことでした。

その際の感激のお料理はこちら 



今年の旅では、

Banana の日本帰国が

ようやく叶ったお祝いも兼ね、

お祝い膳をお願いしていました。

「おめで鯛」で、

夫婦で内内のお祝い。


他人から見れば、

大袈裟だと思われるかもしれないけれど、

私達夫婦にとっては、

そんな心境でした。


今回も素晴らしいお料理と、

気さくでお話し上手な

店主さまとの会話も

楽しませていただきました。


葉っぱの中には穴子寿司

IMG_6845



鮎の稚魚もこの季節 ♪

IMG_6861

さりげない心遣いが素敵な

おかみさんも変わらずお元気で、

よかった ♪


「良い季節に京都へ来られました。」

とおっしゃる店主によると、

ちょうど今の時期は、

花山椒をいただける季節。


柔らかな和牛に

贅沢すぎるほど、

たっぷりと花山椒をトッピングした

お料理をいただきました。

IMG_6863

目の前に出された瞬間、

花山椒の独特な香りがふわーっと

広がって、

食欲をそそります。


新緑の季節が旬の花山椒は、

かつては小皿に少し取り分けて、

季節の味わいを楽しむ、

"京都人の密かなお楽しみ"

だったのだそうです。


それが、

京都で修行をされた料理人さんが

東京に進出し、

たーっぷりと乗せて

お客様に出してみたところ

大好評で、

それが瞬く間に広がって、

花山椒のお値段は一気に上がり、

今では高級食材になったのだそう。


そんな貴重な食材を、

久しぶりの日本で

Banana と一緒に味わえて、

本当に幸せな夜でした。

もちろん、

コースの全てが美しくて、

美味しかった〜。


カウンター越しに、

店主様の手仕事を眺めながら、

こんな京都のお話を伺えるのも、

また、旅のお楽しみ。

IMG_6840


お食事は、あさりご飯

IMG_6872


お腹いっぱい、幸せ〜。

また次の機会にも是非、

夫婦でお伺いしようと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

変わっていた京都


IMG_6804

昨日、4日間の京都旅行を終え、

東京の自宅に戻ってきました。


スイスの自宅を出る前は、

この旅行の計画を立てるのに、

私なりに随分と時間を費やしました。


夫 Banana が京都を訪れたのは、

よく確認してみると、

2018年の5月のことでした。

ちょうど4年ぶりの京都です。


Banana も好きな久しぶりの京都で、

思い出深い旅になるように、

スイスで頑張って計画しました。


結果、本人いわく、

何度も訪れた

今までの京都旅行の中で、

一番素晴らしい旅だったとのこと。


それを聞いてホッとしました〜。

お天気に恵まれたのも、

美しい新緑の季節で、

お天気に恵まれたのも、

その理由の一つだと思います。


さて、先日のブログの続きです。

 

京都初日の夜は、

祇園の料亭に出かけました。

前回(4年前)に訪れて、

大将の料理の腕とお人柄に惹かれ、

今回、念願かなってのリピートでした。

祇園花見小路通りの

細い路地を入った場所に

お店があります。


予約の時間には少し早く

祇園界隈に到着したので、

少し歩いてみることにしました。

IMG_6800

すると、

私が記憶してい祇園とは、

以前とは様子が異なることが、

すぐにわかりました。


コロナの前までは賑わい、

活気のあった四条通りのお店は

シャッターが閉まっているところも多く、

祇園花見小路に近い

海外からの観光客も多く訪れていた周辺は、

閉店しているお店も目立ちました。


シャッターが閉まっているお店の中には、

完全に閉店しているのではなく、

"休業中" と張り紙のあるお店や、

昼間は営業していたけれど、

営業時間を変更し、

夕方の早い時間に閉めるお店も

あるのだとは思います。


そんな京都の繁華街を眺めながら、

いつも多くの人であふれていた

花見小路を歩いてみると、

ショックでした・・。

午後6時過ぎの通りは

人影もまばら。

料亭や料理屋さんはあかりが灯り、

営業しているところが多いようでしたが、

それら以外は、

閉店しているところが

多いように見えました。

思い出の花見小路とは

あきらかに様子が異なっていていました。


昨秋一人で京都を訪れた際には、

清水寺と東山界隈は混み合っていたので、

京都全てとひとくくりにはできず、

場所によっても異なるのだろうと

思います。

オミクロンが流行する前か後かでも違うのかも。

極め付けはこれ。

コロナ以前のいつからなのか、

通りでは、

写真撮影が完全にできなくなっていました。

IMG_6795


ちなみに4年前はこれ 👇

IMG_5577


当時はまだ、写真撮影は、

禁止されてはいませんでした。

IMG_5576

以前は、

"マナーを守りましょう"

程度の警告。

だけど、その後も、

守らない旅行客が多かったのでしょう。


今回は通りで写真撮影禁止の案内と共に、


● 家の壁(格子)に寄りかかってはいけません

● 家の中(玄関先)まで入ってはいけません

● 舞子さんの写真を勝手に撮影したり、

触ったりしてはいけません


などと書かれた、

立て看板を目にしました。


ほとんどは、

中国からの旅行客に向けての

メッセージなのだろうと

受け止めました。

コロナの前はこんな警告をしないと、

傍若無人に行動する旅行者が

存在したのでしょう。


通りでの写真撮影を

禁止するくらいですから、

よほど酷かったのかも。

だけど、そんなお客さんがいないと、

お店の存続にも関わりかねないのから、

複雑ですね・・。


乗車したタクシーの車窓から

通りを眺めていると、

同じ四条通りでも、

観光客が集まる場所ではなく、

一般の京都市民のみなさんが

利用されるエリアは、

活気があるように目に映りました。


海外からの旅行者の少なさと反比例し、

修学旅行の学生さんたちの数が、

それは、それは多かったのにも

驚かされました。


コロナ事情で、

昨年、一昨年と

キャンセルされていて、

久しぶりに大勢の学生さん達の姿で、

町は溢れていました。


京都の旅の記録、続きます。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

色付き始めた南禅寺(2021年初秋の京都)


IMG_6324

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

前日に決意し出かけた、

先週末の京都旅行の続きです。




予定していなかった急な旅だったので、

今回は京都市内で1泊だけ。

日曜日と月曜日で行ってきました。


日曜日の天気予報は晴れ、

翌、月曜日は曇りの天気予報だったため、

日曜日は早起きをして、

朝7時37分発の新幹線を利用しました。


3年半ぶりの京都、3年半ぶりの新幹線。

久しぶりの京都駅を降り立つと、

色々な意味で、

ようやくここまで辿り着いたんだなぁという、

感慨深い思いが押し寄せます。


その日宿泊する予定だった旅館から、

午前中でも荷物をどうぞ置いてください

と、ご連絡をいただいたので、

京都駅からまずは、

京都市役所近くにある旅館に直行。


荷物を預かっていただき、

気がつくと、お腹がペコペコ〜。


コロナの前ならば、

新幹線の中で駅弁を楽しんだ私でしょうが、

今回はなるべくマスクを外したくなかったので、

車内でのお弁当は我慢。

早朝自宅で、

パンを1個かじって出かけたものの、

朝が早かったので、

9時半過ぎに京都に到着すると、また空腹感。


長い1日になるので、

何か食べておかなければ。

どうしよう・・と考え、

何度か宿泊させていただいて馴染みのある、

京都ホテルオークラさんが近かったので、

ホテルご自慢のフレンチトーストの

朝食をいただきました。

IMG_6240

IMG_6245

コロナ以来、

一人で外食をしたのは初めて。


色々と初めてづくしだった、

今回の京都ひとり旅。


朝食のお値段は少し高めだけど、

(と言っても、スイスよりは、断然、安い!笑)

感染対策がしっかりされて、

食事の後には

ホテルの清潔な化粧室を

使用させていただけたし、

知らないお店に飛び込みで入るよりは、

ずっと精神的な安心感を抱けた私。


サービスも、

フレンチトーストのお味も良かったし、

長い1日の前に、

英気を養うことができました。


甘いものをいただきエネルギーチャージした後、

地下鉄に乗車して、まずは南禅寺へ。

IMG_6271

予想していたよりも、

ここでは既に紅葉が始まっていました。

IMG_6297


(続きます)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村  
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ