みなさまは

 "Fly to Japan"計画 というプロジェクトを

お耳にされた事がありますか?


OF-AC044_jrt_fl_G_20111227021101

写真はウォール・ストリート・ジャーナル日本版より)


これは、

東日本大震災で落ち込んだ外国人観光客の日本誘致に力を入れるため

日本の観光庁が昨年の秋に発表した計画で、

放射能汚染によってのイメージダウンにより激減した世界からの旅行客

を日本に呼び戻すためのプロモーションとして、

外国人1万人
を日本に無料招待する計画で、

その1万人は専用サイトを通じて公募する予定、


「応募者の旅行計画などが審査に合格すれば、

日本への往復航空券を提供する・・。」


という内容。


来日する旅行者への条件は日本滞在中にインターネットで世界へ情報発信、

(1)来日旅行の計画書を出す

(2)自身のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)や

 ブログで感想を書く


(3)日本の印象に関するアンケートに回答する



の主に3点。


"口コミ" で世界的に 日本滞在の安心・安全を広げる効果

見込む方針だったのだそうですが、

この日本を是非訪れてみたい外国人にとっては夢の計画・・。

詳細はその後に発表との噂のまま

全くその後の展開が発表されないままになっていたのですが、

先日12月に発表された内容によると

日本の2012年度の予算審議が進む過程で予算が降りず、

結局計画は水の泡と消えてしまったのだそうです。


日本を訪れてみたい外国人によってはガッカリな結果、

そして世界からの観光客の回復に期待の日本へも

残念な結果となってしまいました。


実は Banana をはじめスイスの私の周りの友人知人の間でも

この計画のニュースが発表されて以来、

プロジェクトに興味津々の人々がたくさんいて、

特に国際結婚をされている方々や

海外にご家族やパートナーがいらっしゃる方々などから

詳細はいつ発表されるのか? 

無料で日本に行けるのならこれを機会にブログを始めてみようか・・

等と、

期待の声が上がっていました。


予算が降りなかった原因のひとつとして、


「被災者のみなさま支援のために世界中から寄せられた義援金が、

無料航空券の提供に使われると思われたくない・・」


との声もあるようですが、

まさか世界中の人々が日本のために送った義援金を外国人の日本旅行のために

使用するなんて誰も思うはずはないとも感じるのですが・・。

実際に海外での今の状況はその逆で、

世界から集った義援金の使用法(その後の行方)が

海外には全く聞こえてこないため、

善意の義援金が本当に被災者のみなさまのお手元に間違いなく渡っているのか?

人々は更に日本支援をする準備はありながらもその事が明瞭にならない限りは

日本政府を信頼出来ず、日本への募金はしばらく見合わせて様子をみたい・・

という外国人も自分の周りだけでも複数存在する事も事実で、

政府の対応は日本国内だけに限らず、

世界でも疑問視される声が挙がっているが現実。


先に述べた "Fly to Japan"計画 では往復の航空券だけが無料で、

日本での滞在費その他の旅行にかかる諸費は自腹での清算との事でしたので、

計画が実現すれば

日本の安全を世界へアピールする事が出来るだけではなく、

経済効果にもつながったのでは無いかと思うのですが・・・。

とても残念なニュースでした。



外国人無料招待、予算認められず(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)


外国人1万人に無料航空券・・観光庁11億円予算(YOMIURI ONLINE)



ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、下の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村