スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

チューリッヒ

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


スイスのオミクロン 早くから存在していた


IMG_0270

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

1月18日時点での

スイスの新型コロナウイルス感染状況、


検査数:76,619 件

新規感染者数: 29,142 人

陽性率:38 %

新たな入院者数:125 人

死亡者数:14 人

スクリーンショット 2022-01-19 0.33.23


新規の感染者数は3万人を下回ってはいるものの、

まだまだ予断は許せない状況です。


少し前のニュースですが、

チューリッヒのオミクロン株について、

興味深い記事を目にしました。



スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)

の一部である

スイス連邦水生科学技術研究所(EAWAG)

の専門家が行っている

チューリッヒの廃水分析の結果によると、

コロナの変異体であるオミクロン株は

チューリッヒで、

当初考えられていたよりも早い時期から

存在していたことが判明したのだそうです。


スイスでは昨年12月初旬に報道されたニュースで、

その頃、

ジュネーブでオミクロン株の初の症例

(南アフリカからの渡航者)が確認された

という内容が、

スイスで最初のオミクロンだと

考えられていました。




専門家は、

オミクロンCovid-19変異体(オミクロン株)

の残留物が、

2021年11月中旬に

チューリッヒ州の廃水

(チューリッヒのWerdhölzli給水所)

で検出されたと述べており、

1月5日に研究者たちによって

その旨が発表されました。


ってことは、

クリスマスライトの点灯式と、

クリスマスマーケットの開始、

シンギングクリスマスツリーも

高らかに合唱していたあの日、

チューリッヒ市内が賑わっていた

昨年11月25日ごろには、

既にオミクロンはあの人混みの空気中にも

存在していたのかもしれません。


そんなことは夢にもみていなかった私は、

その日、

チューリッヒ市内へ出かけ、

クリスマスライトの点灯式を待つ

人混みの中にいました。


二重のマスクをして、

なるべく他の人と距離を保ちながら

行動していましたが、

周りの人達は、

密になることもさほど気にしていない様子で、

ほとんどの人はノーマスク。

幸い私はその後も健康状態に異常はなく

感染していませんでしたが、

今思うと、

とても危険な場所にいたのかもしれない・・

とさえ、思えてしまいます。


オミクロン株のニュースの一報が

最初に入った当時は、

南アフリカで最初に発生した

変異株のような印象を持ちましたが、

その後、

英国のBBCニュースらが伝えた内容によると

オランダの保険当局の担当者は、

南アフリカが最初のオミクロン株を

報告した2021年11月24日より前に、

オランダ国内でオミクロン株が

存在していたことが明らかになった

と伝えられたそうですので、

実際はどこでスタートしたのか?

世界中に広まっている今、

もう確認をとることは難しいでしょう。


オミクロンが先に流行した国々では、

そろそろ感染者の状況も減少の傾向にある

国や都市もあるのだとか。

日本もスイスも、1ヶ月後には、

劇的に状況が良くなっていることに期待。


そんな思いを秘めながら、

晴れた日には、自宅近くを散策したり、

ちょっと近場までミニドライブをしたりして、

気晴らしをしつつ、春を待つ日々・・。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コロナでトラムが止まる・・と、週末のおやつ


IMG_7437
(画像はイメージ)

「スイスの街角から」インスタグラムは 
こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

スイスの新型コロナウイルスは、

一部の報道によると、

1日あたりの新規感染者数が、 

遂に30,000 人に達したそうです。 


スイス連邦保健庁の発表によると、

スイス(人口:約860万人)の

1月7日の新規感染者数は、

28,038 人の症例が確認されたそうです。

各紙で発表されている数字は、

時間などで多少前後はしていますが、

スイスはヨーロッパで、

最も高い感染率の国の1つであることに

変わりありません。



これらの状況を背景に、

チューリッヒ市の公共交通機関では、

一部のトラム(路面電車)の運休が

発表されました。

理由は運転士のコロナ感染による人員不足で、

月曜日より追って通知があるまで、

市内を走るトラム15番のトラムが

一時的に運行停止となります。


15番のトラムはチューリッヒ市内の

Stadelhofen、Bellevue 駅から

観光名所の多い旧市街、

リマト川に沿って 
Central (中央駅方面)、

チューリッヒ大学方面へと、

町の中心部を走るトラムです。

DA18EA0B-BF2B-4B4D-A5E5-B40ABBF7901A

スクリーンショット 2022-01-08 23.12.45

オミクロン株の影響は、

市民の足である公共交通にまでも

影響を及ぼすことになってしまいました。


スイス連邦保健庁よる予測は、

パンデミックがさらに悪化することを

示唆しており、

今後の状況によっては、

トラム15番以外の路線にも

運休が広がる恐れがあるそうです。

なかなか厳しいコロナ禍の続くスイスです。


さて、気分を変えて、

おうち時間の続く中で、

私にとっての今週末の小さな決心。(笑)

秋に一時帰国した際に、

日本から持ち帰った

お気に入りの京都の和菓子屋さんのお菓子、

大切に残しておいた最後の一つを

週末のおやつで食べ切りました。

IMG_9747

他の和菓子は11月下旬か12月初旬が

賞味期限だったので、

早めに食べ終わっていましたが、

一番賞味期限の長いお饅頭だけは、

最後の最後まで、

楽しみに取っておいたのでした〜。

賞味期限はまだもう少しあったけれど、

もう待ちきれず・・(苦笑)

IMG_9748

優しく繊細な味わいのお饅頭が大好きです。


箱を開けただけで幸せな気分になれた、

京菓子 笹谷伊織 さんの和菓子 ✨

IMG_8784

和菓子【お饅頭】は、

冷凍保存しようと思えばできますが、

やはりそのままいただく方が、

ずっと美味しい!

(経験上、私はそう思う)


コロナの状況悪化で、

ほとんど外出しない日々が続いているので、

お菓子休憩の後は、

YouTubeのエクササイズへ〜。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

お正月の準備


IMG_9413

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 

いよいよ今年も残すところ3日。

クリスマスはなんとか平穏に過ごせて、

次はいよいよお正月準備に取り掛かり。


日本だと、遅すぎ〜

という感覚なのでしょうが、

こちらでは自宅内の飾りも

まだクリスマスのままで、

ツリーも飾ったまま。

町のイルミネーションだけではなく、

各ご家庭のクリスマスのデコレーションも、

年明けまでそのままというのが一般的です。


クリスマス後の街を歩いてみると

閑散としていて、

もうそこまでお正月が近づいているなんて、

スイスにいると、全く想像もできません。


ですが、

私はスイスにいても、

生粋の日本人(自称 笑)。 

クリスマスが終わったら、

次はお正月の準備です。


先週、3回目のワクチン ブースター接種

も無事に終了し、 

気持ちにも少しだけゆとりができたので、

昨日は久しぶりにチューリッヒ市内まで

夫 Banana の運転する車で出かけました。


バーゲンは既に始まっていますが、

そちらには目もくれず、

年越しの食材と、お節を作るための

食材ゲットがただ一つの目的。


10月に一人で日本へ一時帰国した際には、

まさか年末年始の一時帰国が

急遽取りやめになるなんて、

夢にも思っておらず、

日本でお正月を迎えるつもりでいたので、

お節も日本で注文していました。


追加で自分で作るお正月料理や、

その他諸々、

お正月に必要なものは、

東京の自宅に到着した後、

オンラインショップで購入しようと思っていました。


スイスで2022年のお正月を

迎えることになるなんて、

全く予定していなかったので、

日本からお正月に必要な材料や食材も、

前回は全く手に入れて来ず、

日本から取り寄せ注文するには遅すぎ。


困ったなぁと落ち込みましたが、

チューリッヒにはありがたいことに、

日本食材店やアジア食材店も充実しています。


そして、先日はリコ先生のお料理教室で、

こちらで手に入る食材でお節料理を

教えていただたばかりだし、

その時の様子はこちら 



気もちを切り替えて、

できる範囲で、

スイスで過ごすお正月を

頑張ってみることにしました。


12月上旬、

日本食材店のNISHIさん(本店)で、

立派な丹波の黒豆を

手に入れることができたので、

少しホッとしつつ、

今回はシュタッデルホーフェン駅近くにある

支店の方にお邪魔してみたところ、

年越し準備に必要な食材が

色々とありました〜。

IMG_9379

私にとっては、

(値段的に)高級食材の数々です。

お正月なので、

色々と奮発して購入してきました。


お蕎麦も、

こんなこだわりの品が、

スイスでも手に入るようになったなんて!

IMG_9411


保存しておくものとして、こんなのも購入。

IMG_9373

豚肉の薄切りは(売っていないので)

いつもならば、

自宅でスライサーを使用して

スライスするのですが、

忙しい年末は手抜きをしたい。(笑)



その後は、

日本&韓国食材店の

YUMIHANAさんにも立ち寄り、

リストアップしてメモしていた

お正月とは関連のない欲しい商品を購入。

スクリーンショット 2021-12-29 0.40.22

年越しまでの残り数日、

ちょっぴり忙しくなりそうです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ