スイスの街角から

スイス在住 21 年目。 チューリッヒ湖のほとりに、イギリス人の夫と住んでいます。 カルチャーショックでいっぱい!実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

スイス&ヨーロッパのニュース

スイスの365日の生活について綴ったエッセイ、「スイスの素朴なのに優雅な暮らし365日」が、自由国民社より2024年3月に発売されました。紙書籍とあわせまして、電子書籍も発売中です。


新CTスキャン導入 国際線 空港の保安検査にて


IMG_7683

日本への一時帰国を終え、

約 6 週間ぶりに、

スイスに戻りました。

日本を出発をしたのが 7 月 2 日、

夜の ANA の便で、

フランクフルト(ドイツ)を経由して

3 日の朝にチューリッヒへ戻ってきました。


というわけで、

一足早くなってしまい、

日本の新紙幣の発行とすれ違い。

お目にかかれずで残念でしたが、

次回のお楽しみです。


スイスのお天気は、

夫 Banana や友人達から聞いていた通り、

今ひとつで、

チューリッヒ湖畔の街は

どんよりとしたグレーの空。

昨日は午後から雨も降りました。

スイスには梅雨は無いはずなのに、

なんだかすっきりとしない空模様です。

ですが、

来週にはお天気も回復するそうです。


さて、

今回の一時帰国で国際線を利用して、

気がついたことがありました。

スイスへの戻り便で利用した羽田空港、

フランクフルト空港でのことです。


以前は保安検査での

機内持ち込みの手荷物チェックの際、

液体は所定サイズのビニールの袋に入れて、

PC などの電子機器類は

バッグから取り出して

荷物検査に通さなければなりませんでしたが、

この手間がなくなっていました。


いずれの空港でも、

検査台で PC を取り出そうとすると、

その場にいた係の方に、

「出さなくて大丈夫です。」

と、案内されました。


羽田空港では、

日本の検査技術が進歩して

そうなったのかな?

と思っていました。

フランクフルト空港でも

同じように案内されたので、

何かシステムが変わったのか?

と思い、

スイスへ到着した後、

夫 Banana にこの件を尋ねてみました。


すると、

イギリスの空港も同様で、

CT スキャナーの新システムの導入に伴い、

各地の空港で徐々に、

今までの手間を省けるように

なっているそうです。


イギリスの場合は、

ロンドン ヒースロー空港ではまだで、

少し遅れているそうですが、

小規模の空港では

すでにスタートしているところも

あるのだそう。


チューリッヒ空港では、

5 月に日本へ出発した際は、

まだ新システムは導入されていなくて、

液体と PC をキャリーケースから取り出して、

検査台に置いた記憶があるなぁ…

と思っていたところ、

ちょうどタイムリーな話題が

報じられていました。



チューリッヒ空港でも、

この新 CT スキャナーの導入が

7月 3 日 水曜日から、

スタートしました。

CT の新テクノロジーにより、

いわゆる遠隔検査が可能になったのだとか。


セキュリティ担当者が

検査台のすぐ横で荷物の中身の画像を

確認する必要がなくなり、

別の部屋から作業できることを意味し、

静かな環境でより集中して、

確認作業が可能となったのだそうです。


年に何度もチューリッヒ空港から出発し、

国際線を利用していますが、

PC や液体を取り出すのが

毎回かなり面倒でした。


今後はチューリッヒ空港でも、

液体やデバイスの取り出しが

不要となります。

夏休みを前に、

空港の保安検査の混雑が緩和されることが

期待されます!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・  

スイスの観光名所で起きた事故


IMG_3241

一時帰国での日本滞在も、

残すところ、

あと数日になりました。

何度体験しても、

なんだかちょっぴり寂しさを感じてしまう、

スイスへの戻り前の数日です。


さて、久しぶりにスイスの話題です。

数日前のニュースより。

スイスの観光スポットの一つとして知られ、

このブログでもたびたび登場する

ブリエンツ地方のギースバッハ滝で、

転落事故が発生したそうです。




ギースバッハ滝については、

私も今年春(5月)にアルプス地方を旅し、

ブログ記事にも綴ったばかりでした。



IMG_3209

ギースバッハ滝に転落したのは、

ハイキングに来ていた家族だと見られ、

男性と幼児が滝に落ちたのだそうです。


事故が発生したのは先週の日曜日。

月曜日も大規模な捜索が続けられましたが、

二人は現在も行方不明中のままなのだそう。


なぜ、そんな事故が起きてしまったのか、

捜索と調査が進行中とのことです。

事故の原因はまだ明確ではないようですが、

転落した男性は舗装された道から外れ、

滝に近づきすぎた見られるそうです。


1ヶ月半ほど前に

実際にその場所を訪れました。

滝の周りの一部は、

轟々と音を立てて流れ落ちる水しぶきが

遊歩道まで落ちて、

濡れて滑りやすくなっていて、

注意が必要だと思いました。


とは言え、

滝の周りは柵やロープが張られ、

よほど無理な体制にならない限り、

容易に滝に落ちるとは思えない印象でした。

IMG_3251

IMG_3277

あくまでも私の推測なのですが、

もしかしたら、

より映える画像や映像を撮影しようと、

無理をされてしまったのかも…

という気もしてしまいました。

最近、スイスの山や観光地でも、

ものすごく危ないな

と思ってしまう旅行者らしき人々の姿を

度々目にすることがあるからです。

ことの真相はまだ明らかではないので、

あくまでも想像する範囲なのですが…。


私が訪れた春は、

アルプスの雪解け水が勢いよく

流れ落ちていた時期で、

特に水量が増していました。


事故当日の水量や、

詳しい経緯も調査中とのことです。


自然豊かな美しくて、

楽しいはずの場所で起きてしまった、

悲しい事故のニュースでした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・    

空からお金が降ってきた!


画像

スイス国内旅行の記事の途中ですが、

本日は久しぶりに

スイスのニュースをお届け。

チューリッヒ市で発生した

奇想天外なニュースの話題です。


先週の土曜日、

チューリヒ市内の湖岸にある公園

ヒナヴィーゼ(Chinawiese)上空から

ドローンが 10 スイスフラン紙幣で

24,000 フラン分のお札を

投下したのだそうです。


このことについては、

事前にソーシャルメディアを通じて

呼びかけが行われていたのだそうで、

そのキャンペーン!?

を知った数百人が、

ヒナヴィーゼの芝生の上に集結。


その場にいた人達の目撃情報によると、

突然、頭上からお金の雨が、

集まっていた若者たちの頭上に

降ってきたそうですから、ビックリ!!


この出来事の背後には、

Tiktok のユーザーが関わっていると

考えられているようです。

ある Tiktok のチャンネルでは、

その様子を表した漫画とともに、

事前に発表されていたのだそうです。


この空から降ってきたお金騒動で、

12 歳の少年が重傷を負い

病院に運ばれる事態となってしまいました。


情報誌の取材に対し、

Tiktoker の男性は、

「大規模なアートプロジェクトの

一部である。」

と答えているそうですが、

実は背後には、

飲料会社の関連企業が

関係している可能性が高いと判明。


チューリヒ市警察によると、

ドローンを使用したキャンペーンの申請は、

警察には届いてはおらず、

事件を捜査中とのこと。


普段は市民の憩いの場所としても知られる

のどかな公園なのですが…。

IMG_1413

お金に群がる人々の映像が

各サイトで拡散されていますが、

それを目にすると、

ただ単純に怖いです。

もっと大勢の人が集結していて、

将棋倒しにでもなろうものならば、

大惨事にもなりかねません。


若者達が中心になって使用する

Tiktok での発表だったことで、

数百人の集結で済んだのかもしれません。


10 フラン = 日本円で約 1,700 円

(2024年 5月 15日の換算レート)

のために、

私は身の危険をさらしたくはないと

思いました。


だけど、これがもしも、

1,000 フラン紙幣だとしたら、

(スイスには 1,000 フラン紙幣が存在する)

私も情報を聞きつけていたとしたら、

行ってしまうのかも!?


時と場合によっては、

自分も他人のことは言えませんね…。


ちょっと驚きのニュースでした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・   

国外追放の怪文書🇨🇭


スクリーンショット 2024-04-26 0.52.13

今週に起きたスイス国内での出来事です。

スイスに居住する外国人のうちの

一部の人々が、

スイス連邦が発行したように見える

偽書簡を受け取ったそうです。



その内容は、

国外追放をされることになったと

知らせるための手紙で、

連邦政府のレターヘッドに

記載されていたそうなのですが、

それは連邦政府が送ったものではなく、

全くの偽物、

フェイクレターでした。


手紙の発送者は現在も不明のままです。

フェイクレターの見出しには、

「2024 年 12 月 31 日付けで、

在留資格の取り消し」

とあるそうで、

その下には手紙を受取った人が

なぜスイスを出国しなければならないのかが

法的な口調で説明されているのだとか…。


一見、本物に見える

フェイクレターだそうですから怖い。


このブログ記事は、

スイスの情報誌 20 Minuten をもとに

綴っていますが、

その情報誌の記事を担当した

記者の元へも、

そのお知らせが届いたのだそうです。

スクリーンショット 2024-04-25 23.58.53

手紙の中には、

滞在許可証の B パーミットと

C パーミットを所持する人々が、

規制の影響を受ける可能性があるとも

記載されているのだそうです。


手紙を受け取った人々は、

それがフェイクだとはすぐには気が付かず、

ちゃんとした仕事をしているのに、

なぜスイスを離れなければならないのか?

と不安になったと言います。


奇しくも我が家は夫婦揃って、

今年の 5 月がちょうど、

スイスの滞在許可証の

C パーミットの更新ですので、

もしも私が受け取っていたとしたら、

信じてしまいそうな内容で、

もうこれは、

怪文書に匹敵します。


そして私も、

「なぜ急に、

スイスから追放されなければならないの??」

と思うでしょう。


我が家はたまたますでに、

住まいの役所で手続きを済ませ、

移民局での手続きを待っている

タイミングでもあるため、

何か自分たちに不備があって、

スイスを強制退去!?

なんて思ってしまったかも…。


さまざまな州、専門分野、言語地域の

異なる国籍の人々に

影響を及ぼしていると言いますから、

本当に恐ろしいなと思います。


手紙にはお金の請求などは

示されていないため、

金銭を奪う詐欺行為ではないことは

確かなようです。


ただし、

滞在許可を持つスイス在住の外国人を

対象として送られた手紙のため、

残念ながら、

人種差別の疑いがあるのは明らかだと

ニュースには綴られています。


では、なぜ、

スイスに住む外国人を特定して

手紙が送られたのでしょう?

それには、

SEM(Search Engine Marketing)

が絡んでいるようです。



手紙を送った犯人が特定された場合、

犯人は文書偽造だけで

最長 4 年の懲役刑に処される

可能性があり、

裁判所がさらなる犯罪絡みだと

みなした場合、

刑罰はさらに重くなる可能性が

あるそうです。


世界中には

いろんな考えを持つ人がいますから、

人種的な様々な出来事は、

スイスだけではなく、

外国に住んでいれば、

誰もが一度は直面するだろう

壁だとは思います。

それは、

日本に居住する外国人も

同じなのかもしれません。


だけど、

こんな形で現れたことに、

私もショックを感じました。

いろんなことが起きるのだと実感する、

とても気がかりなニュースでした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・   

スイスのヨーデル ユネスコ無形文化遺産へ!?

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

IMG_1022

スイスはヨーデルの

ユネスコ文化遺産認定を

目指しています。


スイスは、

同国の伝統の一つである

「ヨーデル」を、

ユネスコの無形文化遺産への登録に

加えたいと考えており、

ユネスコの無形文化遺産リストに

登録するための申請をしたことが、

今週の火曜日に

スイス連邦文化庁により

発表されました。



同局が発行したプレスリリースでは、

ヨーデルは国民の間に

しっかりと根付いた

模範的で特徴的なスイスの習慣だが、

それをさらに発展させて、

次世代のために保存するための

取り組みが必要である

と述べています。


続けて、

ヨーデルの世界はスイス全土で

この先もより良く結びつき、

若い才能が開花することになる。

とも語っています。

文化庁によると、

12,000人のヨーデル奏者のほとんどは、

連邦ヨーデル協会の

780 グループのいずれかに

所属しているのだそうです。


ユネスコは、

無形文化遺産保護条約を通じて、

建物や空間ではなく、

地域社会の慣行や行事、

社会的交流に重点を置いた文化遺産を

保護することを目指しているそうです。


それには、

口頭表現、お祭り、

伝統的な職人技なども含まれています。


この先の 18 か月近く続く

評価の手続きと

審査のプロセスを経た後、

ユネスコは 2025 年末に

スイスの伝統ヨーデルを

無形文化遺産のリストに

登録することを決定する

可能性があるそうです。


もしも予定通りに叶えば、

ワイン生産者のお祭り、

ヴヴェイの

フェット・デ・ヴィニュロン、

バーゼルの

ファスナハト、

山岳地帯の牧草シーズン

アルプセゾン、

オーストリアと協力した

雪崩リスク管理 

などに加え、

無形遺産に加わることになります。


昨年の夏、

ちょうど 3 年に一度開催される、

ヨーデルフェストを訪れたのですが、

スイスで受け継がれてきた

伝統の素晴らしさを、

目の当たりにしたばかりでした。

IMG_1181


そのときの様子を、

インスタグラムで公開しています ↓


少し先のお話ではありますが、

ヨーデルが無形文化遺産に

登録される日が、

とても楽しみな気がします。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ    人気ブログランキング

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・   
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。 上記以外のメッセージは受けつておりません。現在、コメント欄は閉じさせていただいています。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ