スイスの街角から

スイス在住20年目。 チューリッヒ湖のほとりに、イギリス人の夫と住んでいます。 カルチャーショックでいっぱい!実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

スイス絶景ハイキング

スイスの365日の生活について綴ったエッセイ、「スイスの素朴なのに優雅な暮らし365日」が、自由国民社より2024年3月に発売されました。紙書籍とあわせまして、電子書籍も発売中です。


アルプスの絶景ルートを歩く(パノラマの道 2020:後半)


IMG_5346

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

前回のブログ記事からの続きです。


 
メンリッヒェンからクライネシャイデックまで続く

「パノラマの道」
(Panorama Trail / Panoramaweg)

のハイキング、スタート。

View this post on Instagram

(2020年9月17日) メンリッヒェン〜クライネシャイデック 「panorama trail (panoramaweg)【パノラマの道】」 ・ ハイキングをスタートするとすぐに見えてくる、ヴェッターホルン、シュレックホルンなどアルプスの山々と、グリンデルワルトの村🇨🇭 ・ ・ #スイスの街角から #ブログを更新しました #スイス #美しい景色 #スイス旅行 #スイス情報 #ヨーロッパ旅行 #海外旅行 #アルプス #スイスアルプス #自然が好き #ハイキング #山岳写真 #山の写真 #美味しい空気 #絶景 #世界の絶景 #ライブドアインスタブロガー

A post shared by スイスの街角から (@swiss_no_machikado_kara) on


歩き出すとすぐ目の前に、

黒っぽい山の
チュッゲンが見えてきます。

IMG_5237

そして、そのすぐ背後には、

ベルナーオーバラント地方を代表するユングフラウ三山

アイガー、メンヒ、ユングフラウが見えます。


アイガーの左側には、

ヴェッターホルンなどの山とグリンデルワルトの村。

IMG_5279

このルートでは、

クライネシャイデックに到着するまでずっと、

この三山を見渡しながら歩く事ができます。

IMG_5288

特に、アイガー北壁を正面に眺めながら進む、

こんな迫力あるハイキングのコースは、

スイスといえど、

他には無いのではないかと思います。

IMG_5316

ゴツゴツとした山の岩肌や、高山植物も、

普段の日常生活では目にできない

大自然の風景です。

IMG_5273

IMG_5267

私達はかなりゆっくり目に、

写真撮影もしながらマイペースで歩きました。

夫 Banana はもう少し早く歩きたそうでしたが、

そもそも足の長さも違い、歩幅も異なるので。


後ろからやってくるスイス人らしき登山者達には、

どんどん追い抜かれます。

山歩きに慣れている彼らは

初級レベルのハイキングコースは

散策程度の感覚のようです。


小さなお子さんを後ろに背負って歩くお父さん、

犬を連れた一人歩きの女性達にも遭遇しました。

晴れていたからだとは思いますが、

チューリッヒ州の自宅の周りを歩いているのと、

さほど変わらない光景です。


ここから先は、前半同様に、

インスタグラムの画像と動画でお楽しみください。

View this post on Instagram

「PANORAMA TRAIL 【PANORAMAWEG】」 Männlichen-kleine scheidegg ・ (2020年9月17日) メンリッヒェン〜クライネシャイデック🇨🇭 「panorama trail (panoramaweg)【パノラマの道】」 ・ ユングフラウ三山 アイガー、メンヒ、ユングフラウを眺めながら、アイガー北壁に向かって歩く絶景ハイキングコース。 ・ 初級者向け約1時間半のコースは整備され、なだらかな道を上ったり下ったりしながら、ほぼ平坦に歩ける道。 ・ 途中、赤ちゃんを背負って歩く男性や、犬と一緒に歩く人々などとすれ違いました。 地元の人々は気軽にご近所のお散歩感覚で歩いている様子。スイスはいろいろと凄いと感じます。 ・ クライネシャイデックの駅が見えてくる直前の終盤がクライマックス。最後のビューポイントからは、右手にアイガー、メンヒ、ユングフラウの三山、左手にはシュレックホルン、ヴェッターホルンとグリンデルワルトの村を一望。今年もこの道を歩けて良かったと感慨深い思いに浸れる瞬間。 ・ ここまで歩けば、ゴールのクライネシャイデックはもうそこまで。 ・ ・ #スイスの街角から #ブログを更新しました #スイス #美しい景色 #スイス旅行 #スイス情報 #ヨーロッパ旅行 #海外旅行 #アルプス #スイスアルプス #山岳写真 #ハイキング #絶景 #世界の絶景 #ライブドアインスタブロガー

A post shared by スイスの街角から (@swiss_no_machikado_kara) on


View this post on Instagram

Kleine Scheidegg and Jungfrau 🇨🇭 ・ (2020年9月17日) メンリッヒェン〜クライネシャイデック 「panorama trail (panoramaweg)【パノラマの道】」 ・ 絶景ルートの終盤。クライネシャイデックと、背後にそびえるユングフラウ。 ・ ユングフラウの左手には、豆つぶほどに眺められた “トップオブヨーロッパ” ユングフラウヨッホの展望台が見えます。 ・ ・ #スイスの街角から #ブログを更新しました #スイス #美しい景色 #スイス旅行 #スイス情報 #ヨーロッパ旅行 #海外旅行 #アルプス #スイスアルプス #自然が好き #ハイキング #山岳写真 #山の写真 #美味しい空気 #絶景 #世界の絶景 #ライブドアインスタブロガー

A post shared by スイスの街角から (@swiss_no_machikado_kara) on


終点のクライネシャイデックが近づいてくると、

前方の山で、

ゴゴゴゴーッッと、

物凄い音が何度も響き渡りました。

目の前に見える氷河の辺りに目をやると、

雪崩が起こっているのが見えました。


当然、かなり離れているのですが、

それにも関わらず、

遠くで響く音がはっきりと聞こえ、

雪が雪崩となって流れ落ちる様子が肉眼で見えました。

以前にもクライネシャイデックで、

同じような場面を目にした事がありましたが、

自然の驚異を感じさせられる瞬間です。


大自然に囲まれた中で、

今年も最高のお天気の快晴の空の下、

美しいアルプスの山々を眺めながら

最高にリフレッシュできたスイスのハイキングでした。


ご興味がおありの方、

3年前に歩いた同じルートの過去記事はこちらです。



 

 
 
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村    

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪





スイスの街角から - にほんブログ村 

 

アルプスの絶景ルートを歩く(パノラマの道 2020:前半)


スクリーンショット 2020-10-07 18.17.27

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

しばらく間が空いてしまいましたが、

本日は我が家の今年の夏の休暇、

 (スイス国内)旅の記録  

先日の記事からの続きです。 

 

遅めの夏休み【後半】は、

ベルナーオーバラント地方の自然に触れる旅。


インターラーケンの宿泊先を基点に、

美しいブリエンツ湖周辺をドライブをしたり、

山登り(ローブウェイで)をしたり、

アルプス地方の美味しい空気を吸って、

大自然も満喫しました。


今回ご紹介するのは、

メンリッヒェンから緩やかに降る初級ハイキングコース、

「パノラマの道」
(Panorama Trail: Trail takes you from Männlichen to the Kleine Scheidegg
  / Panoramaweg)

と、そこへ辿り着くまでの行程です。


ブログは自身の記録代わりにも利用しておりますので、

行程より綴ります。


宿泊していたインターラーケンのホテルを午前9時過ぎに出発。



まずは車で、

グリンデルワルトターミナル駅

(旧:グリンデルワルトグルント駅)まで向かい、

そこからはメンリッヒェンバーンに乗って、

メンリッヒェンの山の上へ。

山の標高:2342m
レストランの標高:2225m
展望台の標高:約2230m
ロープウェイ駅の標高:2228/2230 m(スイス政府観光局資料より)

メンリッヒェンにつきましては、

スイス政府観光局のサイトに日本語で記述されています。


 
以前訪れた時と変わっていたのは、

2019年にロープウェイが全面リニューアルされ、

新品のピカピカになっていたこと。


こんな可愛い、

リコラのラッピングゴンドラも目にしました ♪

8C5B818C-5D9D-48E8-9491-6B536AC978E4

近隣のベルナーオーバラントの山や、

観光スポットとのアクセスも充実し、 

双方の移動が益々便利になっています。


グリンデルワルトターミナル駅のロープウェイ駅は

開業はしており、

上へのゴンドラも稼働していますが、

駅構内のところどころと、

駐車場はまだ工事の途中でした。

コロナの影響もあって、

工事が遅延したのかもしれません。


けれども、乗り場とチケット売り場、

お手洗いのあるフロアーは リニューアルオープン済みで、

利用するのに全く問題はナシ。

とても広いトイレも自動ドアになっており、

中も清潔に保たれていて安心して利用できました。

グリンデルワルトターミナル駅から

メンリッヒェンの山頂駅までは、

ロープウェイで約20分。


前回訪れた際は、

別の乗客(カップル)と一つのゴンドラを

シェアしなければならず、4人で乗車しましたが、

今回はコロナの影響もあり、

利用客がほとんどスイス国内の旅行客だったことと、

夏の休暇シーズンのピークが終了した平日であったこともあり、

待ち時間もゼロで、

夫 Banaana と二人だけの

専用でゴンドラ状態で利用できました。


ロープウェイ乗車から山頂までの様子は、

インスタグラムの画像と映像でご覧ください。

View this post on Instagram

(2020年9月17日) いざ、アルプスへ! ・ メンリッヒェン〜クライネシャイデック 「panorama trail (panoramaweg)【パノラマの道】」をハイキングするため、まずはグリンデルワルトグルント駅へ。快晴の空の下、アルプスの山々が見えてくると、テンションが上がる瞬間。 ・ グリンデルワルトからメンリッヒェンへと上るロープウェイは全面リニューアルされ、ゴンドラも新品のピカピカ。 (駅構内と駐車場は一部工事中) ・ そして、メンリッヒェン(2225m)へと上って行きます。 ・ 【続く】 ・ ・ #スイスの街角から #ブログを更新しました #アルプス #スイスアルプス #スイス #美しい景色 #スイス旅行 #スイス情報 #ヨーロッパ旅行 #海外旅行 #ロープウェイ #ハイキング #山登り #ライブドアインスタブロガー

A post shared by スイスの街角から (@swiss_no_machikado_kara) on


過去にも何度か訪れたことのある場所ですが、

ふもとのグリンデルワルトの村が

どんどん小さくなってゆくのと同時に、

アルプスの山々が

眼前に広がってくるのを目の当たりにすると、感激〜。

やはりテンションが上がります。


眼下には緑のフィールド(冬はスキーコースとなる)

を見下ろしながら登って行きます。

と、その時、

Banana の興奮気味の声、

「マーモット!!!」


そういえば、前回も野生のマーモットが

眼下に見えたことを思い出しました。

Banana はそれを覚えていて、

山々(窓の上方)を見つめ続ける私とは逆で、

下の方に注意を払って景色を眺めていたようです(笑)


美しい景色を眺めながら、

20分の空中散歩はあっという間で、

メンリッヒェンの山頂駅へ到着。

IMG_5204

ハイキングを始める前に山頂からの風景を楽しみつつ、

展望台から、

これから進むハイキングコースの

反対側の景色も眺めてみました。

IMG_5210


谷間にたたずむラウターブルネンの村も一望。

スクリーンショット 2020-10-07 18.30.37

そしていよいよ、

絶景ルートのハイキングスタート。

IMG_5226

【続きます】

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村    

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪





スイスの街角から - にほんブログ村 

 

エレベーターで山頂へ!(The Hammetschwand Lift at Bürgenstock 後半)

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

前回の記事、

欧州で一番高いエレベーターとハイキング in スイス 前半

(The Hammetschwand Lift at Bürgenstock)

からの続きです。


ビュルゲンシュトックの山頂〈標高1,132m〉まで

登りました。


ヨーロッパで一番高いエレベーターは、

152メートルを1分未満で高速運転。

エレベーターの内部はガラス張りになっており、

昇降の際には

フィアヴァルトシュテッターゼー(ルツェルン湖)を

見渡しながら、

断崖をグングン登って(降りて)行きます。

BlogPaint


これが屋外では欧州一、高い場所にあるエレベーター。

BlogPaint


こちらはエレベーター内部の動画です。

(降りる際の一部分)




標高1,132mの頂上から眺める、

アルプスの山々とフィアバルトシュタッテーゼー。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

展望台には軽食も摂れるカフェがあり、

スイスの絶景を一望できる場所です。


展望スペースで、こんな人に遭遇〜。

時々ニュースで見かける、

◯◯ から足を踏み外して・・

なんて事にならないよう、

これはゼッタイに ❌ ダメ!(だと、私は思います)

BlogPaint


周りはハイキングコースになっています。

帰りに歩いて降りる登山者もいて、

ポカポカ陽気の山頂はとても賑わっていました。

BlogPaint

今年のスイスの秋は、

どこもかしこも本当に美しい!!


次回はチューリッヒより、

紅葉した街の秋の散策風景をお届け致します。



ブログのランキングに参加しています。 記事が興味深い、
または面白いと思って下さる方々、
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

欧州で一番高いエレベーターとハイキング in スイス(The Hammetschwand Lift at Bürgenstock 前半)

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

絶景の場所にあるホテル 〜 オードリーヘプバーンの愛した場所
(Bürgenstock)

からの続きです。

ランチを済ませた後、

ホテル内にある屋内外展望エリアから

大パノラマの風景を楽しみ、

付近のハイキングコースを歩いてみる事にしました。


ビュルゲンシュトックでも、

ちょうど紅葉が真っ盛り!

スイスの木々の葉の紅葉の色合いは、

黄色がメインです。


スイスの山々には、

紅葉(もみじ)がほとんど無いので、

日本で目にするような、

赤い色合いと、黄色やオレンジ、

それぞれ異なった複数の色が織り重なって

色彩豊かな紅葉は、

なかなかスイスでは目にする事が出来ません。


山の中ではなく、逆に町なかでは、

もみじや、その他葉の色がオレンジっぽくなる

観賞用の木々が植えられていたり、

一般宅にも(外部にも見える庭などに)

もそれらを植えていたりして、

木々の葉が赤やオレンジに色付いているのを目にすると、

日本の美しい紅葉を思い出し、

胸がワクワクしてしまいます。


この山道では、

見事に紅葉した黄色の葉と、

生き生きとした緑色の葉の色合いの

コンビネーションが二重に重なり豊かで、

こちらもとても綺麗でした。

BlogPaint

このコースは、

おそらく山歩きになれた人たちからすると、

ハイキングというよりも、

ウォーキングコースに近いであろう、

初級者用のほぼ平坦で、整備された道です。

何年スイスに住んでいても、

ハイキング初級の我が家は二人とも、

これくらいの山歩きがちょうど合っています(笑)

BlogPaint

BlogPaint

背後にはピラトゥス (山)、

進行方向に向かって左は

フィアヴァルトシュタッテーゼー(ルツェルン湖)

を眺めながら歩きます。

BlogPaint

BlogPaint

右側はうっそうとした森の中です。

BlogPaint

BlogPaint

緩やかな坂道を登りきったところで行き止まり。

ここまでで片道約30分。

小さなお子様連れで、

バギーを押して歩かれているご家族もいました。


実はこのハイキングコースは、

ここからがメインイベントです!

道の終わりには、

更に山の上へと登る、

まるで遊園地のアトラクションのような

エレベーター

The Hammetschwand Lift


が設けられています。

BlogPaint

このエレベーターは、

屋外にあるものとしては、

ヨーロッパで一番番高い場所にある

エレベーターなのだそうです!

BlogPaint

料金は往復で、大人一人13フラン。

片道料金のみ(10フラン)も

料金設定されています。

行きだけエレベーターで登り、

帰りはハイキングしながら、

歩いて降りてくる登山者達もいるからです。

BlogPaint

私達夫婦は、もちろん往復エレベーター(笑)


早速、欧州一のエレベーターで、

ビュルゲンシュトック山の上〈標高1,132m〉

の展望台へと登ってみる事にしました。


エレベーターで山頂へ!
(The Hammetschwand Lift at Bürgenstock 後半)


に続きます。


ブログのランキングに参加しています。 記事が興味深い、
または面白いと思って下さる方々、
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

絶景の場所にあるホテル 〜 オードリーヘプバーンの愛した場所(Bürgenstock)

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

美しい秋晴れの先週末、

ルツェルン郊外の山の上にある

ビュルゲンシュトック(Bürgenstock)
Wikipedia

へ出かけて来ました。

山々と湖が一望できる、それは美しい場所です。


この地は晩年をスイスで過ごした女優、

オードリー・ヘプバーンが、

レマン湖のほとりに住む前に、

居住していた地としても知られています。


チューリッヒ州の自宅からは、

車で約1時間ちょっとのドライブ。

運転はいつものように、英国人の夫 Banana です。


ルツェルンの市街地は通らず、

ハイウェーを下りた後はひたすら田舎道を通り、

山の上へとどんどん登っていきます。

途中、車窓からは、

ピラトゥスがとても近くに眺められました。

BlogPaint


のどかな田園風景。

BlogPaint

今年の秋、

スイスの紅葉は本当に美しい!

BlogPaint

ビュルゲンシュトックに到着後、

訪れたのは、

Bürgenstock Hotels & Resort (The Palace Hotel)

The Palace Hotelは数年間の大改装を終え、

2017年に再オープンしたばかりで、

かねてよりとても気になっていた場所です。

目の前には

フィアヴァルトシュテッターゼー

の絶景が広がり、最高のロケーション!!

BlogPaint

リゾート内には近々、あともういくつか

宿泊施設がオープンする予定との事。


このホテルに滞在した有名人・著名人達の

写真が飾られていました。

オードリー・ヘプバーンや、

ソフィア・ローレンもこのホテルに

度々滞在したのだそうです。

BlogPaint

オードリー・ヘプバーンの

2度目の結婚式もここで、

彼女が結婚式を挙げた小さなチャペルが

ありました。

BlogPaint

周りには美しい景色を堪能しながら歩ける、

ハイキングコースがあります。


歩き始める前に、

ホテルの中にあるアジアンレストランでランチ ♪

BlogPaint

メニューの中には、

日本食(寿司)、中華、ベトナム、

タイ、インドネシア 等

を組み合わせて注文可能と説明を受け、

それを聞いた時には、

よく海外にありがちな

"なんちゃってアジア料理" なのかな??

と思ってしまったのですが、

それがなんと嬉しい予想に反し、

オープンキッチンでお料理される品々は、

どれもとても美味しいお料理でした。

BlogPaint

飲茶メニューからいくつかと、

葉っぱにくるまれて調理されている

ナシゴレンっぽいインドネシアのチャーハン、

(シーフードがいっぱい詰まってました!)

BlogPaint

BlogPaint

ベトナム料理から、

フライドライスヌードルをいただきました。

全部 Banana と一緒にシェアしていただけたのも、

色々味わえてよかった!


食後はホテルの敷地内にある展望エリアから、

正面には陽の光を浴びて青く輝く

フィアヴァルトシュテッターゼー

(ルツェルン湖)と右手にはリギが眼前に迫り、

美しく雄大な景色を眺めました。

BlogPaint

下の画像上、湾になった部分の左岸がルツェルンの町。

ルツェルン湖では、

大きなイベントが開催されているようで、

ヨットがたくさん浮かび、

上空ではスイスアーミーの航空ショー

が開催されていました。

BlogPaint

ため息が出るほどの美しい景色を堪能し、

お腹も着いたところで、

湖を眺めながらのハイキングへ出発しました。


(続きます)


ブログのランキングに参加しています。 記事が興味深い、
または面白いと思って下さる方々、
下のバナーをクリック して、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。 上記以外のメッセージは受けつておりません。現在、コメント欄は閉じさせていただいています。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ