スイスの街角から

スイス在住20年目。 チューリッヒ湖のほとりに、イギリス人の夫と住んでいます。 カルチャーショックでいっぱい!実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

ギースバッハ滝

スイスの365日の生活について綴ったエッセイ、「スイスの素朴なのに優雅な暮らし365日」が、自由国民社より2024年3月に発売されました。紙書籍とあわせまして、電子書籍も発売中です。


ブリエンツ湖を眺める絶景カフェで…🇨🇭

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

IMG_3313

ギースバッハ滝の周りを散策後、

隣接する優雅な佇まいの

クラシックなホテル、

「グランドホテル・ギースバッハ」

の絶景カフェでひと休み。  

IMG_3310

青く輝くブリエンツ湖の周りは、

青々と茂る新緑に包まれて、

春の花々が咲き乱れ、

美しさを増しているようでした。

IMG_3410

IMG_3301


前回のブログ記事からの続きです ↓ ↓



前回(2020 年 9月)

この場所を訪れた際は、

この日よりも時間が少し遅くて、

ホテルテラスのカフェは満席状態で、

ここでお茶をすることが

できませんでした。


この日は早起きをして出発し、

ギースバッハ滝の周辺を散策したので、

正午前にテラスカフェを

利用できました。


ギースバッハ滝の見えるテーブルか、

ブリエンツ湖の見える側か…。

どちらも絶景を堪能できそうで

悩みましたが、

滝はもう充分に満喫できたので、

湖の見える特等席のテーブルで

カフェタイム。

IMG_3364

美しいブリエンツ湖を眺めながら、

絶景ビューのテーブルでいただくお茶と、

素朴なアップルケーキは

味わいもまた格別でした。


正午頃になると、

ランチ目的の人々でカフェはいっぱいに。

IMG_3370

滝の周りは

緑豊かな自然公園になっているので、

ホテルの有料駐車場に車を停めて

散策したり、

ブリエンツ湖岸のフェリー駅 

"ギースバッハ" からは、

ヨーロッパ最古といわれている

見た目も可愛いケーブルカーで、

ホテルへアクセスすることもできます。

IMG_3377

自然に囲まれた

ギースバッハの滝で、

マイナスイオンをいっぱい浴びた後、

美しいブリエンツ湖を眺めながら、

のんびりとした時間を過ごすことができて、

なんとなく心が豊かになれた気がした

春の日でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・   

豪快!アルプスの雪解け水が流れ落ちるギースバッハ滝🇨🇭

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

IMG_3278

スイス アルプス地方の旅の途中で、

ギースバッハ滝に立ち寄りました。

ギースバッハ滝は

ベルナーオーバーラント地方

ブリエンツ湖周辺の

観光名所の一つです。  

IMG_3208


轟々と音をたてて14層の滝が山の上から

ブリエンツ湖へと流れ落ちる光景は豪快!

滝の周りは遊歩道になっていて、

滝の裏側にも歩いて回れ、

そこから眺める裏見の滝は絶景です。  

IMG_3251


滝のある自然公園に隣接して建つ

歴史のあるホテル

「グランドホテル・ギースバッハ」の全景も

ここから眺められます。  

IMG_3285


前回は 9 月(2020年)に訪れました。

その際のブログ記事はこちらです ↓ ↓





9 月に訪れたときも、

目の前で勢いよく流れ落ちる滝の光景に

圧倒されましたが、

アルプスの雪解け水が流れ落ちる春は、

水量が増してさらに豪快だと

知人から聞いていたので、

この時期に再訪してみました。


 動画はインスタグラムでご覧ください。↓ ↓


そして、その情報は大正解でした。

思わず、「すごい!!」と、

声を上げてしまうほど圧巻。

木々の葉が青く茂る新緑の季節の滝は、

どの角度から眺めてみても、

素晴らしい大自然の風景でした。  


ギースバッハ滝の話題は、

先日発売されたエッセイ

「スイスの素朴なのに優雅な暮らし 365日」

の中でも登場します。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・   

マイナスイオン効果抜群、豪快な滝を間近で眺めてみた(ギースバッハ滝 スイス)


BlogPaint

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

前回のブログ記事からの続きです。

 


こちらが周辺の位置関係です。

BlogPaint

グランドホテル・ギースバッハ (Grandhotel Giessbach)

の駐車場から、

ギースバッハ滝 (Giessbachfälle) の

入り口にあたるエリアまでは、徒歩3〜4分。

BlogPaint

間近で滝を見学するには、

そこから山林の階段を登って行きます。


遠い昔、子供の頃に、

故郷、福岡の小学校で遠足に行ったことのある

山道が思い浮かんだ登りの道。

BlogPaint

山の道も整備されており、

小さなお子様を連れられたファミリーや、

ご高齢のご夫婦、グループなど、

様々な人々が滝周辺の散策を楽しんでいました。


老若男女が歩ける道です。

ただし、

滝のすぐ近くは水しぶきで地面が濡れているので、

滑らないよう、注意は必要。


私達ももちろん、滝の間近まで行き、

爆音を立てて流れ落ちる滝の裏側の橋を通って、

反対側の小径へと進みました。

BlogPaint

高所恐怖症の私にとっては、

この橋は青ざめるほどコワかったけれど、

いくら大自然が広がるスイスとはいえ、

こんな機会には、

そんなに頻繁には巡り合えないだろうと、

頑張って橋を渡りました。


迫力満点の滝の裏側からの映像と、

その他の角度からの滝の映像は、

インスタグラムの動画でご覧ください(滝のサウンド付き)

View this post on Instagram

「グランドホテル・ギースバッハ」からは、『ギースバッハの滝 (Giessbachfälle) 』を正面に眺められます。 ・ 滝の周辺には遊歩道が整備され、マイナスイオンいっぱいの中、癒されながらの散策。 ・ ちょっとドキドキする滝の背後の遊歩道を通り、力強く流れ落ちる滝を後ろから見学しながら歩く。 まさに、アメージングスイスな世界🇨🇭 ・ ・ #スイスの街角から #ブログを更新しました #スイス #美しい景色 #湖畔 #スイス旅行 #スイス情報 #ヨーロッパ旅行 #海外旅行 #海外 #ヨーロッパの風景 #滝 #ライブドアインスタブロガー #ライブドアブログ

A post shared by スイスの街角から (@swiss_no_machikado_kara) on


橋を渡った後は、

今度は来た道とは反対側から滝を眺めながら、

周辺を散策。


この日も良いお天気で、

日中は気温も25℃あり、

日差しも強い1日でしたが、


滝の周りは冷え冷えで涼しく、

マイナスイオン効果も抜群そうな雰囲気。

自律神経も整えられた気がします。

とても清々しい、

癒される森林散策でした。


道を下って行くと、その先には、

グランドホテル・ギースバッハ が見えてきます。



下から眺めてみる、

14層の滝となって流れ落ちる
滝の姿も、

迫力がありました。

BlogPaint

ギースバッハ滝は、

ブリエンツ湖周辺の観光地の一つとして

知られている場所のようですが、

実は私達夫婦は、

数週間前までこの滝の存在を知りませんでした。


ドラマ「愛の不時着」のロケ地として、

スイス各地が登場したおかげもあって、

また一つ、

スイスでのお気に入りの場所が増えました。


英国人の夫 Banana はドラマを観ておらず、

先日綴ったイゼルトヴァルトのことも、

ギースバッハの滝のことも、

全く知らずに、

私が行きたい場所に行こうと

同意してくれたのですが、

結果的にはどの場所も、

「素晴らしい!!」

と、感嘆の声をあげ、

とても気に入った様子 ♪


スイスにはそんな知らない素敵な場所が、

まだまだいっぱいありそうです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。 上記以外のメッセージは受けつておりません。現在、コメント欄は閉じさせていただいています。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ