スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

スイス・フランス語圏の町

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


遠くで思う、東京オリンピック2020 〜 オリンピックミュージアム in ローザンヌ


IMG_8754

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

いよいよ23日に開幕する東京オリンピック。

我が家はスイスの自宅で静かに見守っています。


開会式前日までハプニングの連続のようですが、

当日は無事に開幕して、

アスリートの皆さんと、

オリンピック関わる全ての方々が、

安全に競技を進められますように。


本日の画像は、

先日、ローザンヌ (スイス) を旅行した際に訪れた、

オリンピック・ミュージアム

【Olympic Museum】です。


ローザンヌには、

国際オリンピック委員会 (IOC) の本部があります。  

オリンピック・ミュージアムは

レマン湖を一望できる、

ローザンヌの高台にあります。


IMG_8775



館内は東京オリンピックにちなんだ展示の数々の他、

11月21日までの期間限定で、

『SPORT MANGA (スポーツマンガ)』の

特別展示会が開催中。 

IMG_8595

IMG_8616

 
東京2020の展示はもとより、

自分がまだ生まれる前、

1964年の東京オリンピックの展示物や、

札幌、長野など過去の

冬季オリンピックの展示なども、

日本に関するものを目にすると、

やはり思いがこもり、

胸にぐっときてしまいます。

IMG_8671

IMG_8688

世界各地を駆け巡った、

ずらりと並ぶ聖火トーチ、

大画面のスクリーンに映し出される

歴代のオリンピック開会式の様子など見学していると、

オリンピックの長い歴史と、

スポーツを通じての平和、

様々な分野でオリンピックに携わってきた

多くの人々の思いを感じさせられました。


このオリンピック・ミュージアムは、

過去にヨーロッパ内で最も優れた博物館に

投票されるなど、評価の高い博物館で、

ネット上の口コミでも、

『行ってみてよかった』

の満足度の高い場所です。

私も訪れてよかったと思っています。


英国人の夫 Banana は、

今回のオリンピックの状況に関し、

日本は何も悪くないのに、本当に気の毒でならない

と言っています。


人それぞれ、

色々な思いや感情はあると思いますが、

様々な意味において東京2020は、

誰もが忘れることのない、

記憶に残るオリンピックになることは

間違い無いでしょう。


出場されるアスリートの方々も、

このオリンピックが開催されるか否か、

宙ぶらりんのまま過ぎた日々は、

精神面、肉体面ともに、

最高のコンディションを保つのに、

さぞかしご苦労されたことだと思います。


最終的に開催されるからには、

今はただ、遠くスイスから、

出場される皆さんを応戦するのみ。

何とか感染拡大を防ぎ、

東京オリンピック2020が、

無事に終了することを願います。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村

スイス ローザンヌ街歩き


IMG_8272

「スイスの街角から」インスタグラムは 
こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早く、インスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
先日のスイス・ローザンヌへの

旅の記事からの続きです。



ローザンヌはスイス ヴォー州の州都で、

国際オリンピック委員会(IOC)

の本部やオリンピック博物館のある場所

としても有名な都市です。



滞在していたホテルが立ち並ぶレマン湖畔の

ウーシー地区からメトロを利用して、

歴史の残る旧市街へ。

(ウーシー地区にあるオリンピック博物館については後日綴ります)

IMG_8344

ウーシーローザンヌ駅は、

オリンピック博物館への最寄駅でもあります。

天井には世界各国の国旗を持った

オリンピック出場選手たちがいっぱい、必見!


旧市街へと通じる駅でメトロを降りて、

丘の上にそびえる大聖堂

を眺めながらの散策。


旧市街の広場の周りも活気があり、

市民の憩いの場となっていました。

 
大聖堂へと続く階段を登って大聖堂へ。

IMG_8282

IMG_8289

もちろん、美しい聖堂内部も見学しました。

IMG_8320 (1)

IMG_8307

町の中心からちょっと離れて、

少し足を伸ばしたローザンヌ郊外の方にも、

素敵な美術館など、

出かけてみたい場所があります。

次回は是非、

そちらも訪れてみたいと思います。


ローザンヌの旅の様子は、

別の記事を挟んで続きます。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村

ボーリヴァージュ パレス ローザンヌ(Beau-Rivage Palace Lausanne)in スイス


IMG_8075

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

先日まで出かけていた、

スイス(フランス語圏)の都市、

ローザンヌの旅の続きです。




今回、ローザンヌで滞在をしたのは、

ボー - リヴァージュ パレス ローザンヌ
(Beau-Rivage Palace Lausanne)




レマン湖畔に建つベルエポック様式の

歴史ある美しいホテルからは、

湖の向こうに聳えるフレンチアルプスが眺められ、

絶景のロケーションにあります。

IMG_8045

実はこのホテルを訪れたのは2度目。

昨年、同じく世界遺産のラヴォー地区を旅して、

ヴヴェイのホテルに滞在した際、

レマン湖クルーズをしながらローザンヌへ。





前回はこのホテル内にある

アン=ソフィー・ピックのお店、

 「Le restaurant Anne-Sophie Pic」

を利用するための訪問で、宿泊はなし。

昨年訪れた印象で、

次は是非このホテルに宿泊をしてみたいと

思っていたのですが、

たまたま今年は私の誕生日の旅行となり、

夢が叶いました。


各国の歴史的著名人、有名人達も宿泊する

由緒あるホテルは、

アール・ヌーヴォー様式の

優美で豪華絢爛な雰囲気を醸し出しています。

IMG_9077

湖岸のプロムナードから

一歩ホテル内のプレイベートな空間へ入ると、

静寂に包まれた広大な庭園は美しく、

朝晩の散策も楽しめました。


IMG_7958

中庭の白いテラスでは、

朝から晩まで、

お茶やカクテルを楽しむことができます。


夫 Banana もびっくりな、

バナナのアート 🎶

IMG_7964


客室内は全面改装され、設備もモダンです。

IMG_7894

IMG_7922

部屋からのレマン湖とアルプスの眺めは、

それは素晴らしく、

朝昼晩、その姿を変える湖と、

遠くに聳える山々の景観を楽しみました。

IMG_8065

IMG_8177


客室で特に印象的だったのが、

バスルームの鏡に浮かび上がるテレビ。

IMG_7928

滞在中、
ちょうどEURO2020の決勝戦が開催され、

我が家はホテルでテレビを視聴しました。

Banana は室内で、

私はバスルームと部屋を

行ったり来たりしながらサッカー観戦。

IMG_8156

(イングランドの結果は残念でしたが、

それはこの場ではおいておくことにします)


ボー - リヴァージュ パレス ローザンヌの画像は、

インスタグラムでご覧ください。


朝食はレストランのテラスかレストランにて、

ビュフェスタイル。

さすがはフランス語圏だなぁと感じた

美しいセレクション。

IMG_4960

4日間滞在しましたが、

スパ施設と屋内外のプールも素晴らしく、

午前中に付近を観光した後、

午後はのんびりとプールサイドで、

何も考えず、

お気に入りの音楽を聴きながら、

贅沢なリラックスタイムを過ごし、

気分はすっかりリフレッシュ。


従業員の方々のおもてなしのスタイルも最高点。

どのスタッフも礼儀正しさの中に、

フレンドリーで温かみのあるサービスで、

とても快適なステイでした。


近年の中でも、

自分の中でとても印象に残る、

素晴らしいホテルでした。

また来年も宿泊できるとことを願って。


(ローザンヌの旅の記事は続きます。)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ