スイスの街角から

スイス在住20年目。 チューリッヒ湖のほとりに、イギリス人の夫と住んでいます。 カルチャーショックでいっぱい!実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

ミュージカル

スイスの365日の生活について綴ったエッセイ、「スイスの素朴なのに優雅な暮らし365日」が、自由国民社より2024年3月に発売されました。紙書籍とあわせまして、電子書籍も発売中です。


ミュージカル フェームを鑑賞してきました in チューリッヒ

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

土曜の夜は、夫婦でお出かけ。

チューリッヒで開催中のミュージカル

「フェーム」を鑑賞してきました。

IMG_7684

1980年代に大ヒットした映画「フェーム」

のミュージカル版、リメイクです。

フェーム映画(Wikipedia)

映画では、アイリーン・キャラが主役を演じました。

名前を書くだけでも、懐かしい〜。


さすがの私もまだ学生だったため、

映画は観ていないような気がしますが、

フェームの曲が大ヒットした事は記憶しています。

8歳年上の夫 Banana は当時、青春まっさかり。

ちょうど、ドンピシャの年代だったようです。


現在チューリッヒで公演中のミュージカルは、

ロンドンキャストが出演中で、英語での公演です!


開演前のバーラウンジ、会場内も満席でした ♪

連日、大盛況の公演だそうです。

BlogPaint

私がスイスにやってきた15年前は、

スイスで上映されるミュージカルといえば、

全てドイツ語でした。

(以前住んでいたバーゼル市と、

現在住んでいるチューリッヒ州 =ドイツ語圏での場合)


マンマ・ミーア!がドイツ語でやっていて、

「ドイツ語でマンマ・ミーアは、うーん。。。」

なんて声を耳にした事もありますが、

最近ではスイスでも、

ロンドンのミュージカルキャストによる、

英語で上演されるミュージカルも徐々に増えてきました。


時は良い方向に流れているような気がしています。

とても嬉しい時代になりました。


舞台の上では久々に目にした、

超ハイレグのレオタードに、レッグウォーマー!

これもまた、懐かし〜。


時代はさかのぼり、80年代にどっぷりと浸かり

私の頭の中は、令和の時代から平成を通り越して、

昭和の時代に逆戻り〜(笑)

BlogPaint

歌もダンスも演技も最高!

素晴らしい公演で、とても楽しい週末の夜でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
メールマガジン【Vol19】は 5月21日(火曜日) 配信です。

((目次))

● 第50回 モントルー・ジャズ・フェスティバルをレポート!

毎年7月にスイスで開催される、今年で53回目を迎える
モントルー・ジャズ・フェスティバル。
我が家も今年は夫婦でチケットを入手、出かける予定です。
眠らない街が熱く燃える、盛大なフェステイバルの様子につきましては、
またお伝えする予定です。

次回のメルマガではそれに先駆け、2016年に開催された、
第50回記念イヤーの貴重な体験と様子を、体感レポートでお伝え致します。
実はこの話題は、本ブログには綴っておりませんでした。
行った人だからこそ伝えられる、実際に目で見た、熱ーい場面も!

ー・ー・・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、

「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ  (サンプル号 無料)

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。
定期配信の他、月に1〜2度、【号外】も配信。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分(今月は5月分)の全てが配信されます。

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ロンドンで渡辺謙さん主演、王様と私(The King and I )を鑑賞 ♪


BlogPaint

現在、ロンドンにいます。

ローラとジミーの結婚式参列を無事に終えた後、

ひとりで5日間のロンドン滞在中です。

おめでたい結婚式ですが、

無事に終了すると、

心身の疲れはちょっと出てしまったかも。

今回はショッピングの予定も無いので、

少しのんびりと、

いつもとは異なるスタイルで、

ロンドンステイをしています。


夫 Banana は土曜日の結婚式の後、

一緒にロンドンで1泊し、

月曜日にそのままシカゴへと出張に出ました。

相変わらず忙しい夫です。


結婚式の記事の途中ですが、

本日は自分用の記録も兼ね、

タイムリーな話題を一つ。

スイスでは建国記念日だった8月1日、

現在ロンドンで上演中のミュージカル、

渡辺謙さん主演の

「The King and I(王様と私)」

を観に行ってきました。

The King and I Musical (公式/英語)

ストーリーはこちら ↓
王様と私 (ミュージカル Wikipedia)


大沢たかおさんも、

メインの役柄で出から演されており、

今、ロンドンで超ホットなミュージカルです!

BlogPaint

BlogPaint

今回のミュージカルの劇場は、

London Palladium。

市内、オックスフォード・サーカス

から徒歩数分の、

とても便利な場所にあり、

歴史ある美しいシアターです。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint


こちらがLondon Palladiumの

劇場の内部。

BlogPaint

BlogPaint

この日は他の日本人もちらほらと、

観客の中にお見かけしました。


6月にロンドンに来た際に鑑賞した、

「42d Street 」(別の劇場)はタップダンス等、

大人数でのダンスが多く、

ラスベガスのショーの雰囲気にも似ており、

ステージ全体を見渡したかったので、

2階席の最前列で観ました。


今回は何と言っても、

日本人のアクター達が出演するので、

少しでも近くで観たいと思い、

ストーリーもよく見渡せて、

ステージにも近い1階 "STALLS" の良い席

(カテゴリー的には前回と同じ)

をゲットしました。

BlogPaint

席番号はGー28(前から6列目)で通路側。

この席はすぐ前の席とは少しずれていて、

重ならない位置になっているため、

前方に遮られるものがなく、

舞台がとてもよく見渡せました。

(この劇場では、個人的にとてもオススメ)


ロンドンのミュージカルシアターは

古い建物が多く、

どこもさほど大きくは無いため、

ステージがとても近く、

出演者がすぐ目の前で見られるのが

大きな魅力!

自分のすぐ目の前、

10メートルほど先で見た

渡辺謙さんの "キング" はオーラがあり、

それは迫力がありました。


大沢たかおさんもご出演なので、

事前に動画サイトで、

過去のドラマ、

「JIN-仁」を一気に見直してしまいました〜。


気持ちも高めながら臨んだ今回のミュージカル、

ブロードウェイではトニー賞を受賞した、

ケリー・オハラの演技と歌もそれは素晴らしく、

王の子供を演じた、

子役の子供達の演技も可愛らしく、

とても楽しみました。


謙さんの歌とダンスも圧巻!

大沢さんは歌のパートが無かったのが

ちょっぴり残念だったような気も。

でも、すべて英語でのセリフも完璧で、

みなさんとても素晴らしいパフォーマンスでした。


その他、

日本人の女優さんも複数出演されていました。

前回のロンドンで鑑賞した

ロイヤルバレエもそうでしたが、

日本人の世界での活躍はスゴイ!!

同じ日本人として、本当に誇らしく感じます。


ミュージカル終了後、

もちろん会場からは大歓声。

ロンドンのミュージカルはやっぱり楽しい ♪


今年は年内に

もう一度ロンドンを訪れる予定です。

さて、次回は何を見よう?

今から楽しみです。


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ロンドンのミュージカル ♪


BlogPaint

昨日のW杯、最高でした!

イングランドは決勝トーナメント進出。

若返ったイングランド代表、

私が今まで目にした事のないくらい

強い印象です。

日本は執念のドロー。

後半、本田選手の同点ゴールに、

思わず絶叫〜!!


イングランドが既に勝利した後、

余裕いっぱい、英国人の夫 Banana も、

もちろん一緒に日本の応援です。

次回のセネガル - コロンビア戦の結果に関わらず、

日本は次の試合で勝利して、

決勝トーナメントへ是非進んで欲しい!

木曜日のポーランド戦が楽しみです。


さて、本日の話題は以前に少し戻り、

先日のロンドン旅行の続きです。

ロイヤルバレエを鑑賞した翌日の夜は、

ミュージカルへ。

(ロイヤルバレエ鑑賞のブログ記事はこちら)
英国ロイヤルバレエ鑑賞〜
主役は日本人プリンシパルの高田茜さん!
(2018年6月20日)


今回は、

ブロードウェイ版のリメイク版が

ロンドンで大ヒット上演中の

「42nd Street」を鑑賞しました。

42nd Street The Musical

BlogPaint

この日の劇場は、

heatre Royal Drury Lane


他のロンドンの劇場も同様ですが、

1663年に建てられた歴史ある建物内部は、

内装も美しい造りです。

BlogPaint

BlogPaint


バーのエリア

BlogPaint

BlogPaint


劇場内の天井

BlogPaint

42nd Street は、

構成がラスベガスのショーのようなイメージで、

豪華なダンスが見られるストーリー

である事も分かっていたので、

今回は、

舞台全体が見渡せる2階席、

Royal Circle の最前列

のチケットを入手しました。

BlogPaint

エリザベス女王や、

チャールズ皇太子のための

ロイヤルボックスが設けられているのも、

英国の歴史ある劇場ならではです。

(この劇場には、ロイヤルボックスが2箇所あり)


こちらが、

エリザベス女王が観劇の際に利用されるお席。

BlogPaint

この夜のミュージカルは、

舞台構成に迫力があり、

衣装はカラフル、

俳優さんたちのタップダンスと歌が素晴らしく、

素晴らしいエンターテイメントショーでした。

最高の夜!


2日間で、

全く異なるタイプの

世界最高レベルのショーを鑑賞・観劇して、

感激の二夜でした。


何も考えず、数時間の間、

ただひたすら目の前の舞台の虜になって、

精神を集中して、

笑ったり、感激したり、感動したり・・。

ロンドンのエンターテイメントは最高!


7月のロンドンでは、

現在上映中(〜9月まで)

渡辺謙さん主演、

「The King and I(王様と私)」

を鑑賞予定です。

こちらもとても楽しみです ♪


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大人気のミュージカルで貴重な体験 ♪ 〜 ロンドンの夜は眠らない・・。


BlogPaint


先週末から訪れていたロンドンの休暇から、

無事にスイスに戻りました。


今回もロンドンではお天気に恵まれ、

持参した折りたたみ傘を一度も使用する事無く、

エンターテイメント、グルメ、ショッピングと、

夫 Banana と共に都会の数日間を満喫し、

あっという間に楽しい時間が過ぎてゆきました。


我が家のロンドンでのお楽しみのひとつは、ミュージカルの鑑賞です。

今回は先日スタートしたばかりのブロードウェイミュージカル

「Once(ワンス)」を鑑賞しました。

Once the Musical - official UK(英語)


トニー賞8部門他、数々の賞を獲得した話題作は、

11月から日本でも上映されるのだそうです。

(日本でのタイトルは、

Once ワンス ダブリンの街角で[日本語]


ロンドンの夜、

劇場は Phoenix theatre (フェニックスシアター)にて。

BlogPaint

BlogPaint


今回のミュージカルでは、

開演前にとても興味深い余興が待っていました。


会場に入ると、本番前の舞台の上が開放され、

大勢の観客たちが上がっています。

これから使用される、

既にセットされたステージの上の特設バーで、

1杯飲みながら見学できる
(飲み物は有料)という興味深い試みで、

間もなく始まる舞台の上を間近で見学をする事ができたのです!

BlogPaint



もちろん私も、ステージの上に上がってみました。

劇場の舞台の上から眺める客席はなんともいえない気分 ♪

BlogPaint


歴史あるシアターは美しく、

客席から眺めるのとはまた異なった雰囲気です。


しばらくすると、

数分後に演技をする役者さんたちが集ってきて演奏を始め、

思いもよらず、出演俳優さんたちと観客が同じ舞台に立つという、

日本では考えられないショーの幕開け。


どこまでが余興で、どこからが本番であったのか、

少々惑わされるところも、演出の一部のようでした。


こちらは開演前の客席から、ステージの上の人々を眺めたところ・・。

BlogPaint


Once(ワンス)は元々は、

低予算の制作費で制作されたミュージカルだったのだそうですが、

口コミで瞬く間に人気が広がり、

大人気のミュージカルとなって数々の賞を受賞。

遂には日本へも上陸予定となった作品です。


劇中に流れる数々の楽曲の演奏と歌がそれは素晴らしくて、

笑いあり、切ないラブストーリーでもあり、そても素敵なショーでした。


ミュージカルを見終わった後はいつも、

満足感と充実感に満たされる私たち夫婦なのですが、

この日の夜も、ショーの余韻を残しながら、

夜のロンドンの街を散策しながらホテルまで戻りました。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint



にぎやかな週末のロンドンの夜は眠りません。

遅い時間帯でしたが、あちらこちらで人々の笑い声が響きわたり、

パブの前には多くの人があふれかえり、活気に満ちています。

BlogPaint

BlogPaint


夜も9時を過ぎると、

多くの人たちが眠ってしまうスイスに住んでいると、

時にはこんな夜更かしも息抜きです!!(笑)


ホテルに到着した後、

結局私たちもホテル内のバーで、深夜0時過ぎまで

ロンドンの夜更けを楽しみました。


ミュージカル、また近いうちに鑑賞できるといいな〜と思います。


ブログランキングに参加しています。
毎日のブログ更新の張り合いとなりますので、
"1日1回" 大変お手数ですが、
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。




お時間がおありの方は
こちら もどうぞよろしくお願いします。(別窓で開きます)


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村


話題のミュージカル Singin' in the Rain(雨に歌えば)に行ってきました in ロンドン

ブログネタ
ヨーロッパ に参加中!

DSC00251

ロンドンに滞在中、

今回も大好きなミュージカルを観賞してきました。

今、ロンドンで最もホットで話題のミュージカル、

今年2月からスタートしたばかりの

「Singin' in the Rain(シンギン・イン・ザ・レイン=邦題:雨に唄えば)」

に行ってきました。


元々はハリウッドムービーとしてジーン・ケリーが主演し

1950代に世界中で大ヒットした映画、

「Singin' in the Rain(雨に唄えば)」

のリメイク版です。


1950年代といえば私はまだ産まれてはおらず、

原作の映画はその後もまだ観てはいないのですが、

そんな私でも、


「ア~イム シーンギン イン ザ レイン ~


ジャスト シーンギン イン ザ レイン ~~
    」


の、あまりにも有名な歌い出しは知っている程です。



ストーリー展開は知らずに出かけたものの、

連日満席状態である人気のこのミュージカル、

オンラインにて奇跡的にも "2席" だけ。

(キャンセルらしき)空席が出ていたのを発見し、

すかさず予約したチケットのウェブサイトには、


「前から3列目までは濡れますので、そのご覚悟を・・。


の注意書きに、

何やらスイスでは感じる事はない ワクワク感!!

(ちなみに私達の席は真ん中よりもやや前方あたりだったため、

濡れる事はありませんでした。)


そして当日、

場所はロンドンのソーホー界隈にある "Palace Theatre"

BlogPaint

BlogPaint



ああ、ここはロンドン、外観も美しいシアターです!

BlogPaint



劇場の前ではお決まりの!? パフォーマンスをしている人も。

BlogPaint


主演には、

元ロイヤルバレエのプリンシパルダンサー

アダム・クーパー(Adam Cooper) ✨✨


上映中の撮影はもちろんできませんので、

こちらのポスターで雰囲気を・・。

BlogPaint

BlogPaint


こちらは前半の公演がが終了し、休憩時間のバー。

フラッシュ無しで1枚だけ・・。

歴史ある古い建物の劇場内もとても素敵な雰囲気でした。

BlogPaint


「濡れますので・・」の意味は、

前半の公演終了間際で明らかに・・。

この映画&ミュージカルの一番の見せ場である、

雨の中でダンスを踊りながら傘を操り歌うシーン。

実際にステージの上に大雨を降らし、

その中で
踊りながら、多分わざと、水しぶきをあげながらダンスをするため、

確かに前列5列目あたりまでの観客たちは


"キャー キャー"  と笑い声をあげながら、

時にはそのパフォーマンスに大爆笑しながら、

舞台は大いに盛り上がります!

こういったジョークもロンドンならでは!!

これ、おそらくスイスの町だと、

(あまりジョークの通じないスイス人たちの中だと)

高価なドレスや洋服が濡れたと、

真剣に怒ってしまう人が現れたりしそうな気も・・!?


この雨の中のダンスのシーンは後半最後のエンディングでも、

出演者総勢で踊られ、気分は最高潮!


ストーリーは1920年代の無声映画の時代。

当時の映画界での映画撮影風景を物語にした、

もちろん、

タップダンスあり、歌ありのラブ・コメディ。

明るく楽しく、誰もがとてもハッピーな気分になれる


最高のミュージカル
でした。


終演した後、劇場をあとにする人々はみんな、


「ア~イム シーンギン イン ザ レイン ~


ジャスト シーンギン イン ザ レイン ~~
    」


と、鼻歌まじりだった事は言うまでもありません。

もちろん私のオット、 Banana も(笑)


やっぱりロンドンの夜は、最高に楽しい~!!


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村 
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。 上記以外のメッセージは受けつておりません。現在、コメント欄は閉じさせていただいています。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ