ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

55

2020年に開催される東京オリンピックの様子が

日本のニュースで伝えられる度、

その日を待ち望みワクワクと心待ちにしている自分なのですが、

ここスイスでも冬季オリンピックの開催候補地として

名乗りをあげる都市に期待が寄せらています。


10年以上自分がスイスに住んでから、

オリンピック誘致に関する情報は度々耳に入り、

その度に期待が出ては、消え、また出てが消え・・

という残念なニュースが続いていました。


スイスで過去に冬季オリンピックが開催されたのは、

1928年と1948年にサンモリッツにて二度なのだそうです。

なんだか、遠い昔の話なのだなぁという印象です。


スイスの冬季オリンピック候補地といえば2013年に、

2022年の開催を目指し、

サンモリッツ
【グラウビュンデン州】が名乗りをあげていましたが、

住民の大半が興味を示さず(= 国民投票で否決され、立候補を断念した)


という残念な結果に終わりました。


今年2月12日の グラウビュンデン州

(サンモリッツとダボス)
国民投票でも、

オリンピックを開催する件は否決されました。



その約1ヶ月後、スイスのオリンピック委員会は、

2026年の冬季オリンピック開催に向け、

新たにシオン(ヴァレー州の州都)

を候補地として支持することを表明しました。

Sion ready to be Switzerland's official bid for the 2026 winter Olympics(The Local)


同委員会によれば、

シオンは、過去2回のサンモリッツで開催された条件同様、

スイスでの第3回目の冬季大会を開催するホストとなる権利を得るための

すべての基準を満たしたと、

大会執行評議会は述べたとの事です。

   
この決定は4月11日にスイスの86の連盟と

スイスの国際オリンピック委員会の委員からなるスポーツ議会によって

正式に批准される予定との事です。

   
この提案(シオン=ヴァレー州での開催)には、

ヴァレー州と
ヴォー州の合同入札という方法が進められるのだそうで、

2つの州の14の町、


ローザンヌ、シャンペリー、クランモンタナ、ヴェルビエ、ツェルマットなど

でオリンピックのイベントが広がる計画なのだそうです。


2016年10月のニュースの内容によると、

モントルーも
上記に前向きな姿勢を見せていました。


その際のブログ記事はこちら

スイス モントルーが冬季オリンピック開催地に立候補!(2016年 10月22日)


シオンはカナダのカルガリー、日本の札幌、

オーストリアのインスブルックらと共に、

オリンピック開催の実現を目指し、対抗候補として闘わう事となりそうです。


過去(直近)のオリンピック開催地の記憶を辿ってみると、

2014年:ソチ(ロシア)、2010年:バンクーバー(カナダ)。


将来は、2018年: 平昌(韓国)、2022年:北京(中国)です。


海外に住んでいながらも、もちろん日本人の一人として、

札幌での開催に期待を寄せる気持ちはあるのですが、

平昌、北京の次にアジアで冬季が3回続くかな?

と思ってもみたり、

カナダはバンクーバーで数年前に開催されたばかりだし

とも感じてみたり・・。


と、考えてみると、前後の開催地との関係から、

2026年は、

スイスかオーストリアで決定される可能性は大なのではないか?

と、期待してしまう自分です。


2026年、きっとその時はあっと言う間にやってくるような気もしますが、

個人的な事を考えてみると、今から9年後の2026年には、

我が家はもうスイスには住んでいないかもしれません。


そんなコトを考えると、なんだかシンミリ。

実はちょっぴり寂しい気もしてしまいます。


IOCは2019年に、

2026年冬季オリンピックの開催地を決定との事です。


ブログランキングに参加しています。
「スイスの街角からを」応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。大変お手数ですが、"1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。
(いずれも別窓で開きます)



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村