スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

ブラックフライデー

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


ブラックフライデーのロンドンへ


IMG_2192

今年もブラックフライデーで賑わう

ロンドンにやって来ました。


木曜日の午後に到着し、

金曜日は午前から町の中心部へ。


ブラックフライデーとは、何ぞや??

と思われる方は、

こちらの過去の記事をご覧ください。

ロンドンは大混雑!ブラックフライデーの週末


午前中からかなり混み合うApple Store

BlogPaint


オックスフォードサーカス駅付近

BlogPaint


デパートのエスカレーターも、長蛇の列!

BlogPaint

撮影したのは全て午前中の様子です。

午後のロンドンの町は、更に混み合いました。

地下鉄もギュウギュウ状態〜。


リージェントストリートや、

オックスフォードストリートは、

普通の速度では歩けない程に、

通りを行き交う人々で混雑していて、

私は早々に退散です。


何も買わないつもりでしたが、

過去に何度か立ち寄ってみて、

いいなぁと思っていたお店は

全商品が半額だったので、

洋服のトップスを2枚と、

履き心地の良さでリピートしている靴屋さんで、

靴を1足だけ購入しました。


あとはジミーへのお見舞いの品と、

「早くよくなってね」

のメッセージ入りカードを購入。


人混みは苦手ではあるけれど、

都会ロンドンはいつも刺激的で、

とても興味深く、楽しい!


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ロンドンは大混雑!ブラックフライデーの週末


BlogPaint


先週の金曜日からの週末日曜日まで、

滞在中のロンドンの街は、

 "ブラックフライデー" と呼ばれる

クリスマス前の大バーゲンセールで大混雑でした。

BlogPaint

ブラックフライデーとは、

元々はアメリカの感謝祭(11月の4週目木曜日)の翌日の金曜日の事で、

この日からクリスマス商戦がスタート!

というところから始まり、

各地の感謝祭のセールで売り切れなかった商品を、

割引価格として提供するバーゲンなのだそうです。


「ブラック・フライデー」と呼ばれるのは、

普段は赤字のお店も、

この日ばかりは「黒字(ブラック)になるからなのだとか・・。


アメリカの感謝祭とは無関係の英国でも、

ここ数年はこのクリスマス商戦にのっかり!?

アメリカで開催される日に合わせ、

その週末の金・土・日の3日間 (店舗によっては
月曜日くらいまで)

ブラックフライデーのビッグバーゲンが開催されているのだそうです。


その割引率は商品やお店によっても異なるようですが、

中には50%引きの半額商品というものも少なくはないらしく、

人々が殺到するのだそうです。

昨年のバーゲン期間中の様子がニュースで繰り返されており、

それ見ると、

大手スーパーチェーンや量販店のセールでは、

割引のテレビや電化製品を奪い合い、

店内で取っ組み合いのマジ喧嘩をしている人達がいたり、

お店の開店と同時に我先にと店内に流れ出した人達が

お互いを押合いながら走るため、

突き飛ばされたり下敷きになったり、

本当にこんな事が店舗で起こっているのか!?と、
見ているだけで、それはもう恐ろしすぎて、

かなり悲惨な状態の様子が映し出されていました。

昨年は各地でパニック状態に陥ったというから、
怖い!


今年私達が出かけたのはロンドンの中心街で、

オックスフォードストリートやリージェントストリートにある専門店や、

複数のデパートのセールだったのですが、

こちらは混み合ってはいたものの、

さすがに人を押したりする人は見かけませんでした。


昨年の教訓からか、

今年はインターネットでも、バーゲン商品が販売され、

ネットでお買い物を済ませた人々も多かったのだそうで、

買い物に関しては、

街では去年ほどのパニックは起こらなかったという事です。


私がショッピングをしたのはデパートで、

そちらではほぼ全商品が20%OFF。


ロンドンに限らず、夫 Banana と旅行に出かけると、

お互いに見たいものや行きたいお店が全く異なるので、

買い物の時間は Banana とはいつも別行動です。

数時間、それぞれ個別でショッピングを楽しみ、

その後はどこかで待ち合わせて、

今度は二人で一緒に共通のもののショッピングをしたり、

別の場所に出かけたり、共に行動します。


今回の旅ではBanana も欲しいものがいろいろとあったらしく、

言葉や意思の疎通の心配や気兼ねのいらない、

故郷ロンドンでのショッピングを、私の数倍も満喫したようです。

20〜50パーセント割引で、

数々の戦利品をゲットしたらしく、上機嫌(笑)


いつ訪れてみても、

世界中から集った人々で混み混みのロンドンの中心部ですが、

週末は今まで目にした事がないくらいの、

それはそれはものすごい人の数!


パトカーや、救急車も出動している姿を

あちらこちらで見かけました。


リージェントストリートは交通規制され、

私達が出かけた時間帯は歩行者天国になっていました。

目的地に向かうのが大変なくらい、すごいの人の波です。

BlogPaint


リージェントストリートとオックスフォードストリートが交差する、

オックスフォードサーカスでは、

前に進むのがやっとなくらいの大混雑!

Banana の横に並んで歩くのが不可能なので、はぐれないように必死でした。

BlogPaint


それでも久しぶりの大都会、ロンドンはとっても楽しい〜。


今回はデジタル一眼レフカメラは持参せず、

すべてiPhoneでの撮影でしたので、

夜景の撮影はよいクオリティではありませんが、

下の写真の真ん中の細長い三角のビルが BBC本社ビルです。

BlogPaint



こちらは正面の三角屋根が、日本人にも人気のリバティ。

BlogPaint

BlogPaint


ちなみにロンドンのクリスマス前のライトアップと夜景の様子は、

こちらの過去の記事に綴っています。

ロンドンのクリスマス 〜 昼の町並みと、夜のライトアップと・・(2012)



ブログランキングに参加しています。
「スイスの街角からを」応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。大変お手数ですが、"1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。
(いずれも別窓で開きます)



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ