スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

ホテル

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


レマン湖畔に建つ美しいホテル (ホテル デ トロワ クーロンヌ ヴヴェイ)


BlogPaint

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

今年の我が家の夏休みは、

スイス国内旅行で、

スイスの素晴らしさや美しさを

あらためて感じさせられた旅でした。


今回はラヴォーのワイン街道にある、

見晴らしの良いチャーミングなホテルで1泊。

その後、

ヴヴェイに移動して4泊しました。


ヴヴェイへは日帰りで、

チューリッヒ州の住まいから

過去に何度か出かけた事がありますが、

宿泊を伴う旅は初めてです。


宿泊ホテルは、


HÔTEL DES TROIS COURONNES
(ホテル デ トロワ クーロンヌ)



レマン湖に面して建つホテルの部屋からは、

滞在中、

朝 昼 晩 と移り変わる神秘的なレマン湖の景色と、

壮大なフレンチアルプスの景観を眺め、

楽しむ事ができました。


View this post on Instagram

Beautiful in Vevey 🇨🇭 ・ グランド ホテル レ トロワ ロア (Hotel des Trois Couronnes Vevey) ・ 今回はこちらのホテルにて4泊。お天気にも恵まれ、部屋から眺めるフレンチアルプスとレマン湖の風景が最高でした。レマン湖のフォーク🍴も部屋から見える、最高のロケーション。 ・ 朝 昼 晩と、時間ごとに移り変わる美しい景色を楽しみました。 ・ ・ #switzerland_vacations #amazingswitzerland #iloveswitzerland #lacleman #lakegeneva #swisslandscape #visitswitzerland #myswitzerland #vevey #alps #frenchalps #hotel #vevey #switzerlandhotels #switzerland_hotels #switzerland_destinations #fivestarhotel ・ #スイスの街角から #ブログを更新しました #スイス情報 #スイス旅行 #海外旅行 # #ヨーロッパ旅行 #レマン湖クルーズ #朝焼け #美しい景色 #アルプス #ホテル #ヨーロッパの風景 #五つ星ホテル

A post shared by スイスの街角から (@swiss_no_machikado_kara) on

 

ホテルの目の前にある湖岸の遊歩道を散策し、

心地よく、ちょうど良い天候だったので、

食事は朝と晩、

毎回テラス席でいただきました。


スパでは屋外のプールサイドで、

少しだけ日光浴も。


レマン湖のクルーズも楽しめ、

最後の最後に、

今年の夏を少しだけ味わえたような気がします。


なんと言っても、

お天気が味方してくれたのも、

短い夏の終わりの旅を満喫させてくれました。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村    

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪





スイスの街角から - にほんブログ村 

専用ボートで運河クルーズ(春のオランダ旅行 2019-6)


BlogPaint

2019年春 オランダ旅行記、

ホテル ドゥ ヨーロッパ アムステルダム(春のオランダ旅行 2019-5)

からの続きです。


アムステルダムへやって来たならば、

これは外せない、運河クルーズを楽しみました。


似たようなクルーズは、

ベルギーのブルージュを訪れた際に体験しましたが、

アムステルダムの場合、

乗合の水上ボート的なものから、

ボートを貸し切ってプライベートクルーズ、

ディナークルーズなど、

各クルーズ会社(旅行会社)によって、

大小、様々なタイプが準備されています。


今回私達夫婦が利用したのは、

宿泊した "ホテル ドゥ ヨーロッパ" が契約してる

宿泊ゲスト専用のボートでのクルーズ(ガイド付)です。

出発は16:30で所要時間は約90分。

お値段は一人40ユーロずつでした。

(支払いは部屋付)


ちなみにオランダの公用語はオランダ語ですが、

その言語自体は、

世界レベルにおいてはマイナーなため、

ほとんどの人々が英語を話せます。

従って、ホテルはもちろん、

街を歩いていても、観光施設でも、

全て英語でOK!言葉の不自由は全く感じません。


ホテルにはゲスト用の船着場が設けられています。

集合時間ピッタリにホテルロビーに現れたは

私達夫婦だけだったようで、

乗船一番乗り〜(笑)

船内はレトロな雰囲気で、なかなか素敵 ♪

BlogPaint


おつまみと、

ワイン、スパークリングワイン、ビールなどの

アルコール、ソフトドリンク等の飲み物も

料金に含まれています。

BlogPaint


数分遅れで、他の乗客達も揃い、

この日の乗船率は80パーセントくらい。

専任ガイドさんのご案内の元、出発!

BlogPaint

船内では、

ガイドさんも英語でのガイドですが、

ドイツ人、スイス人らしいグループも乗船しており、

案内は英語を中心で、ところどころでは、

ドイツ語での案内も行われました。

(他は、アメリカ人とブラジル人のご家族やカップルでした)


こちらがアムステルダムをこよなく愛する、

オランダ人のガイドさん。

BlogPaint

ご覧の通り、とても背の高い方です。

ご本人もおっしゃていましたが、

オランダ人は、世界一背の高い人種だと言われています。


運河沿いには多くのクルーザーが停泊しています。

これらは居住されているボートです。

こんな光景も、運河から眺める現地の人々の生活風景。

BlogPaint

BlogPaint


運河には1500もの橋があるそうです。

いくつもの橋の下を通り抜けて、

ボートは進んで行きます。

運河の上からは、こんな風景も〜。

BlogPaint

オランダ滞在中、お天気は毎日良かったのですが、

気温はかなり低く、朝晩は2℃〜3℃。

日中も最初の3日間は7〜8℃と寒く、

冬のコートを着用して観光しました。

後半の2日間は気温が一気に上がり、

15℃前後と過ごしやすい気候でした。


クルーズした日は午後から少し雲も出て来て、

更に肌寒さを感じた日でしたが、

中にはルーフトップのボートを楽しむ人たちも!

みなさん、足元には毛布をかけていました。

BlogPaint


クルーズをしながら、

大好きなテレビの旅番組、

「世界ふれあい町歩き」に登場しそうな風景が、

いっぱい眺められました。

BlogPaint

頭の中には、番組の冒頭と最後に流れる、

あの心地よいメロディーが巡ります ♪

BlogPaint

BlogPaint


こちら↓と冒頭の画像が、

今回の旅で乗船したクルーズのボートです。

船内は暖房付きで、とても快適でした。

BlogPaint

次は、アムステルダムでの食の話題について綴ります。

オランダの旅行記、あともう少し続きます ♪


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

メールマガジン【Vol15】は 4月23日(火曜日)配信です。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、

「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ  (サンプル号 無料)

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。
定期配信の他、月に1〜2度、【号外】も配信。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分(今月は4月分)の全てが配信されます。

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ホテル ドゥ ヨーロッパ アムステルダム(春のオランダ旅行 2019-5)


BlogPaint

2019年春 オランダ旅行記

オランダ伝統菓子 ストロープワッフル、 行列のできるお店 ♪(春のオランダ旅行 2019-4)

からの続きです。


夫 Banana はアムステルダムで開催されていた

コンベンション出席のため、会社の同僚たちと共に、

会場に近いホテルに宿泊の予定でしたが、

今回はあえて、そちらを放棄し、

自腹で2泊、

ちょっと素敵なホテルを予約してくれました。


今回我が家がアムステルダムで宿泊をしたのは、

ホテル ドゥ ヨーロッパ アムステルダム (De L'Europe Amsterdam)

Hotel De l'Europe

です。

久しぶりに、

超クラシックなイメージのホテルに宿泊しました。

ロケーションはアムステルダムの中心地。

運河沿いに面して堂々と建つ歴史あるホテルは、

どこへも徒歩圏内で行ける、

とても便利な場所にありました。


ここから先は、自分用の記録も兼ね、

画像メインで綴ります。


● ホテルの外観

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint


● ホテルロビー

BlogPaint

BlogPaint


今回宿泊をしたのは、

運河に面したジュニアスイートルーム。

リビングルームと寝室が二部屋に分かれており、

とても快適に過ごすことが出来ました。


部屋には3つの窓がある角部屋で、

2つの窓はバルコニーとなっているため、

三方向を見渡せる見晴らしの良い部屋です。


●リビングルーム

BlogPaint

● ベッドルーム

BlogPaint

●大理石のバスルーム(シンクは2つのダブルシンクタイプ)

BlogPaint

● 奥にはシャワーブース(レイフォールシャワー付)とトイレ

BlogPaint

● 充実したアメニティ
ハンドクリームまでご用意いただけていたのは、女性として嬉しいサービスです ♪

BlogPaint

● ホテルのチョコレート

BlogPaint


● 部屋の窓とバルコニーからの眺め

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint


私達夫婦の部屋は、3階(ヨーロッパの2階)角部屋、

部屋から眺めた風景は、

下の花のマークがついた部分の部屋からです。

BlogPaint


部屋から眺める夜の風景は、

まさしくヨーロッパ〜

という、自分のイメージそのもの・・。

BlogPaint

BlogPaint

ホテルのスタッフは誰もがフレンドリーかつ礼儀正しく、

超一流の、とても素晴らしいサービスでした。

流石は長い間、Leading Hotels of The World

のメンバーとして君臨するホテルです。

ちなみにアムステルダムには2軒の

Leading Hotels of The World のメンバーホテルがあり、

もう1軒は、ホテル オークラ アムステルダムです。


機会があれば、是非また宿泊をしてみたいホテルです!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、

「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ  (サンプル号 無料)

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。
定期配信の他、月に1〜2度、【号外】も配信。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分(今月は4月分)の全てが配信されます。

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ