BlogPaint

気がつけば、もう12月。

あっという間に、

今年も残すところ1ヶ月を切りました。

この1年はローラとジミーの結婚式という

最大のイベントがあった事もあり、

本当に瞬く間に過ぎてしまったような気がしています。


さて、現在スイスに戻っておりますが、

自分用の記録も兼ね、

もう一度ロンドンの旅を振り返ります。

話題は今後リピートする時のためにも

しっかりと記録しておかねばならない、

「食」について ♪


ロンドン滞在中、

昨年オープンしたお蕎麦屋さん、

「円 (Yen)」ロンドン店に行って来ました。

Yen London

本格的な手打ち蕎麦がいただけるお店です!

BlogPaint

Yen はパリに本店があり、

ロンドンはその2号店として2017年の秋に開店し、

先日ちょうど、

1周年を迎えられたばかりとの事です。


"お蕎麦屋さん" と書いてしまうと、

お店の中でお客さんがお蕎麦をすすっている

ようにイメージしてしまうかもしれませんが、

こちらは一品料理やお寿司、天ぷらもいただける、

ロンドンならではの洗練された雰囲気のお店で、

トレンディな "お蕎麦 & 日本料理店" といった印象です。


店内はオープンキッチンになっており、

お寿司のカウンターもあります。

BlogPaint

お蕎麦は修行を積んだ職人さんが、

レストラン内に設置しているガラス張りの「延し場」で、

毎日手打ちをされているとの事。


飲み物のメニューには、

日本酒の種類も揃っていて、

季節限定のお酒もいただく事ができました。


海外でひやおろしをいただけるなんて、感激〜。

BlogPaint

BlogPaint

お料理はお蕎麦をいただく前に一品料理をいくつか注文し、

夫 Banana とシェアしていただきました。


この日のオススメから数品、

● お刺身の4種盛り合わせ

BlogPaint


● 水菜とお刺身のサラダ

BlogPaint

水菜が手に入るなんて〜〜 と、

別のトコロにも感激!

スイスでも、マルクト(屋外マーケット)で

水菜を見かけたという人はいましたが、

自分ではまだ目にした事はなく・・。

ロンドン、やっぱり羨ましい〜!!


最初の二品が出てきたところで気づいたのは、

こちらのお店のお料理は、一皿の量が少なめ。

シェアしていただくスタイルではなく、

一人で一皿をいただく西洋式のスタイルのようです。


まあ、確かにここは英国で、

日本ではないのですから、

そのコンセプトは理解できます。

お味はどれも最高ですが、

それぞれのお料理のお値段は、少々お高めです。


●ポルチーニ茸の天ぷら

BlogPaint


●カレイの揚げ出し

BlogPaint


2杯目のお酒は、

先日、友人のお宅でも味わわせていただき、

美味しいと話題になった、天狗舞の山廃仕込み。

BlogPaint

BlogPaint


通常のメニューより、

●飛騨牛の炭焼き

BlogPaint

最後にお蕎麦は、

盛りそばと天ぷらせいろを

それぞれで一品ずつ注文し、

天ぷらを真ん中に置いて、

天ぷらの部分だけ二人でシェアしていただきました。

天ぷらはボリュームがあったので、

しめにいただくには、

一人分を二人で分け合って大正解!

ちょうど良い量で、美味しくいただきました。


最後は、そば湯までいただきました。

嬉しいサービスです。

BlogPaint

先日の記事でも綴った、

「銀座おのでら ロンドン」で味わったお料理と共に、

日本にいるような美味しいお料理を味わえて、

連日でシアワセな夜。


2軒の日本食レストランを訪れ、

夫 Banana 、

「チューリッヒにも、こんなお店が欲し〜い!!」

と呟いておりました(笑)

もちろん私も同じ!


またロンドンを訪れる際には、

お邪魔させていただきます。


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆