スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

驚き体験&カルチャーショック!2

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


衝撃的な光景


IMG_4892

「スイスの街角から」インスタグラムは 
こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

本日、午前中に買い物に出かけて、

お昼前に自宅に戻ってみると、

自宅マンション、1階の入り口で、

衝撃的な光景を目にしました。


この乱雑に積まれているモノは、

マンションの住民宛に届いた配送物です。

全てスイスポストを通し郵送で送られたもの。

地べたに無造作に置かれたものが、

同じ人あてなのか、

複数の住人宛なのかは、

他人様の配送物を確認していないので不明。

IMG_4895

DHL やFedexなど、

エクスプレス便を使用した場合の配達物は、

現在はコロナの影響で、

こちらがサインレスを希望の場合、

マンションの階下に

置いていかれることもありますが、

一般的には上記の配送の場合、

日本と同様に、

基本的には自室まで配達をしてくれます。


けれどもスイスポスト(郵便局)の場合、

コロナ以前から、

配送物は住まいのマンションの階まで配達せず、

1階の入り口前に置かれて行くのが

意外にも普通のスイススタイルなのです。

(スイスポストでは、

住まいの階まで上がって配達希望の場合、

追加料金がかかるようです。)


我が家の地域では、

複数の局員が交代で配達をしているらしく、

同じ1階に置いておくのでも、

一旦チャイムを鳴らして、

こちらが在宅していて

1階のオートロックを開けた場合、

ドアの中に入れて、

廊下に丁寧に並べておいてくれる局員もいます。

この配達員を局員Aさんとすると、

明らかにAさんではない、

乱暴に人様への配達物を扱う

他の配達員が存在することが、

配達時の状態でわかるのです。


こちらを局員Bさんとすると、

以前から、

Bさんの配達方法は乱雑だと思っていました。

Bさんの場合、

こちらが在宅していて

1階のオートロックを開けた場合でも、

配達物は外に置きざり。

雨が降っていてもです。

ひさしがあるとはいえ、

横殴りの雨の場合、

配送品が入った箱は濡れます。


その人の性格だと言ってしまえば

それまでですが、

郵便局の内部で

配達時のそういった取り決めが出来ていないのも、

やっぱりここは、

外国なんだなぁと感じてしまいます。


ある日夫 Banana が外出から帰ってきた際、

ちょうどBさんらしき人が自宅の前で、

郵便局のバンから配達物を取り出して、

配布しているところに出くわしたそうです。

で、

配送品を郵便受けの下(地べた)に、

ポンポンと投げているのを目撃。

細かなことにはこだわらない夫も、

流石にその光景には、

空いた口が塞がらなかったと言います。


だけどまあ、

屋外に放置それたそれらが

盗まれないところもスイスなのですけど。

英国人の夫いわく、

英国ならば、10分で全て盗まれてしまう〜

のだとか!?

本気の言葉なのか、

イングリッシュ・ブラックジョークなのか?

ロンドンの都会育ちなので、

そういう印象が強いのでしょう。


スイスポストに関しての

これらは我が家だけに限らず、

サインが必要な郵便物が届くのを、

外出もせずに終日待っていたのに、

チャイムを鳴らさずに

郵便局員に不在票を入れられてしまった

などのトラブルは、

複数の知人達からも耳にしたことがあります。


日本へ一時帰国すると、

一番と言っても良いほどに、

以前は当たり前のことだと思っていた

日本の配送業者さん達の、

丁寧さや時間の正確さなど、

ありとあらゆる至れり尽くせりに

感激してしまう私。


久しぶりに目にしたビックリな光景。

今日の配達は、間違いなく局員Bさんでしょう。 

IMG_4894


それにしても、

壊物では無いにしろ、段ボール箱を置くのに、

せめて宛名と文字が上になるよう

置けないものなのかと、

日本人の私はいつも感じてしまう。


またか〜! と思いつつも、

何度目にしても慣れることのない、

カルチャーショック。

衝撃的な生活風景です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村 

土足はやめてぇぇ〜!


IMG_0962

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

前回のブログ記事からの続きです。

 

業者さんが2名でやってきました。

管理会社から先の連絡で、

業者さん1名+オーナーの計2名 

かと思っていましたが、

やってきたのは20代の男性と、

職業見習い中らしい、

10代半ばに見える若いスイス人男性2名。


入り口で挨拶をした彼ら。

家の中へ入る前に準備したスリッパ

(新しいものなので)

を履いてくださいとお願いしたところ、

快く靴を脱いでくれました。


最近はもっと大人世代の業者さんだと、

「ここ(玄関前の廊下)で脱ぎましょうか?」

と、先方から尋ねてくれることもあります。


20代の男性の方はマスクを着用していましたが、

若い方はマスクを着けていませんでした。


こんなこともあろうかとコロナ以来、

業者さんが家に入る時、
 
私は入り口のドアの前に椅子を設置し、

その上に手指消毒液とマスクを

置いています。


私もマスクを着用しているのを見て、

若い方の青年もこちらがお願いする以前に、

置いてあったマスクを着用してくれました。


業者の方が家に入る度、

過去にも何度も感じたことですが、

こういうところが、

スイスの若い世代は素直で気落ちがいい。

とてもありがたく、助かります。


手指消毒液は二人とも使用しなかったけれど、

そこまでは強要できません。

(過去には人によっては、

自ら使用してくれた業者さんもいた)


点検する場所が家の中の天井だったため、

そのまま室内かと思いきや、

せっかくスリッパを履いていただいたのに、

屋内を見る前にそのスリッパのまま、

屋外のバルコニーへ直行。

屋根を最初に見たかったようです。


ああっ〜〜

とは思ったけれど、

自分が入り口で履いてくださいと頼んだので、

仕方がない。


屋内に入った後、

まずは天井を確認するのだと思っていたので、

スリッパをお願いしたのですが・・。


ちょっと目が点になっていたところで、

もう一度ドアのベルが鳴り、

ドアを開けたところ、

マンションのオーナーのRさんが目の前に。


Rさんは80代前半くらいの、

見た目も典型的な、

スイスのおじいさんです。


そっか、やはり彼も来たのか

と、思う暇もなく、

こちらから招き入れる前に、

靴を履いたまま室内に、

一歩、二歩、三歩・・。


まさかとは思っていたけれど、

コロナ以前と全く変わらないRおじいさん。

「ちょ、ちょっと待ってくださーい!!」

とほぼ絶叫の私。


慌ててもう一足の新品使い捨てスリッパを準備し、

なんとか履き替えていただくことに成功。

しかし、彼もそのままバルコニーへ。


この時点で、

なんか違和感あるなぁと思いつつ、

よく見ると、

Rおじいさんはマスクを着用していませんでした。

土足で入ってきたことに

あまりに驚き過ぎて、

最初にその部分を見落としてしまった。


まあ、室内で会話をしたのはほんの数分で、

数カ所の窓は開けていたし、

こちらもマスクを着けていた。

(しかも私はワクチン2回接種済み)


その後はバルコニーへと移動し、

会話のほとんどは屋外だったので、

今回は仕方ないと、

自分に言い聞かせるしかありません。


それにしても、高齢者でも、

こんな感じの人もいるんだなぁ。


Rおじいさんはバルコニーの上で、

屋根の上でチェックをする

若者二人(彼らも屋外ではマスクを外していた)

と、スイスドイツ語で話しながら、

意欲的に何かを指示している様子。

いつも変わらずにお元気です。


若者たちは屋根の上にのぼるため、

バルコニーで履いてきた靴にまた履き替えで、

ちょっと申し訳ない気がしました。


屋根から降りた後も、

お互いの距離は保たず、

バルコニーの上でノーマスクで会話する3人。

年齢的に見て、

おそらくRおじいさんもワクチンの接種は

終わっているのだと思いますが、

若者たち二人は微妙。


もしもRおじいさんが

ワクチンを接種していないとしたら、

もうちょっと注意した方がいいんじゃない??

と、老婆心ながら思えてしまいました。


スイスのコロナ、

増え続けているのが、

なんか、わかる気がしてしまった。


3人はバルコニーで履いていたスリッパのまま、

屋内にカムバックですが、

どこを歩いたか分からない、

外から入ってきた靴を履かれたまま、

家の中を歩かれるよりも、

自分的にはずっと良し。

彼らが帰った後にウェットタイプの

スイス版クイックルワイバーで掃除しようと、

その場は諦めました。


若者たち二人は、

バルコニーから室内に戻る際には、

またきちんとマスクを着用していました。

屋根にのぼるために履いた靴を、

またスリッパに履き替えてくれて、

ゴメンね・・。


私もマスクを着用している、

その様子を見たRおじいさん、

3人がマスクしているのを見て、

そこでようやく、

自分がマスクをしていないことに気がついたらしく、

"あっ" と小声をあげて、

両手で口を隠す〜!


「もう終わりましたし、

大丈夫ですよ。」

と声をかけるしか無い私。

遅過ぎ〜(苦笑)


Rおじいさんは悪い人ではありません。

ただちょっと、

いつもデリカシーが無いと言う印象。

古いタイプのスイス人なんでしょう。


屋根の方は修理が必要らしく、

昨日のは下見で、

また業者さんが入るそうです。

賃貸住居なので、相手の言われるがまま。

気が重いけど仕方ない・・。


なんだか東京の持ち家が恋しくなってしまった、

カルチャーショックな日でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村

あーあ、やっぱりここはガイコク


IMG_0826

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

久しぶりにやられてしまいました。

つい昨日、

バーゲンセールの靴を

半額で購入できてラッキーだった・・

と喜んでいたのも束の間、

今度は、

「ああ、やっぱりここは外国なんだんぁ。」

と感じさせられた洗礼です。


最近、靴づいている私ですが、

今度はバーゲン対象ではない商品を、

ネットショップを通じて購入しました。


利用したサイトは、

以前のブログ記事にも掲載していた Zalando。

Zalando はベルリン(ドイツ)を拠点とする企業ですが、  

アパレル関連の商品を欧州17カ国で販売する会社で、  

利用しやすさと商品の品揃えで、

スイスでもまず知らない人はいないだろう、

多くの人々が利用しているショッピングサイトです。


昨年、初めて利用してみましたが、

問題なく満足できました。



今回はスニーカーなのですが、

今度は、ここ数年愛用している

"ポール・グリーン(Paul Green)" という、

ドイツで創設されたメーカーの靴。

【本社:オーストリア】


近所を散策する時に履いている靴よりも、

ワンランク上のメーカーで、

タウン履き用として愛用しています。


この会社は日本にも輸出していて、

国内の有名百貨店などでも

商品を取り扱っていることから

数年前に初めて出会いました。


日本の顧客向けに、

日本仕様のオシャレ系の


スニーカーや靴も、国内ではありました。

コロナの影響もあってか、

日本向けの特別仕様で製造されているものは

減っているのか、

現在は欧州で流通している商品が、

そのまま日本へも輸出されているようです。


春に都内の百貨店で購入し、

現在履いている春夏用のスニーカーが

とても履き心地が良く、

しかもお洒落でとても気に入っており、

次回に一時帰国した際には、

日本の自宅用にもう一足同じものが

欲しいと思っていたところ、

たまたまネットサーフィンしていた Zalando で、

同じものを発見。


この靴は日本仕様ではなく、

欧州で流通しているものだったんだな

と思いながら、

価格をチェックすると、

当然ながら、

こちら(欧州)で買った方が安い!!


しかも、

日本のサイトで日本の価格をチェック

(また 笑)すると、Zalando 価格で、

日本で購入した価格よりも、


約15,000 円も安い! ずっと安い!!

自分に合うサイズが1足だけ残っていたので、

散々迷った結果、

この機会を逃すまいと注文しました。


前回の Zalando を利用した体験からすれば、

問題なく商品が手元に届くはずでした。


注文の流れから配送のお知らせまでは、

簡単だしスピーディーで、

前回同様に問題なし。


一昨日の夜に注文した商品は、

スイスポストを通じて今日、届くはずでした。


ところが本日、

予定通りに商品が入っているはずの

「箱」は届いたものの、

持ちあげた瞬間、おかしい。

箱が絶対に軽過ぎるのです。

大人用の靴が入っている重さではない。


慌てて箱を開けて中身をチェックしてみると、

なんと、注文したポール・グリーンではない、

子供用の靴が入っていました〜。

ガーン。

思うわず、いやーーん!と叫ぶ。

IMG_0829

もちろん注文した商品は間違っていません。

何度も確認して

最終オーダーのボタンを押したし、

注文確認メールに記載されている内容も、

注文後の商品の画像も、

自分が注文したもので合っていました。


間違った子供用の靴と

一緒に入っていた注文書も、

私が注文した内容になっています。


明らかに梱包・配送作業の際に、

先方でなんらかの手違いがあったことは確か。

あーあ、

なんでこんなコトが起きてしまうのだろう。


早速お問い合わせフォームから

問い合わせをしてみたところ、

すぐにメールで回答がありました。


内容は、

"間違った商品をお送りしてしまい、

申し訳ございません。

すぐに間違って送ってしまった商品を

送り返してください。

あいにく在庫がないため、

商品が到着次第に返金いたします。”

とのこと。


Zalando は大企業なので、

問題や返品があれば、

すぐに返金という流れであることは、

以前から耳にはしていたので、

手元に届いた間違った商品を見た時から、

おそらくこういう流れになるのだろうな

とは予想はしていました。


日本ならば、

"すぐにお調べして、

正しい商品を早急にお届けします。

大変申し訳ございません。"

という流れになるところなのでしょうが、

やっぱりここはガイコク。

仕方ありません。


こちらの流れでは、

間違った商品  → 返品 → 返金 →(自分で)再注文 

となるようです。


きっと私が受け取るはずだった靴も、

間違って他の人に届いたはず。


けれども、Zalando では、

返品商品は全て一括廃棄という

噂を耳にしたことがあります。

会社の規模が大き過ぎるため、

一点一点を人がチェックして、

その処理を行うよりも、

戻ってきたものは、全て捨てた方が、

人件費がかからない!?

という内容の噂です。


確かに、

スイスの物価が高いことの大きな理由は、

人件費(お給料が高い)であることは

間違いがないので、

誤った情報では無いような気もします。


上記がもしも事実であるならば、

あいにく私が注文した靴は、

最後の1点の在庫だったため、

残念ながら諦めるしかないでしょう。


そばでこの流れを見ていた、

昨夜、出張から戻った夫の放った言葉、


「13日の金曜日だから。」


そんなの関係ないでしょ〜。

と、

ツッコむ元気も、今日は無いワタシ。


まあ、長い海外暮らし、

こんな日もあります。


誰も褒めてくれないので、(← 夫のこと)

今回のやりとりをドイツ語で、

全部一人で頑張った自分を、

少しだけ褒めることにします。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村
 
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ