スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

独り言

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


チケットとれた!ABBA Voyage in 2022


スクリーンショット 2021-11-24 23.22.23

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

前回のブログ記事からの続きです。



本日は昨日に続き、

私ごとのトピックですが、

来年2022年、

ロンドンで開催される

ABBAの特別ライブコンサート、

『Voyage(ヴォヤージ)』

のチケットが入手できました ♪


チケットはこちらの公式サイトより購入しました。

 

2022年、5月から12月まで開催される

ABBAのアバターライブ、

世界中からアクセスされるのでしょう、

特に7月〜8月の夏場のチケットは、

既にかなり埋まっています。


我が家は夏の間は別の場所で

夏休みの休暇を過ごす可能性があるので、

9月頃で予定しようかと思いましたが、

公式サイトでは、

9月で良い席が残っている日は、

ホテル付きのパッケージプランのみ。


そのプランで予約しようかと悩みましたが、

特設のライブ会場は、

郊外のイーストロンドンの地区。

ホテルから会場までは

徒歩で行けるようですが、

と言っても、

徒歩25分と書かれていたし、

ロンドンで生まれ育った夫によると、

イーストロンドンは、

あまり治安の良い地区ではないとのこと。


久しぶりのロンドンでの滞在は、

いつもロンドンで宿泊をする

慣れていて、場所(治安)も良い、

馴染みのあるホテルの方が良いだろうと

夫婦の意見が一致し、

今回はチケットのみで空いている日を検索。


時間をかけて色々とチェックをして、

公式サイトの座席のみ、

オフシャル・プレミアムチケット、

バルコニー席の最前列で空いていた

10月のある日のチケットを入手しました。


チケット販売業者は英国の

Ticketmasterというところを通しての予約なので、

クレジットカードで決済し、

eチケットで発券。


最近、欧州では、

eチケットの場合は紙で発券できず、

スマホに直接チケットを保管する方式

「Your ticket is in your mobile」

というスタイルも増えていて、

今回もその方式でした。

チケットといえば、

紙の券でないと不安な昭和生まれの私ですが、

来年の10月まで、

しっかりと保管しておかねばなりません。


気になるライブコンサートの内容は、

全員、御歳70歳を超える

(平均年齢は75歳とのコト!)

ABBAのメンバーのアバターがステージに登場し、

歌唱は事前にレコーディングした

彼らの歌(現在の歌声)で、

それらを最新の技術を駆使して、

会場に再現するのだそうです。

音響はライブで、会場で演奏されるのだそう。

それなりの金額のライブですから、

かなりゴージャスなパフォーマンスが予想されます。


まだまだ1年近く先の計画ですが、

来年も健康で元気に過ごせるよう、

気持ちにはりあいができた気がします。


実はワタクシ、コロナ以降、

スイス国外へは日本への一時帰国以外、

まだ出たことがありません。

正確には、日本へ帰国する際に

何度か経由便を利用したことがありますので、

ロンドンとフランクフルト空港へ

降り立ったことはありますが、

あくまでも乗り継ぎでの、

乗り継ぎ乗客用の空港内への降機だけ。


今後の状況次第ではありますが、

もしも来年の春頃に落ち着いていれば、

英国のコーンウォールの親戚の元を

訪れる予定です。

英国南西部のコーンウォールには、

Banana の娘のローラとその旦那様のジミー、

そして息子のオーエンが住んでいます。

もうかれこれ、

2年近く再会が叶っていない状態です。


春に次いで英国へは、

秋のロンドンという流れになりそうです。

あくまでも状況が好転して、

全てがうまくいけばの話なのですが・・。


待ち遠しい日を楽しみに、

希望を持って、これから先も、

夫婦で体調管理をしっかりと〜。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村 

ABBAのコンサートに行きたい


スクリーンショット 2021-11-24 0.49.32

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

先日の日本一時帰国中から始まって、

現在に至るまでほぼ毎日続いている

私のおうち時間のお楽しみの一つが、

日本のラジオ番組を聴くことです。


以前から、

Radikoプレミアムにアクセスして

時々ラジオを試聴していましたが、

日本に滞在中から、

伊集院光さんの朝のラジオ番組、

「伊集院光とらじおと」にはまってしまい、

スイスに戻った後も、

とても楽しみに聴いています。


私の中でラジオの良いところは、

気軽に聴けて、

毎日、家の仕事をしながら、家事をしながら、

執筆しながら 等、

"ながら" でする作業も、 

目で見る動画やテレビとは違って、

すんなりと耳に入ってくること。

 
何かを知りたくて、

自ら検索する情報以外で耳に入る情報の

貴重さを実感する今日この頃。

きっとラジをを聴かなかったら

知らないままでいたであろう、

最新情報やニュースが

どんどん入ってくるのも面白い。


そんな中、

昨日流れてきたあるリスナーの投稿に、

耳が大きく反応しました。


それは、

番組で募集中のメッセージテーマで、

「早くも決まっている来年の予定」  

"仕事の予定から家族の予定まで、

現段階で既に決まっている2022年の予定を

教えてください"

というテーマに回答された

あるリスナーさんの投稿です。


来年の予定は、

ロンドンで開催されるABBAのコンサート、

『ABBA Voyage』のチケットを

既に購入されたというお話でした。

コロナの影響もあり、

まだ飛行機の手配はしていないけれど、

来年9月のチケットだけは確保されたとのこと。


ABBAは11月5日にリリースされた

40年ぶりのニューアルバムの発表と共に、

来年、ロンドンの

クイーン・エリザベス・オリンピック・パークに

独自の専用アリーナ「ABBAアリーナ」を建てて、

デジタルアバターとして演奏をする予定で、

そのコンサート『ABBA Voyage』のチケットが

11月3日に発売されたばかりです。


ラジオでそれを聴いた私は、

日本からも既にチケットの予約をされた方が

いらっしゃるのかと、

慌ててサイトをチェックしました。


私はABBAの全盛期はまだ小学生で、

大人になってから、その素晴らしさと

名曲の数々に惹かれましたが、

私よりも8歳年上の英国人の夫 Banana は、

全盛期は既にティーンエイジャーで、

家族で一緒に、

ABBAの数々の曲を聴いていたそうです。


最近は英国の放送局BBCで、

ABBAの特集番組がシリーズで

放送されていて、

私もある意味、未知の世界だった

ABBAのワールドを目にできて、

更にその魅力に惹かれています。


ABBAが再び世界中でフォーカスされ、

最近はドライブ中は車の中でも、

ABBAの曲を聴いたりもしています。


私よりもABBAに馴染みのある夫は、

このコンサートに行きたいと、

ABBAのアルバム発表のニュースが流れた時から、

話していて、

私も是非行ってみたいと思っていました。

場所は大好きなロンドンですし!

(コロナの影響で、もう2年近く訪れていない)


コンサートの開催期間は、

来年2022年の5月〜12月まで。

チケット発売からまだ間もないにも関わらず、

一般販売の枠は、期間中、

良い席は既に結構埋まっているようです。

流石は恐るべし、

スーパースターのABBAは

40年経った今でも、

その人気は色あせていないスゴさ。


早速、Banana とともに、

スケジュール調整をしながら、

我が家もチケット入手をしようと

オンラインのチケットサイトと睨めっこ。

来年、夏以降に行けるとよいなぁ。


本物のABBAを見ることは

一生機会が無いでしょうが、

アバターでもよい、是非行ってみたい!

最新の技術を屈指して、

前代未聞の素晴らしいコンサートになるもようです。


『ABBA Voyage(ヴォヤージ)』

コンサートが開催される頃には、

英国のコロナ状況も、

世界の状況もなんとか収束している

ことを願います。


我が家にも、少し先の、

来年のお楽しみが増えるとよいなと思います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村 

懐かしい友人からのメッセージ


IMG_6423

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

スイスに戻って5日が経ち、

ようやく時差ぼけの方も落ち着いてきました。

私とは入れ違いで、

日本の秋は日々深まりつつあるようで、

SNSに投稿される各地の画像を

楽しんでいます。


スイスの秋は、

ほとんどもう終わりに近づいていますが、

先週末はギリギリで、スイスの秋も、

散策しながら感じることができました。


さて、本日はちょっぴり思い出に浸ります。

日本滞在中の後半のある日、

日本在住の懐かしい友人から、

Lineでメッセージが届きました。


インスタグラムで、

私が一時帰国中で、

京都を旅していたことを知り、

メッセージをくれたのです。


その友人E子さんは、

スイスで出会ったお友達です。

スイスへは旦那様のお仕事の関係で、

ご一緒に帯同して来られ、

2年弱スイスに滞在しておられました。


そんな短いスイス生活だったにも関わらず、

とてもアクティブに活動され、

在スイス日本人のネットワークにも、

活発に参加されていました。


私のブログもご愛読くださっていたのですが、

いつも楽しみに通っている

チューリッヒのお料理教室で開催された

ある催しの場で、

彼女と出会う機会がありました。


ブログを毎日読んでくださっていたので、

話は一気に弾み、すぐに仲良くなりました。

同じくお料理教室に通っている仲間達と共に、

お料理教室のレッスンはもちろん、

別の習い事をしたり、ランチに出かけたり、

多い時には週2くらい会っていたと思います。


彼女にご紹介いただいた、

同じくブログ読者だった別の友人とは、

今も仲良くさせていただいています。

短い間だったにも関わらず、

彼女から、色々なご縁をいただきました。


月日は瞬く間に流れ、

旦那様のチューリッヒ赴任も終了となり、

日本へ帰国されることになりました。

それがもう、7年も前のことです。


E子さんは関西のある都市にお住まいで、

その約1年後に、

京都で再会が叶いました。

素敵なカウンターのお料理屋さんで、

ランチをご一緒しました。

きっとその時のことを

思い出してくれたのでしょう。


その後、2年ほどして、

今度は神戸で再会できました。

当時の私はジャパンレールパスを使用して、

一時帰国の際には、

あちらこちらとひとりで旅していました。


思いのまま旅ができて、

今思えば、

呑気で平和な日々だったと思います。

それがもう、4年半前のこと。


また関西方面を訪れる際には、

「連絡をするね」と話して別れ、

その後は一人で関西を訪れる機会もなく、

そして、このコロナの時代がやってきて・・。


時間が経つのは本当に早いことに、

ただ驚かされるばかりです。


彼女はSNSは閲覧が専門のようで、

ご自身で発信されることがないので、

元気でやっているのかわからないまま、

4年の月日が流れていました。


スイスのことは時々思い出すけれど、

目の前の日々の生活を過ごすことに精一杯で、

なかなか Facebook を見る機会がなくて・・

と語る彼女に、

それはきっとそうだろうと思いました。


たった5週間日本へ帰国していた私でさえ、

日本にいる間はやることがいっぱいで、

スイスのことはあまり考える

時間もありませんでした。


昔、すごく若かった社会人だった頃、

3ヶ月ほどカナダのバンクーバーに

語学留学をしていました。

あの美しい夏の日の、

学生生活に戻ったキラキラした思い出、

友人達との出会い、

大好きだったバンクーバーの町、

今でも懐かしく思い、

テレビでバンクーバーの映像が出れば、

画面を食い入るように見つめるし、

いつか、今度は夫と一緒に

訪れてみたいとは思うけれど、

常日頃からいつもバンクーバーのことを

考えているわけではありません。


E子さんもきっと、

同じような気持ちなのだろうと思います。


今と当時が大きく異なるのは、

私がバンクーバーにいた時には

インターネットって、

既に存在していたのかどうか?

メールさえまだなかった気が。

まだ iPhoneもなければ、

Lineも存在しなかった。


だけど今は、

こうやってインスタグラムやLineや、

時間さえあれば、

ブログだって見ていただける。

しばらく会えない時間があったとしても、

きっといつかまた、

再会できる日がやってくると、

信じています。


あともうひと頑張り。

「いつかまた、元気で会おうね。」

と告げて、

その日は会話を終えました。


スイスの皆さんにも、

どうぞよろしくお伝え下さいとのことでした。

きっとスイスには、

彼女のことを思い当たる方々が

いらっしゃると思います。

E子さん、お元気そうでしたよ ♪


またいつか、

みんなで再会できることを願って。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村  
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ