スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

お菓子

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


日本のものが恋しくなると・・。


IMG_2095

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

すっかり雪が解けたと思ったのも束の間、

火曜日の朝、起きてみると、

外は久しぶりの雪景色でした。

IMG_2084

天気予報も当たり、徐々に寒くなっています。

一昨日、ドイツ在住の友人のSNSに、

銀世界の雪の画像とともに、

「体感温度は氷点下(マイナス)20℃」と

投稿されているのを目にし、

ひぇ〜っと驚いたのですが、

北欧から流れてきた寒波は、

遂にスイスにも到達したようです。


チューリッヒ州のお天気、

今週は、日中でも気温が氷点下(マイナス)5℃、

夜間は氷点下(マイナス)12℃まで下がる日もあります。

スクリーンショット 2021-02-09 21.48.32

コロナの予防はもちろんのこと、

普通に風邪を引かないよう、気をつけねばなりません。


こんな日には、貴重な日本のものを味わいながら、

ちょっとほっこりするのが小さな楽しみです。


昨秋、日本へ一時帰国してから、

早3ヶ月近くが経過しました。

秋に日本から仕入れてきた食品や調味料には

まだ余裕はあるものの、

日本国内のお取り寄せのお菓子類など、

ちょっとした贅沢品は消えつつあります。


なるべく賞味期限の長いものを選んでスイスに持ち帰り、

賞味期限の短いものは、

日本滞在中に味わってくるように

工夫しているつもりです。


あられやおかきなど、米菓と呼ばれるものは、

2ヶ月くらいか長くてても3ヶ月が

表示されている正味期限の限界。


前回お取り寄せで購入し、

持ち帰ったお菓子類の中には、

賞味期限が2ヶ月近くかそれ以上あるものもあり、

大切に味わっていました。

日持ちのする鎌倉紅谷さんのサブレも遂に完食〜。

IMG_1685

とはいえ、

実は、甘いものに限っては、

工夫して、海外にいても長く、

日本のお菓子を美味しくいただいています。


きっと販売元のお菓子屋さんは

賛成できないでしょうが、

自己判断で冷凍できるものは冷凍して保存中です。


お取り寄せで購入した京都の銘菓 "茶の菓" も、

商品到着後、2週間ほどしか

賞味期限が設けられていなかったため、

スイスに帰国後、

一箱は夫婦で一緒にそのまま楽しみました。

もう一箱はすぐに冷凍庫に入れてそのまま保存し、

昨日、遂に開けました。

IMG_2089

お気に入りの京都の和菓子屋さんの

どら焼きも、期限はとっくに切れてはいますが、

こちらも日本から持ち帰った後、

すぐに箱から出して、

保存袋に移しかえて冷凍し、

自然解凍で美味しくいただいています。

IMG_1276

今回は、鎌倉紅谷さんの

クルミッ子も冷凍してみました。


友人がいつも持たせてくれる、

彼女のお母様愛用品の高級お海苔も、

我が家では冷凍庫で保存中。

いつまでもパリパリしていて美味しい!


今年の春で、

スイスでの海外生活18年目に突入します。

スイスに来た当初、最初に住んだバーゼルで、

主婦仲間の日本人のマダムたちに

最初に教えられたことは、

"ほとんどのものは、冷凍できる" こと。


お茶っ葉も冷凍庫で保存すると、

長持ちすることを知りました。

現在は、お味噌も冷凍庫で保存しています。


バーゼルに住んでいた当時は、

日本人の先生の下で、

裏千家の茶道を習わせていただいており、

お菓子はいつも、

生徒さん達が日本に一時帰国した際に

仕入れてきてくださる日本の和菓子を

いただいていました。

その頃、スイスで手に入れることができた、

限られた日本食材を思い出してみると、

とても贅沢なことだったと思います。


それ以来、私もお饅頭は余分に持ち帰り、

冷凍しています!

日本のものが恋しくなると、

これらを自然解凍して、

賞味期限切れはあくまでも自己責任なので、

一人で楽しむ。


最中はどうしても皮がパリッとはいかず、

少ししっとりとしてしまい、

中にお餅が入っている場合は、

ちょっとだけべちゃっとしてしまいますが、

それなりに美味しくいただけます。

どら焼きはほぼ完璧な状態に戻り、満足 ♪


栗饅頭と月餅も冷凍中ですが、

こちらは初のトライです。多分大丈夫でしょう。


私の日本の実家は、

スイスに来た後に両親が相次いで他界し、

子供の頃に、既に姉と弟も亡くしているため、

日本から支援物資を送ってくれる家族は、

残念ながら日本にはもういません。


友人の中には、

いつでも送るよ〜。

と温かな声をかけてくれるお友達もいますが、

世界中がこんな時期に、

みんな大変なのに、

甘えさせていただくわけにはいかない。


なので、自分の欲しいものは自分で。

日本に帰国できない時には、

転送業者なども利用しつつ、

自身でなんとかするしかないと考えています。


スイスで海外生活を始めて以来、

少しだけ正味期限切れの食品類は、

最初に目で見て、

次はにおいを嗅いで、

最後にちょっとだけ味見して・・。

それで大丈夫であれば、Goです。

賞味期限はよほどでない限り、

あまり気にしなくなりました。(笑)


お菓子以外、お料理に使用できる、

鯖味噌煮缶もお気に入り。

常温で長期保存できる乾物類、

乾燥野菜、ごぼう、れんこん、どんこ椎茸、

海のものは、乾燥ひじき、めかぶ

なども、

日本食大好きな英国人夫のいる、

我が家の強い味方なので、必需品です。


こんなすごいものもありました。

日本の技術は本当に素晴らしい。

IMG_2097

すっかり存在を忘れてしまい、

賞味期限は昨年12月(既に切れていた)だったので、

これらは数日以内に消費することにします。


春に一時帰国できれば、

またいっぱい食材を仕入れて来られるのだけど・・。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  

スイス カーニバルの素朴なお菓子


IMG_1002

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

例年ならば2月の訪れは、

スイスの春の訪れを祝うカーニバル、

ファスナハト(Fasnacht) が各地で開催される季節です。




1d6a2262e-s

21465d42c-s

昨年の今頃から、

スイスでもコロの拡大が急激に加速し、

2020年の各地のファスナハトはキャンセルされました。


今年も通常通りのカーニバルは行われません。

スイス最大のバーゼルのファスナハトは、

2月22日から24日まで、

パレード、コンサートなどは無しで、

規模を大きく縮小して部分的に行われることが

バーゼルの公式観光サイトで発表されていますが、

直前で内容が更に変更されるか、

現在のコロナの状況が続けば、

開催が実現できるかどうかも危ういのかもしれません。


チューリッヒ地区は、

既に今年のファスナハトは中止の発表がされています。


昨年のちょうど今頃から、

イベントや季節の行事も全てキャンセル続きで、

早1年が経過。

スイスでも、先の見えない状況が続いています。


そんな寂しい冬の日ですが、

チューリッヒ州の町のスーパーにも、

この季節に登場する、

いつものファスナハトのお菓子が並んでいます。

IMG_0997


こちらは、昨年購入したバージョン。

IMG_7631

約200円で購入できる、

ファスナハトを楽しむカジュアルな焼き菓子です。


中を開けると薄く焼かれた、

素朴な甘さのシュガーの優しい香りが漂います。

IMG_7833

なぜ、このお菓子がファスナハトにちなんだ

特別なお菓子なのかと言うと、

うすーく焼かれているため、

軽くちぎると、

その破片がハラハラハラ・・ と舞い落ちるさまが、

ファスナハトのお祭りで撒き散らす、

紙吹雪のようだからだそうです。


例年ならば、

ファスナハトが近づくと、

お菓子と一緒に並ぶ紙吹雪の山。

IMG_7442

流石に今年はこれは目にしていませんが、

ファスナハトが開催されなくても、

お菓子は人々が家でも楽しめるものとして、

今年も街に出回っています。


スーパでお菓子がいつものように並んでいるのを見て、

私は何だか切なくなってしまい、

今年は購入しませんでした。

我が家では、

家の中には中年夫婦二人しかいませんしね(苦笑)


小さなお子様のいるご家庭ならば、

おうちの中だけでも、

ファスナハトの気分だけでも味わえるかな?

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村
  

お祭りのケーキ ♪

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

IMG_2992

昨日の記事でもお伝え致しました

2018年のチューリッヒの春祭り、

セクセロイテン(Sechseläuten)は、

残念ながら天気予報が当たり、雨の月曜日です。


午後からはパレードが始まり、

クライマックスの夕方、

Böögg(ベーグ)の発火までは

大勢の人々で賑わう予定のチューリッヒ市内ですが、

今年は青空の春祭りとはいかないようです。

と、いう事で、

私も今年は町には出ず、自宅で過ごしています。


午後4時からはテレビ中継もされるので、

今年はおとなしく自宅で、

ベーグの占いの結果を見届けようと思っています。


雨が降っても、お祭りはお祭り!

チューリッヒの老舗のお菓子屋さん、

" Confiserie Sprüngli"

では、

セクセロイテンの可愛いケーキが出ています ♪

IMG_2993 (1)

BlogPaint

本物の雪だるま【Böögg(ベーグ)】より、

こっちのケーキの方がカワイイなぁ・・(笑)


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ