スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

コロナ禍の中での日本一時帰国

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


日本から持ち帰ったもの(2022年6月)


IMG_0593

先週末に一時帰国から

スイスに戻って以来、

6月にしては信じられないくらい

暑い日が続いています。


今日あたりからは気温が下がり、

過ごしやすくなりそうですが、

週明けまで一部地域では、

34℃まで上がったそうです。


我が家の周りの湖畔の街は、

日中は32℃くらいが

ずっと続いていました。

IMG_0524

なんと言ってもエアコンなしが

一般家庭では

当たり前のスイスですから、

時差ボケ中の体に

追い討ちをかけるように

暑さがこたえています。


一番辛いのは料理の時。

手料理を心待ちにしてくれていた

夫 Banana は、

私がキッチンに立つと

機嫌がよいのですが、

私は全くの反対。


扇風機だけではもう、

暑くて、暑くて、

東京の自宅のエアコン

キンキンだった生活が、

夢の世界のようです。


昨日は汗ダラダラになりながら、

久しぶりの買い出しへ。

現在、夫 Banana はほぼ毎日

オフィス勤務に戻っているため、

ペーパードライバーの私は

車には頼れず、

久方ぶりのバスに乗って〜。


ああ、そうだ。

ここはスイス。

バスの中でマスクを着用していたのは、

私と80代くらいの高齢女性だけ。

スーパーの中では、

私ただひとりだけでした。


32℃の炎天下ですから、

屋外では私ももう、

マスクは着けていません。


つい先週までいた日本では

考えられないことかもしれませんが、

スイスのスーパーでは、

もう着用しなくてもよいかなぁとも

思い始めています。


スイスに戻って、

まだ日本人の友人に会っていませんが、

彼女たちは、

マスクはどうしているのかな??


さて、そんな生活の中、

今回の一時帰国では、

日本から涼しげなものを

持ち帰りました。


IMG_0598

IMG_0596

夏ならではのスタイルの、

日本の器(うつわ)達です。

【左のブルーだけ、トルコの器】


お気に入りの津軽びいどろを中心に、

お店をまわったり、

ネットで最近お気に入りの

器のお店で夏の器を購入しました。


日本滞在最後の数日で、

蕎麦猪口用のグラスと、

かなり重めの浅漬け用の

ガラスの器も手に入れました。

お店で持っていたみたところ、

ずしり〜っときましたが、

お店の方から説明を伺っていると、

欲しくなってしまい、即決。


以前、ブログに綴っていた

津軽びいどろのグラスも、

ネットでは売り切れでしたが、

近所の KEYUCA のお店に

数店残っていたものを見つけて

購入できたので、

スイスの自宅用にも、

持ち帰りました。



流石に手荷物では運べないので、

全部スーツケースに入れて・・。


ドキドキでしたが、

なんとかうまく梱包し、

隙間なく詰めたので、

一つも壊れることなく

全て無事スイスまで運べました。

977DC4C9-037A-41CA-ABE7-7E221CF623C1

色とりどりで美しい、

津軽びいどろの豆皿も、

使用するのが楽しみです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 

フランクフルト空港での乗り継ぎと、ルフトハンザの快適ラウンジ(2022年6月版)


IMG_0480

羽田空港を出発したANA203便は、

ほぼ定刻(05:29)に

フランクフルト空港へ到着。


次はルフトハンザに乗り換えて、

チューリッヒまで乗り継ぎです。


前回のブログ記事からの

続きです。



スイスとドイツの間は、

シェンゲン協定が締結されているため、

欧州(スイス)への入国審査は、

最初に到着した

フランクフルト空港です。

IMG_0454

飛行機を降機後、

まずは入国審査へと進みました。


前回(昨秋)、

この空港で乗り継ぎをして

スイスへ戻った際は、

乗り継ぎの時間が約2時間半。

慌てふためくほどでは

なかったものの、

入国審査と手荷物検査場が

混雑しており、

少し並んで待たねばならなかったため、

もう少し時間には

余裕があった方がよかったな

という印象でした。


その際のブログ記事はこちら 



今回ANAから提案された乗り継ぎ便は、

フランクフルトでの

乗り継ぎ時間が2時間。

2時間半ならばGOしたと思いますが、

前回の記憶が残っていたこともあり、

広いフランクフルト空港で、

2時間はどうかな?

との思いが・・。

念のためにもう一つ後の便に

変更をしていただきました。


結果、今回のフランクフルトは

入国審査も手荷物検査も空いていて、

ほぼ待ち時間はなし。

早朝5時半すぎにANAの機内を出て、

6時には既に、

入国審査と手荷物検査を

終えていました。


空港内の乗客のほとんどは、

もはやマスクは着けていません。


変更したフライトは午前9時40分発で、

待ち時間は約3時間。

7時過ぎの元のフライトでも、

余裕で乗り継げたとは思いましたが、

その便だと午前8時には

チューリッヒ空港に到着です。


空港まで迎えに来てくれる

夫 Banana にも、

土曜日の朝に

早すぎて申し訳ないかも

という気もしたので、

今回はこれでよかったと思っています。


フランクフルト空港では、

2018年12月ににニューアルされた、

ターミナル1Aの

シェンゲン乗り継ぎエリアにある

ルフトハンザのビジネスクラスラウンジ

「パノラマラウンジ」を利用しました。


広いラウンジの中から

空港を見渡せるビューが

素晴らしいことから、

この名称となったそうです。


後から調べて知ったのですが、

このラウンジはドイツの航空会社の

他のほとんどのラウンジよりも

設備が整っているそうで、

室内のインテリアにも

こだわりを感じました。


入り口を入ると右側には、

テーブル席が並び、

豊富なビュッフェを備えた

通常スタイルの

航空会社ラウンジになっています。


左側が、パノラマラウンジ。

このラウンジは、

一般家庭のリビングルームのような

いくつかの小さな部屋に分かれており、

ソファーやカウチが並ぶ

心地よい空間になっていました。


朝7時前のラウンジでは、


ほとんどの利用客は、

朝食ビュフェがお目当てで、

右側のスペースを使用中。

ANAの機内で

朝食を終えていた私は、


左側のリラックスエリアへ。

IMG_0458
rrFotoJet
IMG_0466

到着した時点では、

どの部屋も、

誰も使用しておらず空いていて、

どこに滞在するかは選びたい放題。


WIFIは無料で利用できるので、

PCを使用しながら

朝のコーヒーを楽しめそうな、

淡い色合いのインテリアの部屋の

テーブルを選びました。


ここにしました ♪

IMG_0469

IMG_0474

その後、

数組の利用客がこちら側にも到着し、

私がくつろいでいた部屋にも〜。


左側のエリアは、

飲み物や焼き菓子などの

サービスカウンターがあり。

IMG_0472

ラウンジ内の注意書きに、


"公なマスク着用ルールは

撤廃されていますが、

ラウンジ内ではなるべく

マスクを着用して下さい" 


とありました。

けれども案内に従っている人は

ほとんどおらず、

ラウンジ内でマスクを着けていたのは、

ラウンジの係の方々と、

私だけ〜。

ヨーロッパに到着したんだなぁと実感(苦笑)。


搭乗したLH1186便は

エコノミー、ビジネス共に満席。

土曜日の朝のフライトが

こんなに混み合っているとは

想像しておらず、

ちょっとビックリ。

IMG_0434

スケジュールでは、

フランクフルト - チューリッヒ は

55分となっていましたが、

離陸後、

実際に機内に搭乗していたのは30分。

あっという間にスイスです。


その短い飛行時間に、

飲み物やスナック(軽食)

のサービスが開始。

久しぶりに食べた、

素朴な感じのサンドウィッチも、

やけに美味しく感じられました。

sFotoJet

チューリッヒ空港到着後は、

フランクフルトで既に

入国審査は終えているので、

そのまま荷物の受け取りで、

バゲージクレームへ。


無事に預け荷物を引き取り、

日本で買い物をした分の税金は、

既に税関のアプリ(Quick Zoll)で

支払いを済ませていたので、

そのまま申請なしの緑色の出口へ。



出口には、

他の人達同様、

マスクを着けていない夫が

待っていました。


これからまた、

スイスでの日常がスタートです。

ブログと共にインスタグラムでも、

長い日本滞在記に

お付き合い下さった皆様、

ありがとうございました。


次回、秋までは、

一時帰国の予定はありませんので、

またスイスにじっくりと腰を落ち着け、

ここから先は、

日本滞在時の旅行記と

思い出話も交えつつ、

スイスの話題を中心に

お届けして参ります!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 

ANAでフランクフルトへ(日本-スイス ドイツを経由 2022年6月)


IMG_0322

土曜日の朝、

スイスの自宅へ戻りました。

今回は羽田空港からANAを利用、

NH213便 東京-フランクフルトの

夜便を利用しました。


前回からの続きです。

 

NH203便の定刻は20:55発でしたが、

この日は午後になってから、

ANAより連絡が入り、

出発時刻が約30分遅延とのこと。


理由は、

到着のフランクフルト空港に、

同時刻の着陸便が集中しており、

時間調整のためだそうです。


自宅への迎えのタクシーは、

羽田空港に2時間半前には

到着できる時刻で

予約していたこともあり、

元の時間のまま

ANAのカウンターで荷物のチェックイン。


時間の余裕もあって、

最後のお寿司を味わえた ♪


手荷物検査と出国検査を終え、

出発ロビーへと向かうと、

空港内は成田同様に

がらーんとしていて、

出国後のエリアにあるお店は

ほぼ全クローズでした。

IMG_0360


ひとまずANAのラウンジへ。

20時頃〜22時過ぎくらいまでの

出発便が複数あったこともあり、

ラウンジはコロナ以前同様に

混雑していました。

IMG_0363

ちょっと驚いたのが、

同時刻にANAのハワイ行き、

サンフランシスコ、

ロサンゼルス行きの便が

出発予定だったこともあってか、

ラウンジ利用客の半分くらいは、

外国の方々でした。


他のスターアライアンス加盟の

航空会社が欠航していたり、

運行していても、

ラウンジが開いていなかったりもあって、

ANAのラウンジに

乗客が集中していたのだと思います。


搭乗時刻が近づき、

ゲートに行くと、

今度は機内のオーディオシステムに

問題があり、

調整中のため、

更に遅延とのアナウンス。

仕方ないとは思うけれど、

スイスが尚更遠く感じてしまいました。

飛行機に乗るまで、

この日は結構待ちました。

21:20頃にようやく搭乗開始。

IMG_0369


バイバイ日本、またね〜。

IMG_0372

その後の飛行はとてもスムーズで、

まさに快適な空の旅。

欧州行きのANAは南回りのルートを

取ることが多かったようですが、

この日はグリーンランド上空を飛行する

北回りのルート。


前回(4月)の戻りの際の北回り、

SWISSのLX161便の

北極ルートの海沿いを

飛行したルートより、

グリーンランドの真上を飛行。

IMG_0399

上空が曇っていたことと、

ルートも以前とは

多少異なっていたようで、

前回のような壮大な

北極海の流氷やフィヨルドの

風景は眺められませんでしたが、

雲海の下から昇る

朝日の美しさに目を奪われ、

しばし窓の外の景色に

食い入りました。



ちなみに

ANAのドリームライナーの場合、

窓のシャッターは

手動での開けるか閉めるか

一択ではなく、

窓の下にあるボタンで、

窓の外が見える明るさを5段階で

調整できるのが Good ♪


北回りの場合は揺れが少ないため、

長い飛行時間でも快適に感じました。

南回りだと、

インド パキスタンの山脈上空を

通過するため、

かなり揺れるのです。

前回搭乗したスイス発日本行きがそうでした。


私の座席を担当して下さったチーフパーサーと

時々お話しをさせていただきましたが、

今回のフライトは北回りで

あまり揺れず、

みなさま(乗客)がお休みになれて

良かったですと、

ホッとされているご様子でした。


ANAの乗務員の方々には、

いつもながら、

真心のこもった温かなサービスを

ご提供いただき、

大変お世話になりました。


今回は機内食もいただき、

ワインもちょっぴり飲んで、

5時間ほどは就寝できたので

思ったほどの疲れもなし。


● ビジネスクラスの機内食1回目(和食)

デザートはパス

IMG_0379

IMG_0383


● ビジネスクラスの機内食2回目(洋食) 

シーフードのリゾット

IMG_0426

風の関係もあり、

出発時刻は1時間遅延したものの、

フランクフルト空港へは定刻に到着。

IMG_0477


フランクフルトまで、

14時間33分のフライトでした。


ここからスイスまで乗り継ぎ〜。


(続きます)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★


ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー 
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ