スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

お土産

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


スイスから日本へ持ち帰ったもの(1)


IMG_5267

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。
 
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

秋の日本一時帰国、

現在は入国後14日間の自宅待機中です。

本日で12日目。

今日も入れてあと3日で、

ようやく厚生労働省の管理下から開放され、

自由に外出ができます。

電車にも乗ることができます。


さて、今回、

スイスから日本へ持ち帰ったもの。

リンツ(Lindt)の限定チョコと、

インターラーケンの Heimatwerk 

(Heimatwerk = スイス各地にあるスイスの郷土品を扱うお店)

で購入した木彫りの牛のマグネット。


チョコレートの方は、

2020年にリンツ創立175周年の記念に

限定缶として発売されたそうですが、

こちらは昨年、

日本国内でも販売されていたようです。



私が購入したのは最近のスイスで、

賞味期限もまだ先なので、

継続し、しばらくの間は販売しているのかも。


スイスを象徴する花、

「エーデルワイス」と、

「アルペンローズ」が共に描かれ、

この缶がとても気に入って、

スイスの自宅用にも購入しました。


中身はアソートのチョコが入っていますが、

すぐになくなってしまったので、

その後はスーパーで同じものの

袋(パック)入りを購入し、

中身だけ補充しています。

IMG_5271

マグネットは、

ハンドメイドの素朴な感じも素敵で、

その可愛らしさに惹かれて購入しました。

IMG_5265

そして、実は以前から、

旅先などで可愛いマグネットが

売られているのを目にして、

家のどこかに付けてみたかったのです!


マグネットといえば、

冷蔵庫にペタペタ貼るイメージもあるのですが、

スイスの自宅の冷蔵庫はビルトインで、

家具調の木目の中に入っているので

マグネットがくっつきません。


以前からマグネットを

どなたかにいただいたりした際、

どこに付けようか?

と、キッチン周りのみならず、家中探すも、

残念ながらスイスの自宅には、

くっつきそうな場所が一つもナシ。


で、マグネットそのものを

何年も自分で購入したことが無かったのですが、

このスイスの牛ちゃん達は、

あまりにキュートだったので即買い。

くっつける場所を探すのは、後回し。


「どこにくっつけるの?」


と問う夫 Banana に、


「もっちろん、東京のマンションの冷蔵庫によ〜。」


と答えた私。


楽しみに持ち帰ってきましたが、

日本の冷蔵庫も最近のは

表面のコーティングが変わっていて、

我が家のは残念ながら、

くっつかない素材でした。


で、なんとか見つけた場所が、

冷蔵庫の側部。

ここには、強力にピタッとくっつきました。


早速、マンション内の点検のご案内を

くっつけてみる。

なかなかよい感じ 🎶

IMG_5263

実は今回は、

更にも色々とスイスから

持ち帰ってきたものがあります。

なんといっても、

日本に帰国する際には、

スーツケース1個分は空っぽ状態ですので。(笑)


スイスから持ち帰ったものシリーズ、

不定期で続きます。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

可愛い仲間たち ♪


IMG_4928

「スイスの街角から」インスタグラムは 
こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

 
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

本日の画像は、

今年の夏、我が家に仲間入りした

スイスの可愛い仲間たちです。


スイスのおみやげ屋さんに行くと、

木彫りの工芸品をよく目にします。

これらは熟練の職人さんが手がけた

スイスメイドです。

お値段は決してお安くはありませんが、

とても素朴で温かみがあって、

スイスらしくて可愛いので、

私も少しずつコレクションしています。


よく見かける大きめの牛は、

色とりどりいくつか揃えていたのですが、

今年は小型の牛と、

山羊もとても可愛かったので、

一目惚れして手に入れました。


今まで持っていた牛は、

全部正面を向いていましたが、

今回の一頭は、草をはんでいる感じで、

これまたカワイイ〜。


先日旅したスイス、

ベルナーオーバーラント地方のブリエンツは、

伝統的な木彫り工芸で知られる町です。

同じくインターラーケンのお土産屋さんにも、

可愛い木彫りの動物たちが並んでいました。


下の画像はその一部、

あるお店のショーウィンドウです。


一つ一つが丁寧に手作りされている木彫りの作品は、

決してお安いものではないため、

大人買いはできませんが、

これから先も、

少しずつ仲間を増やしてゆこうと思っています。


次回欲しいのは、

今回は予算面で諦めた、

アルプスの少女ハイジに出てくる

ユキちゃんのようなヤギと、

ヨーゼフのようなセントバーナード犬です ♪

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村 

(続)海外から日本へ持ち帰った、私の必需品


IMG_1139

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

前回の記事からの続き、

スイスから日本へ持ち帰った私の生活必需品、

今回は「海外から」にタイトルを変えて、【続編】です。 



やはりキッチン周りのものなのですが、

こちらも昨年末から今年の年始にかけての帰省で、

『ああ、スイスから持ち帰るべきだった〜』

と感じたのが、

「ティータオル」と、「包丁(小型ナイフ)」。
 

ティータオルはスイスに住み始めた16年前に

初めて使用してみたのですが、

食洗機でお皿を洗う事が中心のスイスでの生活で、

手洗いしたグラスや、

食洗機にかけたくないお皿などを洗った際、

水を切るのに、

今ではこれが無くては〜という存在です。


ティータオルはもともと英国のものですが、

スイスのご家庭でも愛用されています。

グラスにも拭いた跡がつかないのがGoodだし、

それに、

見た目が素敵なデザインのものも、

たくさんあります。


洗濯をした跡、すぐに乾くのも魅力。

手を拭く用と、

グラスや陶器を拭くように分けて

スイスの自宅キッチンで、私も愛用しています。

IMG_1136

画像はロンドンを訪れた際に購入したのですが、

お値段は少々張るものの、英国製の品質は抜群!

ちなみに、Cath Kidston の方は中国製でした。

水切れが今ひとつのような気が・・。

Liberty London の方は、

文句の言いよう無し
の品。


スイスにもピンキリで売られていますが、

スーパーなどで売られている安価のものは、

スイス製ではないものがほとんどです。

まあ、これは英国と同様で、

品質もお値段に比例している感じ。

あくまでも一主婦としての、

"個人的感想" なのですが。


従って、

私がスイスから日本の友人へのお土産として


持参する際は、

ロンドンの誰もが知っている老舗のお店で

英国製を購入するか、

同じく少しお値段は張りますが、

スイスでは、

Schweizer Heimatwerk

などのクオリティの高い

お土産を購入できるお店で、

Made in Switzerland と書かれた

スイス製を購入しています。

お値段の分、生地もしっかりしているし、

絵柄もスイスらしい、

とてもカワイイものが見つかります。

 
それと、もう一つは、

スイスアーミーナイフで有名な、

ビクトリノックスの小型ナイフ。

日本に住んでいた頃は結構大きな包丁を使用して

料理をしていましたが、

こちらも15年以上使用するうちに、

すっかり小型に慣れてしまいました。

魚を切る際は、

京都の名店で購入した、

こだわりの刺身包丁を使用しますが、


普段のお料理は、

全てこの小型ナイフを使用しています。

IMG_1189

上の画像、右上は、

日本で購入した日本製の小型ナイフ。

購入したお店の方いわく、

キャンプなどの際、活躍するナイフだそうです。

こちらはもちろん切れ味上々で

とても使用し易いのですが、


10年以上の慣れとは恐ろしいものです。

やはり、使い慣れた、

もっと小型なナイフで料理したいなぁ


と感じてしまいました(苦笑)


素材ごとにじゃんじゃん分けて、

綺麗なものをその都度使用するため、

何本も必要(あくまでも私の場合)

私は、刃がギザギザのビクトリノックスが好み。

使用した後は食洗機で洗えます。



ついでにこちらも持参。

IMG_1191

こういう可愛いスイスちっくなデザインのものは、

毎年、健康記念日が近づくと、

スーパーの特設コーナーに並びます。


意外にも毎年デザインが微妙に変わるため、

去年と全く同じものというのがなかなか見つからず、

数年前に購入した、

食品などの袋を開けた際に留める
クリップが可愛くて、

もう一度同じものを購入したいと思っているのですが、

その後は毎年絵柄が異なっていて、

これと完全に同じものは見つかりません。

もしもいつか見つけられたら、

迷わずまとめ買いしておこうと思っています!


これで日本の自宅のキッチン周りも、

ほぼ不自由なく、

自分の使い慣れているキッチンツールが揃いました。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村    

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪





スイスの街角から - にほんブログ村 


記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ