スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

おススメ!観光スポット

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


スイス ツェルマットの村(1)


IMG_1246

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

前回からの続きです。






今回の旅は、電車(列車)を利用しました。

下記、

● チューリッヒ出発から、
ツェルマット到着までの画像と映像 🚞

● ツェルマットの村の様子、画像と映像 🇨🇭


【続きます】

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 




ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

中世のお城は魅力がいっぱい(スイス・トゥーン湖畔 オーバーホーヘン城)


IMG_7537

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

前回のブログ記事からの続きです。



トゥーン湖畔のスパホテルで

のんびりとくつろぎ、

ホテルのチェックアウトを終えた帰り道、

中世の趣を残す外観が美しい

オーバーホーヘン城(オーバーホーフェン城) 

(Schloss Oberhofen=ベルン州)

を訪れました。

スクリーンショット 2021-07-05 23.13.49

トゥーン湖岸に建つオーバーホーヘン城は、

中世中期に建てられたお城です。

塔は12世紀に、宮殿は13世紀初頭、

城内にある小さなチャペルは15世紀頃に

建立されたそうです。


城内の一部は、

現在博物館として運営され、

中世の時代のスイスの貴族達の生活風景を、

垣間見ることができます。

IMG_7476

IMG_7552





館内への入場料は10フラン(大人)ですが、

前回の記事でご紹介したホテルにて、

「トゥーンカード」という

この地域の観光地各所を割引で使用できる

トラベルカードをいただけたので、

20%引きの8フラン(1人x 2枚)で

入場できました。


お城の中は、

中世の時代の雰囲気がそのまま残されていますが、

CGなどを使って

モダンスタイルにアレンジされた箇所も多々あり、

とても興味深く見学できました。


当時の貴族の生活とともに、

使用人達の仕事場の様子や生活風景も

保存されていてます。

国は違いますが、

日本でも大ヒットした英国のドラマ、

ダウントンアビーの世界のようでした。

IMG_7498

厨房の中のドアの前を通ると、

センサーが反応し、

ドアが自動的に開きます。

スクリーンショット 2021-07-06 19.01.28

下働きだと見られる女性が登場し、

仕事の不満を大声でまくしたてる(ドイツ語で)

仕掛けに驚きました。


城内と庭園の画像は「スイスの街角から」の

インスタグラムでご覧下さい。




IMG_7533

手入れが行き届いたお城の庭園も美しいのですが、

その周りが公園になっていて、

ここがまた素敵でした〜。

IMG_7568

トゥーン湖を眺めながら歩ける遊歩道が続き、

夏場の今は、

ちょうど花々も咲いて綺麗でした。


公園にあるこの緑のトンネルは、

シデの木で作られたもの。

IMG_7577

木漏れ日を浴びながら、

緑のアーチをくぐり抜け。

とてもロマンチックな雰囲気で、

爽やかな夏の香りがしました。

IMG_7574

🌿 シデのアーチの中の動画はこちら(インスタ)より 🌿


花で彩られたスイスの国旗の花壇は、

トゥーン湖をクルーズすると、

ちょうど湖からも眺められる作りです🇨🇭

IMG_7560

中世のお城は、

城の中にも外にも、魅力がいっぱいでした。


前のブログ記事にも書きましたが、


まだまだ自分の知らなかったスイスが

たくさんあります。


今年、この先の我が家の夏休みは、

スイス国内をあちらこちらと数回に分けて

巡る予定です。


また近いうちに、

美しいスイスの旅の様子をお届け致します!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村

秋空の下でハイキング ♪

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

前回の記事、

世界一急勾配のケーブルカーが誕生!
(Stoos in Switzerland)

からの続きです。


シュトースバーンは、長さ1720m、

高低差744mを山頂駅まで約4分で結びます。

BlogPaint


確かに肉眼で見ても、かなりの急勾配!

BlogPaint

出かけた日は土日ではなかったし、

ケーブルかーがリニューアルされて、

約10ヶ月も経っているので、

さほど混み合おうとは予想していなかったのですが、

それは大きな大間違い!


お昼前に到着すると、

麓にあるケーブルカー乗り場に隣接する

駐車場は既にいっぱいで、

その場所から300メートルほど離れた

第2駐車場にかろうじて駐車できました。

その先には、第3駐車場も解放されていました。


駐車場から麓駅までは、

無料のシャトルバスが出ており、

特に不便を感じる事はありませんでした。

土日だと、もっと混み合うのだと思います。


チケット売り場も混雑。

BlogPaint

5分程並んでチケットが購入できました。

SBBの1/2-Tax(Half-fare card)も使用でき、

運賃は往復で大人ひとり 11フラン(CHF11) でした。

【2018 年10月現在】

※ Half-fare cardを使用しない場合、往復でCHF22

Stoosbahnen / Stoos railway


快晴だった事もあり、

ピークシーズンと区分けされていたようで、

15分間隔でケーブルカーが来ました。

BlogPaint

BlogPaint

山の上の村までは、ケーブルカーで4分程。


スイスの山はどこを訪れても、

このような分かりやすい案内(道しるべ)が

至る場所に立っています。

BlogPaint

村から、更に上に登って行く

トレッキングコースもありましたが、

私達夫婦は普通のスニーカーでも歩ける、

平坦なイージーハイキングコースを歩きました。

小さなお子様連れのご家族も、

たくさん歩いていました。

シュトースは、

ファミリースポットでもある場所です!

BlogPaint


のんびりとした時間が流れる、

のどかで可愛らしい村です。

BlogPaint

BlogPaint

村には多くの、

フェーリエンヴォーヌングと呼ばれる

休暇用のマンション(いわゆる別荘です)

が立ち並び、

スキーシーズンには長期滞在の人々で賑わいます。

小さなホテルや、

スパ付きのリゾートホテルもあります。


そのホテルのレストランで、ランチ休憩 ♪

日替わりランチのレモン&白ワインの

リゾットをいただきました。

予想外と言っては失礼ですが、美味しかった〜。

BlogPaint

ランチの後は、更に歩きました。

山の上から見渡す、

フィアバルトシュタッテーゼー(冒頭の写真)は、

いつ眺めても、本当に美しい

おそらくスイスの数ある湖の中で、

自分が一番好きな湖です。


山のハイキングも楽しかったし、

世界一急勾配を走るケーブルカーにも乗車できたし、

何と言っても秋晴れのお天気に恵まれ、

自然に触れながら、

秋の素晴らしい1日でした。


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ