ブログネタ
海外生活 に参加中!

今回はインドから入った危うくトラブルに巻き込まれかねなかった、

電話詐欺の体験です。


これは数年前から英国をはじめ、最近ではスイス・ドイツなど、

ヨーロッパ各地で流行している詐欺です。

みなさまもどうぞご注意下さい。


そして少し長いのですが、

ご興味がおありのみなさまは是非おつきあい下さい。


india01_16384253

(写真はイメージ)



昨年秋頃の事です。

ある朝1本の電話がかかってきました。

ちょうどその頃、夫 Banana は転職に向け自宅勤務をしており、

朝シャワーを浴びないと目が覚めない私は

シャワールームに入っている真っ最中でした。


バスルームから出て来ると、

私がシャワーを浴びている間に電話応答した Banana が言うには、


 "Windows のセントラル・コントールセンター"


というところから電話があって、

ここ数日、


"我が家のコンピューターから

エラーメッセージが流れているので、

PCが悪意の高いウィルスに感染している可能性が高い、

至急対策が必要との事・・。"



更に Banana の話をよく聞くと相手は、


「Windows を使用していますか?」


でも、


「お宅には Windows を搭載したPCがありますか?」


でもなく、


『お宅の Windows からエラーメッセージが出ているので、

今スグにチェックをして下さい・・。』



とアプローチをしてきたのだそう。


後から考えてみるとこれは、ほとんどの家には、


Windows の入ったコンピューターがあるだろうと予測した、

ダメもとで、

しかし数打てば当たるかもしれないと相手側が予測した、

悪質なサギ の電話でした。



実際に対応した夫は、


お宅の Windows からエラーメッセージが出ている・・。


のくだりで、

彼自身はコンピューターはMACを使用している事と、

私もブログの更新を始め、最近ほぼMACを中心に使用しているとはいえ、

一応かなり年期の入った別のPCも保持しており、

そこには Windows が入っている事から、

私のコンピューターに何か問題が発生しているのかもしれない

と、最初の印象ではそう感じたのだそう。


それで相手には、

私がシャワー中ですぐには電話に応答出来ない事を伝え、


"30分後にもう一度電話を下さい。"


 と言い、一度は電話を切りました。


私がシャワーから出ると Banana の開口一番、


「今、世界の Windows をコントロールしている、

セントラルコントロールセンターというところから

キミのPCからエラーメッセージが出ている、

コンピューターが悪質なウィルスに感染しているかもしれなかいら、

チェックが必要だと言われ、

後からもう一度電話をしてもらうように伝えたんだけど、

なーんかヘンなんだよね~。」


PCがウィルスに感染しているかもと聞いて

パニックになりそうだった私ではあったものの、

話しの流れを聞いていると、なんだかおかしい・・。


「Windows のセントラルコントロールセンターってヘンじゃない!?

そんなのどこにあるの??」



と問いかける私に、

Banana も電話で話しをしていたその時は、

エエッー?? と一瞬は思ったらしいものの、

冷静になってよく考えてみると、

Windows のセントラルコントロールセンターってどこだ?

それに相手はインド訛りの強い英語を話しており、

背後ではコールセンターのような他のオペレーターが

話しをしているザワザワとした雰囲気も感じとられ、

なんだか様子もヘンだった・・・。


それで、次の電話がかかって来る前に、

ネットでそれらしき事柄をチェックしてみると、


ありました、ありました!


2年程前からまずはイギリス国内をターゲットに、

インドの "カルカッタ" から広まっている、

超悪質な電話サギ!!



英国内の被害に遭いそうになったある男性は、

やはり最初のアプローチで奇妙な事に気がつき、

夫と全く同様に一旦電話のコールバックを依頼。

その間に調査し、それがサギである事を確信。

その後にまた同じ相手から電話がかかってきた時の様子を録音し、

ネットで被害例として公開していたのですが、


強気な男性(被害者側)の、


「私はおまえが誰だか知っている、

カルカッタから電話しているんだろう!!」



の問いかけに、

それまで丁寧に、しかし、しつこく対応していた加害者(インド)は、

いきなり声色高々に暴言を吐き捨て、電話をガッチャン!


この様子をネットで見た後、更に検索をすると、

あるわ、あるわ、(その当時)ほとんどは英国内での被害例。


以前に日本で呼ばれていた詐欺をも連想させる、

まさに、インド版  "オレオレ詐欺"

とばかり、


何百件、何千件と電話をかけまくれば、

中にはそれを信用して、

(詐欺者の)指示通りにそのサイトへ行き、

PCに言われるがままのパスワードを入力すると、


"コンピュターを乗っ取られる"


というしくみらしいのです。


そして予備知識をたっぷりと蓄えたほぼ30分後に、

我が家にも再度、その問題の電話がかかってきました。



(後半へと続きます。)



ブログランキングに参加しています。
毎日のブログ更新の張り合いとなりますので、
"1日1回" 大変お手数ですが、
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。





お時間がおありの方は
こちら もどうぞよろしくお願いします。(別窓で開きます)


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

 

携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村