ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

43


スイス各地の駅に貼られている新しいポスターが、

波紋を呼んでいます。


'Unfair' burqa posters shake up Swiss naturalization debate(The Local)

Rail passengers complain to SBB over burqa posters (The Local)


そのポスターとは、

2月12日に開催されるスイスの国民投票


スイスで生まれ育った第3世代の移民達が、

スイスのパスポートを手に入れやすいようにする法案


に反対する、

外国人排斥派【右派】のスイス国民党(SVP)が作成したもの。


ポスターにはブルカを着用した女性が描かれています。

この法案の反対派によれば、

このブルカを身につけた女性は、

うまくこの国に統合されていない "外国人" が、スイス人になる可能性を感じている。

ブルカ=「統合の欠如の象徴」

という意味合いなのだそうです。

 

ポスターは
9日の月曜日に公開され、

スイス連邦鉄道(SBB)
の駅に貼られています。


しかしその直後から、

それを目にした一般市民からSBBへの抗議が殺到。

一部の政治家も、

この法案とブルカとは関係がないと言い、

ポスターを罵倒しているとの事で、

多くの国民もそれに同意しているのだそうです。


ある鉄道利用者は、

「宗教の自由は、第3世代の外国人の帰化を促進するものとは何の関係もない」

と指摘。


スイスで生まれ、長く暮らし働いてきた多くのイタリア系移民達にとっても、

良い結果となるだろうと意見を述べる人もいます。


12日(木曜日)の朝の時点では、

677人がFacebookのグループ

「So nicht、SBB!」
に参加し、

鉄道会社に対し、ポスターを削除することを訴えています。

(1/12 19:00 過ぎの今現在でチェックしてみると、

915人が参加と人数も膨らんでいました)
 


SVPのポスターといえば、

2009年に発表された白い羊が黒い羊を蹴っているポスターが

あまりにも衝撃的で、

日本も含め、世界中のメディアからも注目を受けた事も

まださほど古い記憶ではありません。


25

かなりセンシティブな問題だと感じるのですが、

さて、今回のポスターは撤去されるのか? 

国民投票が近づく日までそのままなのか?

今後の行方に注目です。



ブログランキングに参加しています。
「スイスの街角からを」応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。大変お手数ですが、"1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。
(いずれも別窓で開きます)



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ