ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

BlogPaint

本日3月3日はお雛様。

しかし我が家にとっては、それ以上に特別な日です。


最近ブログには登場していなかった英国人の夫 Banana ですが、

6年前の3月3日は彼が命に関わったかもしれない大手術を受け、

その手術が無事に成功した日です。


昨年他界した英国の義母(Bananaの母)は当時既に高齢でしたが、

義理の妹と共に英国からスイスへ駆けつけてくれました。


手術の当日、彼らはチューリッヒ大学病院のカフェで待機。

私は一人きりで手術室前の待合室で待ち、

長い時間、不安な気持ちに押し殺されそうになりながら、

ただ無事であるを祈る事しかできませんでした。


手術成功の知らせを聞き、家族の待つ病院のカフェへと急ぎ、

公衆の面前で人目もはばからず、

3人で涙を流しながら抱き合った日の事が、

まるでつい昨日の事のように思い出される反面、

もう、ずっーと前の遠い記憶のようにも感じられます。


あの時の記憶と思いを今でも大切に感じる自分と、

現在はすっかり元気になり、

まるで大手術から生還した事を忘れてしまいそうなほど

多忙な日々を過ごす Banana を見ていると、

つい何事も無かったかのように感じてしまう自分の気持ちが

交差しているのだと思います。


現在 Banana はアメリカ出張中です。

今回はサンフランシスコからサンディエゴへも移動し

美しいビーチ、ラホヤ (La Jolla)  にも1泊だけ滞在。


昨日は毎度ながらのハードなスケジュールをこなしながらも、

元気にビジネスをこなしている様子が写メで送られてきました。

BlogPaint


そのとき私は、夕暮れ時の雨上がりのチューリッヒの街にいました。

BlogPaint

こんな時、いつもながら感じてしまう、

世界はとっても広いのに、なんだか狭いような気も・・。


毎年この日を迎える度、何年経っても変らない事は、

当たり前に元気で毎日を過ごせる事への感謝の気持ちと、

ついつい日々の幸せを忘れそうになり、

 Banana と喧嘩したり、

不満を漏らしてしまいそうになる自分への戒めの日。


この日が昨年までとは大きく異なるたった一つの事は、

今年は彼の母がもうこの世にいない事。

その事実が残念でなりません。


本日スイスへ戻る Banana のために、

いつも元気でいてくれる事への「ありがとう」の気持ちも込めて、

ちょっと奮発をして、今夜は美味しいものをたくさん作って、

自分なりの小さなお祝いをしようと思います。


ブログランキングに参加しています。
「スイスの街角からを」応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。大変お手数ですが、"1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。
(いずれも別窓で開きます)



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村