スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

オミクロン株

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


マスクショックとドライブ〜自然を感じに冬のグライフェンゼーへ


IMG_0236


 「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

先週の週末、自然を感じに、

夫 Banana とミニドライブに出かけました。

訪れたのは、

チューリッヒの郊外にある

グライフェンゼー(グライフェン湖)です。

スクリーンショット 2022-01-20 0.10.20

グライフェンゼー周辺は

自然保護区になっています。

アルプスを見渡す湖岸には湿地帯が続いて、

春が近づく頃には、

コウノトリが悠々と空を飛ぶ姿や、

巣でヒナを育てている光景を

目にすることもできる野趣あふれる場所で、

多くの人々が季節を問わず散策しています。


この日はいつも歩く整備された

湖岸の遊歩道とは反対側の、

よりワイルドな自然を近くで感じられる

エリアを歩いてみました。

IMG_0225

ストレスフリーで、自然が豊か!

上空を悠々と飛ぶ

鷹の姿を目にしながら歩きました。


バードウォッチングをする人々にも遭遇。

IMG_0211


自然いっぱいのグラウフェンゼーの画像と動画は、

インスタグラムにてご覧下さい ♪



そんなのんびりな場所ではありますが、

休日の、特にお天気の良い日は、

この散策道も混み合います。

周りが湿地帯になっていることもあり、

広大な土地ではありますが、

歩いて行ける範囲は限られています。


特に現在のスイスも

オミクロン株が蔓延していて、

冬場は遊びに出かけられる場所も多くはなく、

屋外のこんな場所は意外と混み合うのです。

しかし、ここでも、

誰もマスクは着用していません。


逆バージョンの

「郷に入っては郷に従え」状態で、

私も最初はマスクを着けずに歩いていましたが、

遊歩道は二人並んで歩いていると、

向こう側から二人組が来てすれ違う場合、

どちらかが一列にならないと、

すれ違えないほどの幅です。

つまり、

同時に三人歩くのがやっとの道幅。

休日はかなりの人が集まっているので、

すれ違うのはひっきりなし。

至近距離で、

ノーマスクで大きな声で会話をしながら

歩いている人がほとんどなので、

ブースター接種は完了しているとはいえ、

次第に不安になってしまい、

私は途中からマスクを着用しました。


夫 Banana はこちら流で、

屋外の散歩道ではマスクは着けずですが、

私が着用するのを見るのは慣れているので、

その行動については何も言いません。


しかし、すれ違う人達は・・。

かなり多くの人達に、

すれ違いざま、ガン見されてしまいました。


チューリッヒの町なかならば、

誰がどんな格好をしていても、

外でマスクを着けていようと、いまいと、

ジロジロと見られることは

ほとんどありませんが、

一歩、郊外へ出かけると異なります。


スイスの人々がマスクを着けているのは、

そこが法的に定められている場所だからで、

やはり多くの人達は、

外ではマスクを着用したくはないことに、

コロナが蔓延している今でも

変わりはないようです。


コロナが発生する前の、

ほんの2年ちょっと前までは、

病気でもない人がマスクを着けるなんて〜

あり得ない!

というのが、

スイスの人々の普通の状況でしたので。


湖岸を散策していても、

視線を感じてしまう、

チラ見ではなく、ガン見。(苦笑)

久々にマスク着用で、

注目の的になってしまいました。


結局、この日、

すれ違った人、周りにいた人、

(数十人程度)私以外は、

誰一人としてマスクは付けていませんでした。


自然いっぱいの屋外で、

マスクを着けた私を見たあちらも

びっくりなのでしょうが、

私の方も、

ノーマスクの彼らに

カルチャーショックを感じてしまい、

久々に感じたマスクショックでした。


スイスの人口、860万人。

1月20日時点で発表された、

新型コロナウイルス新規感染者数は、

なんと驚愕の、 39,720 人。

前週比は 9%増でした。

(スイス連邦保健庁調べ)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スイスのオミクロン 早くから存在していた


IMG_0270

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

1月18日時点での

スイスの新型コロナウイルス感染状況、


検査数:76,619 件

新規感染者数: 29,142 人

陽性率:38 %

新たな入院者数:125 人

死亡者数:14 人

スクリーンショット 2022-01-19 0.33.23


新規の感染者数は3万人を下回ってはいるものの、

まだまだ予断は許せない状況です。


少し前のニュースですが、

チューリッヒのオミクロン株について、

興味深い記事を目にしました。



スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)

の一部である

スイス連邦水生科学技術研究所(EAWAG)

の専門家が行っている

チューリッヒの廃水分析の結果によると、

コロナの変異体であるオミクロン株は

チューリッヒで、

当初考えられていたよりも早い時期から

存在していたことが判明したのだそうです。


スイスでは昨年12月初旬に報道されたニュースで、

その頃、

ジュネーブでオミクロン株の初の症例

(南アフリカからの渡航者)が確認された

という内容が、

スイスで最初のオミクロンだと

考えられていました。




専門家は、

オミクロンCovid-19変異体(オミクロン株)

の残留物が、

2021年11月中旬に

チューリッヒ州の廃水

(チューリッヒのWerdhölzli給水所)

で検出されたと述べており、

1月5日に研究者たちによって

その旨が発表されました。


ってことは、

クリスマスライトの点灯式と、

クリスマスマーケットの開始、

シンギングクリスマスツリーも

高らかに合唱していたあの日、

チューリッヒ市内が賑わっていた

昨年11月25日ごろには、

既にオミクロンはあの人混みの空気中にも

存在していたのかもしれません。


そんなことは夢にもみていなかった私は、

その日、

チューリッヒ市内へ出かけ、

クリスマスライトの点灯式を待つ

人混みの中にいました。


二重のマスクをして、

なるべく他の人と距離を保ちながら

行動していましたが、

周りの人達は、

密になることもさほど気にしていない様子で、

ほとんどの人はノーマスク。

幸い私はその後も健康状態に異常はなく

感染していませんでしたが、

今思うと、

とても危険な場所にいたのかもしれない・・

とさえ、思えてしまいます。


オミクロン株のニュースの一報が

最初に入った当時は、

南アフリカで最初に発生した

変異株のような印象を持ちましたが、

その後、

英国のBBCニュースらが伝えた内容によると

オランダの保険当局の担当者は、

南アフリカが最初のオミクロン株を

報告した2021年11月24日より前に、

オランダ国内でオミクロン株が

存在していたことが明らかになった

と伝えられたそうですので、

実際はどこでスタートしたのか?

世界中に広まっている今、

もう確認をとることは難しいでしょう。


オミクロンが先に流行した国々では、

そろそろ感染者の状況も減少の傾向にある

国や都市もあるのだとか。

日本もスイスも、1ヶ月後には、

劇的に状況が良くなっていることに期待。


そんな思いを秘めながら、

晴れた日には、自宅近くを散策したり、

ちょっと近場までミニドライブをしたりして、

気晴らしをしつつ、春を待つ日々・・。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

新たなコロナ対策


IMG_9970

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

昨日もよく晴れて、

美しい冬の1日でした。

気温は日中も氷点下で寒いですが、

お天気が良いと

気持ちもどことなく軽やかで、

ここ数日は午後の散歩を続けています。


この日はお天気が良かったこともあり、

いつも歩く散歩道は、

普段よりも人が出ていました。


けれども、

誰もマスクは着用していません。

私も普段は、

郊外の自宅の近所を歩く際、

全く人とすれ違わないくらい

人がいない時は、

マスクを着けずに歩くこともありますが、

今日はマスク着用で歩きました。

すれ違う人にチラ見されても、

気にしない、気にしない。


スイスの新型コロナウイルス新規感染者は

1月12日の段階(24時間以内)で、

32,881人と発表されました。

13日は、30,000人をなんとか切って、

29,880人 でした。

(スイスの人口=約860万人)


こんな状況にありながら、

ワクチンを1度も接種していない人が

まだ30%以上との数字が現状。


人口の22%は3回目のブースター接種を

完了しているとのことです。

スクリーンショット 2022-01-13 22.12.10

スイスのCovid(新型コロナウイルス)

の感染数は今後1〜3週間以内で

ピークに達すると予想されています。

逆に言えば、

そのピークが過ぎれば、

少しは落ち着くのだろうと、

今は嵐が去るのを

静かに待つことしかできません。


上記の影響により、

チューリッヒのトラムが運休されているニュースを

先日お伝えしましたが、

その他の輸送に関わるサービスにも影響が出ており、

配送業者のドライバーにも感染者が続出しての

人手不足により、

スーパーに並ぶ野菜やその他食品の運送などにも

滞りが出ているのだそうです。


そう言えば〜と思ったのが、

実は年明け頃からスーパーに出かけると、

この季節に出回っているはずの野菜や、

または、

通年で置いてあるはずのものが無かったり、

おかしいな・・

と感じていたのですが、

運送にも影響しているのであれば、

少なからず関連があるのでしょう。


人手不足がもたらす経済への影響を

防ぐこともふまえ、

連邦政府は検疫と感染者の隔離期間を

5日間に短縮することを決定し、

発表しました。


オミクロン株の感染者が爆発的に増え、

医療は逼迫。

もう手が回らず、比較的に軽症者は、

自己管理で自宅で治すという流れです。

これはスイス以外でも、

どの国でも同じなのかもしれません。


12日にはスイス連邦政府が発表した

新たなコロナ対策の主な内容は下記の通りです。


● 1月13日から、
コロナ感染者の自宅待機 10日 →  5日に短縮

48時間症状がない場合、
発症の5日後に自主的に検疫を終了することが可能


● 2月1日から、
Covidワクチン接種証明書【ワクチンパスポート】
の有効期限を、365日(1年)→ 270日(9ヶ月)に短縮


● 現在実施されているコロナ規制【2G, 2G+ルール】を
3月31日まで延長


いろいろと、

もうひと頑張りなんだろうなぁと感じています。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ