スイスの街角から

スイス在住20年目。 チューリッヒ湖のほとりに、イギリス人の夫と住んでいます。 カルチャーショックでいっぱい!実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

オランダ旅行(2019年春)

スイスの365日の生活について綴ったエッセイ、「スイスの素朴なのに優雅な暮らし365日」が、自由国民社より2024年3月に発売されました。紙書籍とあわせまして、電子書籍も発売中です。


ザーンセ スカンスの風車村(春のオランダ旅行 2019-15 最終章)


BlogPaint

春のオランダ旅行記、

アンネ・フランクの家へ(春のオランダ旅行 2019-14)

からの続き、今回が最終章です。


アムステルダム近郊にある、とても可愛い風車の村、

「ザーンセ・スカンス(Zaanse Schans)」

を訪れました。


我が家はキューケンホフ公園の後、車で立ち寄りました。


ザーンセ・スカンスはかつて、

世界で初めての工業地帯となった歴史ある場所だそうです。

風車は全盛期には、600基以上あり、

今はその一部の12基が現存しています。


駐車場に車を停めて、順路に進むと、

運河の向こうに風車が見えてきました。

BlogPaint

風車の周りは屋外博物館のようになっています。

オランダらしいのどかな風景と、

道沿いに並ぶお土産屋さんをを眺めながら、

風車のそばまで行ってみました。

BlogPaint

BlogPaint


超オランダな風景 ♪

BlogPaint

BlogPaint


近くで眺める風車、

そのうちの一つを見学させていただく事に。

BlogPaint


私たちが中を見学させていただいた風車は、

染料を作っていたそうです。

BlogPaint


内部に入ると、気のきしむような音が響き渡り、

すごい迫力です。

BlogPaint

BlogPaint


こちらは風車と、その内部の動画です。(1分15秒)



BlogPaint

これで、我が家の2019年・春のオランダ紀行は終了です。

過去、旅の記事の途中で、

中途半端な状態でそのまま完結していない訪問先も多々ありましたが、

今回はなんとか終了〜。


途中の記事を見逃された方、

オランダ旅行記を綴ったブログ記事は、

こちらのアーカイブより全てご覧いただけます。

オランダ旅行(2019年春)


自分用の旅の記録としても綴った旅行記ですが、

長らくお付き合い下さった皆様、ありがとうございました。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

メールマガジン【Vol19】は 5月21日(火曜日) 配信です。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、
「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ  (サンプル号 無料)

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。
定期配信の他、月に1〜2度、【号外】も配信。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分(今月は5月分)の全てが配信されます。

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アンネ・フランクの家へ(春のオランダ旅行 2019-14)


BlogPaint

春のオランダ旅行記、


からの続きです。


アムステルダム滞在中、

「アンネ・フランクの家」(Anne Frank Huis

を訪れました。

アンネ・フランクは、

きっと誰もが耳にした事のある名前で、

ご存知の方々も多いと思います。


子供の頃に読んだか、

大人になってからも耳にした事があるだろう、

「アンネの日記」は、様々な言語に翻訳され、

現在も世界中の人々に読まれているベストセラーです。


私も少女時代に、アンネの日記を読みました。

その時の自分の年齢とさほど違わない

アンネの日々の出来事に衝撃を受け、

まるで本の中へ吸い込まれるように、

一気に熟読した事を記憶しています。

普通で当たり前だと思っていた、少女時代の自分の毎日が、

どんなに恵まれていているかを思い知らされた、

衝撃的な著書でした。


アンネ・フランクの家について、

公式サイトはこちら ↓

Anne Frank House


日本語でのガイドはこちら ↓

オランダ旅行のオフィシャルサイトholland.com
アンネフランクの家


第二次世界中、アンネとその家族が、

ナチスからの迫害を逃れるため身を潜めていた隠れ家が、

現在は博物館となり、一般公開されています。

「アンネの日記」の原本も、

こちらに展示されています。


実は今回のオランダ旅行は、

ちょっと頭がクラクラするくらい、

多忙をきたしてしまっていた時期でした。

キューケンホフ公園の訪問と宿泊先の手配以外、

全くと言っても良いほど、

直前まで旅の計画を立てる時間がありませんでした。


夫 Banana の勤務先にオランダ人の男性がいて、

(現在も週末だけアムステルダムの家族の元に戻り、

平日はチューリッヒ州で単身赴任の生活を送っている)

アムステルダムで彼が把握している1番人気でもあり、

お勧めの場所が、

"アンネ・フランクの家" だと教えていただきました。

しかし、2ヶ月前からリリースされるチケットは、

発売と同時に、すぐにいっぱいになり、

ピークシーズンには、

全くチケットが取れないと教えられました。


一応、試してみると、

公式サイトからのオンライン予約のみで、

やはり、チューリップのピークシーズンと重なったその時期は、

1ヶ月以上先まで、全ての日の予約が埋まっており、

数日後のチケットなんて、到底取れない状況でした。


直前で空きが出ていないかと、

出発前まで何度かトライしてみましたが、全くダメ!

この時点で、

今回の旅ではチケット入手は無理だと諦めていました。


そしてオランダへと出発。

終始お天気にも恵まれて、

需実した時間が過ごせたオランダ最終日。

アムステルダム市内をくまなく散策し、

気がつくと、

町の西側、ヨルダーン地区まで歩いていました。

こちらの画像は、西教会。

BlogPaint

ヨルダーン地区は、

アンネ・フランクの家のあるエリアです。


ちょうどその日の朝、


「やっぱりアンネ・フランクの家は訪れてみたかったなぁ。

オランダ、とても素晴らしい旅行だったけど、

それだけが心残りよ・・。」


と呟いた私に、夫 Banana が、


「せっかくだから、中に入れなくても、外観だけでも見てきたら?」


と言っていたのを思い出しました。

その時点では、


「外から見たって、肝心の中を見学できなきゃ・・」


と思っていたのですが、

せっかく同じ地区まで歩いてきたのだし、

アンネの家はどの辺りだろう?と思い、

手持ちのスマホのGoogleマップでチェックしてみると、

なんと自分のいる場所から、

徒歩3分の場所にありました。

なんだか、

まるで何かに引き寄せられたかのようにも感じ、

これは行ってみない訳にはいかないと、

アンネの家まで歩いてみる事にしました。


到着すると、想像とは大きく異なる、

リノベーションされた、

すごく現代的に見える建物が目の前にありました。


アンネの家の前には、長蛇の列。

BlogPaint

この行列は入場を待つ人々、

チケットを持っている人達です。


チケットはオンラインのみのカード決済。

最後にダメもとで、

家の前からスマホでサイトへアクセスしてみると、

ボツポツと空きが出ていました。

15分後の入場時間

(入場は15分おきに区切られている)

が2名空き。


やった!と思い、

予約手続きを進めているうちに、

「いっぱいになりました」とのメッセージ。

どうやら、私のように、家の目の前から、

先にアクセスしている人がいたようです。

BlogPaint

それから何度かトライするも、

その日は全時間帯がいっぱい。

ここまで来たのにと思うと、どうしても諦めきれず、

再び5分ほど待ってアクセスすると、

また空きが出できました!


30分後と、その後2時間以内に、

数名ずつ空きが表れました。

慌てて30分後の入場のチケットを予約してみると、

スムーズに進み、無事に入手出来ました!!

本来ならば、私は普段、

スマホからカード番号の入力はしないのですが、

その時だけは自分にとって特別だったので、

やってみました。


入場まで25分ほど時間があったので、

周辺を散策してみました。

ポカポカ陽気の中、散策する人々、

運河沿いに腰掛けている人、
のどかな光景です。

ヨルダーン地区は、アムステルダムの中でも、

美しい家々と運河の風景が眺められる場所としても

知られているそうです。

BlogPaint

入場時間の10分ほど前に家の前に戻ると、

見学をし終え、博物館の中から出てくる人々が

目に入りました。

誰もが、みな同じ顔をしています。


悲しみではなく、怒りでもなく、

誰もがみんな、深く考えさせられたような、

とても真剣で、厳しく、険しい表情でした。

あまりにも誰もが同じ顔をしている事から、

博物館の中での様子が垣間見れるように、

私も真剣な気持ちで見学をさせていただこうと

心の中で決意しました。


予定時間の5分ほど前からまずは外で、

正しい時間のチケットを所持しているかどうかをチェックされ、

その後、建物の中へ。


この先にもう一度、館内へのゲートに進むため、

チケットチェックがあります。

館内はすごく近代的に改築されていますが、

元々は個人の邸宅なので、入場の人数制限があり、

ここでも並んで入場を待ちます。


その前に、

無料で貸し出される音声案内をお借りしました。

最初に機械にピッとかざして、日本語を選びます。

入場後は番号ごとに分けられた各ポイントで、

ピッとかざすと、

各々の場所で音声が聞こえるシステムになっていました。


館内はもちろん、写真撮影は禁止です。


最初は写真などを中心に、

資料が並ぶ館内を順路に沿って見学。

そしていよいよ、

アンネとその家族が2年間もの間、

「隠れ家」として身を隠していた

隠し扉の向こう側へ入ります。


隠し扉は本棚の裏側にありました。

BlogPaint

狭い階段を登り、

アンネ達の当時の生活の拠点を見せていただきます。


写真撮影ができないので、

見学の最後にミュージアムショップで

ポストカードを買い求めました。

右側の建物が隠れ家です。

実際に中に入ってみると、

想像していたより、広い空間だと感じました。

IMG_7647

結果的には、訪れる事ができて、

様々な意味で、本当に良かったの一言です。

アムステルダム市内で、

一番自分の心に残る場所となりました。


深く、深く、いろいろな事について、

考えさせられました。


実は館内で、

博物館の展示以外の事、

訪れていたある人達について、

とても驚き、ショックな光景を目にしました。


館内の様子と、上記にまつわるお話は、

今週、5月14日(火曜日)配信の

メールマガジン【Vol18】にて、

この続きを配信致します。


私が目にした事、感じた事を、

自分の視点から、正直な気持ちで綴ります。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
メールマガジン【Vol18】は 5月14日(火曜日) 配信です。

((目次))2019 5 14日配信 /Vo.18

 

● 最近のスイス 〜 新しく生まれ変わった、チューリッヒ駅のマルクト

 

● スイス 最近の洗濯事情

 

● 「アンネ・フランクの家」での出来事

 

● 人気ランキング上位、噂のイタリアンレストラン ♪


テレビで紹介された事などもあり、何かとウワサされているらしい
スイスのお洗濯について・・。
ちまたで話題の!?スイスお洗濯事情について、最新のお話しをします。

レストラン情報のランキングサイトで常に上位にあがる、
チューリッヒの素敵なイタリアンのお店もご紹介します!

ー・ー・・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、

「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ  (サンプル号 無料)

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。
定期配信の他、月に1〜2度、【号外】も配信。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分(今月は5月分)の全てが配信されます。

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アムステルダム 市内散策 ♪(春のオランダ旅行 2019-13)


BlogPaint

少し間が空きましたが、春のオランダ旅行記、


からの続きです。


本日は、アムステルダムの町散策を、

写真と共に綴ります。


まずはこちら、町の中心部の地図です。

BlogPaint

赤い花のマークを付けた場所が、

宿泊をした ホテル ドゥ ヨーロッパ アムステルダム

(De L'Europe Amsterdam) です。

滞在中の3日間、お天気に恵まれ、

ホテルを起点に、かなり歩き回りました。


2日目、3日目は、ほぼ終日一人で歩いて、

町を散策しました。

BlogPaint


散策中、何度も眺めた運河、

独特の形をしたカラフルな家々、運河をゆくボート、

運河に浮かぶ住居用と使用されているボートの家、

300以上かかる橋、自転車で行き交う人々、チーズ、

そしてもちろん、

以前の記事でもご紹介しましたチューリップ・・。

全て、アムステルダムの町の、

心に残った強いイメージです。

BlogPaint

町のあちらこちらにチーズ屋さん ♪

BlogPaint

● 町中、どこもかしこも自転車、自転車。

BlogPaint

チューリップにつきましては、

キューケンホフ公園の記事に花の画像をアップしています。

夢のキューケンホフ公園へ 〜 前半(春のオランダ旅行 2019-9)

夢のキューケンホフ公園へ 〜 後半(春のオランダ旅行 2019-10)


アムステルダムのトラム(路面電車)の色が、

青と白で、チューリッヒと似ているのが印象的 ♪

それにしても、自転車が多かった〜!

BlogPaint


丸みを帯びた、美しい建物は、

● ナショナル ロイヤル オペラ & バレエ。

BlogPaint


● 新緑の美しさが眩しい運河。

BlogPaint


● 運河に浮かぶ、住居用に使用されているボートの数々。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint


ベルギーを旅した際、

ブルージュでも見かけた "跳ね橋"

BlogPaint

大きな船が航行する際、

橋を上下に上げ下げして通せるようにします。

BlogPaint


こちらの画像だけ、

初日に運河クルーズをした際の、ボートからの遠巻き画像。

● マヘレの跳ね橋

BlogPaint

(マヘレの跳ね橋  オランダ語: Magere Brug)は1671年に造られた、

アムステルダムで唯一、木造の跳ね橋だそうです。


● 王宮

BlogPaint


● アムステルダム中央駅

BlogPaint


● ホテル ドゥ ヨーロッパ  (De L'Europe Amsterdam)

BlogPaint

毎日、1万歩以上歩きました。

山が全くなくフラットなので、歩きやすい国です。

だから、

自転車がこんなにも普及してるという事でしょう。


アムステルダムは、とても美しい町です。

(ほぼ)みんな、英語を話せるし、

至る場所での地元の人々との交流も、

とてもラクでした。


我が家のオランダ旅行記も終盤です。

次回は、アムステルダムで、

私の心に一番深く残った場所について綴ります。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

メールマガジン【Vol18】は 5月14日(火曜日) 配信です。


ー・ー・・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、
「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ  (サンプル号 無料)

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。
定期配信の他、月に1〜2度、【号外】も配信。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分(今月は5月分)の全てが配信されます。

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

運河に浮かぶ、シンゲルの花市場(春のオランダ旅行 2019-12)


BlogPaint

本日のトピックは、

先日のオランダ旅行記が途中のままでしたので、

今回はその続きとなります。


春のオランダ旅行記、

海辺のブティックホテル(春のオランダ旅行 2019-11)

からの続きです。

今回も自分用の記録も兼ねているため、

写真が多めです。

ご興味がおありの方は、お付き合い下さい。


海辺のホテルで2泊した後は、

アムステルダムへ移動しました。


アムステルダム滞在中の記事は、

順序が少し逆になっているパートもあり、

先の記事で綴っている部分もあります。


今回は、アムステルダムの街散策の様子です。


午後に宿泊したホテル、

ホテル ドゥ ヨーロッパ アムステルダム

(De L'Europe Amsterdam)に到着した後、

夕刻の運河クルーズに出る前に、

街を歩いてみる事にしました。


観光名所の一つで、

ガイドブックやネットの情報サイトでも

大きく取り上げられている

アムステルダム最大のフラワーマーケット、

「シンゲルの花市場」が、

ちょうどホテルからすぐそばだったので、

その周辺を歩いてみました。


位置関係は、下の地図の通り。

宿泊先ホテルから花市場まではすぐです。

運河にかかる橋を渡って、

徒歩で約4〜5分。

アムステルダム中央駅方面から歩いてみると、

私の徒歩で、25分ほどかかりました。

BlogPaint


こちらは、

ホテルの部屋からちょうど正面に眺められた

「ムント塔」(ムントトーレン Munttoren)

BlogPaint

花市場はこのすぐそばです。

ムント塔はかつて、城壁の一部でもあり、

「ムント(Munt)」とは

"貨幣、鋳貨する" のだそうで、

貨幣鋳造所として使用れていた事から

名付けられたとの事です。


ムント塔を過ぎると、カラフルな家々を背後に、

花市場が見えてきました。

運河に面したこちら側は市場の背後で、

反対側にお店が並んでいます。


元々はボートで運河を渡り、

その上でこちらの岸で花市場を開いてそうで、

現在の市場も、

運河の上のボートに浮かんだ形になっています。

BlogPaint


お天気がよく、チューリップが満開で、

観光シーズン真っ只中だった事もあり、

花市場は観光客で賑わっていました。

BlogPaint


4月中旬の訪問だった事もあり、

どこを見渡しても、

チューリップ、チューリップ、チューリップ

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

ここで購入した球根は、

世界中に送っていただけるとの事です。


フラワーマーケットなので、

もちろん、主役のチューリップの他、

様々な種類のお花と球根、

花・野菜の種も並んでいます。

BlogPaint

BlogPaint


盆栽〜!!

BlogPaint

こんなものを見つけ、買おうかどうか!?

夫 Banana と散々悩みましたが、

結局、今回はパス(笑)


アマリリスの球根も、たくさん並んでいました。

BlogPaint


オランダのお土産、カラフルな木靴も、

大小サイズを取り揃えて、いっぱい!

BlogPaint


街のあちらこちらで見かけた、

この巨大木靴は、写真撮影のスポットです!

BlogPaint

アムステルダムの街散策、

続きます。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

メールマガジン【Vol17】は 5月07日(火曜日) 配信です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、
「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ  (サンプル号 無料)

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。
定期配信の他、月に1〜2度、【号外】も配信。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分(今月は5月分)の全てが配信されます。

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

海辺のブティックホテル(春のオランダ旅行 2019-11)


BlogPaint

春のオランダ旅行記、


からの続きです。


今回の旅も、

スイス チューリッヒ空港から

オランダ アムステルダム スキポール空港へ、

SWISSの直行便を利用しました。

空港でレンタカーを借り、

アムステルダムへと移動する前に、

海辺の街、Noordwijk(ノールトウェイク)

で2泊しました。


位置関係はこちら。

BlogPaint

スキポール空港からは車で約30分、

前回の記事でもご紹介しました

キューケンホフ公園(リッセ)まで約20分の距離です。


宿泊をしたのは、

海辺にあるブティックホテル、

ヴェスパー ホテル (Vesper Hotel) 

です。

BlogPaint

ホテルはビーチまで徒歩3分の好立地!

真夏はとても賑わう海沿いの通りには、

ホテルやサマーハウスが並ぶ、

典型的な海辺の街です。


夫、Banana いわく、

英国の海辺の街に、

非常に雰囲気が似ているそうです。


美人&イケメン揃いの、

とてもフレンドリーなスタッフに迎えられました。

実はオランダに到着して一番驚いた事は、

とても、とても、美しい人々が多いこと!

出てくるスタッフが次々と、

どの人も、どの人も、

「ミス〇〇」のように美しくて、

とても驚きました。


● ホテルのバー

BlogPaint


● シッティングエリア

BlogPaint


● 宿泊をした部屋。

BlogPaint

寝室とリビングは、ドアで仕切られておらず、

かなり広いスタジオタイプでした。

こういう感じのお部屋が今、お洒落で流行りらしく、

ヨーロッパのブティックホテルではここ数年、

何度か体験しています。


簡単なダイニングスペースも設けられており、

ネスプレッソマシンも完備!

BlogPaint


窓の外には部屋付きのテラス。

夏は海風を感じながら、ここでのんびり日光浴ですね!

BlogPaint

バスルームはダブルシンクで機能的。

バスタブとシャワーブースが分かれており、

シャワーブースには、レインフォールシャワー。

これも、最近のトレンドなホテルでは、定番 ♪


ヨーロッパでは珍しく、

トイレはバスルームとは別の、

独立したスペースにありました。

(しかも、これもヨーロッパでは珍しい、ウォシュレット付)


ディナーは、1泊目はホテルで。

2泊目は、ホテルと同じオーナーが経営する、

徒歩3分の場所にある、

海辺のレストランに行ってみました。


日暮れの近くビーチ、

朝晩はまだ冷え込むので、長いは禁物ですが、

海はやっぱりイイ!

BlogPaint


さすがは海辺の場所、

ここでも、シーフードと魚が美味しい!

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint


夕食後、夜9時くらいでしたが、

まだ薄明かりが残っていました。

BlogPaint


朝食はホテル内の開放感あるレストランで。

1泊目のディナーも、こちらでいただきました。

夜は雰囲気も変わり、グッと大人の雰囲気になります。

BlogPaint

ビュフェカウンターから、

フレッシュジュース、パン、フルーツ、サラダ、

ハム、チーズなど、好きなものをいただき、

卵料理など、温かいものは、

注文して作っていただきます。


普段見慣れたスイスのチーズとは異なる、

● オランダチーズ ♪

BlogPaint



● パンケーキ

BlogPaint

ハワイっぽい、厚みのあるものを想像していましたが、

ちょっと違う? と思いきや、

夫 Banana は、

「このパンケーキ、懐かし〜! 」とのコト。

昔、子供の頃、母が作ってくれたパンケーキが、

こういう薄型だったのそうです ♪


最初は甘すぎかな?とも思いましたが、

一口進むごと、次第に美味しくなり、完食。

後から聞いた話によると、

オランダ人は甘いものが大好きで、

朝から、結構ガッツリ甘いものを召し上がるそうです!

それで、ストロープワッフルが

あんなに人気ある事も理解できます。


朝食では、もう一つ、嬉しいプチサプライズ。

朝からスモークの鯖が、

ビュフェカウンターに並んでいました。

BlogPaint

これが作りたてらしく、超美味でした〜。

本当はコレと白ご飯さえあれば、

何もいらなかったのだけど。(笑)

もちろん、そう言う訳にもいかず、

トーストと共に美味しくいただきました。


とても居心地の良い、チャーミングなホテルでした。

いつかまた機会があれば、

今度は夏に宿泊をしてみたいと思いました。


オランダ旅行記は、別の記事を挟み、続きます。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
メールマガジン【Vol16】は 4月30日(火曜日)です。

GW期間中も、通常通りで配信致します!
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、
「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ  (サンプル号 無料)

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。
定期配信の他、月に1〜2度、【号外】も配信。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分(今月は4月分)の全てが配信されます。

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。 上記以外のメッセージは受けつておりません。現在、コメント欄は閉じさせていただいています。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ