スイスの街角から

スイス在住18年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

ブログ【スイスの街角から】が、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" をいただきました。いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。


2回目のコロナワクチン接種完了


IMG_6590

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

水曜日の午前中、

夫婦でコロナワクチン2回目を接種してきました。


1回目の接種同様、

前日は少し緊張しましたが、

今回は2回目とあり、

当日はリラックスして集団接種会場に向かいました。


スイスでは現在、

高齢者以外の成人にも

接種枠が広がっているので、

友人、知人達の中には、

既に2回目の接種を終えている人たちもいます。


2回目の接種後は1回目よりも、

副反応が出るケースが高いとのことですので、

恐怖心がゼロではありませんでしたが、

なるべく気持ちを楽に保てるよう、

できる限りのトライはしてみました。



接種の事前に、

ポカリスエットを飲んでおくと良いとの

情報を耳にしていたので、

確か粉末が家にあったはずと、

自宅のストックを探してみるも、

賞味期限が5年前で既に切れている〜。


スイスの一般スーパーで販売されている

スポーツドリンクで

代用しようかとも思いましたが、

味も親しみ慣れている、

やはり日本のポカリスエットの方が、

私にとっては魅力だと感じました。


ということで、

今回はチューリッヒの日本食材店で、

ポカリスエットをゲットしました。


お値段はかなり高い!!

500ml のペットボトルが1本が、約460円。

日本の約3倍です。

ワクチン打つ前に、

頭がクラクラしそうな価格。


パウダータイプもお値段約3倍。

一時帰国の際、

日本から持ち帰らなかったことを後悔。


だけど、

毎週買うわけではないし、

あと1回だけのことだし、

今回は接種に備えての贅沢で、

思い切って購入しました。


夫 Banana、

ポカリスエットを口にした瞬間、


「わー、懐かしい味!!」


私も久しぶりに味わった、

冷蔵庫から出したばかりの、

ひんやりしたほんのり甘い

ポカリスエットの味に、ホッと一息。


接種後の副反応が出た場合、

これで症状が悪化しないことを願いながら、

不安な気分も、

少し落ち着けた感じがしました。


ワクチン接種の予約時間は午前10時。

IMG_6603

前回と異なっていた点は、

2回目の接種の列に並び、

今回は予約時間を確認されただけで、

2番目の受付 → ワクチン接種と、

前回同様にとてもスムーズでした。


ちなみに1回目の様子はこちら





2回目も1回目と同じくモデルナのワクチン。

今回も夫婦一緒に一つのブースで

同時に接種できました。


無事に接種が終了すると、

中にいた医療スタッフより、

接種後の簡単な注意事項の説明もあり。


● 特に2回目の後は、

腕の痛みが激しいこともあるので、

接種した箇所をよく冷やすように


● 運動はしても良いけれど、

腕を使う激しい運動は48時間は控えた方がよい


など。


そして、最後に付け加えられたのが、


「アルコールはOKです。

無事に2回の接種が完了したので、

今夜はシャンパンで乾杯して下さい。

(↑ 多分、ジョーク半分、本気半分)


「Congratulations !! 」


と、お祝いの言葉まで付け加えられ、

私も、


「ありがとう。今日は大人しくして、

明日、乾杯することにします。」


と、冗談混じりに返しました。(笑)


2回目の接種後、

会場での待機時間は5分でした。

(1回目接種の際は15分)

IMG_6608

帰宅後、

COVID-19 portal of the Canton of Zurich


よりログインして、

同時にワクチン接種証明もダウンロードして取得。

スマートフォンへ保存分と、

念のために紙にも印刷し保管しました。


ワクチン証明も含め、

全てがとんとん拍子に進んだ印象です。

これで晴れて、ワクチン関連は全て完了。


接種後の副反応の有無が気になりますが、

ひとまずこれで、

一安心だと言えるでしょう。

油断はし過ぎずに!ではありますが、

これからの本格的な夏が楽しめそうです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 

ベランダ菜園完成 ♪



IMG_6431

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

先日、日本のピーマンっぽい、

"SNACK PEPPER" と記述された

鉢を購入しました。

IMG_6421

スイスでは日本と同じような

ピーマンは販売されておらず、

一般的に出回っているパプリカを

ピーマンに代用しています。


で、色はなぜだか緑色のものが少なく、

赤、黄色、オレンジを多く見かけます。

夫との大人二人暮らしには1個が大き過ぎで、

なかなか1度では使いきれず、

何度かに分けて使用することもしばしば。


それらのパプリカと比べてみると、

購入した鉢植えのものは、

見た目は日本のピーマンに酷似。

しかも緑色!

IMG_6119

味も日本のものに似ている事に期待していました。

どんどん実が大きくなってゆくので、

早速料理に使用してみました。


青椒肉絲(チンジャオロース)に。

IMG_6169

結果、見た目はピーマンでしたが、

切ってみると肉厚で水分も多く、

味はほんのり甘い、

いつも食べ慣れたパプリカでした。

炒めものには、

なぜか恋しくなってしまう、

少し苦いみのある日本のピーマン。(涙)


鉢に付いていたタグをみると、

"オレンジ" となっていたので、

何かの間違いだったのかな?

と思っていると、

緑だった実の一部が数日後、

オレンジになっていました。

IMG_6142

IMG_6583


この姿を見ると、まさにパプリカ〜(苦笑)

IMG_6383

ピーマンでは無かったことは少々残念でしたが、

大き過ぎないスナック用の小さなサイズなので、

1個1回使い使いきりで、

サラダの彩りに使用できそうです。


さて、先日拾った大型のプランターには、

ようやくミニ菜園が完成しました。

遅ればせながら、家庭菜園発展中〜。

IMG_6426



上記のピーマン似の "SNACK PEPPER"

(パプリカ) の他、プチトマト、水菜、

バジルなどを植え替えました。


ご近所に住むお友達からいただいた、

ミニきゅうりとブラックプチトマトの

苗も一緒に 🎶

IMG_6435

紫蘇(大葉)と共に、

よい感じで成長中です。


水菜には、可愛い花が咲きました。

水菜の花が黄色いことを初めて知った!

IMG_6433



我が家の園芸部長(夫 Banana のこと)によると、

植え替えたばかりの水菜は

しばらく休ませた方が良いとのこと。


また水菜サラダが食べたくなってきましたが、

数日のガマン。


今朝見てみると、

きゅうりにも黄色い花が咲いて、


ミニミニサイズのきゅうりも出現 ♪

IMG_6580

可愛いなぁ。

きゅうりの収穫も楽しみです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪
 
 

スイスの街角から(新) - にほんブログ村 
記事検索
㊗️「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」"ブログニュース賞" 受賞 🏆🏆🏆

数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下の2つのバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します。


ヨーロッパランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterでも時々呟きます
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

執筆に関するご依頼、その他、マスメディア関連の方々のお問い合わせ等は、こちらよりお願い致します。

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ