スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


クリスマスマーケットは、ワクチン接種証明付きで。


スクリーンショット 2021-11-19 1.14.21

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

昨日は久しぶりに、

雲の隙間から青い空が眺められました。

IMG_7659

外の空気は冷たいですが、

数日の間、

太陽の光を浴びていなかったので、

なんだか気持ちがリフレッシュされた気がします。

今日もお天気は落ち着きそうです。


いよいよ来週の木曜日から、

チューリッヒ市内各所の

クリスマスマーケットが開催予定です。


今年はチューリッヒ オペラハウス前

(Wienachtsdorf)の

マーケットも復活するそうです。

オペラハウス前から

セクセロイテン広場(Sechseläutenplatz)

へと続くクリスマスマーケットは、

夜はライトアップされたオペラハウスが

暗闇の中に浮かぶ姿が幻想的です。

90a1c091-s

広場には本物のもみの木の

巨大クリスマスツリーが登場し、

その周りには人々が集い、

グリューワイン(ホットワイン)を

片手に語らい、

情緒豊かな雰囲気が

クリスマスらしい温もりを

感じさせられる場所でもあります。



そんな Wienachtsdorf の

屋外クリスマスマーケットなのですが、

今年はこのマーケットの周りは

フェンスで覆われ、

ワクチン証明や陰性証明、

コロナからの回復証明を所持した人だけが

入場できるシステムになるそうです。


昨年はコロナの影響で

全滅だったクリスマスマーケットが、

今年は開催がされると決定のニュースが流れた際、

実は私が一番気になったのが、

ワクチン接種証明の提示による、

入場制限の有無でした。


チューリッヒ市内のクリスマスマーケットは、

特に夜間はとても混み合います。

場所によっては、

すれ違う人と肩が触れ合いそうな距離になることも

少なくはありません。


屋外ではマスクの着用もせず、

大きな声で話をしながら

歩き回る人々も多いはずですので、

そのことがすごく気にかかっていました。


先日、日本へ一時帰国した際、

お話をした色々な日本の方々から、

ニュースの映像で流れる

ヨーロッパ各地では、


「人々はマスクを着用せずに、

普通の生活をしているようで、びっくり!」


と、

同じようなお声が聞こえてきました。

その度に、


「屋外ではそうなのですが、

公共交通の乗車時にはマスクの着用が必要だし、

レストランの屋内席を利用するためには、

入り口でワクチン接種証明の提示が

必要なのですよ。

法律に違反すると、罰金なんです。」


と、お伝えすると、

皆さん、口を揃えて、


「なるほど〜。」


と納得され、続いて、


「逆にそのように、

はっきりと法律で決められている方が、

良いですね。」


と、多くの方々が反応されていました。


スイス各所でのワクチン接種証明の提示は、

ワクチン接種反対派からすれば、

とんでもないことなのでしょうが、

私からすれば、

それがあるからこそ

安心してお店を利用できるという部分が

大いにあります。


人混みになることが間違いない

クリスマスマーケットでの

ワクチン証明の提示義務には、

正直なところ、ホッとしました。


来週の木曜日に開始の

クリスマスマーケットの準備は着々と進められ、

マーケットの周りは、

既にフェンスで覆われているそうです。


まさか、

フェンスを超えて中に入ろうとする人が

いるとは思えない気もしますが、

誰もが楽しみにしている

1年越しのクリスマスマーケットの復活です。

大きな反発の行動が

起こりそうな予感もします。

7am6LofrqxTAQzpLiIYpvG

上記はニュースの画面をお借りしての

スクリーンショットですが、

よーく画像を見ると、

フェンスというより、

家の庭を囲っていそうな柵ですね。


この程度の高さならば、

越えようと思えば、

超えてしまう人も現れてしまいそう!?

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村  

栗のパネットーネを手に入れる、冬支度の始まり

ブログネタ
【公式】"冬支度"していますか? に参加中!

IMG_7635

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

インスタグラムをフォローして下さっている皆様は

既にお気づきかと思いますが、

ブログよりいち早くインスタへアップした画像や動画が、

後日ブログ記事になって登場します。

インスタにだけ投稿する限定画像などもございます。

ご興味がおありの方は、

ブログとご一緒に覧いただけますと嬉しいです。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

昨日はチューリッヒ市内まで出かけてきました。 

郊外にあるチューリッヒ州の湖畔の街から

市内までは、

バスと電車を乗り継いで約30分。


今週に入ってから、

太陽の日差しを目にしていません。 

毎日空は、どんよりと重たいグレーです。

IMG_7617


先週までは、

気温が下がりつつも青い空も眺められた

チューリッヒでしたが、

季節はもうすっかり冬。


昨日も日中の気温は5℃、

寒い、寒い・・。

風邪を引かないよう、

しっかりと防寒対策をして出かけました。


町のクリスマスライトの点滅はまだですが、

お店に並ぶ商品はクリスマスムードでいっぱい。


Jelmoliのデパ地下に立ち寄ってみると、

毎年このシーズンになると恒例の

パネットーネがズラリと並んでいました。



IMG_7594

IMG_7595

パネットーネ(パネトーネ)は

ドライフルーツがたくさん入った

特にクリスマスシーズンに出回る

イタリアの焼き菓子(パン)ですが、

イタリアの隣国スイスでも、

毎年クリスマスが近づくと店頭に並びます。

色とりどりのラッピングに包まれた

パネットーネ。

製造メーカーも色々あって、目移りします。

IMG_7610

IMG_7603

プレーンタイプの生地のもの、

ミックスドライフルーツ、レモン、いちじく、

レーズン、チェリー、オレンジピール、

チョコレート入りも!

etc ..

いろんなものが並んでいますが、

私のお気に入りは栗のパネットーネ。


こちらはイタリアで1938年から続く老舗、

「ロイゾン(Loison)」のマロングラッセ パネットーネ。
 
IMG_7599

栗の入ったものは人気なのか、

早めに購入しないとすぐに売り切れになってしまい、

ここ数年手に入れることができませんでした。


昨日立ち寄ったデパートJelmoliでは、

マロングラッセも数個残っていました。

夫婦二人暮らしの我が家では、

大型サイズだと食べきれないので、

一回り小さなサイズが良かったのですが、

小型(と言っても600グラム)の

最後の1個をみっけ〜!

即、購入しました。


本当は栗がゴロゴロ入っているのが

一番の好みですが

今回購入したものは、

マロングラッセ

(画像を見ると、マロングラッセの粒とペースト?)

が入っているようです。

栗好きな私は、これでもちろんOK ♪


こちらは過去に購入した

栗入りのパネットーネ 🌰

72b6a91f-s


町の中心にあるもう一つのデパート

GLOBUSの食品売り場へ行くと、

なんと、

ドルチェ&ガッバーナの缶入りの

パネットーネも販売されていました。

本当に色々な種類があります。


パネットーネを

クリスマスコーデの一部として部屋に飾ると、

我が家の冬支度も始まり〜。

IMG_7643

これから家の中の

クリスマスデコレーションも徐々に開始。

クリスマスリースは

手作りする人も多いスイス。

リースの土台や葉っぱも店頭に並んでいます。

IMG_7404

IMG_7398


私も数年前にチャレンジしてみました。




手作りのミニチュアツリーも作った〜🎶

こちらも数年前。



少しずつ冬の支度を整えて、

クリスマスを迎える準備を

楽しむ季節がやってきました。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

PVアクセスランキング にほんブログ村  
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ