スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

コロナ禍の中での日本一時帰国

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


配偶者(短期)ビザ再開


IMG_9935 (1)

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

日本へ入国する際の新しい情報、

外国人の配偶者と日本へ一時帰国したい

日本人家族にとっての朗報です。


この先は、

外国人配偶者が日本へ入国するための、

短期(配偶者)ビザについて綴ります。

ご興味がおありの方のみ、先へお進み下さい。


先日綴ったブログ記事の続きです。

 

夫、Banana が自身の配偶者ビザ

(2月末まで効力が休止中)と、

今後の外国人家族の入国の緩和策について、

在スイス日本大使館に

問い合わせをしてみたところ、

新たに配偶者の短期ビザの発給が

可能になったそうです。


大使館の職員の方々へも、

日本側からビザ発給再開の決定が入ったのが、

ほんの数日前だそうで、

決まりたてホヤホヤなのだそう。


大使館へ問い合わせ、

ご回答をいただいたのが1月11日〜12日にかけて。

その時点での情報です。


Banana の場合、

使用できないビザを所有しているため、

現在のビザを一旦キャンセルして、

新たに申請が必要とのこと。

短期(配偶者)ビザのルールは以前同様で、


● 日本人の配偶者で、
配偶者と一緒に入国する場合に可能

● ビザの有効期間は発給日から3ヶ月

● 申請に必要な書類は以前と同じ

● 戸籍謄本(3ヶ月以内に発行の原本)は、
新たに提出が必要


★ 日本から原本の取り寄せに時間がかかる場合、

一旦そのコピーを提出し、

後日、原本を提出でも受付ていただけるとのこと。


ビザ取得の詳細は、

大使館へ直接お問い合わせ下さい。



我が家には今月中旬まで発行3ヶ月以内の

戸籍謄本の予備があるので、

現時点で申請するかどうか、

夫婦で話し合いました。


結果、

やはり夫 Banana の

仕事上のスケジュールの関係もあり、

一緒に帰国する時期は今すぐではなく、

5月が都合が良いこともあり、

ひとまず、もうしばらくの間、

次のビザの申請は待つことにしました。


それに、

入国時にも戸籍謄本を

提出しなければならなかったはずなので、

その時点では、

3ヶ月の有効期限は超えるので、

やはり戸籍謄本は、新たに必要そうです。


私は現在のコロナ事情が少し落ち着いた頃に、

一旦一人で帰国予定なので、

都内の区役所へ出向いて、

また新たに戸籍謄本を

取り寄せようと思っています。


春になれば、

スイスも日本も、

コロナの状況が少し落ち着いて、

夫婦で帰国しやすい環境になっていること、

願わくば、

入国後の政府の指定する隔離施設での待機も、

その頃には緩和されていることに期待。


ようやく前向きになれたところに入った朗報。

また再び、登ったところを、

ドーンと突き落とされるような状況に

ならないことを神頼みしながら、

春の訪れを待つことにしました。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スイスよりも高額!日本のPCR検査と、日本→スイスの渡航について


IMG_3100

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

本日は先日綴った下記の、関連記事です。



日本からスイスへ戻る(渡航の)際、

必要な書類として、

● コロナの陰性証明 

● QRコードの取得

が必要でした。

【私がスイスへ戻った2021年4月17日時点】


このブログでは、

スイスから日本へ帰国する際の入国情報については、

自らの体験談として記述しておりましたが、

これから日本に一時帰国される方、

または、

既に日本に帰国されていて、

スイスへ戻ってこられる予定の方々の間では、

今度は日本からスイスへ戻る際の必要書類について

話題に上がっているようです。


今回はあくまでも私の体験として、

上記について綴ってみます。

 
まずはPCR検査について。

自身もネットで検索し、調べてみた内容ですが、

一般的にスイスよりも高額だという印象です。
 

先日の別の記事にて、

スイスでも地域によって、

検査費用の差が生じていることは述べましたが、

日本の場合、差がかなり大きい!



都内の住まいのすぐ近くにあるクリニック

(院長が感染症のスペシャリストでコロナ以来、

テレビの番組にも度々専門家として登場されている)

では、

PCR検査の価格が英語の陰性証明付き30,800円

【税込 / 陰性証明書が1万円】でした。

有名料も入っているのかなとも感じますが、

この金額は、

成田空港のPCRセンターで受診するのと、

ほぼ同額でしたので、

ある意味、これが相場なのかもしれません。



PCR検査については、

スイスよりも日本の方が高いと感じます。


一方、ジュネーブ在住のブログ読者さまより、

とても貴重な情報を頂戴しました。

ご自身が一時帰国されて

3月にスイスへ戻って来られた際、

都内のクリニックで、

英語証明書付き15,400円で

検査を受けられたそうです。

GE在日本人さま、

耳みよりな情報をありがとうございました。

いただいた情報のクリニックは

口コミも良いとのことで、

たまたまた都内の自宅からも、

徒歩で訪問できる距離でしたので、

問い合わせをしてみたところ、

私のタイミングが遅く、

あいにく希望日時と時間帯に

検査の空きがありませんでした。

最近、本帰国される外国籍の方が多いのだそうで、

連日とても混み合っているそうです。


今回は諦めて、

自身で予約をしていた近くのクリニックで

検査をしていただきました。

訪れたクリニックには、昨秋帰国した際、

インフルエンザの予防接種をお願いしたので、

2度目の来院です。


ファシリティが優れており、

検査を受ける前に、

医師が丁寧に問診をしてくださる点も良かった。

事務員さんや看護師さん達のご対応も丁寧でした。

支払いは現金かクレジットカードも可能。

待合室に設置されているエアー会計機

(指を直接パネルに触れなくても、少し離した位置で

タップすると動く)が利用できたり、

ウェブサイトで可能な予約は、

時間も細かに分けられていて、

待合室で混雑したり、密になる心配もなく、

リラックスして検査を受けられたので、

今回はこれで良かったと思うことにしました。


とはいえ、ご紹介いただいたクリニックの倍の

約1万5千円の差は大きいなぁと、

本当に驚かされましたが・・。


スイスへ入国する際に必要とされている検査は、

PCR検査の場合、

出発の72時間前と記述されていますが、

在スイス日本大使館から送っていただいている

メールの内容では、

"スイス入国の72時間前" と記述されており、

実はいまだに自分の中では、この部分が明確ではありません。


しかし私は、(あくまでも自己判断です)

"出発の72時間前" と解釈し、

土曜日のLX161便 成田-チューリッヒ(09:45 発)

搭乗に際して、

水曜日の午後にPCR検査を受け、

翌日木曜日の午前中、

陰性証明書の原本を受け取りました。

A6FADD40-CA19-4B9A-8DAB-85122C8B520B


陰性証明は成田空港のチェックインカウンターで

一度提示したのみ。


以前の記事に書きましたが、

チューリッヒ空港入国の際には、

陰性証明、QRコードの提示、

いずれも求められず、提示はしませんでした。

日本から入国しているみんながそうなのか、

たまたま自分が当たった係官だけそうだったのか?

不明。

【4/25 追記:

私とほぼ同じ時期に一時帰国されていた知人にも

確認をしてみたところ、

4月上旬のチューリッヒ空港入国の際は同じく、

パスポートと滞在許可証のみのチェックで、

陰性証明とQRコードの確認は無かったとのことです】


成田空港では、

出発72時間前に受けたPCR検査の陰性証明を提示しました。

印象としては、

この場でスイス入国の72時間前と言われることは

無いような気がしました。

(もしもここで、

入国の72時間前に受けた陰性証明が必要だと

言われてしまっていれば、

予定日にスイスへは戻って来られなかった)


自身の体験からすると、

スイスへの戻りの場合、

+1万円も支払って、
英語の陰性証明って、

はたして必要だったのだろうか?


とも思ってしまい・・。


ただし、

"陰性証明=英語表記"

となっているような気もしますので、


やはり必要経費だったと思うしかありません。

4月17日時点での個人的な体験です。


現在、日本にご滞在中のブログ読者さまより、

日本からスイスへ戻る際の必要書類の種類、

PCR検査はどこで受けたか? 費用は?

など、

ご質問メッセージをいただいたのですが、

状況は刻一刻と変わりますし、

PCR検査の場所、費用については、

私も自身でネットで調べた情報です。

お住まいや出発空港などによっても

状況は多少異なると思いますし、

様々なオプションの中から、

自己判断で決断した部分があります。



今後状況が変わっていた時など、

不備があった場合に責任をおいかねますので、

最終的にご自身で直前情報を調べて下さいとしか、

お答えしようがありません。

従って、個別でのご回答は控えさせていただき、

本日ブログに投稿した記事の内容にて、

ご質問のお返事とさせていただきます。


ブログに記述した内容は、

ご参考までにということで

ご覧くださったみなさまも、

ご理解をいただければと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

春の紅葉と新録が薫る東京を散策


IMG_3020

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

前回のブログ記事からの続きです。

 

港区役所を出た後、

美しいさんぽ散歩日和の1日だったので、

今回の日本滞在では最後の

東京ひとり散策を楽しみました。 

IMG_2938

夫 Banana が崇拝する増上寺も、

今回は私が代わりに参拝。


友人から聞いてはいましたが、

増上寺は現在、大修復工事中。

屋根の瓦を新しく変えているそうです。

IMG_2943

コロナの終息とこの先の健康を願い、

2022年のお正月こそは、

Banana も日本を訪問することが叶い、

また一緒にこのお寺に戻って来られるよう、

心をこめてお参りしました。


ここで最後のおみくじも。

今回の一時帰国、

14日間の待機期間が明けた直後に出かけた鎌倉で、

鶴岡八幡宮を訪れた際に引いたおみくじは凶でしたが、

今回は大吉でした。

終わりよければ、全てよし!


広大な芝公園の周りを歩きました。

IMG_3022

次は、新録がみなぎる東京タワー界隈を散策 。


IMG_2958

 5月5日の端午の節句が近いので、

東京タワーの下には、鯉のぼりが舞っていました。

IMG_3037

IMG_2972

青い空と赤い東京タワー、

そして色とりどりの鯉のぼり。

なかなかの絶景でした。


そして今回は、思いがけず、

とても美しい場所を散策できました。

東京タワーの真下に広がる

「もみじ谷」です。

薫風かおる青紅葉と、

まるで季節を錯覚するかのような

オレンジや赤のもみじの葉のコントラストが素晴らしく、

もみじの滝の流れる水辺の音も爽やかで、

とても癒されました。

大都会の東京のど真ん中にある、

都民の憩いの場です。

是非、秋の紅葉の頃にも訪れてみたい。

画像と映像は、

インスタグラムでご覧ください。
インスタグラムにご登録をされていない方でも、

➡️をクリックすると、画像と映像がご覧になれます。


大門方面から芝公園をぐるっと周り、

JR浜松町の駅まで、1万2千歩ほど歩きました。

スクリーンショット 2021-04-16 13.09.58

5週間に渡る今回の一時帰国も、

最初の14日間は自宅待機

(うち、最初の3日間は

政府指定の成田空港隣接お施設で監禁状態)で、

制限なく行動できたのは、

ここ直近の3週間のみでしたが、

それでも、

美しき可憐に咲いた目黒川沿いの満開の桜と、

初夏の香が漂う都内の新緑も満喫できて、

そして、ネット通販だけではなく、

今回は百貨店を訪れて、ちょっぴりお買い物もできて、

とても有意義な時間を過ごすことができました。


また元気に、日本へ戻ってこようと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ