ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

56
(2017年2月12日、午後3時頃の投票状況)

先日、

イメージの問題!?(2017年 1月13日)

のブログ記事で触れておりましたスイスの国民投票、

【 スイスで生まれ育った第3世代の移民達が、

スイスのパスポートを手に入れやすいようにする法案 】

が、本日2月12日に行われています。


この国民投票については、

先日のブログ記事でも少し綴りましたが、

スイス国内の駅を中心に掲げられていた

外国人排斥派(右派)のスイス国民党【SVP】 

のポスターが人種差別的で、 表現が不適切であると、

反対派の市民運動も繰り広げられ、

いろんな意味で大きく注目がされていた国民投票です。

IMG_5730

現在(12日 午後3時過ぎ)時点では、

全体の59パーセントの票が上記

(第3世代の移民達が、 スイスのパスポートを手に入れやすくする)

について、


「Ja (Yes)」=「賛成」


に投票されています。


スイスの情報誌 20 Minuten のライブ速報のサイトでは、

各州(カントン)毎の

「Ja (Yes)」/「Nein(No)」のパーセンテージが

ライブアップデートされ、伝えられています。

59 Prozent sagen Ja zur leichteren Einbürgerung(20Minuten 2017年212日)

(サイトの ↑ ↑ ↑ 地図上で、各州にポイントを合わせると、

その週の Ja または Nein の数値が表示されます。)


現在(午後3時過ぎ)チューリッヒ州では、

63.18 パーセントがイエス、36.82 パーセントがノー

という途中経過。


多くの人々が、オンラインか郵送で投票するそうなので、

午後に発表されている数字がほぼ投票結果となるようなのですが、

さて、最終的な結果の発表はいかに・・。


2/13 追記:(続報)
最終的な公式結果によると、

スイスの26州のうち19州の支持「イエス」が「ノー」を勝り、支持されました。

(今後移民の孫達は、スイスのパスポートを取得するため、

いくつかの過程を省く事ができるようになるのだそうですが、

ただしそれにはまだ長いプロセスもあるようで、

市民権の承認は依然として自動となる訳では無いとの事です。)



ブログランキングに参加しています。
「スイスの街角からを」応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。大変お手数ですが、"1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。
(いずれも別窓で開きます)



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村