スクリーンショット 2021-09-11 17.48.51

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

スイスでは現在、

Covidと今年の悪天候の影響で

ジャガイモの収穫に影響を及ぼし、

ポテトチップスが不足しています。


Switzerland is running out of potato chips due to
Covid and poor summer weather (The Local Switzerland)



今年の夏はスイス全域で、

一時期に絶え間なく続いた降雨と、

一般的に悪天候が続いたため、

ジャガイモの収穫が期待外れだったそうです。  


ジャガイモに限らず、

家庭菜園を楽しむ人々の間でも、

今年は野菜の育ちがよくなかったという声を

よく耳にします。

我が家のベランダ菜園も同様でした。


一方、コロナ禍が続く中、

レストランには出かけず、

家でポテトチップスを食べる人々による需要は

30%増加しており、

これらを組み合わせると、

スイスではポテトチップスの不足の危機が

迫っているそうです。


コロナが無かったとしても、

一般的にスイスでは、

ポテトチップスが人々に

とても好まれている印象があります。


製造元のチップスメーカーでは

今年は十分なジャガイモを確保できず、

海外から少なくとも20,000トンを輸入する必要が

あると伝えています。


スイスのポテトチップスで有名な企業

Zweifelの報道スポークスマンは、

この段階では不足がどれほど深刻になるかを

判断することは不可能だが、

12月までは小売店の棚に並ぶ商品に

影響が及ぶだろうと述べています。  


畑がいっぱいに広がるスイス。

ジャガイモの自給率は90%とのことですが、

ポルトガル、イタリア、ドイツ、オランダなど、

ヨーロッパ諸国からの輸入にも頼っており、

今年は輸入を増加させる必要があるようです。


スイスで一番人気のチップスといえば、

パプリカ味のポテトチップスが最強 ✨

スクリーンショット 2021-09-11 17.48.38

18年前にスイスにやってきた際には、

初めて耳にし目にした、

"パプリカチップス" でしたが、

これがスイスの人々にとっては、

無くてはならない永遠のロングセラーです。


現在ではもちろん、

多種多様なポテトチップスが出回っていて、

様々な味わいを楽しむ人が増えています。


自宅のストックを確認すると、

「スイスのポテト」というより、

我が家にたまたまあるものは、

商品自体が全て海外からの輸入品でした(笑)

IMG_4783

ということは、

スイスメイドのメーカーのチップスが

品薄になったとしても、

どうしても欲しい場合には、

何かしらは手に入るのだろうと思います。


とはいえ、

こんなニュースを目にすると、

昨年の春頃、

トイレットペーパーがほんの一時期ではあるものの、

スーパーから消えた日の記憶が一瞬だけ蘇ります。


チップス好きな人が買いだめして

商品がスーパーの棚から

無くなってしまうことは無いとは思いますが、

ちょっと気になってしまった、

スイスならでは〜!?

とも感じたニュースです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村