スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

ミシュラン

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


誕生日はアン=ソフィ・ピックのレストランで ♪(2022年版)


IMG_2741

前回の記事からの続きです。

 

誕生日のディナーは、

いよいよ待ちに待った

アン=ソフィ・ピックのレストランへ。


本日の記事は、

自身の記録用も兼ねておりますので、

お料理にご興味がおありの方、

画像はインスタグラムでご覧ください。



2020年の同レストランでのお料理はこちら 




ディナーの後は、

ホテルの目の前に広がる

レマン湖半を散策。

時刻はこの時点で

22時を少し過ぎた頃です。

翌日のスーパームーンを控え、

月の輝く夜の湖岸は明るい!

IMG_2805

IMG_2818

恋人達にとっても、

ロマンティックな夜。

IMG_2825

軽く食後の散歩をして、

ホテルに戻りました。

バースデー用にご用意いただいた

ホールケーキは、

流石にこの日は食べきれなかったので、

翌日お部屋で。

IMG_2845

今年も最高のお天気に恵まれて、

思い出深い誕生日になりました。

夫 Banana よ、

今年も本当にありがとう。

また来年も訪れられるといいなぁ…。


翌日はレマン湖クルーズで

モントルーへ移動。

(続きます)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 

美しい器に惚れ惚れ〜古城ホテルの朝食(Schloss Schauenstein 6)

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

前回の記事、

三ツ星スイス人シェフのお料理 後半(Schloss Schauenstein 5)

からの続きです。


翌朝の朝食は、

前の晩、ディナーの後のお茶菓子をいただいた

サロンにていただきました。

窓が開け放たれた朝のサロンは爽やかで、

小鳥のさえずりを聴きながら、

前日の昼間、夜とはまた違った印象です。

BlogPaint

BlogPaint

朝食は9時半頃にいただきましたが、

私達がこの朝の一番乗りとの事でした。

宿泊ゲストはみんな、

前日に美味しいディナーを堪能した後、

朝もゆっくりスタートのようです。

BlogPaint

このサロン内が、

今回宿泊をしてみて、

ここがかつては、古城だったのだなぁと

強く感じる印象の部屋でした。

BlogPaint

室内の雰囲気も素敵なのですが、

テーブルに並べられた

美しい器に惚れ惚れとしました。

趣味で絵付け教室に通っている自分にとっては、

お皿のデザインや色合いも、興味津々。

BlogPaint

フランス有数の磁器の町 リモージュの名窯、

ベルナルド(Bernardaud)のコレクションです。


ディナーの際は、

シェフの独創的でカラフルなお料理を際立たせるため、

全てが白で統一されていましたが、

異なった雰囲気の部屋で、

それぞれのシーンに合わせての

テーブルコーディネートも魅力的で、

とても興味を覚えました。


朝食はビュフェスタイルで好みのものをいただき、

メインはメニューの中の、

卵料理、その他から、

好きなものを調理していただける、

5ツ星ホテル等ではよくあるスタイルです。

BlogPaint

BlogPaint

一見、ごく普通の朝食ビュフェに見えますが、

それぞれの素材は、

シェフが自ら吟味した、こだわりの食材の数々・・。


メロンは独自の栽培で、

非常に甘みのある希少なメロンの栽培方法に

成功したのだそうです!

BlogPaint


温かいお料理は、

夫 Banana も私も、メニューの中から、

エッグベネディクトを選びました。

BlogPaint

エッグベネディクトは、

なかなか自宅で作る機会は無いのですが、

旅行に出た際には、

各地のホテルでの朝食の時にも

よく注文をします。

その中でも、今回のは、

今までいただいた中でも、

飛び切り美味しいものでした!

朝からシアワセ〜。


のんびりと朝食を楽しませていただき、

その後、古城ホテルを後にしました。


自宅に戻り、1週間くらいが過ぎた頃、

小さな封書が自宅へ郵送されて来ました。

開けてみると、

(スイスの場合、

封書に差出人の名前が書かれていない事も多い)

それはこの古城ホテルからのもので、

とても趣味の良いお花の絵のカードに、

"宿泊をして下さりありがとうございました"

と一言だけメッセージが綴られていました。


宿泊中も、帰宅後も、

決して差し出がましくは無い、

けれどもとても温かで、

隅々にまで目の行き届いた真心こもったサービスに、

とても感激の滞在でした。


「また行きたい!」と簡単には言えない、

超お贅沢なステイでしたが、

とても心が満たされた、

まだ味わった事のない、

スイスで新しい、思い出に残る貴重な体験でした。


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

三ツ星スイス人シェフのお料理 後半(Schloss Schauenstein 5)

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

前回の記事、

三ツ星スイス人シェフのお料理 (Schloss Schauenstein 4)

からの続きです。


メイン:魚料理は、

スイスではよく食される Pike(カワマスの)です。

ウォータークレソンと蕪を添えて。


メイン:肉料理は、鹿でしたが、

私達夫婦は二人とも、鹿肉がどうも苦手で、

最初にメニューのご説明を受けた際に、

食べられない食材や好みでないものがあれば、

お伝え下さいとの事でしたので、

その旨をお伝えしたところ、

ビーフにチェンジし、アレンジして下さいました!

BlogPaint

宿泊施設のご担当者も含め、

レストランの方の従業員の方々も、

最初はドイツ語で話しかけられる方もいましたが、

私達が英語を話しているのを耳にすると、

何も問う事もなく、

すぐに英語に切り替えて下さいました。

雰囲気はもちろんですが、

サービスもそれは素晴らしく、

全てが心地よい空間でした。


サービスをして下さったあるウェイターの方は、

昨年の約半年間、誰もが知る、

京都の某外資系超有名ホテルにて、

研修を受けられたのだそうです!

それで、日本が好きになられたのだとか。

京都は私達夫婦も、

年に一度は訪れる大好きな場所。

そんなお話をうかがえるのは、

日本人として、

そして、

京都好きの自分達にとって、

本当に嬉しい事です。

まさかスイスの片田舎の街で、

そんな会話ができるなんて〜。

(なぜ日本の話題が出たのか忘れてしまいましたが、

私が日本人に見えたので、

話しかけられたのだと思います)


お料理はひとまずここまで。

この後は、チーズ、デザートへと続きます。


チーズはワゴンで運ばれてきます。

こちらのチーズは、

全てがスイスチーズなのだそうです!

BlogPaint

通常チーズ自体、

さほど好んでいただく事が少ない私なのですが、

特に匂いの強いチーズは苦手で、

比較的マイルドなものを

お店の方に選んでいただきました。

BlogPaint

チーズをお願いすると、

自動的に並べられた、またまたおつまみの数々。

チーズはビールと一緒にいただく事になっていました。

ワインフルボトルの後、

ビール〜!?

と言う気もしましたが、

これほどのレストランがそれを出すのですから、

よっぽど組み合わせが良いのでしょう。

BlogPaint


「こちらのスイスビールの中から選んで下さい」

との事で、

私はよく分からなかったので、

この地のローカルビール、

グラウビュンデン州のものを選びました。


チーズの後は、デザート。

ヨーグルト - ブルーベリー - レモン

BlogPaint

お食事が終了した頃、

シェフのアンドレアスが各テーブルを回り、

ご挨拶をして下さいました。

とても気さくなお人柄です ♪


古城ホテルでの夜は、まだまだ続きます。

最後のお茶とお茶菓子は、

チェックイン後に見学したサロンへ移動して、

いただきました。

昼間見た時とは、全く雰囲気が異なります!

BlogPaint


この時点で、お腹がもうはち切れそうだったので、

一つ二つ つまみ、

残りはお部屋に持ち帰らせていただき、

翌日に味わわせていただきました。

BlogPaint

三つ星シェフの味、サービス、雰囲気、

何をとっても素晴らしいレストランに、

夫と共に感激の夜でした。


グルメなレストランでは、

ディナーだけが全てではない!?

最終章は、翌朝の朝食の様子へ・・。


美しい器に惚れ惚れ〜古城ホテルの朝食(Schloss Schauenstein 6)

へと続きます。


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ