IMG_5721

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

季節が夏へと移り変わる中、

町のお店に並ぶ季節のフルーツも、

初夏から真夏のものへ変わり始め、

初夏のフルーツと真夏のフルーツが、

店頭には一緒に並んでいます。


日本では冬から春にかけてが旬のいちごは、

スイスでは春の終わり頃から出始め、

初夏ごろがちょうど旬です。

IMG_5755

スーパーやマルクトへ行くと、

初夏のフルーツのいちごが

まだ並んでいますが、

夏のフルーツのさくらんぼやメロン、

スイカも登場しています。


私の住むチューリッヒ州では、

いちごはスイスの国産ものや、

イタリア、スペイン、

そして、フランス(甘くて美味しい)

などからの輸入品が中心で、

お店に並んでいます。


家庭菜園でいちごを植える人も多く、

ガーデンセンターには、

様々な種類のいちごも ♪

IMG_5093

昨日出かけた近所のスーパーの

ガーデンコーナーにも、

いちごの鉢植えが売られていました。

IMG_6009


可愛い薄ピンクのいちごの花。

IMG_6016

スイスのいちご(苺)と言えば、

スーパーの週替わりセールなどで売られている

低価格のいちごは、

硬くて酸っぱいイメージなのですが、

スイス(ドイツ語圏)の

トゥールガウ州で作られるいちごは、

甘くて美味しいいちごです。


その中でも、

いちごの品種「LAMBADA(ランバダ)」は

トゥールガウ州で作られる高品種で、

とても甘くて、柔らかくて、美味しい苺です。

【下記の画像は、2020年撮影】

IMG_9735

けれども、これらはとても稀少ないちごです。

柔らかく繊細で、いたみやすいこともあり、

賞味期限は収穫した日と、その翌日までくらい!?

遠方には配送ができないのだそうで、

トゥールガウ州とその近隣

(チューリッヒ州など)にだけ、

短期間で出回るようです。


なかなか手に入らないため、

ファームの販売所など直営農家や、

チューリッヒのデパ地下などで、

たまたま見つけられた時にだけ

買い求めて味わえる、

まさに幻のいちごです。

巡り会えた時には、かなりラッキー。


例年だと今頃出回るはずなので、

昨年このいちごを目にした

いくつかのお店でも尋ねてみましたが、

先週の時点では、

まだ出ていないとのことで残念。

各所で、

「今週、出るかもしれないし、出ないかもしれない」

と、あやふやな回答でした〜。

お店の方でさえわからない稀少品なのです。

今年は食べそびれてしまいそうな予感も。


幻のいちごの入手はなかなか困難なので、

我が家は普段はスーパーで、

パック入りのいちごを購入します。

IMG_6039

これらでも、

グレードの高いものを選べば、

甘くて柔らかく、美味しい!


いちごのシーズンが終わりに近づくと、

今度はスイス・ツーク州の

大粒であまーいさくらんぼが、

個人的にはお次の楽しみです。

13e1a58e

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村