スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

タワーマンション

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


世界一高い木造タワーマンション スイスに建設


hFotoJet


本日は久しぶりに

スイスの話題をお届けします。


少し前のニュースより。

スイスに世界一の高さを誇る

木造タワーマンションが入る

スカイスクリッパーが建設予定です。


スイスの住宅といえば、

タワマンのイメージはなく、

低層の住宅が多い印象ですが、

完成すると、

世界で最も高い

木造住宅になるのだそうです。


場所はチューリッヒ郊外にある

ヴィンタートゥールに

建設予定とのこと。



"Rocket&Tigerli" と名付けられた

このプロジェクトは、

デンマークの著名な建築オフィス

Schmidt Hammer Lassen

(シュミット・ハマー・ラッセン)

によって、

手掛けられます。





2026年に完成予定の

Rocket&Tigerliタワーは32階建てで、

255戸のマンションの建設と、

学生寮、レストラン、商業スペース、

スカイバー、スパ、ホテルを組み合わせた

4つの建物で構成される予定とのこと。


すごいのが建つんだなぁという印象。

マンションは分譲なのか? 賃貸なのか?

そのお値段も、

すごーく気になります!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

停電の恐れ


IMG_2385

昨日は都内で友人と再会。

久々の外食となるランチを共にし、

夕方帰宅すると、

午後8時以降、東電管内で

200万~300万軒規模の停電が

発生する恐れがあるとのニュース。


しかも、停電する場合、

どの地区で電気が消えるかが

分からない!?

との情報。


先日の地震の影響もあり、

一部の発電所が停止している上、

22日は寒の戻りで、

都内は日中でも気温5℃の

厳しい寒さが戻ったことから、

各家庭でも電力の需要が増えることが

予想され、

節電が促されていました。


前日の夜、突如、

「電力需給逼迫(ひっぱく)警報」

の発表があり、

私も翌朝は、

なるべく節電に努めましたが、

帰宅して目にした怖いニュースに、

万一のことも考え、あたふた。


先日の地震後に、

港区など都内の中心部で実際に

停電が起きていたので、

同じ23区の我が家にだって、

あり得ることです。


まずは以前100円ショップで購入し、

そのままにしてあった

ランタンに電池を入れ、

灯りがつくことを確認。

結構、明るい!

しかし、

本当に停電してしまえば、

これ1個では、

心もとないとも思う。


昨日は早めにお風呂に入って、

湯船には浸からず

シャワーだけ浴び、

洗った髪も早めに乾かして、

午後8時を迎えましたが、

幸い停電はせず。


21時過ぎには、

22日の停電の恐れは解消

とのニュースが入り、

ホッと安堵したものの、

「電力需給逼迫警報」は

そのまま継続とのこと。


なるべく無駄な電気はこまめに消して、

リビング続きで

普段は点けたままの

キッチンの電気も消し、

昨夜は家の中でも

可能な限り節電に努めました。


我が家はタワーマンションですが、

電気とガスの両方を使用です。

以前(20年近く前)に住んでいた

港区の賃貸のタワーマンションは、

オール電気でした。

冷暖房もバスルームのお湯も、

キッチンも全部、電気。

コンロも当時はまだ珍しかった、

IHコンロでした。


今思うと、

もしもそちらに居住していた時に、

大きな地震が発生したり、

今回のような理由で

停電の恐れがあるかもと思うと怖い。

住んでいた当時は

便利だと思っていたのですが。


東日本大震災の発生で、

オール電気のタワマンの弱みが発覚し、

その後に建ったマンションは、

電気とガスの両方を使用する建物が

多いそうです。


理由が上記で正しいのかどうかは

はっきりとは分かりませんが、

確かに私達夫婦が

現在の住まいのマンションを

購入する前に、

2年近くかけて見学した

都内とその近郊のマンション

数十軒のほとんどは、

キッチンには

ガスコンロが付いていたのが、

印象的でした。


我が家の場合も、

キッチンはガスコンロ、

部屋は床暖房とお湯もガスで、

バスルームの乾燥機能や

ミストシャワーとサウナもガスです。

マンションに備え付けの

天井埋め込みの冷暖房と

後付のエアコンは電気。


床暖房を点ければ、

停電した場合でも、

暖房機能が

完全にカットされることは

ありません。


けれども、

もしもこれが夏だったら、

冷房は電気のみなので

大問題になるでしょう。

考えたくは無いけれど・・。


エレベーターはアウトです。

これがタワマンの弱みと

いう人もいるでしょうが、

いつも止まるわけでもない。


先日の地震については、

余震の心配ばかりしていたけれど、

実際にはこんな問題も起こるのだと、

あらためて実感させられています。


実際に電気が消えた場合、

ランタン1個では

不安なことがわかったので、

今日はまず100円ショップに行き、

万一の事態に備え、

あといくつか、

ランタンを買い足すことにします。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 

おうち時間に幸福を覚える、今回の一時帰国


IMG_7373

「スイスの街角から」インスタグラムは 
こちらです★

前回のブログ記事からの続きです。

 

早いもので、日本に到着して早1週間が過ぎ、 

自宅での14日間の外出自粛生活は、

残り半分となりました。


以前にも述べましたが、

今回は必要最低限の食糧を買いに出かける程度は

外出をしています。


従って今回は、

Amazonフレッシュは利用していませんが、

食品以外の生活必需に関しては、

今回も、Amazonプライムや、

Amazonパントリーに頼り切っています。


とはいえ、前回の一時帰国のおり、

都内の自宅を後にする際、

次回日本に戻れるのは、最悪は来年の春

と思いつつも、

状況によっては年内にもう一度、

秋に戻って来られる可能性も無しではありませんでした。


そんなわずかな期待を込め、

その時点で、

ミネラルウォーターの箱買いをストック。

箱ティシュ、トイレットペーパー、

洗剤と柔軟剤 などと消毒スプレー、

そして、もちろんマスクもストックしておきました。


ちなみに今回は、

なかなか国内でも手に入れることが難しいという噂の、

人気の "U" の日本製マスクも購入できました。


その他、腐らない生活の必需品は

ある程度買い置きした状態でスイスへ戻ったため、

今回は食糧を除けば緊急で必要なものもなく、

のんびりと外出自粛生活を送っています。


そして、人間の慣れとは恐ろしいもので、

あまり外に出ないこの14日間に、

全くストレスを感じておらず、

自分でも怖いくらい、

現在はステイホームのおうち時間を

快適に過ごしています。


朝起きて、シャワーを浴び、

洗濯と掃除を済ませた後は、

誰にも気兼ねせず、

邪魔もされない自分だけの時間。


この機会に日本語字幕付きの映画をたっぷりと楽しみ、

日本のドラマと韓国ドラマと、

イギリスやアメリカのドラマも、

こちらは字幕でなく、日本語吹き替えで視聴。

ながら見ができるシアワセ(笑)


スイスでの生活には全く不満を感じておらず、

夫 Banana との夫婦仲も良好です。


それでも、

常に外国語を話さねばならない状況での

日々の生活には、

コロナが長引く状況でのストレスも重なり、

見えないところでの心身の疲労も

積み重なっていたような気がします。


食事をきちんと作らず、

出来合いのもので済ませられるのも、超ラクチン。

ほぼ毎日が、

一人居酒屋状態になっているここ数日(苦笑)

IMG_7336

数年ぶりに味わった、

脂の乗ったしまあじのお刺身の、

それは、それは美味しいこと!

IMG_7324

前回の帰国の際にお取り寄せし、

冷凍しておいたうなぎも、

海外暮らしの自分にとってはごちそうです ♪

IMG_7274

都内の自宅マンションから眺める

夕暮れに染まる富士山を眺めてみて感じたこと。

"特別なことは必要なかった、

日本でこんな時間が欲しかっただけ。"

あくまでも、私の場合は・・

です。


健康で、こんな美しい夕暮れを見ているだけで、

幸せだと感じるひと時を噛みしめました。


日本滞在は残すところ、あと2週間だけ。

ゆっくりと時間が過ぎて欲しいと思っています。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ