スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

エリザベス女王

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


尊敬と誇りと、親しみと・・。


IMG_6591

これは先日、英国からスイスへ戻ってくる際に、

ロンドン・ヒースロー空港で目にした看板です。


4月21日にエリザベス女王は90歳のお誕生日を迎えられました。

そのお祝いにバースデーメッセージを掲げていたのは、

雑貨などを中心に取り扱う、

英国を代表する人気のブランドのお店の前。


このとても短いメッセージの中に、

女王陛下に対する強いリスペクトや、英国人の誇り、

そしてこんな風に、

「お誕生日おめでとう!!」

なんてカジュアルにも描けてしまうほど、

国民が王室に親しみを持ち、

意外と身近に考えているようである事に少し驚きつつ、

自国の国民に愛されるエリザベス女王のお顔を思い浮べ、

なんだかあったかい気持ちになり、

看板の前で立ち止まってしまいました。


それと同時に、

先日他界した英国の義母がエリザベス女王を敬愛していた事を思い出し、

義母も6月に誕生日を迎える予定で、

もうじき86歳になるはずだったのに・・

と思うととても残念で、目頭が熱くなってしまいました。


女王様が100歳まで長生きしますように・・。



ブログランキングに参加しています。
「スイスの街角からを」応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。大変お手数ですが、"1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。
(いずれも別窓で開きます)



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ

エリザベス女王ご即位60周年記念品@フォートナム&メイソン (QUEENS JUBILEE at FORTNUM&MASON in London)

ブログネタ
ヨーロッパ に参加中!


ロンドンを訪れる際の大きな楽しみのひとつが、

ピカデリーにある「フォートナム&メイソン
FORTNUM & MASON)」

でお買い物をする事です。

フォートナム・アンド・メイソンは300年もの長い歴史を誇る、

誰もが知る英国王室御用達の名店。

英国王室(主に女王)からの屈指のライセンスとも言える

 "ロイヤルワラント(Royal Warrant)" を数多く授与されており、

現在もエリザベス女王2世と

プリンス・オブ・ウェールズ(チャールズ皇太子)

の2つのロイヤルワラントを保持している英国の老舗。


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint



この英国王室御用達のお店は、

今年2012年が エリザベス女王ご即位60周年 の記念すべき年

"QUEENS JUBILEE" とあり、

建物の外観にも特別にデコレーションが施されており、

店内にには記念の限定品がそれは数多く並び、

いつもにも増して更に活気をおびているように感じました。


BlogPaint



記念ジャム ↑(上記)に、シャンパントリュフ ↓(下記の丸い箱)


BlogPaint


シャンパン、カップ&ソーサーやマグカップ、それにピルケースなど、

同様のロゴ入りの記念品なども店内にて販売。


BlogPaint


写真はすべてお店の外からショーウィンドウを撮影。

店内を撮影している観光客らしき方々もお見かけしましたが、


私は店内の撮影は
控えました。


BlogPaint




夜はライトアップされ、更に美しい

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint




ここまではOK範囲であろうと判断し、

店内に入る前の入り口(サイドのジャーミンストリート側)部分を

フラッシュ無しで撮影。

BlogPaint



FORTNUM & MASON
のはじまりは、

ウィリアム・フォートナムとヒュー・メイソンという

2人の青年の出会いから始まったのだそう。 

彼らの小さなグローサリーショップがオープンした1707年は、

"イングランド" と "ウェールズ" 更には " スコットランド" が加わり、

英国 =「United Kingdom」が誕生した年でもありました。 

2人の店は瞬く間に王室と貴族階級の間で評判を高め、

300 年以上経った現在も国内外の人に愛され続けています。


(フォートナム・アンド・メイソン ウェブサイトより引用)


更に詳しい内容をご覧になられたいみなさまは

こちらの
正規ウェブサイト

フォートナム・アンド・メイソン(ピカデリー本店・日本語)

に詳しく記述されています。


私もいつも購入してスイスへ持ち帰る

夫 Banana のお気に入りの紅茶(ロイヤルブレンド)や、

チョコチップクッキーなどの他、

エリザベス女王ご即位60周年の限定みやげを購入しました。


左はチョコレートでコーティングしたクッキー、

右は
特別にブレンドした紅茶 "JUBILEE BLEND"


BlogPaint


上記の紅茶はティーバッグ(50バッグ入り)なので、お土産にも最適。

そしてこの限定品、何と言っても大きな魅力が、

この左側のクッキーの缶に関して底の部分を見るとオルゴールになっており、

ねじを回してみると、
英国の国歌が流れてきます!


BlogPaint


すべての商品にオルゴールは付いてはいませんが、

(ティーバッグの方はオルゴールは付いていません。)

このクッキーの他にもいくつかの商品の缶の底には

同じような仕掛けになっており、オルゴールになっていました。

もしも英国(ロンドン)を訪れる機会のおありのみなさまには、

このお土産は今年限定で缶も記念になりますし、

是非おススメだと思います!



更なる私の楽しみは、

この食品コーナー(グランドフロアー)だけではなく、

3階から1階【3階は日本式の4階、1階が2階】までの各フロアーを

くまなく眺めてみる事。

スイスではおそらく目にする事の無い、英国情緒いっぱいの商品やら、

世界各地の舶来品などが広いフロアーに並び、

それをゆっくりと眺めて歩くだけでも、

何というかとても心が豊かになり、幸せな気持ちになるのです。


今回は食品以外にも素敵なモノを手に入れました。

以前から欲しかったもののひとつなのですが、

こちらは一人用のティーポット。

もっと "丸みをおびた形" のものはよく見かけるのですが、

この形は珍しくとてもユニークで、一目惚れです(笑)

BlogPaint


上の部分にお茶の葉とお湯を入れ、重ねると上記の写真のようになります。

下の部分がカップになっており、

上にお湯を入れる事により、下のカップも温まる仕組みです。

お茶をいただく際には上下を離していただきます。


BlogPaint


フードコーナーにて、

それは多くの種類のある巨大な缶に入ったお茶の中から

お気に入りのハーブティー、カモミールティーを

200グラム計っていただき一緒に購入しました。


このカモミールティーをいただきながら、

しばし英国の旅の思い出にふける事に致します



ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、下の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。


 



お時間がおありの方は
こちら もどうぞよろしくお願いします。(別窓で開きます)


にほんブログ村 海外生活ブログへ



 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



あったか春のロンドンなう


先週の金曜日より、ロンドンへやって来ました。

今回は夫 Banana と共に週末を利用し、

4日だけの久々のショッピングとミュージカルを楽しむ娯楽ツアーです。

滞在中の英国は暖かく毎日青空の続くかなりラッキーな毎日。

到着した日は英国の一部地域では気温が18度。

ロンドンの現在は13~15度 で、

お買い物をしたり散策するには最適の気候。


こちらは観光客で賑わうピカデリーサーカス

BlogPaint



バーリントンアーケード

BlogPaint



オープンエアーの観光バスを楽しむ季節の到来のようです!

BlogPaint


BlogPaint



町を歩いているだけでも何だかウキウキしてしまう、

ロンドンという町の不思議な魅力・・。


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint




こちらはロンドンを訪れると必ず立ち寄る日本の有名和菓子屋さん

「源吉兆庵」さんのロンドン店。

BlogPaint


3月3日のひな祭りを前に、美しい雛人形が飾られています。

こんなに身近に日本を味わえるなんて、本当にロンドンは都会です!



BlogPaint




こちらは英国王室御用達のフォートナム&メイソン

BlogPaint



今年はエリザベス女王のご即位60周年と言う事で、

このお店も今年だけの限定記念のお菓子などが並び、賑わっています。


BlogPaint


BlogPaint



スイスの美しい自然が大好きな事はいうまでもありませんが、

時にはこうして娯楽がいっぱいの大都会で気晴らしをして、

気分をリフレッシュするのが、

"都会で田舎" でもあるチューリッヒでの暮らしを

満喫できる実はヒケツなのかもしれません。



ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、下の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。






お時間がおありの方は
こちら もどうぞよろしくお願いします。(別窓で開きます)


にほんブログ村 海外生活ブログへ


 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ