スイスの街角から

スイス在住20年目。 チューリッヒ湖のほとりに、イギリス人の夫と住んでいます。 カルチャーショックでいっぱい!実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

クライネシャイデック

スイスの365日の生活について綴ったエッセイ、「スイスの素朴なのに優雅な暮らし365日」が、自由国民社より2024年3月に発売されました。紙書籍とあわせまして、電子書籍も発売中です。


アルプスの絶景ルートを歩く(パノラマの道 2020:後半)


IMG_5346

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

前回のブログ記事からの続きです。


 
メンリッヒェンからクライネシャイデックまで続く

「パノラマの道」
(Panorama Trail / Panoramaweg)

のハイキング、スタート。

View this post on Instagram

(2020年9月17日) メンリッヒェン〜クライネシャイデック 「panorama trail (panoramaweg)【パノラマの道】」 ・ ハイキングをスタートするとすぐに見えてくる、ヴェッターホルン、シュレックホルンなどアルプスの山々と、グリンデルワルトの村🇨🇭 ・ ・ #スイスの街角から #ブログを更新しました #スイス #美しい景色 #スイス旅行 #スイス情報 #ヨーロッパ旅行 #海外旅行 #アルプス #スイスアルプス #自然が好き #ハイキング #山岳写真 #山の写真 #美味しい空気 #絶景 #世界の絶景 #ライブドアインスタブロガー

A post shared by スイスの街角から (@swiss_no_machikado_kara) on


歩き出すとすぐ目の前に、

黒っぽい山の
チュッゲンが見えてきます。

IMG_5237

そして、そのすぐ背後には、

ベルナーオーバラント地方を代表するユングフラウ三山

アイガー、メンヒ、ユングフラウが見えます。


アイガーの左側には、

ヴェッターホルンなどの山とグリンデルワルトの村。

IMG_5279

このルートでは、

クライネシャイデックに到着するまでずっと、

この三山を見渡しながら歩く事ができます。

IMG_5288

特に、アイガー北壁を正面に眺めながら進む、

こんな迫力あるハイキングのコースは、

スイスといえど、

他には無いのではないかと思います。

IMG_5316

ゴツゴツとした山の岩肌や、高山植物も、

普段の日常生活では目にできない

大自然の風景です。

IMG_5273

IMG_5267

私達はかなりゆっくり目に、

写真撮影もしながらマイペースで歩きました。

夫 Banana はもう少し早く歩きたそうでしたが、

そもそも足の長さも違い、歩幅も異なるので。


後ろからやってくるスイス人らしき登山者達には、

どんどん追い抜かれます。

山歩きに慣れている彼らは

初級レベルのハイキングコースは

散策程度の感覚のようです。


小さなお子さんを後ろに背負って歩くお父さん、

犬を連れた一人歩きの女性達にも遭遇しました。

晴れていたからだとは思いますが、

チューリッヒ州の自宅の周りを歩いているのと、

さほど変わらない光景です。


ここから先は、前半同様に、

インスタグラムの画像と動画でお楽しみください。

View this post on Instagram

「PANORAMA TRAIL 【PANORAMAWEG】」 Männlichen-kleine scheidegg ・ (2020年9月17日) メンリッヒェン〜クライネシャイデック🇨🇭 「panorama trail (panoramaweg)【パノラマの道】」 ・ ユングフラウ三山 アイガー、メンヒ、ユングフラウを眺めながら、アイガー北壁に向かって歩く絶景ハイキングコース。 ・ 初級者向け約1時間半のコースは整備され、なだらかな道を上ったり下ったりしながら、ほぼ平坦に歩ける道。 ・ 途中、赤ちゃんを背負って歩く男性や、犬と一緒に歩く人々などとすれ違いました。 地元の人々は気軽にご近所のお散歩感覚で歩いている様子。スイスはいろいろと凄いと感じます。 ・ クライネシャイデックの駅が見えてくる直前の終盤がクライマックス。最後のビューポイントからは、右手にアイガー、メンヒ、ユングフラウの三山、左手にはシュレックホルン、ヴェッターホルンとグリンデルワルトの村を一望。今年もこの道を歩けて良かったと感慨深い思いに浸れる瞬間。 ・ ここまで歩けば、ゴールのクライネシャイデックはもうそこまで。 ・ ・ #スイスの街角から #ブログを更新しました #スイス #美しい景色 #スイス旅行 #スイス情報 #ヨーロッパ旅行 #海外旅行 #アルプス #スイスアルプス #山岳写真 #ハイキング #絶景 #世界の絶景 #ライブドアインスタブロガー

A post shared by スイスの街角から (@swiss_no_machikado_kara) on


View this post on Instagram

Kleine Scheidegg and Jungfrau 🇨🇭 ・ (2020年9月17日) メンリッヒェン〜クライネシャイデック 「panorama trail (panoramaweg)【パノラマの道】」 ・ 絶景ルートの終盤。クライネシャイデックと、背後にそびえるユングフラウ。 ・ ユングフラウの左手には、豆つぶほどに眺められた “トップオブヨーロッパ” ユングフラウヨッホの展望台が見えます。 ・ ・ #スイスの街角から #ブログを更新しました #スイス #美しい景色 #スイス旅行 #スイス情報 #ヨーロッパ旅行 #海外旅行 #アルプス #スイスアルプス #自然が好き #ハイキング #山岳写真 #山の写真 #美味しい空気 #絶景 #世界の絶景 #ライブドアインスタブロガー

A post shared by スイスの街角から (@swiss_no_machikado_kara) on


終点のクライネシャイデックが近づいてくると、

前方の山で、

ゴゴゴゴーッッと、

物凄い音が何度も響き渡りました。

目の前に見える氷河の辺りに目をやると、

雪崩が起こっているのが見えました。


当然、かなり離れているのですが、

それにも関わらず、

遠くで響く音がはっきりと聞こえ、

雪が雪崩となって流れ落ちる様子が肉眼で見えました。

以前にもクライネシャイデックで、

同じような場面を目にした事がありましたが、

自然の驚異を感じさせられる瞬間です。


大自然に囲まれた中で、

今年も最高のお天気の快晴の空の下、

美しいアルプスの山々を眺めながら

最高にリフレッシュできたスイスのハイキングでした。


ご興味がおありの方、

3年前に歩いた同じルートの過去記事はこちらです。



 

 
 
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村    

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪





スイスの街角から - にほんブログ村 

 

スイスの絶景ハイキングコースを歩く 3.(パノラマルート メンリッヒェン〜クライネ・シャイデック)

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

スイスの絶景ハイキングコースを歩く 2.

(パノラマルート メンリッヒェン〜クライネ・シャイデック)

からのつづきです。

メンリッヒェンからクライネ・シャイデックまで、

パノラマの道(Panoramaweg =パノラマトレイル)

のハイキングは、後半にさしかかりました。


アイガーを正面に、

ダイナミックな絶景が続くこのコース。

景色は変わり、

今度はグリンデルワルトの村が見えてきました。

BlogPaint

BlogPaint

緩やかな下りが続くハイキングコースの

ところどころにはベンチが設けられ、

水分補給の休憩をしたり、

しばしそこへ腰掛けて、景色を楽しむ事も ♪

BlogPaint

クライネ・シャイデックが近づいてくると、

アイガーの隣にはメンヒ、

その横に、世界中からの観光客で賑わう、

Top of Europa「ユングフラウヨッホ」の展望台も

確認できます!

BlogPaint

クライネ・シャイデックが見えてきました。

ここまで来たら、目的地まで、あともう一息!

BlogPaint

青々とした緑色が目を引く貯水池。

BlogPaint

クライネ・シャイデックのホテルでは、

この貯水池の水を利用しているのだそうです。


午前10時に歩き始め、

ちょうど正午頃にクライネ・シャイデックに到着。

写真を撮ったり、

美しい景色や高山植物を眺めるのに

立ち止まったりしながら、

かなりのんびりとしたペースで歩いて

約2時間のハイキングコース。

休憩せずにひたすら歩けば、

表示通りの1時間30分程で、

クライネシャイデックまで下れると思います。


前回訪れた時と同じ、

眺めの良いレストランで、ランチ休憩。

BlogPaint

BlogPaint

このレストランのテラスからは、

アイガー北壁と、メンヒ、氷河などの

素晴らしいアルプスの景色がが一望できます。

ランチのピークの時間に少し早めに着けたおかげで、

特等席で食事を味わえました。

BlogPaint

注文したのは前回と同じ、

思い出の「スイスバーガー」

BlogPaint

なぜ、これが思い出なのかと、

なぜこのハンバーグに見える料理が、

"スイスバーガー" なのか?

ご興味がおありの方は、過去の記事をご覧下さい。

アルプスの絶景テラスで意外な!?ランチ
(2011年9月14日)


クライネ・シャイデックの駅です。

BlogPaint

前回はここから登山鉄道を利用し、

グリンデルワルト グルンドの駅まで降りましたが、

今回はここで一つ、

予期をしていなかった決断をし、

ここから歩いて、

グリンデルワルトグルントまで降りました。


今回のアルプスのハイキングの記事は、

これで一旦終了です。

機会があれば、

グリンデルワルトまで下ったハイキングの様子も、

またアップしてみたいと思います。

ブログのランキングに参加しています。 記事が興味深い、
または面白いと思って下さる方々、
下のバナーをクリック して、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


(関連記事)過去に同じルートを歩いた際の
ブログ記事はこちら
アルプスの山を歩く〜おすすめハイキング
(スイス・メンリッヒェン〜クライネシャイデック
2011年9月20日)


スイスアルプス、パノラマの道
(アイガー・メンヒ・ユングフラフ
2011年9月22日)

パノラマの道(動画)スイス・メンリッヒェン
〜クライネ シャイデック(2011年9月22日)


湖の逆さアルプスと氷河を眺める
(クライネ・シャイデックからのハイキング

2011年9月25日)

☆ ユングフラウヨッホ観光についての関連記事は、
下記カテゴリ別より 過去の記事をご覧いただけます。

ユングフラウヨッホ(スイスの街角から 🇨🇭)

スイスの絶景ハイキングコースを歩く 2. (パノラマルート メンリッヒェン〜クライネ・シャイデック)


BlogPaint

スイスの絶景ハイキングコースを歩く 1.

(パノラマルート メンリッヒェン〜クライネ・シャイデック)

からの続きです。


ハイキングコースのスタート地点や分岐点には

分かりやすい標識が掲げられています。

メンリッヒェンからは、今回歩いたルート以外にも

ハイキングコースが広がっています。

BlogPaint

ここから、

ラウターブルネンや、ヴェンゲンまで下る人たちも。

BlogPaint

スイスのハイキングコースはよく整備されている事で

知られていますが、

特にこの「パノラマの道(Panoramaweg)」は、

平坦で緩やかな道が

クライネ・シャイデックまで続いているため、

老若男女が楽しんで歩けるコースです。

ガイドブックによると、

バギー(乳母車)を引いて歩く人もいるそうです。

私達が歩いた日は、

中にはかなりご高齢に見える方のお一人歩きや、

小さなお子さんを連れて歩かれている

親子連れのハイカー達も目にしました。


ハイキングコースをスタートすると、

すぐに目に入ってきたのどかな光景。

BlogPaint

6年前にこのルートを歩いた際は9月の中旬で、

すでに牛は山の下に降りている頃だったため、

こんなに間近で牛を見た記憶はないのですが、

今回は8月中とあり、

山の草の上で牛達がまどろむ姿を、

コースのあちらこちらの場所で目にしました。


普段の生活では見かけない高山植物にも

興味をそそられます。

BlogPaint

BlogPaint


アイガーを真正面に、山に向かって歩く。

何という贅沢な時間。

BlogPaint

● アイガー(Eiger :ベルナーアルプスの一峰でスイスを代表する山。標高3,970m)



青い空、美味しい空気、壮大な景色に囲まれて、

ノーストレスのわたくし ♪

BlogPaint


景色は変わり、

アイガーに加え、その隣のメンヒも見えてきました。

こちらもノーストレス、英国人の夫 Banana。

BlogPaint


ちょうどハイキングの半分くらいに差し掛かったあたりです。

BlogPaint

振り返ってみると、出発地点のメンリッヒェンの

ゴンドラ乗り場がとても小さく見えました。


(続く)


ブログのランキングに参加しています。 記事が興味深い、
または面白いと思って下さる方々、
下のバナーをクリック して、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スイスの絶景ハイキングコースを歩く 1. (パノラマルート メンリッヒェン〜クライネ・シャイデック)


BlogPaint

前回の記事アルプスへ! からの続きです。


天気予報通が当たり、

雲ひとつない美しい朝を迎えました。

出かけたのは

ベルナーオーバーラントの可愛い村、

グリンデルワルトです。

チューリッヒ郊外の湖畔にある自宅から、

車で出かけました。


この村に宿泊をするのは久しぶり。

今回宿泊をした、

サンスター アルパイン ホテル グリンデルワルト

のお部屋からは、ユングフラウの一部分と、

アイガーの雄大な姿が眼前に眺められました。


あまりにも山が近くて、大きくて、

部屋のバルコニーからはアイガーがフレームに納まりきれず、

冒頭の写真は、

ホテル1階にあるテラスからの撮影です。


以前にも歩いた事があって

とても気に入っているハイキングコース、

メンリッヒェンからクライネ・シャイデックまでの

「パノラマの道(Panoramaweg)」を歩くため、

早起きをしました。


メンリッヒェン(2225m)

まで登るゴンドラ乗り場があるのは、

グリンデルワルトの隣の駅で、

"グリンデルワルトグルント" の駅。

車で移動し、巨大駐車場のあるグルントの駅へ。

ここに車を駐車して、

ゴンドラでメンリッヒェンまで登りました。

グリンデルワルトグルントからメンリッヒェンまで、

約30分間のゴンドラの旅です。

メンリッヒェン(Männlichen GGM)公式


ゴンドラを含むメンリッヒェンまでの行程は、

過去の記事にも綴っておりますので、

割愛させていただきます。

ご興味がおありの方は、

こちらの過去の記事 をご覧ください。

ヨーロッパ最長のロープウェイでアルプスへ
(スイス・メンリッヒェン 2011年9月11日)


ほんの数年前に

このハイキングコースを歩いたつもりでしたが、

もう6年も前の事でした。

山の上は、以前と比べると、

ちょっと進化していました。

プレーエリアのようなものが出来ており、

色々と新しいものが出来ていました。

BlogPaint


ゴンドラを降りてスグに、

これはなんだ〜!? と思ったアート。

BlogPaint


その正体は、滑り台でした!

BlogPaint


ミニボーリング ♪

BlogPaint


美しい景色と、最高のお天気だけは、前回と同じ!

BlogPaint


遠くはトゥーン湖まで見渡せます。

BlogPaint

ここからクライネ・シャイデックまでは、

緩やかな坂道が続く、ゆっくりと歩くと約2時間のハイキングコース。

ベルナーオーバーラント三山

(アイガー・メンヒ・ユングフラウ) を見渡しながら、

前半はアイガーを目の前に向かって歩く・・

という、絶景コースです。

BlogPaint

IMG_2248

午前10時、クライネ・シャイデックへ向け、いざ出発!


ブログのランキングに参加しています。 記事が興味深い、
または面白いと思って下さる方々、
下のバナーをクリック して、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アルプスの絶景テラスで意外な!?ランチ

ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

途中で別の記事を挟みましたが、

初秋のアルプスの絶景ハイキングの様子の続きです。


メンリッヒェンからクライネシャイデックまでの

「Panoramaweg (パノラマの道)」のハイキングを楽しんだ後は、

クライネシャイデックでランチ休憩。


こちらはクライネシャイデックの駅に隣接をしたレストランではなく、

少し離れた場所(メンリッヒェン方面から下って来た方面)にある

見晴らしの良いレストランのテラス席でランチをしました。


それがこちら「Restaurant Eigernordwand (レストランアイガー北壁)」


BlogPaint



その名の通りアイガー北壁を正面に、

そしてもちろん、

そのお隣にはメンヒとユングフラウが眺められる絶景のレストランです。

(宿泊設備もあり)



こちらがそのレストランからの眺望。

BlogPaint



アイガー北壁を正面にのぞみ、

ハイキングからの眺めとはまた違った角度でアルプス三峰を楽しむ事ができます。



BlogPaint



時間はちょうど午後12時を過ぎた頃、

9月中旬だというのに半袖のTシャツ1枚でも汗ばむほど暖かかった事もあり

テラスも混雑はしていましたが、なんとか日陰のテーブルを確保。


マットが付近の地図になっていて、

ランチ後の更なるハイキング気分を駆り立てます。

BlogPaint



それぞれにミネラルウォーターを注文し、

夫がランチに選んだのがグーラシュ・スープ

(牛肉とタマネギ、それにパプリカを煮込み作ったハンガリーのスープですが、スイスでも人気。)


BlogPaint



そして私は「ハンバーガー・フライドポテト付き」を注文。


ハンバーガーはメニューにハンバーガーとドイツ語と英語で記載されていたので、

普通の(正確に表すとアメリカ式の)ハンバーガーを想像し注文したのですが、

運ばれてきたのがこちら。

BlogPaint



注文したのはハンバーガーのはずだったのだけど、

これはまさに、私達日本人が考えるところの「煮込みハンバーグ!?」


夫によれば、

私達がハンバーガーと慣れ親しんでいる "アレ"

アメリカから伝わったものであるため、

ヨーロッパ(特にスイスやドイツ)では


ハンバーガー専門店以外の普通のレストランで
『ハンバーガー』と

メニューにある場合、ハンバーグである事が普通なのだとか・・。


「メニューにハンバーガー オニオン・ソースって書いてあったでしょう?

あの、パンに挟まったハンバーガーだったら

 "オニオン・ソース" がかかっているハズないでしょう、

ちゃんと読んだの~?」


なんて尋ねる夫に、


「確かにオニオン・ソースとは書いてはいたけれど、

まさか "ハンバーガー" が ハンバーグ だなんて!」


と、私・・。

でもまあ、そう言われてみれば確かにそうです。

久々のプチ・カルチャーショック!

次回からはメニューにある場合、

よく内容を尋ねてから注文する事にします(苦笑)


想像していたものとは違ってはいましたが、

とは言えお味はとても美味しくいただき大満足。


その後お店を出て、クライネシャイデックの駅の方角へ。

BlogPaint




途中、アイスのスタンドにお立寄り。

チューリッヒの町なかではちょっぴり恥ずかしくてあまりしたコトのない

歩きながら食べるアイスも、開放感いっぱいの山の観光地でのお楽しみ!


BlogPaint



お腹がいっぱいになった後は、

最高のお天気を更に満喫するため、そしてカロリー消費のため!?

今度は氷河を近くで眺められる場所までハイキングをしてみる事にしました。


(クライネシャイデック周辺のハイキングの様子に続きます。)



この記事は、

パノラマの道(動画)スイス・メンリッヒェン~クライネシャイデック

からの続きです。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、上の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。



携帯電話からご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。 上記以外のメッセージは受けつておりません。現在、コメント欄は閉じさせていただいています。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ