スイスの街角から

スイス在住20年目。 チューリッヒ湖のほとりに、イギリス人の夫と住んでいます。 カルチャーショックでいっぱい!実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

驚き体験&カルチャーショック!2

スイスの365日の生活について綴ったエッセイ、「スイスの素朴なのに優雅な暮らし365日」が、自由国民社より2024年3月に発売されました。紙書籍とあわせまして、電子書籍も発売中です。


ちょっと驚いたこと…。

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

IMG_3534

本日は、先日旅したアルプス地方

(ベルナーオーバーラント)

の旅の思い出を綴ります。


街を歩いている時、

実はちょっと驚いたことがありました。


先日綴ったブログ記事の続きです ↓ ↓



インターラーケンに滞在中は

ホテルの目の前のメインの大通りを

何度も歩きました。

久しぶりに訪れた山岳地帯では、

美しいユングフラウや、

その他のアルプスの山々の景色を

眺める一方で、

お土産物屋さんにも立ち寄りました。


各店舗には、

アルプスを連想させるものや、

スイスならではの民芸品も並び、

眺めているだけでも楽しい ♪

IMG_5291

そんな中で、

ちょっとびっくりする光景を

目にしました。

それはあるお土産物屋さんの

ショーウィンドウの前を通った時のこと。


ディスプレイされていた

ナイフの並べ方に違和感…。

全部こちら

(歩いている人=お客さん)の

方に刃が向いている!

正直なところ、

ギョッとしました。

IMG_3529 (1)

もちろんショーウィンドウの中ですし、

外から見ているだけならば、

危険なわけでは無いのですが、

夫 Banana とそれを目にして、

なんだか、コワイね…。

と、思うわず声に出てしまい、

感じたことが一致したようです。


日本でならば、

ハサミにしろ、ナイフにしろ、

刃をお客さんの方へ向けて

ディスプレイすることって、

まず無いだろうと思いました。


幼かった子供の頃に、

ハサミや刃物を人に渡す場合、

刃を相手に向けてはならないと

教わりましたし…。


お店のディスプレイに、

そこまで深くは考えない

という方も、

中にはいらっしゃるかもしれませんが、

私の感覚では驚きました。


これも文化の違いなのかな?

と思った、

観光地での、

ちょっと驚かされたシーンでした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・   

服装とお祭り準備 カルチャーショックは続く

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

IMG_1538

この季節に街を歩いていると、

本当にいろんな服装をした人々と

遭遇します。

日中の気温が 17 〜 18℃くらいだと、

厚手のダウンジャケットを

着ている人もいれば、

半袖 1 枚で歩いている人も…。


17 〜 18℃って、

微妙な気温なんだなぁ…と、

人間ウォッチングにも

気を取られてしまいます。(笑)


今週の気温は

ジェットコースター並みの

アップダウンでした。

火曜日は雨が降って、

気温は 10℃ 以下まで下がり、

冬物のダウンコートを着用して

外出したかと思えば、

お天気が回復した木曜日から

気温は急上昇して初夏の陽気に。

半袖姿の人々の姿も目立ちました。


金曜日はひなたを歩くと、

もっと暖かく感じました。

正午すぎに外出すると、

バス停にいた若い女性は

ノースリーブのワンピース姿でした。


流石に早いかな?

とも思いましたが、

ポカポカ陽気だったので、

チューリッヒ市内に到着すると、

私も来ていた薄手のジャケットを脱いで

カットソー1 枚で街歩き。


周りを見回すと、

やっぱりまだ、

厚手のダウンやコート、

薄手のダウンの人もいる。

春っぽい感じのコートを着ている人

もちらほらいましたが、

こちらはかなりの少数派で、

もうコートは脱ぎ捨てて、

半袖姿の人も結構いました。


そもそも春はこんな感じの

気候なので、

以前にも綴りましたが、

春用の素材のコートや洋服を

持っていない人が多いようです。

実はこんな日常的な光景にも、

ちょっぴり驚かされたりすることも

あります。


金曜日のチューリッヒの街は、

月曜日に開催される

「セクセロイテン」に向けて、

お祭りの準備が

急ピッチで進んでいました。


前日にはなかった光景。

フラウミュンスターの上には、

チューリッヒの旗と、

スイスの国旗が飾られていました。

IMG_1457


オペラハウス前に建てられる予定の

お祭りの主役、

「ベーグ(Böögg)」の周りは囲われて、

ショベルカーが

砂を盛っているところでした。

お祭り当日は、

そのボーグの周りを、

中世の騎士に扮した人々が

馬に乗って、

ぐるぐると旋回します。

IMG_1352

で、その作業中の

ショベルカーを目にした時、

ここ最近の中で  

1 番のカルチャーショックを

感じてしまいました。

IMG_1367

なんと、  

作業中のショベルカーの中に  

小さな子どもの姿が…。

 (たぶん、作業をしている彼の?)    

これって、

スイスでは大丈夫なのか? と、

ビックリ!


スイスに住んで、

今年の春で 20 年ですが、

今もなお続く、

こんなカルチャーショックな光景が、

日常生活の中にはあります。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・   

問題がありありだったイギリス鉄道の旅


IMG_9607

イギリスに到着して

ロンドンで 1 泊した後、

翌日は昨年の秋と同じく、

朝 8 時 3 分発の長距離列車で

ロンドン・パディントン駅から

コーンウォールへ。


今回は、ちょっと、

とんでもない体験をした

イギリスの列車の旅について綴ります。

長文ですが、

ご興味がおありの方は

この先へお進みください。


前回のブログ記事からの続きです。




まずはスムーズに辿り着いた前回の旅の様子は

こちらの過去の記事にて。



前回同様に列車の旅が進めば、

5 時間とちょっとで終点のペンザンス駅まで

乗車の予定でした。

ところが今回は、

行程の途中からコーンウォールまでの間が

線路の工事中とのことで、

途中駅のプリマスが終点で、

そこから先は、

なんとバスに乗り換えて

コーンウォールへ向かわなければ

なりませんでした。

スクリーンショット 2024-03-11 6.19.15

イギリスでは数年前から

不定期で行われている

鉄道のストが現在も収束しておらず、

今でも時々行われているので、

イギリス人いわく、

ストに当たらなかっただけラッキー

だということらしいのですが、

日本人の私からすると、

まあ、びっくりなことが山積みの旅でした。


今回も購入したのは 1 等車のチケットです。

途中からはバスになりましたが、

バスは 1 等も 2 等もありません。

まず、出鼻をくじかれたのが、

8 時 3 分発の列車なのに、

8 時直前になるまで、

列車が発車するホームの案内がなく、

表示もでませんでした。


パディントン駅の場合、

各ホームの前に自動改札があります。

(冒頭の画像:2023年10月に撮影)

チューリッヒ中央駅は改札がなくて、

どのホームにも自由に出入りできるので、

そこがスイスとは異なります。


出発のホームがわからないので、

適当に改札の中に入ることもできず…。

その時点でホーム内に

電車が停車していたのは

2 か所だったので、どちらかのはず。

駅の中央あたりで案内を待っていました。

発車の 3 分前の 8 時になって、

ようやくホームの番号が表示されると、

同じような状況で待っていた乗客が

一斉に改札へ向かい、

ちょっとしたパニック状態。


みんな小走りで自分が乗車する車両へ。

1 等車は先頭車両だったので、

改札からは一番遠い場所で、

スーツケースを引きずりながら、

朝から夫婦で、ホームを走る走る〜。


そんな状態だったので、

少し遅れて列車が発車するのかと思っていたら、

予想に反して、ほぼ定刻に出発。

走っていなければ乗り遅れていたかも!

11 時 20 分に到着予定のプリマスまでは、

前回と同じく車内サービスも充実していて、

快適な 1 等車の旅でした。


プリマスに到着すると、

バスが待機していると聞いていて、

バスに乗りさえすれば、

目的地までは辿り着けるので大丈夫。


けれども、

プリマスまでの到着時刻が遅延してしまい、

バスの発車時刻までギリギリ。

そのバスは列車の振り替えなので、

遅延してもバスは発車せずに

待っているはずという理解でした。


この日の列車の終点となった

プリマスへ到着すると、

今度はそこで乗客が一斉に下車し、

バスへ乗り換える人達でホームは混乱状態。


ここでも 1 等車の車両は

出口へと繋がる階段から

一番離れたところに

止まってしまう。(苦笑)


スイスの駅ではほとんどの場合、

1 等車は階段やエスカレーターに

近い位置に停車します。


早足で移動するも、

前方には同じように大きな荷物を持った

乗客達でごった返しているので、

前の人を抜いて走ることはできません。

それでも Banana と二人で

なんとか早足に進み、

ようやくバスまで到着。


数台のバスが目的別に待機していましたが、

ペンザンス行きのバスは

もう他の乗客でいっぱいになっていて、

これ以上は席がないと、

まさかの乗車拒否状態。


流石に、

えーっ!と思ってしまう…。

次の列車に合わせてのバスは

1 時間後です。


すると、

予備のバスの用意があるので、

それで行けるかも? と言われ、

しばらく待っていると、

こちらのバスに乗ってくださいとの案内。


ただし、

あくまでもそのバスは予備のバスなので、

ペンザンスまで直行では

行けない可能性もあり、

また途中でバスを

乗り換えなければならないかも?

とのこと。


プリマスの駅で

バスが出発をする時点では、

乗り換えしなければならないのか、

そのまま直行で

ペンザンスまで行けるのか?

分からない状態での乗車でした。


もしも待機していた最初のバスに

乗車できていれば、

直行でペンザンスまで

到着できていました。

こちらに乗れていれば、

電車の代わりに途中でバスへの

振り替えという感覚で

いられたと思います。


私たちが乗車した

予備のバスのドライバーさんに

質問をしている人もいましたが、

彼の答えは、


「ボクはあくまでも、

今日はスタンバイで待機している

立場だったので、

乗り換えが必要な場合、

それがどこでかは、

自分も分からない。」


のだそう…。

おそらく普段はプリマス周辺だけを

運転しているドライバーさんだったらしく、

カーナビを頼りに運転しているし、

途中駅では待機していた地上係員に、

「ボクは今日はスタンバイだったのだけど、

どこまで続けて運転すればいいの? 」

なんて尋ねているし、

ドライバーさんまで

目的地を知らされていないなんて、

一体どうなることやら…

という感じでした。

スクリーンショット 2024-03-11 7.45.38

もしも Banana と一緒でなければ、

慣れない土地で、

かなり不安だったと思います。

バスは座席が両側 2 列ずつのバスですが、

かなり古いタイプのバスでした。


結局、トゥルーロで

ドライバーさんの交代とともに、

バスも乗り換えが必要で、

朝 8 時 3 分に

パディントン駅を

出発してから約 7 時間後、

約 1 時間半遅れで、

ようやく目的地のペンザンスまで

辿り着くことができました。


終わりよければ、すべてよし

だと考えることにしましたが、

今回は遠かった〜。

ツッコミどころはいっぱいの

イギリス列車の旅という印象は

否めません。


運賃は出発地の

パディントン駅から1 等車で、

通しで購入しなくてはならなかったので、

こんな状態になってしまうと

割に合わないと思ったのが本音です。


工事をやっていたのは

仕方ないとは思うけれど、

結果的には、

半分は 1 等車のサービスだったものの、

あとの半分(以上)は

2 等車以下の待遇だったのが

事実でした。

だったら、

運賃を変えて特別運賃にしないと

フェアじゃない気がする…。


一番フシギだったのが、

ペンザンスまでの

通しの切符を売っているのに、

なぜ、

途中でバスの座席が足りないなんて

事態が起きてしまうのか!?

販売した乗車券の人数で、

目的地ごとにバスを準備していれば

いいだけじゃないのかな? 

と、思ってしまいます。


すごく単純なことのような

気がするのだけど。

理解できない鉄道会社の対応でしたが、

無事にペンザンスへ到着できたので、

よかったと思うことにしました。


他国の鉄道を利用してみて、

普段利用している

日本とスイスのあたり前だと思っていた

鉄道のシステムは、

素晴らしくてありがたいのだと、


意外な体験で実感させられた、

今回の列車の旅でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・  

意外なところでビックリ。


IMG_6121

スイスに戻って数日。

チューリッヒ湖畔の街は、

雨が降ったり止んだり、

夜は雪になることもあるお天気が

続いています。


寒い寒いと聞いていて、

それを覚悟していたので、

意外と今のところは大丈夫な感じです。


今日は雨が止んだ時間をねらって、

久しぶりに近所のスーパーへお買い物。

日中の気温は6℃くらい。

数日前まではお昼も、

マイナスの気温だったそうなので、

これでも少し暖かいようです。


こんな真冬の日に、

花の蕾を目にすると、

なんだか嬉しい…。

IMG_6137

外は風が吹かなければ、

セーターの下にはヒートテックを着て、

ヒートテックレギンスもはいて、

首、手首、足首と、

首のつくところを隙間なく

あったかくしておけば、

それほどの寒さは感じませんでした。


2ヶ月ぶりで、

近所にあるスーパー MIGROS に

行ってみると、

なんと、

クリスマスライトらしき飾りが

まだ残されたままで、ビックリ!

IMG_6150

いつまでこのままなんだろう!?

のんびりとしたものです。

スイスに戻ってきたんだなぁ…

と思いました。


もう一つ、

スイスに戻ったことを痛感したのが、

帰宅してすぐのこと…。

トイレの便座です。

ひゃーっ冷たい!!


日本の温かい便座に慣れてしまうと、

真夏でも、

特に日本から戻った時は、

ひんやりとした便座に

驚かされることもあるのですが、

真冬はとくに…。

ひんやりどころの話ではありません。

思わず、つめたーい!と、

悲鳴をあげそうになりました。


ごく稀に、

温かな便座をつけているご家庭も

あるようですが、

それはあまり一般的ではないのです。


まあ、色々と、

徐々に感覚をスイスモードに

戻してゆくしかないのですが(苦笑)。


本日の冒頭の画像は、

昨日1月16日の朝に撮影した

チューリッヒ湖です。

空も湖うっすらとピンク色に染まり、

真冬の景色になりました。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・  

いかがなものなのか?


IMG_8951

ちょっと、いかがなものか?

と思った光景。

我が家のマンションの敷地内に、

チョークで書かれた、

ラクガキです。


マンションの住人しか立ち入らない

場所なので、

住人のお子さんの誰かが

書かれたことは

間違いが無さそうです。


書いた本人は、

とても綺麗に出来上がった〜

と、満足なのかも?


だけど、この場所、

ちょうど駐車場からマンションへと

移動する通路で、

上は雨よけの屋根がついていて、

雨が降っても濡れない場所なのです。

自動的に流されて

消えることはありません。

IMG_8927

よく見ると、

壁にも落書きがされ、

駐車場の脇に沿っても

同じように色とりどりの

モザイクに塗られています。

IMG_8954

これを最初に見つけたのは

先週のこと。

その後、誰も消す気配が無し…。


小さな子供だけで長時間、

屋外で遊ばせている人はいないし、

みんなが使用する場所に、

自分の子供が

こんな落書きをしたのを

知らなかったということは、

決してないと思うのです。


我が家の住まいは、

全戸賃貸マンションです。

個人の所有ではないし、

もしもそうだとしても、

マンション敷地内の公共の場所です。


百歩譲って、

子供がやってしまったのなら、

大人の人間として、

親が消すべきなのでは?

というのが、

私の個人的な意見なのですが…。

自分が親ならば、

子供と一緒に消すと思う。


そういう、

自分が当たり前だと思っているモラルを、

もう、持ち合わせていない人も

多いのか…?


実は数年前にも同じようなことが

ありました。

それから年月が過ぎていますので、

お子さんも成長し、

その時とは別の子供だと思います。


その際は、

週に一度入る清掃業者の方が、

それらの落書きを見て、

怒っている場面に遭遇しました。

だけど彼は、

それは、

自分の仕事ではないと思ったようで、

マンション廊下やエレベーター、

入り口の周りなど、

普段と同じ清掃だけをして、

落書きは消えずに 1 ヶ月以上、

そのままでした。


あの時は、最終的に、

誰が消したのだろう…?

と思います。


今回のは、

その時のよりも、

かなり派手で、広範囲。


こんな状態がずっと続いても、

スイスの人々は、

子供のやったことだから、

仕方ない… と、思うのかな!?


業者さんを雇って

綺麗にするとなれば、

もちろんお金もかかるし、

管理会社がなんとかするのか、

保護者に責任を課すため、

犯人探しになってしまうのか??

どうなることやら…。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・  
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。 上記以外のメッセージは受けつておりません。現在、コメント欄は閉じさせていただいています。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ