BlogPaint


日に日に秋が深まり行くスイスの街角・・。

ここ数週間、スイスでのプライベートな行事が続き、

ブログ記事にもスイスの話題が続いていましたが、

このブログは個人(私)の記録用としても活用しており、

先日のロンドン旅行の記事が途中となっておりますので、

スイス国内での出来事の記事の合間に、

引き続きロンドンの話題を更新する事にします。


スイス以外の話題にもご興味がおありのみなさまのみ、この先にお進み下さい。


今回はこの旅行で宿泊したロンドンのホテルについて・・。


前回のブログ記事、

くまモン in ロンドン ♪(動画付) からの続きです。


宿泊したのはロンドンのシアター地区の中心に位置し、

コヴェントガーデンやトラファルガー広場までも歩いて数分の場所にある

「ワンオルドウィッチ ロンドン」

One Aldwych London(公式サイト)

BlogPaint


今回も、ザ・リーディングホテル

「The Leading Hotels of the World」

のメンバーであるロンドンのホテルに宿泊しました。


通りから眺めた建物(薄グリーンの屋根)が利用したホテル。

BlogPaint


ここは元モーニングポスト新聞社のビルで、

歴史ある建物を現代風に甦らせたトレンディなホテル。

一流建築家が設計したコンテンポラリーデザインの素晴らしいホテルは、

今、ロンドンのホットな場所のひとつです。


ホテルロビーに隣接するラウンジ。

昼間は軽食やアフタヌーンティー、夜は素敵なバーになります。

BlogPaint


とっても素敵な雰囲気のラウンジとバーは、

ロンドンを舞台とした映画やドラマに登場しそうな世界。

BlogPaint


私たちもこのバーは滞在中利用しましたが、

バーの利用者は宿泊客以外も多く、

近くに勤めているらしい銀行員風の人やアーティスト風の人々 など・・。

お洒落で洗練された雰囲気の人々が集う場所でした。

BlogPaint


実は前回宿泊したホテルがとても気に入った私たち夫婦は、

再び、「ザ・ランドマークロンドン」を予約しようと試みたのですが、

この度の旅行は日にちが迫ってから急に決定したロンドンへの旅で、

あいにく希望のホテルが満室であったため、

こちらのホテルに宿泊する運びとなりました。


しかし結果的には今回はここにして、本当によかったと思います。

もしもこのホテルに宿泊をしなければ、

既に何度もロンドンを訪れている私たちは、

観光名所のトラファルガー広場周辺に近づく事もなかったでしょうし、

そこでロンドンで年に一度盛大に開催される「ジャパン祭り」に

偶然にも遭遇する事も決してなかった!

本当にラッキーでした。


ちなみに上述の

「ザ・ランドマークロンドン」に宿泊した際の記事は こちら


最高に美味しい!ロンドン話題の創作お寿司とジャパニーズタパス ♪




今回宿泊した「ワンオルドウィッチ ロンドン」(Deluxe Room / 1King Bed)の室内。

BlogPaint


ご覧の通り、部屋はさほど広くは見えませんが、

これでも大都会・ロンドンの中心部のホテルの中では広めの方だと思います。


もちろん館内と各々の室内には、WIFIが完備。

BlogPaint



バスルームには、シャワーブースとバスタブが別々に付いています。


(デラックスルームの場合)


BlogPaint

BlogPaint



お部屋の窓からは、

都会の街に沈み行く、美しい夕陽を眺める事ができました。


BlogPaint



朝食の一部。

BlogPaint



フルイングリッシュブレックファスト

の他、

エッグベネディクトや、








BlogPaint



スモークサーモン&トースト

など・・。










こちらはホテルを出て、

通りを渡ったところにある橋の上から眺めた朝の風景。

BlogPaint


別の記事を挟むとは思いますが、

ロンドンの旅行の話題については、今後も続きをアップ予定です。


ブログランキングに参加しています。
毎日のブログ更新の張り合いとなりますので、
"1日1回" 大変お手数ですが、
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。





お時間がおありの方は
こちら もどうぞよろしくお願いします。(別窓で開きます)


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村