スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

アフタヌーンティー

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


話題のホテルでハロウィーンアフタヌーンティー


IMG_5513

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

 
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

現在、秋の日本一時帰国中で、

東京の自宅に滞在中です。

日本入国後、

2週間の自宅待機期間を終えた今週、

友人と共に、噂のホテルの

ブランチ&アフタヌーンティー

を楽しんできました。


今回出かけたのは、昨年(2020年)10月、

東京・西新宿に日本初上陸した

IHGホテルズ&リゾーツの

ラグジュアリーライフスタイルブランド、

キンプトン新宿東京(Kimpton Shinjuku Tokyo)

です。



IMG_5460

IMG_5462

ラグジュアリーなライフスタイルのホテルでは、

ペットと一緒にステイできるのだそう。

ヨガクラスなどが開催されるのも魅力です。


ニューヨークのアートシーンから

インスピレーションを受けたという、

モダン感覚のお洒落なホテルです。

IMG_5464

その、キンプトン新宿東京で

今、雑誌やニュースなどにも取り上げられ、

話題にのぼっているのが、

ブランチやランチも兼ねた

オールデイアウタヌーンティー。


今月10月は、


『ディストリクト オールデイ・アフタヌーンティー

ハロウィーン with ピエール・エルメ・パリ』


が開催中です。


月曜日〜金曜日限定で、

午前9時から20時(ラストオーダー17時)

まで提供されるオールデイアフタヌーンティーは

3時間の時間制限付きで、

5,500円(税込、サービス料別)。


ポットでサービスされるお茶や紅茶も

料金に含まれていて、

時間内であれば何度でも好みのお茶を

注文できるのも魅力でした。

IMG_5477

ラグジュアリーなホテルのティールームで

ポットで単品のお茶をいただくだけでも、

結構なお値段になりますものね!


メニューは、

● シーザーサラダ

● メイン(一品を選択制)

● デザート(8種類のスイーツ)

スクリーンショット 2021-10-14 18.24.11


飲み物は下記から、好きなだけ何度でも
スクリーンショット 2021-10-14 18.24.24 (1)

この日は雨のち曇りのお天気でしたが、

緑がいっぱいのテラス席でお食事。

IMG_5474

10月に入ってからの東京は、

30℃を超える気温が続いて暑かったので、

少し涼しくなったこの日は、

屋外のテーブルが心地よく感じました。

IMG_5522


まずは、

● シーザーサラダ からスタート。

IMG_5480

お料理のメインは友人も私も、

● スパイシー大山鶏モモ肉・サツマイモのグリル
・スチーム野菜のサラダ・チリ&レモングラスレリッシュ 

を選びました。


IMG_5491

大山鶏の鶏肉が柔くてジューシーで、

ピリ辛のスパイスもすごく美味しかった〜。

サツマイモのグリルと付けわせのサラダも美味 ♪


お待ちかねのデザートは、

ハロウィーンの遊び心いっぱい。

キュートで可愛い 🎃

IMG_5496

IMG_5517

可愛いすぎる河童(かっぱ)が

妖怪の仲間に含まれているのも、

日本っぽい 🎶

IMG_5508


「P」のシールが付いたのが、

ピエール・エルメのデザートです。

IMG_5510

秋味をいっぱい詰め込んだ、

美味しいデザートの途中で満足度もピークに達し、

お腹がいっぱいになりましたが、

やはりこのご時世のため

お持ち帰りはできないとのことで、 

頑張って完食しました。


午後1時の予約でしたが、

その後は空いてきたので、

時間を急かされることもなく、

結局3時間半近くいました。


最初は食べきれないかも!?

と感じたデザートも、

最終的には、

何度もお茶の種類を変えながら、

良い感じで全部いただけた〜(笑)


楽しかった、美味しかった 🎶

テラス席も素敵で、

スタッフのサービスもよかった。

 
友人は随分と長い間、

外食をしていなかったそうです。 

積もる話をしながら、

ニュースで見聞きしていたよりも、

夏の間の東京のコロナの状況が、

どんなに大変だったかを知りました。


やはり、実際に話を聞いてみないと、

外国で目にする、耳にする、

日本のニュースだけでは知り得なかったことも、

たくさんあったのだと痛感させられました。


そんな状況にありながら、

忙しいスケジュールの中、

私のために時間を割いて、


「お食事に行きましょう」と誘ってくれた友人。

久しぶりの外食にチャレンジすることは、

勇気のいる行動だったのかもしれない。

友人に、感謝の気持ちでいっぱいです。


緊急事態宣言の解除された東京は、

何事にもなかったかのように、

開放的に見えるシーンも多々ありますが、

それはスイスでも同じ。


普段の生活を少しずつ取り戻しながらも、

これから先も、

しっかりと気を引き締めて、

残りの日本滞在を、

はめを外しすぎない程度に満喫したいと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

お城の中で、アフタヌーンティー ♪(2019年スコットランド旅行-3)


BlogPaint

エジンバラの原宿キッチン ♪(2019年スコットランド旅行-2)

からの続きです。


エジンバラ城の中にある、

とても素敵なティールームで、

一人アフタヌーンティーを楽しみました。


(エジンバラ城内の見学につきましては、

後日またあらためて記事に綴ります。)

BlogPaint


こちらがお茶をいただいた建物、

Queen Anne Building にあるティールーム

「The Tea Rooms」

BlogPaint

BlogPaint

長い歴史を感じさせる壁、

天窓から差し込む温かい光、

スコットランドにやってきた気分に浸りながら、

のんびりとティータイムを楽しむのに最高の場所でした。

BlogPaint

BlogPaint

そういつもできる体験ではないので、

この日はちょっと奮発をして、

プロセッコ付 アフタヌーンティーセットをいただきました。

BlogPaint

数年前にロンドンで、観光客でいっぱいの、

超有名なお店で体験したのと比べると、

(その時は、おそらく作り置きのサンドウィッチ)

こちらのは、

フィンガーサンドウィッチも作りたてのフレッシュで、

とても美味しかった〜。

キャロットケーキも甘さ控えめで美味 ♪


夫 Banana は別の街で、友人達とゴルフのプレー中。


お気に入りのアールグレーティーをいただきながら、

こういうのって、

やっぱり英国で味わえる独特の魅力だなぁと感じつつ、

とても優雅な気落ちになった、

おひとりさまアフタヌーンティーでした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

次回のメールマガジン【Vol.26】は 7月09日(火曜日) 配信です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、
「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ 

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分の全てが配信されます。

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ロンドン、伝統のティーサロンでアフタヌーンティー ♪ (フォートナム&メイソン The Diamond Jubilee Tea Salon)


BlogPaint

BlogPaint

今回のロンドン一人旅では、

この町が生まれ故郷である夫 Banana と一緒に旅する時とは

ちょっと異なった楽しみ方をしています。


昨日は、いつもショッピングが目的で訪れる

フォートナム&メイソン(Fortnum & Mason)

に立ち寄りました。


実は私は紅茶よりはむしろコーヒー党なのですが、

Banana へのお土産の紅茶と、

時々自分も気分をリラックスしたい時に楽しむ

ハーブティーを購入し、

その後はいつものように1階からひとフロアーずつ階段を登り、

普段、スイスでは見かける事のない、

美しく洗練された商品の数々を眺めながら目の保養。


そしてこの日の大きな目的の一つ、

「The Diamond Jubilee Tea Salon」にて、

独りアフタヌーンティーを楽しみました。

BlogPaint

「The Diamond Jubilee Tea Salon」は観光客のみならず、

ポッシュな地元の人々もお茶をしに訪れる、伝統あるティーサロンです。


いつも混み合っているお店なので、もちろん予約は必須!

インターネットの予約サイトから事前に予約をしていたのですが、

その後はお店から直接確認の連絡

(こちらから返事 e-mail か電話をしなければならない)

を経てリコンファームを済ませ、

ようやく無事に予約が確約となります。

午後のお茶をするだけなのに、エラい苦労(苦笑)

BlogPaint

予約をした14:30の少し前に到着し、

しばらく入り口のイスで腰掛けて待たされたあと、

ほぼ定刻に店内に通されました。

BlogPaint

一人だったし、その場で戸惑いたくなかったので、

メニューは事前に公式サイトよりチェック済み。


最初はクラシックなアフタヌーンティー

「Fortnum's Afternoon Tea​」

にしようかと考えていたのですが、

今回は当日の気分で、さほど甘いものの気分でもなかったので、

「Fortnum's Savoury Afternoon Tea​」にしてみました。

BlogPaint

それぞれの違いは、スコーンの種類が異なり、

( Savoury の方はチェダーチーズと蟹でした。

お値段はクラシックより2ポンド高い)


フィンガーフードも甘いプチフルールではなく、

シャンパンにも合いそうなカナッペやおつまみっぽいもの、

サンドウィッチは同じです。


クラシックスタイルの場合、

一番上に乗っているプチフルールを、

甘い/甘くないを自分で選ぶのだそうです。


上記を含む全メニューは ↓ こちらから

The Diamond Jubilee Tea Salon


「Fortnum's Savoury Afternoon Tea​」の一段目

BlogPaint


二段目

BlogPaint


三段目

BlogPaint

ちなみにお腹のスペースが許せば、

好みのものをおかわりも可能との事。

自分はひとりだと1回で十分でしたので、追加は無し。


周りに座っていた中国人らしき観光客の方々は、

あえておかわりをして、全部はその場ではたいらげず、

お土産用にお持ち帰りをお願いしていました。


ケーキはデザートワゴン(4〜5種類)から、

好みのものを切り分けていただけます。

こちらももちろん、お変わりは可能 ♪

BlogPaint

The Diamond Jubilee Tea Salonでの

アフタヌーンティーのお値段はやはり、かなり高めです。

全体的な印象としては、

クオリティもサービスも特によいとは思いませんでした。

(しかし、料金にはサービス料が自動的に加算されていた)


以前にBananaと共にお茶をした、同じお店の別の階にある、

「The Parlour」の方が、

途中で紅茶にお湯を注ぎ足してくれたり、

温かいスコーンをいただけたりと、

正直なところ、そちらの方が美味しかった!


The Diamond Jubilee Tea Salonは、

一度体験してみたいと思っていたので、

今回は願いも叶い、これで満足ではありましたが、

実際にアフタヌーンティーを楽しむという点では、

このお値段を出せば、

もっと他に美味しくて、サービスも良好なお店や、

ホテルのティーサロンはあると思います。


地元のロンドンっ子である Banana と一緒でないロンドンの旅は、

いろいろと考えさせられるところもあったり、

新しい発見もあったりと、なかなか興味深い一人旅です。


ブログランキングに参加しています。
「スイスの街角からを」応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。大変お手数ですが、"1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。
(いずれも別窓で開きます)



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ