スイスの街角から

スイス在住20年目。 チューリッヒ湖のほとりに、イギリス人の夫と住んでいます。 カルチャーショックでいっぱい!実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

スペイン マヨルカ島 2023年 夏

スイスの365日の生活について綴ったエッセイ、「スイスの素朴なのに優雅な暮らし365日」が、自由国民社より2024年3月に発売されました。紙書籍とあわせまして、電子書籍も発売中です。


アートなマヨルカ島の旧市街 🇪🇸


IMG_7026

しつこい咳が続いている以外は、

ほぼ回復しました。

睡眠による人間の回復力を、

あらためて実感しています。  


一時帰国の際に

カロナールが手に入らなかったので、

一般的な日本の風邪薬を

購入してきました。

それを服用して、

初期にやってきた喉の痛みは治まりました。


日本の友人からの

お見舞いメッセージに、

熱が高く出る人が多いようだと書かれ、

心配をしていただきましたが、

風邪薬を早期で服用したこともあってか、

高熱は出ずに微熱だけで済みました。


それがよかったのかどうかは

分かりませんが、

本人的には食欲も落ちることはなく

助かりました。


夫 Banana は、

薬は一切服用しませんでしたが、

彼も微熱だけで、

食欲も落ちずに回復中です。  


これで本当に、

この先数ヶ月の間はもう、

再び罹患しないのかどうか?

定かではありませんが、

秋〜冬も旅は続くので、

少しだけ安堵できたのかな〜?


と言いつつも、

インフルエンザも流行していますから、

油断はできませんね。  


さて、

体調もだいぶんよくなってきたので、

忘れてしまわないうちに、

マヨルカ島の旅の記事の続きです。  


マヨルカ島の

パルマの旧市街を街歩きしました。


流石はスペインの町〜。

町の至る場所に、

アートな作品やモニュメントが飾られています。

町は開放的で、

ショッピングエリアも充実しています。

お土産屋さんには、

子供用サイズの

フラメンコの衣装が売られているところも

スペインらしい気が…。


芸術家のジョアン・ミロは、

1956 年から、

奥さまの生まれ故郷でもあったこの島に滞在し、

1983 年に亡くなるまで、

マヨルカ島で、

豊富な創作活動を展開したそうです。

IMG_6838

旧市街には、

あちらこちらに

お洒落なアートギャラリーが

いっぱいあります。


細い路地と出窓が並ぶ街並みは、

どこかチューリッヒにも

似ていると感じました。

郵便ポストもスイスと同じ、黄色です。


とても素敵なアートギャラリー小路に

迷い込みました。

通りを1本入ると、

とても静かな住宅街で、

とても洒落た雰囲気のアートギャラリーや、

アトリエが並んでいました。  

IMG_7009


郊外の公園には、

遠くからでも目立つ、

なんとも興味深いアートが君臨。

気温は 33 ℃と高めでしたが、

お天気もよくて、散策日和の 1 日でした。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 

ヨットハーバーにある人気のレストラン 🇪🇸


IMG_7104

マヨルカ島に滞在中、

プエルト・ポータルスにある

美しいヨットハーバーに面したレストラン

Flanigan (フラニガン)  を訪れました。

 


旅行者のみならず、

地元の人々にも大人気のお店では、

地中海でとれたての魚介や

新鮮な野菜、お肉など、

地元でとれた美味しい食材を使用して

お料理を提供しています。  

IMG_7113

豪華なヨットや

超高級クルーザーが停泊するベイサイドには、

洒落たレストランがたち並び、

ショッピングモールもできていて、

ファミリーやカップルなどで賑わい、

マヨルカ島の新開発地区

といったところのようです。


島の情緒がいっぱい溢れたお店の雰囲気は、

スペインらしさが素敵でとてもよい感じ。

IMG_7105

お料理は、

ロブスターのパエリアが最高〜!

IMG_7129

IMG_7117

地元でとれた甘ーいトマトのサラダや、

マヨルカ島の郷土料理の

イカ墨のコロッケ(クロケット)も絶品。  


最初の料理の注文の際にオーダーが必要な、

このお店名物のアップルパイも、

できたてで素朴な味わいが、

最高の美味しさでした。

フレンドリーなサービスも素晴らしくて、

次の機会にも、

是非また訪れたいお店です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 

パルマ大聖堂 🇪🇸(Catedral de Mallorca)


IMG_6858

マヨルカ島は西地中海に浮かぶ島で、

バレアレス諸島の一部にあります。

休暇で滞在中、

州都 パルマ (パルマ・デ・マヨルカ)

の中心にある

ローマ・カトリックの

ゴシック様式の大聖堂

「パルマ大聖堂」

(Catedral de Mallorca)

を訪れました。


ここはマヨルカ島の観光では

外せないスポットの一つです。


外観に圧倒されながら中に入ると、

ステンドグラスで作られた円形の美しい窓

「バラ窓」が目をひきました。

バラ窓は、

ロマネスク様式や、

ゴシック様式の教会などでみられるそうです。

IMG_6881

この窓からさす光のハーモニーが、

大聖堂の内部を一層幻想的に、

芸術的にしているようにみえました。  

中央祭壇にある鉄製の天蓋飾りは、

ガウディが手がけたそうです。  


朝一番となる午前 10 時のチケットを

予約して出かけたので、

先頭で聖堂内に入れて、

まだ混み合う前に

ゆっくりと見学が出来ました。  


屋上へも入場できる

セットのチケット (大人 20ユーロ)

を購入して、

屋上テラスも見学。


薄暗くて、

人がひとりようやく通れる、

狭くて、じめっとした

長ーい階段を登って、テラスへ。

IMG_6924

屋上からはパルマの街並みを一望。

趣のある古い建物や、

ヨットハーバーなども眺められて、

美しかったです。

IMG_6921

屋上のテラスまで登れるのは、

10月くらいまでだそうです。

途中でちょっとキツくなった

薄暗い階段も、

上まで辿りつけば、

達成感を味わえました。


マヨルカ島の観光で、

訪れてみて良かったと

感じられた場所でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 

長距離路線の飛行機で欧州内の旅🇨🇭Fly on SWISS


IMG_7809

1週間のマヨルカ島での休暇を終えて、

スイスに戻ってきました。  

スイスへの戻りの SWISS 便は、

通常、長距離路線向けに運行されている

「エアバスA340-300」の飛行機でした。

IMG_7836

この飛行機はかつて、

スイス-日本を結ぶ航空機としても

利用されていました。  


チューリッヒー東京 の区間を、

私も何度も往復した、

馴染みのある飛行機です。

現在はチューリッヒー東京 の往復区間は、

新機材へと変わり、運行されています。


  「エアバスA340-300」は、

2020年に就航された

チューリッヒー関西の往復便に

使用されることになっていましたが、

就航後まもなく、

世界的なパンデミックが広まり、

チューリッヒー関西の直行便は

運行開始直後から運休となり、

現在もまだ同じ状態です。  


航空会社の様々な事情もあり、

機体をずっと眠らせておくわけにもいかず、

近距離路線でも活躍しているようです。  

IMG_7812

実は以前にも一度、

ロンドンからチューリッヒへ飛んだ際も、

この機種の飛行機だったことがありました。


普段は長距離用として

使用されている機体なので、

シートと周りの機能も充実。

2時間ほどの短いフライトが

とても快適に感じられます。


マヨルカ島からの便では、

フルフラットに座席を倒して、

いびきをかきながら

熟睡していた男性もいました〜。


今回はマヨルカ島への行きの飛行機は、

普段 SWISS が欧州内に使用している

近距離用の機材でした。

帰りは、

座席変更のお知らせが航空会社から入り、

事前にシートマップを見て、

またあの飛行機だと分かりました。  


マヨルカ島は9月もまだ

ホリデーシーズンが続いているので、

乗客数が多い日には、

この機材になることもあるのかも。

ただし、

直前に機材変更で決まることが多いようなので、

この機材に当たればラッキー ♪


搭乗した飛行機は、

まずは南アフリカのヨハネスブルグから

チューリッヒへ飛んできました。

その後、

チューリッヒからマヨルカ島へ飛び、

折り返し便で午後、

またチューリッヒまで戻った

大忙しの飛行機でした。

IMG_7818

近距離路線では初めて、

「エアバスA340-300」に

搭乗した夫 Banana は、

なんだか東京に帰っているみたいだね〜と、

少しワクワクした様子。  

IMG_7821

この日は快晴で、

窓からはフレンチアルプスや氷河、

レマン湖まで、

美しく眺められました。  

それだけでも十分に満足〜♪


マヨルカ島での休暇の様子は、

引き続きもうしばらく続きます。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 

デッキチェアーバトル

IMG_7734

午前 7 時を過ぎた頃から、

ビーチリゾートでは、  


密かなバトルが始まります。  

プールサイド

 (または シーサイド など) での  

デッキチェアーの場所取り合戦です。


ちょっと大げさな表現ではありますが、

リゾートホテルに滞在すると、

このデッキチェアーで日光浴しながら

終日を過ごすゲストも多いので、

滞在中は毎朝早くから、

お気に入りの場所 (位置) の

デッキチェアーを確保するために

下まで降りて、

タオルや荷物を置いて

場所取りをするのが、

ビーチリゾートでのお馴染みの光景です。  

IMG_7511

で、英国人(イギリス人)の夫いわく、

いつも早起きして

場所取りの先頭を切るイメージなのが

ドイツ人。


イギリス人は、

休暇の時くらい、

朝はゆっくりしたい人が多いので、

出遅れてしまい、

下に降りた時には

デッキチェアーの空きが無いなんてことも…。  


そんな状況を風刺して、

イギリスではCMも作られていました。

何のCMだったのか思い出せないのですが、

数年前に放送されていました。


早起きをして、

デッキチェアーの確保に走る、

あえてドイツ人に見える風貌の人たち。

それを鼻で嘲笑うかのごとく、

若いイギリス人男性が

ホテル高層階のバルコニーから

バスタオルを投げて、

タオルは見事にデッキチェアーに落下。

のんびりと寝坊していた男性が

苦労せずにデッキチェアーを確保して

ニンマリとした笑顔…。

みたいな内容だったと記憶しています。  


もちろん、

現実でそんなことができるはずはありませんが、

ブラックユーモア溢れるCMだなぁ…

と思いながら見た記憶があります。  


私も日本に住んでいた頃、

毎年訪れていたハワイでは

早起きをして、

その戦いに参戦していました。(笑)  


それから20年以上経過した今となっては、

見晴らしよりも、

終日日陰にいられる場所を

好むようになりました。  

IMG_7605

たとえば今回宿泊した

マヨルカ島のホテルの

海が真正面に見える絶景ロケーションは、

太陽の動きに合わせて

チェアーを移動させてみても、

日中はカンカン照りで日陰にならないので、

我が家は絶景の場所はあえてパス。

木陰のデッキチェアーを確保して、

チェアーを移動させながら、

常に日陰にいられる場所を確保しました。  


海に面したデッキチェアーが並ぶ場所は、

ちょうど部屋のバルコニーから

見える位置で、

毎朝眺めていましたが、

朝日が昇る前の7時過ぎから、

既にタオルをかけて確保している様子が

うかがえました。


1〜2 週間の滞在中、

ずっと同じ場所を確保するゲストが多いですが、

一番人気は、

海に面したコーナーのデッキチェアーでした〜。

彼らもドイツ人だったのかな!?


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。 上記以外のメッセージは受けつておりません。現在、コメント欄は閉じさせていただいています。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ