スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

スイス&ヨーロッパのニュース

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


世界に広がるスイス生まれの「on」シューズ


IMG_0575

スイス生まれの「On」(オン)は、

ランニングの世界を変えるという

大きな目標をかかげ、

2010年にチューリッヒでスタートしました。


「On」は創業から10年余りで、

日本を含む世界50ヵ国以上、

約700万人以上の愛用者を持つ

スポーツシューズメーカーとなりました。


チューリッヒでは、

市内に大型店舗がある他、

デパートの Jelmoli に

広い面積の売り場があります。

9FBEF967-84B6-44E4-9A94-1E5DE9321CD7

その「On」が、

チューリッヒ、ニューヨークに次いで、

今度は近々ロンドンに、

フラッグショップをオープンさせます。

スクリーンショット 2023-01-20 2.04.30



場所はロンドンの中心、

メインショッピングストリートの

リージェント・ストリート(Regent Street) です。


実は昨年10月にロンドンを訪れた際、

リージェント・ストリートを歩いていて、

Coming Soon 

のサインを一等地で目にし、

わぁ〜、遂にロンドンへも進出するんだ!

と、思っていたところでした。


「On」は数々の国際的な賞も受賞。

テニス界のレジェンド、

ロジャー・フェデラーと共同開発したシューズが

発売されるなど、

勢いはとどまることを知らず、

進化を続けています。


ランニングシューズから

町歩き用のタウンシューズまで、

男女問わずに愛される「On」シューズ。

人気の秘密はなんといっても、

その軽さと履き心地。


本国スイスでは、

履いている人を見かける確率がとても高く、

ビジネスマンもこの靴を履いて出勤しています。


夫 Banana も「On」の愛用者。

実はスイスの ”Onあるある” は、

あまりに人気のメーカーのため、

彼の職場やその他、

至る場所で全く同じ色、

同じデザインの靴を履いている人に

度々遭遇してしまうことが多く、

少々気恥ずかしい思いをすることもある!?

そうです 🎶


そんな、"あるある"、悪くないなぁ…。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

チョコに不安を抱く


IMG_9398

チョコレートに関するニュースに、

不安を抱いています。


チョコレートメーカーのハーシーは、

同社が有害なレベルの金属を含む製品を

販売しているとされ、

米国で訴えられたとのこと。

昨年末に入った、英国BBCのニュースです。



訴えた消費者側は、

同社が 3 つのダーク チョコレート バーに含まれる

鉛とカドミウムの量を開示しなかったことで、

消費者に誤解を与えているとの言い分です。


消費者側は、

「知っていれば、

その製品を購入しなかっただろう」

と、主張しているそうです。


気になったのは、実はその先。

米国の雑誌 Consumer Reports (CR) による

最近の調査結果によると、

各社の28 枚のダーク チョコレート バーの

鉛とカドミウム含有量をテストしたところ、

ハーシー、ゴディバ、リンツのチョコレートを含む

23 種類のチョコレートに

「比較的高い金属が含まれている」

との検査結果が出たそうです。


専門家によると、

有害である可能性があるレベルを超えている

との声もあがっているのだそう。


スイスのチョコ、

しかも、リンツが含まれていたことに、

ショックを覚えました。


我が家は、

夫はダークチョコレート派、

私はミルクチョコレート派です。


夫 Banana は毎日夕食後に

ダークチョコレートを2粒食べていますが、

リンツ(Lindt)ではなく、

フレイ(Chocolat Frey)で、

私はリンツのミルクチョコ。


Chocolat Freyは

上記のニュースにおいての

調査対象外でした。

こちらはスイス国外には

あまり出回っていないので、

対象商品としてあがらなかったのでしょう。

逆に、不安が残る気はしますが…。


大丈夫かなぁ…

と、夫婦で話し合いましたが、

今のところ我が家は、

チョコを食べるのをやめるまでには

至っていません。


先日、スーパーに行くと、

リンドールのダークチョコだけ

セールになっているにも関わらず、

その商品だけが在庫ドッサリで、

売れ残っていました。

この関連のニュースが関係しているのか、

全くの偶然だったのかはわかりませんが。


私はリンドールの塩キャラメル味が

最近のお気に入りなので、

セール対象ではなかったけれど、

そちらを購入。


チョコレートに関することは、

消費量が多く、

チョコ大好きなスイス人にとっては

とても重大で、繊細なトピックのためか、

この件にまつわるニュースを

スイス国内ではあまり目にしません。


スイス国内でもきちんと調査をして、

安心させていただけることを願っています。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

残念な決定


IMG_5224

日本では中国からの入国者・帰国者に対して、

入国時の検査、

出国前検査陰性証明書の提示等、

臨時的な水際措置が実施されていますが、

スイスでは、EUからの勧告に反して、

中国からの旅行者の検査義務は

今後も無しとするそうです。


今週水曜日に開催された連邦評議会で、

中国から飛行機で到着する人々に対する

措置に関しての、

EUからの勧告について議論されました。

結果、当面の間、

スイスでは中国からの旅行者に対する

強制検査は行われないこと、

陰性証明も、特に必要としない 

などが継続と決定。

その根拠は

現在の疫学的状況によるそうです。


✴︎ 以下がその根拠だそうです ✴︎


スイスの人々の多くは、

Covid 19 疾患の重篤な経過に対して、

高いレベルでの保護を受けている。

多くの人がワクチンを接種をしているか、

既に感染を経験している。 

現在、スイスではウイルスの蔓延が

非常に多いため、

飛行機で中国から到着する

比較的少人数に対しての強制検査は、

スイスでのウイルスの拡散に

ほとんど影響を与えない。


とのこと…。


そうなのかもしれないけれど、

普段ならば分散される欧州への旅先が

一気に全く制限のないスイスへ、

集中してしまうことは予想されます。


EU諸国では、日本同様、

到着時の検査を導入しています。

先日、イタリアへ到着した中国からの到着便の

乗客の半数が陽性だったと

ニュースで報道されていましたが、

スイスへ到着する飛行機も

似たような状況なのかもしれません。


この先、

旧正月、夏の休暇シーズンと続けば、

全く入国制限のないスイスには、

中国から大勢の旅行客がやってくることは

間違いないでしょう。


まだ一度も感染していない私は、

ちょっと怖い気もしてしまうのが

本音ではありますが、

まあ、いろんな人が集う町に

ノーマスクで出かける機会がある以上、

リスクは同じなのかも。


決定したことは仕方ない。

自分の身は自分で予防して

守るしかなさそうです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
Lineでブログの更新情報が届きます。

ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ