スイスの街角から

スイス在住20年目。 チューリッヒ湖のほとりに、イギリス人の夫と住んでいます。 カルチャーショックでいっぱい!実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

モントルー

スイスの365日の生活について綴ったエッセイ、「スイスの素朴なのに優雅な暮らし365日」が、自由国民社より2024年3月に発売されました。紙書籍とあわせまして、電子書籍も発売中です。


モントル・ージャズ・フェスティバル 2022(最終章)


IMG_3550

先日訪れた、

モントル・ージャズ・フェスティバル 2022

からの続きです。

 

実は今年のジャズ・フェスティバルは、

私は夫 Banana のお供的存在で帯同。

メイン会場の

オーディトリアム・ストラヴィンスキー 

で開催されたライブには

Banana 一人だけが出かけました。

IMG_3415

IMG_3424

宿泊したホテルのレストランで

夕食を共にした後、

Banana は20時30分から開催される

メイン会場のライブを観に出発。


ライブの前に会場でチェックインして、

チケット引換券を

このリストバンドに交換していただきます。

館内ではこれを機械にかざして、

出入りが自由となります。

IMG_3413

私は部屋で少し休憩した後、

21時頃から夜の町を見学がてら、

一人散策。

IMG_3532

昼間の雰囲気とはうって変わり、

湖岸のストリートは物凄い大賑わい。


過去2回は、

私も4000人収容のメイン会場、

オーディトリアム・ストラヴィンスキー で

Banana と一緒にライブを観ました。


一度めは身動きできない

ギュウギュウのホールの観客の中で、

トイレにも行かずに

オールスタンディングの4時間半。

内容は、3組の出演者で、

ジェイミー・カラムがメインで出演し、

それは素晴らしかった〜!


2度目は Banana は同じくホールで

レジェンド、

トム・ジョーンズのライブを鑑賞。

この時は、

私は観客席のチケットを別で購入し、

一人で着席して。

こちらも素晴らしかった!!


そして3度目となる今回は、

あの熱い体験は2度で十分だった私は

町の見学のみ。


過去の2回はライブを観ていたので、

夜の町の様子は

あまりわかりませんでしたが、

今回実際に歩いてみて、

その熱さに驚愕!


21時を過ぎると、

前に進むのが困難なほど、

湖岸のストリートは大勢の

老若男女で賑わっていました。


何はともあれ、

今年は例年通りに大盛り上がりで

ジャズ・フェステイバルが

無事に開催されて、

本当によかったと思います。


早めに会場に到着した Banana が

撮影した

オーディトリアム・ストラヴィンスキーの内部。

このホールが毎回、超満員となります!

IMG_5805

モントルーに一緒に行けた私も

感激でしたが、

お気に入りのアーティストのライブに

参加できた Banana は、

とても大興奮の、大満足でした。

毎晩、見たいアーティストが

公演していて、

どの日のライブのチケットを購入するか、

相当迷ったそうです。


町の動画と画像は、

インスタグラムにてご覧ください。


ローザンヌ、モントルーから自宅に戻り、

約2週間が経過。

私もかなりの人混みの中に

ノーマスクでいましたが、

その後も健康状態に問題はなく、

元気に過ごしています。


Banana は以前同様、

身動きできないほどの人混みの中の

ホールに4時間以上いましたが、

彼も体調に問題はなく、

現在、シカゴに出張中。


まずは夫婦ともに、

体調に問題なく楽しめたことに安堵した、

2022年 我が家の夏の休暇、

第一弾でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 

到着後 モントルー2022


IMG_3356

2022年夏のスイスフランス語圏への

旅の記録の続きです。



モントルーはスイスフランス語圏、

レマン湖の東湖畔に佇む

湖岸のリゾート地です。


この場所でジャズ・フェスティバルが

始まったのは1967年に遡ります。

ジャズ・フェスティバルが開催される間、

湖岸の小さな町が、

熱くて刺激的な夏の2週間を迎えます。


モントルーに到着後、

第56回モントルージャズフェスティバル

で賑わう町を散策しました。


ローザンヌから移動後、

宿泊ホテルのチェックインまで

時間があったので、

ホテルに荷物だけ預け

まずはモントルージャズカフェで

冷たい飲み物を飲んで休憩。

IMG_3292

店内には歴代の音楽祭出演者の写真や

関連グッズも展示され、

マニアにはきっとたまらないはず。

IMG_3289

IMG_3291

高台にあるモントルー駅のある

メインストリートから、

湖岸に続く遊歩道に降りると、

そこはもう普段の遊歩道とは別世界。


湖岸の通りには

露店のテントが張られ、

特設の企業専用ラウンジやクラブ、

公園には無料ライブが開催される

ステージも出現。
 
全てが音楽一色!

IMG_3273

IMG_3268

IMG_3271

元々はジャズのパフォーマンスだけ

だったそうですが、 

近年ではジャズだけではなく、

あらゆる分野の

ミュージシャン達が出演し、

フェスティバルを盛り上げています。


更なる画像と映像はインスタグラムにて ♪


日中は人通りも少なく、

意外と静かに感じたのですが、

午後、夕刻近くになると、

人通りも一気に多くなりました。


昨年はコロナの制限もあり、

メイン会場の4000人を収容する

オーディトリアム・ストラヴィンスキー

は使用せず、

湖岸に特設会場が設けられ、

屋外で音楽祭が実施されたそうです。


今年の音楽祭は、

以前、何度か訪れた事のある

ミュージックフェスティバルの時と同様、

全てが活気に満ちていて、

コロナ以前と

大きな変化は感じませんでした。


まずはまだ混み合っていないうちに、

何度も訪れた、

フレディ・マーキュリーの像のある

辺りまで歩いてみました。

IMG_3344

IMG_3361

フレディの像の周りは、

いつも多くの人々が集っています。


(続きます)


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 

レマン湖クルーズ 2022(ローザンヌ〜モントルー1)



IMG_2947

前回のブログ記事からの続きです。

 

翌日は午前中に

ローザンヌのホテルを出発。

レマン湖のプチクルーズで、

船でモントルーへ移動しました。


美しいレマン湖畔の朝 ☀︎

IMG_2890

普段、この界隈を旅行する際は

車で出かけることが多いのですが、

今回はちょっと異なったスタイルの

フランス語圏への旅にトライ。


船の乗船チケットは、

乗り場でも購入できますが、

SBB(スイス国鉄)のアプリで

購入できてとても便利です ♪


鉄道チケット同様にアプリで購入し、

チケットはスマホに保管。

jFotoJet

ローザンヌからモントルーまでは、

レマン湖をフランス側に横断して

湖をギグザグに行くコースも

ありますが、

以前にそのコースは体験済みで、

今回は世界遺産ラヴォーの景色を

眺めたかったので、

シンプルにスイス側の湖岸を行く

船にしました。


乗り換えを入れても2時間弱の

プチクルーズです。

IMG_2907

IMG_2910

船が到着〜。

ローザンヌは始発なので、

前に乗ってきた乗客が降りてから乗船。

IMG_2922

1階が2等、2階が1等船室です。

2階船室の屋内部分のテーブルでは、

事前に予約をしておけば、

ランチクルーズも ♪

IMG_2932


2階(1等)のデッキ

IMG_2952

IMG_2954

私達も外に座って

景色を堪能したかったので、

しっかりと帽子を持参し、

屋外の席に陣取りました。

船の上から眺めるラヴォーの風景。

どこまでも続く葡萄畑…。

IMG_2965

クルーズの様子【動画】は

インスタグラム(リール)にて  


最初の停泊地、キュリー(Cully)に到着。

IMG_2980

クルーズの旅記録、続きます。


2020年のレマン湖クルーズ

ブログ記事はこちらです 



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 

第56回モントルージャズフェスティバル開幕


IMG_0225

日本各地は

連日の猛暑が続いているとのこと、

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

少々早いのかもしれませんが、

暑中お見舞い申し上げます。


私が一時帰国中の際も、

東京は6月に入ってから

30℃を超える暑い日が

続いていましたが、

スイスに戻った後、

6月にも関わらず、

最高気温が35℃以上の猛暑日が

続いたと聞いて、

本当に驚き、心配です。

日曜日までは猛暑が続くようですね。

その後は、戻り梅雨??

突然の気温の変化に

ご体調を崩されませんよう、

どうぞご自愛くださいませ。


スイスは一時期の猛暑が

一旦治まりました。

私の住むチューリッヒ州の気温も、

日中27℃前後の日が続き、

30℃は下回る気温の日が続く

ここ数日です。

ようやく扇風機の風だけでも、

涼しいと感じるようになりました。

夏はまだまだこれからが本番。

少し息抜きをして、

また暑い日が戻ってきた時に

備えようと思います。


さて、スイスでは、

夏の風物詩の一つでもある、

モントルージャズフェスティバルが、

7月1日から開幕しました。

スクリーンショット 2022-07-02 23.56.44



今年は第56回を迎え、

コロナ以来3年ぶりで、

規制のない普通通りの

パフォーマンスが開催されます。


500を超えるライブとアクティビティが、

13ヶ所の会場で

16日まで繰り広げられる予定です。


我が家も夫 Banana の強い希望で、

今年はモントルーへ、Go Back!

お天気に恵まれると良いなぁと

思っています。


まだ少し先ですが、

またモントルーよりレポート致します ♪


こちらは2016年、

第50回のフェスティバルの思い出です。

IMG_8981

スクリーンショット 2016-07-11 4.49.19

大きな問題がなく、

無事予定通りにフェスティバルが

進行しますように。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 

夏の終わりのモントルー散策とクィーンのスタジオ見学


BlogPaint

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

9月11日の記事からの続きです。




スイスのリヴィエラとも呼ばれるスイス レマン湖畔の町、

モントルーを訪れました。
 

View this post on Instagram

2020年9月 スイスのリヴィエラと呼ばれる、レマン湖畔の街モントルーを散策🇨🇭 ・ 普段ならば、毎年開催されるモントルージャズフェスティバルに訪れる事が多かった場所🎷🎶 その音楽祭も、今年はコロナの影響で来年に延期されました。 ・ ジャズフェスティバル中は湖畔の遊歩道に露店がずらりと並び、世界中からの訪問客で賑わいますが、真夏の季節を終えた少し静かな街にが風情が感じられ、美しいレマン湖と街並を眺めながら、のんびりと散策出来ました。 ・ 更なる情報はブログ「スイスの街角から」本編に綴ります🇨🇭 ・ ・ #switzerland_vacations #amazingswitzerland #iloveswitzerland #lacleman #lakegeneva #swisslandscape #viditswitzerland #myswitzerland #vevey #alps #frenchalps #montreux #montreuxriviera #スイスの街角から #ブログを更新しました #スイス情報 #スイス旅行 #海外旅行 #モントルー #ヨーロッパ旅行 #レマン湖クルーズ #朝焼け #美しい景色 #アルプス

A post shared by スイスの街角から (@swiss_no_machikado_kara) on


モントルーへは、

夏のモントルージャズフェスティバルで

訪れる事が多い我が家ですが、

夏の終わりに近づいた小さな街は、

本来の静けさを取り戻したかのようで趣があり、

素敵でした。


去る9月5日はちょうど、

英国のロックバンド「クィーン」のボーカリスト、

フレディ・マーキュリーの誕生日だったこともあり、

レマン湖を見渡す位置にあるフレディの銅像には、

花束やカード、メッセージなどが添えられていました。
 
View this post on Instagram

“モントルー”と言えばの、あまりにも有名なレマン湖に面してたてられたフレディ・マーキュリーの像。 ・ 近年では映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒットしたことも記憶に新しい、伝説のロックバンド🇬🇧「クィーン」のボーカリスト、フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury 1946年9月5日 - 1991年11月24日) ・ 9月5日はフレディの誕生日で、その前後に訪れたファン達からのメッセージや花も飾られていました。 ・ スイスのロックダウン中は、この像にマスクが着けられていた事が国内のニュースで話題となりました。 ・ ・ #freddiemercury #switzerland_vacations #amazingswitzerland #iloveswitzerland #lacleman #lakegeneva #swisslandscape #viditswitzerland #myswitzerland #montreux #montreuxriviera #スイスの街角から #ブログを更新しました #フレディマーキュリー #スイス情報 #スイス旅行 #海外旅行 #モントルー #ヨーロッパ旅行 #レマン湖クルーズ #朝焼け #美しい景色 #アルプス

A post shared by スイスの街角から (@swiss_no_machikado_kara) on


この日は、アマチュアミュージシャンの夫

Banana の強い希望もあり、

「クイーン・スタジオ・エクスペリエンス」

を訪れました。

BlogPaint


こちらはスイス政府観光局の公式サイトです。



かつてはクィーンがこのスタジオで

レコーディングしていたという、

ファンの間では聖地なのだそうです。


数々の名曲がレコーディングされた

伝説のミュージックスタジオの一部が残されており、

現在は「カジノ・ド・モントルー」内に

記念館としてオープンしています。

BlogPaint


数々のクイーンゆかりの展示品の中には、

日本にまつわるものも。

かなり貴重なものも展示されていました、すごい!!

qFotoJet

クイーンによって使用されていた楽器や、

レコーディングの際に使用されていた

ミキシング・コンソールなどが、

当時のままで再現されています。


ミキシング・コンソールは、

実際に触って音を調整してみたり、

体験する事ができるので、

ファンにはたまらない貴重な経験です。


Banana ももちろんトライ。

ご満悦状態の夫  Banana。

BlogPaint

館内にはもちろん、手指消毒液も設置され、

入館する前と、これらの機材を使用したあとは、

手指も綺麗に!


さほど大きな展示場ではありませんが、

映画「ボヘミアン・ラプソディ」以来、

にわかファンの私にとっても、

とても楽しめました。


にわかでは無い、

本物の大ファンの英国人の夫  Banana にとっては、

感無量のまさに、

「クイーン・スタジオ・エクスペリエンス」

となったようです。

IMG_3835

カジノの裏手には、

"Queen Tribute Wall" が設置され、

今も多くのファンがメッセージを残しています。
wFotoJet

スタジオを出た後は、

レマン湖畔をしばらく散策。

BlogPaint

この日、日中の気温は24℃。

お散歩日和の美しい1日でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村    

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪





スイスの街角から - にほんブログ村 


記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。 上記以外のメッセージは受けつておりません。現在、コメント欄は閉じさせていただいています。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ